« 平成の時代が来たこと実感する | メイン | 出られない!!?? »

2007年03月30日 / このサイトは一体何なのか?

 はい、どうも。ほいみんです(挨拶)。今日はこのサイトそのものについて書いてゆきたいと思います。ぶっちゃけ、そんなのは一番始めにやれっていう話ですが、最初の方って勢いがあるじゃないですか。勢い任せにいっちゃう部分があるじゃないですか。だから、細かい部分は後回しになってしまうというか。どうか、その辺を察して頂きたい。

 で、なぜにそんなことを書いているのかと言いますとね。今このサイトの隅から隅まで文章を読んだとしても、このサイトのことがさっぱりわからないような気がしたからです。管理人であるおじさんがそう思っているのですから、読者の方々にとっては何が何やらサッパプーでしょう。それと、ここで一度整理しておくと、後になってもわかりやすいという資料用途もあります。

 では、いきます。

◎1999年 1月21日 『ほいみんのページ(仮公開)』が始まる(第一部)




 昔、ペグ福田さんというフリーライターの方がおられたのですが、その人のサイトに18禁ゲームレビューのコーナーがあったのですよ。で、それを読んで影響を受けたのが全ての始まりです。ページのレイアウトから、文章の口調まで、結構影響受けてます。パクリに近いくらいに(笑)

 その人の掲示板に投稿していたレビューやらコラムやらを、再構成して掲載していたのが初期の初期です。手描きのホイミンがトップページに飾ってあるというゴミみたいなサイトでしたが、当時のおじさんにとっては精一杯頑張って作ったものでした。無謀にもアリスソフトと相互リンクしていたりしましたね。

 また18禁ゲームレビューの他に、ゲーム制作のコーナーがあったりしました。ゲームとはいっても、いわゆるビジュアルノベルの類ですけどね。頑張って頑張っていくつか作りましたが、本命の作品は結局完成出来ませんでした。いろんな意味で未熟だった時期。けど、頑張っていた気はする。

 タイトルは『ほいみんのページ(仮公開)』。精一杯作っていながらも、未熟だなという自覚はあったらしく、(仮公開)という単語が加えられています。いつかコンテンツが充実したら外そうと思ってましたが、外す機会はありませんでした。

 その後、3回ほどトップページのリニューアルをします。『志保ちゃんのエミュレータニュース』スタイルであったり、『FGH』スタイルであったりと、人様の影響を受けまくりなレイアウトが続きました。フォント弄りをやったり、絵日記サイト風のことをやったり、混沌としていた時期でもあったり。バナーも無駄に作りました。この時のアクセス数は50~300くらい。

 レビューは年間で40本くらいは書いていたんじゃないだろうか。今思えばアホですな。

◎2001年 某日『ほいみんのページ第2部』始まる

 いろんな意味で行き詰まっていたので、これまでのは第1部だったということにしてしまえと第2部としてリニューアルさせました。『ジョジョの奇妙な冒険』のパクリです。後で『You still have a more nearly required person than I .』というタイトルになり、最終的には『ほいみんのページ第2部 ~You still have a more nearly required person than I .~』というタイトルになります。これは当時見ていたサイトの一説にこういう文章があり、それがなんか格好良かったというありがちな理由からです。

 この頃になるとレビューの本数は減り、日々のテキストに重点を置くようになります。テキストサイトブーム到来の影響ですね。余談ですが、当時の『侍魂』は凄く弱小サイトだったうちの掲示板ですら「面白いサイトを紹介しますよ」とURLが張られたりしました。

 そんな中で、当時出入りしていたサイトがありまして、そこでチャットをしていた最中に「『ちゆ12歳』のパロディで『ちよ72歳』とかやったら面白くない?」という話が出まして、せっかくだからやってみようかという話になりました。それが『ちよ74歳』。この時、日々のアクセス数は300くらい。

◎2001年 夏『ばーちゃんネットアイドルちよ74歳』始まる

 『ちゆ12歳』のレイアウトをそのまま色変えてスタートさせたのが『ちよ74歳』というサイトでした。始めは『ほいみんのページ』の単発企画としてやったのですが、もうちょい続けて欲しいという声がありまして、サイトを『ほいみんのページ』の番外編的な位置づけとして『ちよ74歳』としました。↑の時と年齢が変わっていますが、それくらい適当だったという話です。

 『ちよ74歳』が始まった当初は、『ほいみんのページ』時そのままのアクセス数で推移してゆきましたが、管理人が調子に乗って当時登録していた『ReadMe!』の登録名も『ちよ74歳』にしたら、2chのスレッドのURLを張られまして、爆発的にアクセスが増えました。数々の有名サイトに取り上げて頂き、大変恐縮したことを覚えています。

 爆発したその日のアクセスが9000くらいで、その後も平均的に5000くらいはアクセスありました。

 しかし、当時の能力でちゆちゃんっぽく更新するのは大変労力のいることであり、またアクセス数のプレッシャー、ストレス、煽り、やる気、などなどのメンタル面でも多大なる消耗が続いたことから、管理人は『ちよ74歳』の続行を断念。用意していた終了用のネタをアップして終了させました。

