« 終わりからの始まり | メイン | 人の顔見て阿諛追従 »

2007年02月19日 / インターネット宇宙とその惑星

 どうも、ほいみんです(挨拶)。

 いえね。本来ならこういうブログ形式ではなくて、昔の……なんていうんですか? テキストサイトとか日記サイトっていうんですか? ああいう感じで、ほら、テーブルタグ使いまくりの、サイトの注意事項に「このサイトはメモ帳手書きで作ってます」みたいな注意書きがあるような、そんなレトロチックなサイトを目指したかったんですけど、「Oh sorry this page is Japanese only」とか注意書きがあるようなサイトを目指したかったんですけど、懐古厨とか叩かれてもアレなので、このシステムでいきます。というか、うん、そこまで俺、昔みたく戻れなかった。けど、リンクの冒険とかやってるしッ! Oh sorryも書いちゃったしッ! 何もかもが中途半端ッ! けど、その半端さがテキストサイトっぽくもあるッ!

 ごほん。

 いやしかし、なんだ。この形式はやりやすいですな。やはり人間それぞれの色というか、属性みたいなものがあるといいますか、白いことを黒い人間がするのは無理とでもいいましょうか、やっぱりビルゲイツに田植えをさせても駄目なわけですよ。ハイ。俺様には俺様の色があるということに気付いた! よっしゃあ!

 …それに気付くのに2年かかったけどな!

 (ひょっこり瓢箪島のイントネーションで)だけど僕等は挫けない。それ以前に複数じゃないから挫けられない。一人ってのは挫けることさえできないのですよ。挫けるっていうのは、複数人がいてこそできることなんですよ。それにも気付いた。すげーよ、俺。なんか悟り開いたみたいだよ! …気付きたくなかったけどな!

 結局、南極、自分のスタイルを大事にした方がいいと思いまして、こうやって筆をとっている次第なのです。いや、今時筆をとるっていう表現もどうなんだ? キーボードを叩くって言った方がいいのか? だったら、引退するときは「筆を折る」じゃなくて「キーボードを割る」と言わなきゃいけないのか? どうでもいいですか? どうでもいいですね? はいはいはい。

 どうですかね? 調子戻ってきた感じします? 一人でやっているものですから、面白いのか、面白くないのかよくわからないわけですよ。ひょっとしたら、僕は真夜中に書いているラブレターくらい恥ずかしい文章をアップろーどしているのかもしれない。この辺りはセンスなわけで、試行錯誤しながら調子を取り戻していくしかないんだろーなと思います。ああ、センスって言葉とても便利だと気付いた。というか、誰に問いかけているのかもわからなくなってきた。ここを読んでくれているアナタ、一体誰? 昨日のアクセス数が39とかになってますけど、このうちの35アクセスは僕ですからね。広大なインターネット宇宙から、このサイト(惑星)に辿り着いてくれたことに感謝したい。ありがとう。

 でね。何が言いたいのかといいますとね。特に言いたいことはないのですよ。ただ思い付いた文をとりとめとなく打っているといいましょうか。ははは。それじゃ駄目ですな。そうそう。先日、言われてしまいましたよ。文章が突き放しすぎだと。確かにおいてけぼりではいけません。それでは本当に真夜中のラブレターになってしまう。めんご。めんご。

 っていうか、今恐ろしいことに気付きましたよ。なんと手が痛い。この程度の短文を打っただけで手が怠いようになっている。なんと怠けてしまったことか! 恐ろしいッ! 信じられないッ! どうにもこうにもI can notですッ!! これから先、果たしていろんな意味でこのサイトは続けられるのでしょうか! 兎にも角にもがんばりますッ!!

 手が痛いので今日はここまでッ!

コメント

はじめまして。
古い記事に書いたコメントってちゃんと読まれるんでしょうか・・・?

という疑問はさておき、確か1回目のちよ74歳が終わった後の「ほいみんのページ」から読んでいる者です。今日ここを発見しました。

確かReadmeのトップ100にあったので知ったはずだと思いますが、次の回の記事も含めて懐かしいですね、テキストサイト。

確か当時は1000アクセスぐらいあって、それから数年でReadmeデイリートップ100の足切りラインが2000になり3000になり・・・となり、好きだったサイトが下の方に埋もれていくのが悲しくもあり、と話が逸れたけどそういえば更新終わってしまいましたね、Readme。これも残念至極です。

何にせよ3年前のページすら大半が見られなくなってしまう世界なので、昔から見ていたHPがまだあるのを見ると嬉しいです。

はじめましてー。コメントは勿論読んでますよ。いろいろ懐かしいですね。ここは割と古くからの人もいるので、楽しんでいってくれたらなと存じます。前よりもブチきれなくはなったので、その分成長した管理人をお見せできます。コメント欄を設置できるくらいは成長しました。 まあ内面は殆ど変わっていないのですが。

リードミーはいつのまにか終わってましたね。割と各地で取り上げられていたので知ったのですが、まあ潮時としてはこんなものかも知れません。ただああいうのは長く続けることでわかることもあるので、もしかしたら続けた方が良かったのかも知れません。その辺りは何年か経たないとわからないですね。

You likewise want in order to complement the walls and the furniture in the area. They had guys like Robert Parrish, Dennis Johnson, Larry Bird, Kevin Mchale, Scott Wedman, Bill Walton, and Jerry Sichting.

コメントする