« リンク先説明文 | メイン | 最近のニュースに対するコメント »

2007年03月02日 / 海で泳いでいるメダカに石を当てる

 よく「○○御殿」っていう言い方するじゃないですか。神田うののパンスト御殿、新條まゆの快感御殿、城みちるのイルカ御殿などなど。揶揄しているのかはわかりませんけど、何かで儲けた場合、その何かの名前をつけて「○○御殿」と呼ばれることは多いです

 でね、思ったんですよ。もし、秋刀魚で儲けた人が豪邸を建てたら「さんま御殿」と呼ばれるようになるのかなーと。どうでもいいですか? どうでもいいですね? はいはいはい。そういうわけでほいみんです(挨拶)。

 いやね。このサイトを始める時、周囲の目はそりゃあ冷たいモンだったんですよ。雨後の竹の子のように発生してくるサイト群の中で頭角を現すには、そりゃあ並大抵の労力じゃアカンと。昔のテレホ時代はサイト数少なかったので、まぐれで活躍できる可能性もあったんですけど、今はそんな甘くはない。

 全国の人々がこぞってインターネットを始め、狂ったように更新しているわけですよ。それに一般人だけならまだしも、芸能人までブログとかやったりしているじゃないですか。もうね、素人の入る隙間がないというか。どうやったら活躍できるのか、さっぱりわからないわけですよ。その前に活躍の定義すら分からないわけですよ。

 今の時代で活躍というと、アクセスを得て、そこから収入を経て、映画、書籍化、ドラマ化などのメディアミックスとそういう感じでしょうかね。まぁ、宝くじを当てるよりも難しいですな。

 そんな中で、こんなサイトを始めたとして、一体どんな意味があるのだろうかと。自分が書かなくても、他の誰かが書いているような内容かもしれない。それに万が一、面白い内容であったとしても、海に泳いでいるメダカの如く、埋もれてしまうわけで台頭してくる可能性は極めて低いわけです。

 と、そんなニュアンスのことをやんわりと言われたわけです。しかし、彼等は止めることはしませんでした。サイトを始めるのは自由なわけですから、そのうち勝手に学習するだろうとそういうわけです。来る物拒まず去る者追わず、とでも言いましょうか。兎にも角にも、自己満足以外でサイトを始めるメリットが見出せないと。そういう感じなわけで。

 いやー、そんなことはわかっているつもりです。サイトが多すぎて飽和状態とはもう3年前くらいから言われていた気がします。確かに多い。目眩がする程多い。日本全国津々浦々。何がなんだかわけわかめ。そんな中で、人気を得るのは極めてムズイ。テキストサイトブームの頃が懐かしい。

 けど、こういう不景気な格差社会の中で結果が出せたら爽快なんじゃないかなーとも思うわけですよ。チャレンジしてみたいというかね。それ以外に他意はないのです。え? ネットにチャレンジなんてダサい? 他にチャレンジする場がないのかって? ねぇんだよ! おじさんはそういう人生を送っているんだよ!

 さて。
 端的に言えば面白おかしなことをすればいいわけですが、今は求められているレベルは非常に高い。高すぎる。まるでシナリオボリュームがインフレしたエロゲのように高い。どうにもこうにもI can notですよ。一体何をしたらいいのか。

 それにだ。昔からの……古参サイトっていうんですか。長いことやってる癖に、元気が有り余っているというか。アクセス取りすぎというか。ぶっちゃけ、大手サイトが元気すぎると思うのです。昔からの大手サイトがいつまでも元気で居続けられると我々新規の入り込む余地がない。今の芸人世界みたいなモンですよ。

 それに昔はねー。サイトって長く続かなかったんですよ。具体的なこと書いちゃっていいかな。書いちゃっていいよね。『ムーノーローカル』さんとか、『俺ニュース』さんとか、『FGH』さんとか、3年くらいで終わったモンです。それくらいで新陳代謝。次の世代へとバトンが渡されたわけです。

 でも今は金が絡んでくるからなー。大手サイトになれば、月に何十万という収入が入ってくる時代ですからねえ。そりゃあそう簡単にやめる気にはなりませんわな。いくらなんでも勿体なさすぎる。

 だからなー、こんなこと言っちゃっていいのかなー。なんか顰蹙買うような気がするなー。でもいいや。言っちゃえ。みんな死なないかなと思うわけです。そうすれば、新規参入の余地があるんじゃないかなーと。

 こういうことを言うと、もし僕が殺人とかしちゃって捕まった時に、「犯人はブログを開設していた。そこには大手サイトの管理人に対して“死なないかな”などと書かれており、警察は専門家に精神鑑定の依頼をしている――」とかミンキーモモがナレーションするような気がするので撤回しておきます。書いちゃったけど。それと殺しません。

 でもまぁ、そういう厳しい時代の中で敢えてこういうスタイルのサイトを始めた背景と致しましては、それでもなんとかなるんじゃないだろうか、という気がしたんですね(松本人志風に)。

 …こうやって書いていると、まるで成功後に振り返っているような感じになっていますが、当然ながらまだまだ小豆サイトなわけで虚勢もいいところ。かかか。

 成功後に書いているのなら自慢話ですが、今書いているのは単なるハッタリですからね。その違いが面白くて悲しい。

 けど、ブログ御殿の夢があるから俺は頑張るぞーと思うのでした。更新終わり。

コメントする