◎2002年 『ほいみんのページ 第2部』が再開

 『ちよ74歳』と平行して続いてはいましたが、またこっちをメインのサイトとして再開。この時に何をやっていたのかはあまり覚えていません。適当な雑文を適当に書いていただけのような気がします。しかしながら、『ちよ74歳』の頃の読者が結構残ってくださり、日々のアクセス数は1000くらいは頂いておりました。

 が、あんまり面白くない(笑) どうも盛り上がらない。

 そうした退屈な日々の中で、また『ちよ74歳』をやりたいという気持ちが強くなり、『ちよ74歳2』として再開しようと決意します。

◎2002年 夏『ちよ74歳2』が始まる

 『ちよ74歳』終了から半年ほどで再開。しかし、その半年の間で管理人が成長できる筈もなく、ネタの内容はイマイチなものに。アクセス数はそれでも3000くらい。やっつけ更新が続き、間隔も不定期に。頑張りたいという気持ちと、頑張れない気持ちがアンビバレンツになり、最後の方は消耗しきってしまいました。

 なんとか勢いをつけて頑張ってみればどうになるか……と一ヶ月連続更新とかしてみましたが、結局それで燃え尽きてしまいました。

 『ちよ74歳2』は1年ほど続きましたが、「『ちよ74歳』の方が面白かった」という意見が殆どでした。あと「『ちよ74歳』の終わりまでが全盛期」という意見も多く、それもその通りだと思います。

◎2003年 空白の1年

 様々なことがあり、とても疲れてしまった1年。アクセス数は100程に減少。なぜここまで減ったのかと言うと、移転を何回も繰り返したから。そういうものですから、このサイトから人が離れていったのは当然のことですが、それでも何人の方かはついてきてくださり、とても感謝したことを覚えています。

◎2004年 『ほいみんのページ 第2部』再開

 管理人を「ほいみん」から「にゃお」に変更。何かしら一新したいという気持ちが強くなり、それだったらいっそのこと管理人名を変えてしまおう――ということで、長年親しんできたハンドルネームを変更。ちなみに「にゃお」という名前は猫からではなく、管理人の本名からとっていたりします。

 童貞サイトとして、童貞ネタを数多くしました。今ログを読み返してみると、よくもここまで童貞ネタで書けるなぁという感じで面白可笑しかったです。疲れていた時期に比べると、大分回復してきたというか、余裕みたいなものが感じられます。一皮剥けたのかも知れません(笑)

 ですが、管理人の「また新しいことやりたい」という悪い癖が再浮上します(笑) この時はブログブームが既に始まっていましたので、それだったらブログだな、ということで『ほいみんのページ 第2部』を終了することにしたのです。

◎2005年 『ほいみんのページ 第3部 セピアメモリー』始まる

 初めて書きますが、前サイト『セピアメモリー』の正式名は↑となります。管理人名も「にゃお」から「にゃおー」にマイナーチェンジ。ちなみにこの変更はこっそり行いました。そしたら誰も気付いてくれませんでした(笑) 「にゃお」と「にゃおー」は別人にしようか、とか色々設定も考えていたのですが、それが表になることはなく。

 そういうわけで始まった『セピアメモリー』。何か気になったこととか、ゲームの感想だとかをライトな感じで、徒然書いてゆく――というコンセプトで行うつもりでしたが、イマイチ面白さが出せず。

 そんな中で唯一『デスノート』の感想コーナーのみが、なかなかの反響を得ていましたかね。しかし、その『デスノート』の感想も書き始めてから1年ちょいで連載が終了。ジャンプの人気漫画が、こんなに早く終わるとは思っておらず。別の企画も考えられず。

 また思いつき的に「漫画でも描いてみるか」ということで『まんが・幸せホームページ作成話』を始めてみましたが、手応えは殆どなく。いろいろ仕掛けを用意してみましたが、管理人の画力描写力が追いつかず、まったく人気は出ませんでした。アクセス数は50以下。

 そういうわけで、様々なことに絶望し、2006年『セピアメモリー』打ち切り。

◎2007年 『ほいみんのページ4』始まる

 4~6までナンバリングタイトルを用意をしていなかったのにも関わらず、次作で『桃太郎電鉄7』とした『桃鉄』っぽくタイトルを『ほいみんのページ4』としました。『ほいみんのページ 第4部』ということですね。管理人も「にゃおー」から「ほいみん」に戻しています。やはり黒っぽいキャラの方が合ってるみたい。

 そういうわけで、今のこのサイトがそれです。今までのサイト制作で培ってきたノウハウを出来るだけ投入して、面白いことを書くのが目標です。第1部の頃に書いていたレビューも復活させました。このサイトの歴史みたいなものでもありますしね。

 このサイトがどうなるのか――は、今この文章を読んでいる貴方達次第だ!

 というわけで、こんな感じで現在に至りまする。出来るだけ長く続くよう頑張りたいですね。ぶっちゃけ、今後どうなるかは想像尽きません。打ち切りエンドになる可能性もあります。ただ、今のところはボチボチ手応えあるので、それを上手く生かせたら……あるいは、というところでしょうか。

 ではでは。長いこと読んで頂いてありがとうございました。

コメントする