« 森進一問題について-川内康範はなぜここまで激昂したのか? | メイン | 比喩表現の書き方、比喩表現の作り方 »

2007年03月18日 / せっかくだから、俺はこのサイトを更新するぜ!

 日曜日はニュース丸ごと一週間と題して、ほいみんが印象に残った出来事について振り返っていきます。

 いやなんでかと言うとですね。人間として生まれたからには、今世の中でどんな出来事が起きたのか知っておきたいですし、それについて考えることで充実感が得られるかなぁと思ったからです。…というのは勿論嘘で、おじさんがニュースサイトに憧れを抱いているからです。なんかニュースサイトの人って格好良くないですか? 自分を出し過ぎず、出さな過ぎず、職人のように更新されているというか。良い意味で熱すぎないところが好き。それに比べてテキ(以下検閲)

 あと更新が円滑に進むようにというのもありますね。曜日毎にジャンル分けじゃないですけど、パターンを変化させた方がやりやすいというか。

 ! そうだ。もしあれだったら、曜日毎に管理人のキャラクターも変化させてみるっていうのはどうですかね? 曜日毎に違う管理人が更新してゆく設定で、バーチャルディスクジョッキーシステムってのはいかがしょうか?

 …さて。ニュースいきます。

 ◎薬物捜索で240億円押収 メキシコ当局

 今週一番驚いたニュースがこれ。商店街の石畳のように敷き詰められたのは子供銀行のお札ではなく、紛れもないホンモノ。その山、山、山。『バックスバーニー』か! これだけの現金を画像で見たのは初めてですよ。やはり、お金というのはあるところにはあるのですね。まるでマフィアの世界。

 『MONSTER』とかのマフィアな裏世界って大袈裟過ぎて、実際にはこんなことないだろう? って思ってしまうのですが、たまにこういうニュースがあると、実は存在するのかな、と感じてしまうんですよね。知りもしない世界なのに。

 ちなみにこれだけのお金があったら、僕は恵まれない人々に寄付をしたいです。

 ◎M-1グランプリの黒歴史

 M1グランプリの話題が出る度に僕は「いつからこんなビッグイベントになったのだろう」と思うのですよ。大阪の方は知りませんが、少なくとも関東ではブラックマヨネーズの回辺りまではそんなにはメジャーではなかったと記憶しています。

 ただこういうのは既成事実が大切なわけで、チュートリアル、ブラックマヨネーズを除く全ての優勝コンビがその後冠番組を取得していたりと、M1そのものよりも、M1後の活躍の方が重要になっています。

 あのコンビはM1後に活躍し出したという事実が積み重なることで、M1ブランドというのは完成されたというか。そのことから、大会そのものよりも、優勝コンビのバッグアップの方に力を入れているような気がするのですが、実際はどうなんすかね? 『もののけ姫』は制作費よりも、広告費の方が高い、みたいな。どうも、ほいみんです(挨拶)。

 ◎「決められた通りにやった」=胴体着陸した全日空機機長-冷静沈着な人物との評(『明日は明日の風が吹く』さん)

 これ、朝の出来事でしたけど、事件の最中はやはり各局ワイドショーが実況生中継してたんスかね? 
 →していたみたいスね。もし、爆発でもしちゃったらどうするつもりだったのだろう…。

 それはさておき、全員無事だったのは何よりです。我が群馬県は日航機墜落事故のあったところですから、飛行機事故ニュースには敏感になるのですわ。

 どうでもいいのですが、「決められた通りにやった」とまるではじめてのおつかいみたいなコメントの機長に萌え。はじめてのおつかいも、緊急着陸も冷静沈着なのが大事ということで。

 着陸の映像もみましたけど、胴体着陸とは思えないくらいスムーズだったです。きっと夜の生活もスムーズなんだろうな。「決められた通りに冷静沈着にやった」みたいな。…ごめんネコ。

 ◎『トリビアの泉』の不定期版第2回が放送されず。

 第1回目のエンディングで次回の放送は3月10日とテロップされていたのにも関わらず、当日放送されたのは映画『ディープインパクト』(なんか意味深)。件に関しては様々な噂が流れていますが、詳細は良くわかりませんでした。

 『あるある大辞典』といい、『トリビアの泉』といい、『ライブドア事件』といい、最近のフジは呪われていますな。ここらで一発、『幸せって何だっけ』の細木数子先生に見て貰っては如何でしょうか。多分、「視聴率至上主義に走るから地獄に堕ちる」とか言われるような気がします。

 ◎弟の作ったRPG実況するwwwwカトゆーさん)

 スレッド紹介。内容はタイトルのまま。スレッド6まである大作で、痛さ全開になっております。かなり面白いので是非。ちなみに『RPGツクール3』ってなってるけど、実際は4だと思う。

 『RPGツクール』といえば、おじさんも何本か作った記憶がある。同級生に深沢君という人がいて、彼の言動が何かと特殊だったので(ミスると「地獄の業火に焼かれよ」とか言う)、それをモチーフにした『ロマンシングサガ』のパロディ『サモニングフカ』を作ったのも、今となっては良い思い出だ(そうか?)。

 でもまぁ、なんていうのだろう。小さな時のこういう恥ずかしい思い出って誰にでもあると思うのよ。例えば昔に描いた漫画とか、小説とか、そういうの。そういう経験があるからこそ、笑えるのではないだろうか。つまり、このスレッドが面白いと思う人は同じ穴のムジナということなのである。多分。

 ◎おじさんの良いところアンケート結果

群馬県に在住の某家族が甥(7)に「家族のそれぞれ良いところは?」というアンケート調査を行った。それによると「父の良いところ=たかいたかいをしてくれる」「母のよいところ=ゲームを買ってくれる」「叔母のよいところ=あそんでくれる」「叔父のよいところ=のどが乾いたときに水をもってきてくれる」という結果が出た。これに関して(以下略)

 その叔父って、おじさんのことなんですけどね。いやぁ、自分ではご飯作ってあげたり、お菓子をあげたり、色々してあげたつもりなのですよ。それがこのザマですよ。どうにもこうにもI can notですわ。くっそー。オーノー。

 もしかしたら、狙っての発言なのかも知れないですけど、それはそれで嫌というか。こんな年齢でオチを付けさせることを覚えてどうするよ…。将来、ブログでもやるつもりか。上等だぜ! 勝負だッ!

コメントする