« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月31日 / サイト数がメチャクチャ多い

 サイト数がメチャクチャ多い。兎に角、多い。死ぬほど多いのです。そこにはありとあらゆる議論がされ、企画が実行され、ネタが披露されています。真面目な物から、お馬鹿な物、トンデモナイ物まで彩り緑。縦横無尽。

 ということはですよ。いくらおじさんが更新したとしても、その道は既に誰かが通り過ぎている可能性が高い。だから、おじさんが更新してもしなくても、読者にとってはあまり関係のないことなのかも知れない。なぜなら、別におじさんが書かなくても、他の誰かが書くし、既に書かかれているからです。

 勿論、『numeri』のpatoさんのような怪物は別格としても、大抵のことは出尽くしたのではないかと思う。あとは似たようなネタのレベルアップやアレンジで、この世界は構築されていく気がする。故に虚しいのかも知れない。

 こうやって書いている記事でさえ、誰かが通った道なのではないか。こういう考え方って何て言うんでしたっけ? 厭世的? 違うか。まあいい。コホン。さて。このエントリを見て、「ああ、このペターンか」とブラウザの×ボタンをクリックしようとしてる人は多い筈です。けど、ちょっと待って欲しい。

 本当にそうなのでしょうか。いくら人間が多くいたとしても、一人一人に個性というものがある筈なんです。同じ人間なんていないのです。ドッペルゲンガーなんていないのです。

 似たような発想があるかも知れない。似たような議論があるかも知れない。けど、それは元とは微妙に違っているんです。そこから生まれる物だってあるんです。それでいいじゃないですか。

 ……と言おうと思ったんですけど、それすらも誰かが言っている気がする。無限回廊。こうなるともう何も言えないね。だから考えるのは止めよう。

 ……。

 話は変わるんですけど、マックのメガシリーズ(シリーズだったの?)の第2弾で『メガてりやき』っていうのが発売されるじゃないですか。パティが2枚で何がメガなのか良くわかりませんけども、発売されるじゃないですか。

 あれを発売前に再現してみようかなぁと思ったんですよ。てりやきマックバーガーとかダブルマックとか買ってきて。分解して組み合わせれば作れますよね? それでいち早くレビュー、みたいな。感想=イマイチ、みたいな。けど、そんなネタだったら他の誰かがやっているだろうと思ってやらなかったんです。

 が、調べてみたら再現している人見あたらず。おいおいおいおい。ギガマックやテラマックみたいなネタは沢山あるのに、てりやき先取りはないのかよ! 案外小さいなインターネット!

 と思ったら、やっぱりあったよ。というか、これ書いてるの5月25日なのだけどその日にアップされてました。さすがはインターネット。速報性に優れているね!


2007年05月30日 / 友達の山田君(仮)

 ――僕は、童貞です。

 未だ、童貞。

 童貞だから、人間として未熟。

 故に、とても恥ずかしい。

 今考えてみると――これについて深く考えるようになったのは高校1年生のときからでした。友達の山田君(仮)に付き合っている彼女がいまして、まぁ会話の最中からそれについての話題が提供されるわけです。

 キスしたとか、乳揉んだとか、そういう話は今考えればアホらしいのですが、当時の僕にとってはかなりドキドキするものでした。女体の神秘とでも言いましょうか。想像力豊かとでも言いましょうか。めくるめくワンダーランド。まぁ、高校生ってそういう生き物ですよね。ガツガツしているんですよね。

 でもって、ある冬の日。唐突に山田君が言ったのです。

 「週末、彼女とエッチするんだー」

 なんていうか、とても衝撃的な告白でした。自慰経験すら数回しかなかった僕にとって、エッチなんてものはリニアモーターカークラスの近代科学、摩訶不思議、有り得ないことだったわけです。AVすら見たことがなかったわけで、具体的にどういった行為なのかすら知りませんでした。もちろん、なんとなくはわかるのですが、その場で相手を用意されて「ヤレ」と言われもできなかったでしょう。そんなシチュエーションあるわけないけどね!

 そんなこんなで、週末を終えて、翌週の月曜日。

 彼からの報告は

 「生理中でできなかった。乳揉んだだけだった」

 というものでした。すげー、リアル。

 その時の僕の心情は「安堵」。別に山田君の彼女とは面識もなく、何に安堵したのかはわからなかったのですが、今考えれば彼がまだ自分と同じ童貞だということに対する安堵だったのでしょう。

 自分だけ童貞だと莫迦にされる――そんな劣等感。脱童貞した瞬間、彼は遠くに旅立ってしまうのではないか? 僕は仲間外れになってしまうのではないか? それが怖かったのです。

 そういうわけで、彼がまだ童貞だと知って、僕はほっと胸を撫で下ろしたのでした。良かった。良かったよー。

 だが、しかーし。結局、一週間遅れただけで、彼はすんなりと脱童貞してしまいました。

 そして、どこか遠くへ行ってしまいました――。

 現実って、とても無情です。


2007年05月30日 / 更新スケジュールについて

 こんばんは、ほいみんです。唐突ですが、このサイトの現在の更新スケジュールは次のような感じになっています。

 木曜日-調整日
 金曜日-調整日
 土曜日-調整日
 日曜日-ニュース丸ごと一週間
 月曜日-だってブロガーだもの
 火曜日-調整日
 水曜日-エロゲーレビューサルベージ
 (月月火水木金金ではありません)

