« 『ふんわり名人 きなこ餅』の紹介 | メイン | 『PHANTOM OF INFERNO(DVD-PG版)』の感想 »

2007年03月13日 / ネットしていたらとんでもないものを見つけてしまった、どうしよう

 『targetcapture』さんで、『ウェブサイト系統図』というのが紹介されていたのですよ(前にういろうさんが言っていたのはこれですかね?)。

 これがね、なかなか面白い。多分、おじさんのような古いユーザーじゃないと分からないサイトだらけなのかも知れないけど、日本の歴史で言うなら飛鳥時代を見ているような、そんな気分にさせられるというか。昔、似たようなものを作ろうとして挫折した記憶とかも蘇ってきまして、おじさんの心はすっかりセピアメモリーになっちゃいましたよ。まッ、目を通しておくと、ちょっぴりインターネットの歴史に詳しくなれるという内容です。歴史とは言っても、マイナー史ですが。

 で、ですね。そこにですね。インターネットの歴史年表というコーナーがあったんですよ。これがね。また凄い。よくぞここまで、という感じでまとめられており、感嘆することしかりだったのです。

 それを、ずらずらと読んでいたのです。ずらずらと。

 そしたら…

99.01.22 ほいみんのページ開設
>後に、量産型VNIの元祖「ちよ74歳」を作る。
>平成11年1月22日
>ついに公開、でも、とりあえずはリンク貼らない(笑)。

>平成11年1月20日
>というか、公開もしていないのに、更新履歴書いてる自分も
>どうかな? などと思った。

>平成10年11月28日
>ホームページ作成開始。悪戦苦闘をしながら無謀な挑戦が始まる。

>はたして公開までに何日かかるのやら……。

 お、俺じゃん! ってか、こんなところで何をやっているの俺!?

 しかも!

>>平成10年11月28日

 全角と半角の区別が付いていない初心者! これは恥ずかしい。お母さんが忘れ物を学校に届けてくれる(担任に渡す)くらい恥ずかしい。もうね。過去の自分をぶん殴りにいきたい。知らないことは恥ずべきことではないけど、公開しているサイトでこれはないよな。

 …ちなみに、この時まだPC歴は1年未満だったかなぁ。色々試行錯誤してホームページを作った記憶が蘇ってきたというか。タイムスタンプの重みもさることながら、制作から公開まで2ヶ月もかかっていたとは驚き。それであの内容かと。

 俺が有森裕子なら「自分で自分を慰めてあげたい」って言うね。ごめん、下ネタだった。

 つうか、自分でも何処にしまったか忘れてしまったファイルの中身をインターネット上で見たこの気持ち。わかるかな。水泳の授業後に「このパンツは誰のだー? 更衣室に忘れた者、取りに来ーい」って、みんなの前でパンツをヒラヒラさせられている気持ちに近いと言えばいいかな。そんな感じさ。テキストサイト風に言えばぐは(吐血)ってところさ。

 閑話休題。

 で、これを見ていたらなんだか懐かしくなって、当時のサイトで今もなお続いているところをちょこちょこ見ていたのです。まぁ殆どの所は当時よりもパワーダウンというか、更新頻度や内容など落ちちゃっていたのですが、ノスタルジーな気分に浸れたのでそれはそれで良し。

 そういう経緯で『兄貴の館』の兄貴さんが結婚されたことも知りました(おめでとうございます)。そして、『侍魂』の健さんの近況も知ることが出来ました。

 さて。
 ここでおじさんはあることに気付きました。それは何か?

 サイトって、ある日、唐突に停止しちゃうことがあるじゃないですか。で、大抵はそのまま自然消滅、閉鎖っていう流れになるんですけど、偶に更新再開されるケースがある。

 そのパターンの一つに「結婚しました」報告が結構あるなーと。あの人とか、あの人とか、あの人とか、リンク貼ると問題ありそうなので止めておきますが、結構ある。

 そういう時おじさんはね。非モテを謳っていた人も、そうじゃなかった人も、みーんなオフはオフでそれぞれの人生を歩んでいるんだなと思うのです。まぁ、非モテを謳っていた人がある日突然結婚しちゃうと騙されたような気にはなりますけどね!(世間ではそれをヤキモチと言います)

 そんなこんなで、インターネット上では薄い存在になったとしても、リアルでは力強く突き進んでいるんだなぁと。当たり前だけど、リアルで忙しくなったから、ネットではダメになっちゃったんだな、と。

 更新が少なくなったのは寂しいけども、その人がリアルで頑張っているのなら、それはそれで応援しようと思いました。

 まぁ、おじさんの場合、更新しなくなったら、それは面倒臭くなったからですけどね! それは絶対に絶対です。だから、ご安心を(何をだ?)

 最後に。次に『斬鉄剣』や『侍魂』が更新される時はきっと結婚報告な筈! それに100ペリカ。今更ペリカ。皆さん、楽しみに待ちましょう。ではでは。

コメントする