 調整日が多すぎるという突っ込みはなしでお願いします。

 さて。
 既にお気づきの方も多いかと思いますが、水曜日に充てられていた「エロゲーレビューサルベージ」のストックを先週で使い果たしました。

 そこで今週からは、数年前に掲載していた童貞シリーズのサルベージを行います。

 ただ、普通にサルベージするだけではアレなので、ちょっとしたリライトはします。

 ではでは。そういうわけで、宜しくお願いします。


2007年05月29日 / きっかけの話

 仮想世界と現実世界を区別できないという若者が増えているという話は良く聞きますが、実際に「俺はバーチャルとリアルを区別できないぜ」という人物に会ったことはありません。

 これが意味するところは、仮想世界と現実世界は自覚症状なしに区別が付かなくなる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ということです。これを書いている僕も、読んでいる貴方も、もしかしたら仮想世界と現実世界が混合しているのかも知れません。

 そんな馬鹿な、と思われるかも知れませんが、自分ではわからないものですから、確認のしようもないのです。精々、自分がそうではないことを祈るくらいしかできないのです。

 仮想世界と現実世界の一番の違いは「きっかけ」の有無です。ゲーム的な言い方をしますと「フラグ」とも言いますが、要するに現実世界ではイベントが設定されていないということです。

 仮想世界では少年とヒロインを結びつける為に、曲がり角でごっつんこさせたり、転校させてきたり、隣の家に引っ越してきたり、同居させたり、義理の兄妹になったりします。ライバルの少年が現れて、ヒロインを奪おうとする中で、主人公はヒロインへの気持ちに気付くわけです。

 しかし、現実世界の場合は少年がいてヒロインがいる。それだけです。転校生も来ませんし、ライバルもいません。というかいたとしても仮想現実のように未遂ではなく、実際にかっさらっていきますし、義理の兄妹にもなりません。フラグが全く立たないのです。

 ここまでは「そんなの当然だ」という方が殆どだと思います。しかし、現実世界にこういったフラグが立つことを期待している人が多いのは事実です。遊びに誘ってくれないかしら? 転校生こないかしら? 変わった出会いがないかしら? 告白してきてくれないかしら? と期待している人は多い。フラグが立つのを待っている。

 勿論、現実は厳しいので上記のようなことは殆どありません。仮想現実のような予定調和で進行するわけもなく、ただ待つだけで歳を重ね老い、いずれは死んでゆくのです。

 「自分から動かないから悪い」という意見の方が殆どでしょう。しかしながら、彼彼女等には自覚症状がないのです。なぜなら現実世界で「それと気付かせるフラグ」が立っていないからです。

 人は「きっかけ」があって進むことが出来ます。しかしながら、そう簡単に「きっかけ」は訪れません。

 例えば主人公が消防士の漫画があったとします。主人公はなぜ消防士になったのでしょうか? それは子供の頃に、自らが犠牲となって自分を助けてくれた消防士に憧れたからです。それがフラグ。けども、現実世界でそれがきっかけとなって消防士になった人は皆無でしょう。

 ……。

 フラグが立たない現代社会。要するにフラグなしで、いかにして気付けるかなのであります。察知するといいますか、感を研ぎ澄ますとでもいいましょうか。兎にも角にも、気付くことで前に進むことが出来るのです。

 様々なことを観察してください。そこから気付いてください。「きっかけ」なんてそう簡単には訪れませんから。だから、その前に自分で気付いてください。それが大切なんです。



2007年05月28日 / 紙一重

 「このコーナーって、あいだみつをさんみたいで格好いいよな」

 →むしろたむらけんじ


2007年05月27日 / なぜサイト管理人は「ネタがありません」と書くのですか?

 プププー。更新の主従関係がメチャクチャですよ? ネタがあるから更新するのですよ?

 ◎ブログ自動更新ツール(『秒刊SUNDAY』さん)

 ◎東京ディズニーランドの裏側

 ポップコーンを落とすと、何処からともなくオッチャンが出てきて、あっという間に掃除してくれますよね。

 ◎日本人は最良の観光客 最悪は仏

 \(^o^)/バンザーイ

 ◎ジョニー・デップ、「パイレーツ」4作目に乗り気

 成田で“ジョニー待ち”の軍団を見ました。色んな意味で凄かったです。

 ◎世界が認めた『大日本人』 - 松本人志の初監督映画がカンヌで大絶賛!!

>『大日本人』は6月2日より松竹系で全国公開予定。

 ああ、だから『さんまのまんま』に出たのか。

 ◎女装で女子トイレ盗撮、27歳男逮捕

 どうにもこうにもI can notですね。

 ◎ペッパーランチ:役員ら減俸処分 女性客への強盗強姦で

 陰謀史観。

 ◎キュウリ味のコーラが発売

 サイパンで『ドクターペッパー』売ってたのを思い出しました。

 ◎新條まゆはこの度、14年間お世話になった小学館を離れ、漫画家としてフリーの道を歩むことになりました。
 「フリーの漫画家」って言葉、初めて聞きました。

 ◎武豊、大不振の裏にあるエージェントの正体とは?

 全然関係ないですけど、『たいようのマキバオー』がかなり面白いです。

 ◎今だから…さくまあきら放送局長が語る「ジャンプ放送局」のスゴさとその人気の秘密とは? カトゆーさん)

 さくまあきらがホントに神に見えるから不思議。

 ◎常識に考えて秒ナビラジオは狂っている

 どうやって連絡とったんでしょうか。

 ◎百人一首:“アナゴさん”若本規夫が読み上げ CD発売

 ◎私はいったい誰なんでしょう…記憶喪失男性の写真公開

 アンガールズ?

 ◎低迷「笑金」6月で打ち切り

 お笑いブームの終焉か。

 ◎"幻の『天外魔境』"から生まれた冒険小説! - 桝田省治が語る『ハルカ』

 “当時の”『天外III』のプロットに近いかも。が、amazonで6200円はアホ。

 ◎面白い自動販売機や、懐かしいゲームなどを紹介します

 面白いです。

 ◎「あついぞ!熊谷」シンボルキャラ 愛称は「あつべえ」

 太陽が暑がってどうするんスか……。

 ◎女装で呼び出し暴行、窃盗

 いつの時代も変わらないものですね。不毛。


2007年05月26日 / ネタにマジレス格好悪い

 選別作業時にボツにした文章です。なぜボツにしたのかは読めばわかるかと。ボツなのにアップした理由は秘密です。

 ではどうぞ。

 だああああああああああ。

 今まで黙って来たけど、おじさん本当は長文書くの苦手な人なんだ。嘘だろ?(タッチ) って思われるかも知れないけど、嘘じゃないよ、本当よ。ラウスラデーラギポンデリルカニョキニョキニョキニョキ。……このネタは前にもやったな。ごめんよ、最近忘れっぽくて。ネットのやりすぎて電磁波でやられちゃった所為かも知れない(因果関係は解明されてません)。ネット脳になっちゃったのかも知れません(そんな言葉はない)。

 書くの苦手なのだけど、無理をして書いて来たんだな。なぜなら、そういう縛りを設けないと能力が発揮できない人間だからなんだな。例えるなら成績には影響しない仮試験問題では計算ミスをするけども、成績に直結する中間テストや期末テストでは計算ミスをしないみたいなものなんだな。お、おにぎりが食べたいんだな。

 youtubeが楽しすぎるとか書いたら怒るだろ?

 このサイトを始めた時は、自由奔放何でもありでやってきたけど、それじゃあらゆる意味で悲惨だということに気付いたんだな。だから、文章量はこれくらい、ギャグの量はこれくらい、リンク量はこれくらい、画像量はこれくらい、などなど自分の中で水準を設けたんだな。これをクリアすることを考えて更新していたんだな。そうした方が面白いと思ったからなんだな。公開している以上は人に読んでもらうことを前提としているから、人様からお時間を頂いているわけなのだから、退屈させることはあってはならないと頑張ったんだな。

 けど、疲れました。正直、いっぱいいっぱいです。いつもの投げやり文章かと思われるかも知れないけど、その通りだよ。いつもの開き直り文章かと思われるかも知れないけど、その通りだよ。俺様は俺様なんだよ! そんなに簡単に人は変われねーんだよ! 開き直って何が悪い? (ガバッ)サチコでどーだ?

 このサイトの縛りはご覧の通り文章量です。テキストベースで100行以上。その水準をクリアすること。でもって、前編後編みたく分けないこと。一つのエントリーで完結させること。毎回テーマを設けること。

 こういった縛りがあったわけですが、どうにもこうにもI can notと言いましょうか。面白いテーマが見つかった時は自然に文章量が増えたのですが、イマイチなテーマの時は水増しみたいな感じになってしまいました。また、文章量が水準に達してしまうとそこで満足してしまい結論まで駆け足になってしまう、というのも問題点でした。

 ニコニコ動画の紹介とかしたら幻滅するだべ?

 これは縛りの盲点と言いますか、縛りミスとでも言いますか、結果的に尻窄みなエントリーが増えてしまったように思います。100行を超えた辺りで縛りから解放されると、途端に意欲がなくなってしまい、どうでも良くなってしまうということです。全体的に結論であっさりし過ぎているのはこういうことです。

 これでは何の為の長文縛りなのかわかりませんっ・・・! 元々はしっかりした更新をする為に設けた縛りだった筈ですのに、それが役に立っていなかったのです。品のない言葉で言うなら「うげー」という感じでしょうか。ゲロを吐いたわけではありませんよ。

 コメント欄を付けたことで、気軽に意見を書いて頂けるようになったのは良いのですが、コメント欄では批判意見は出にくいものです。なぜなら、このような個人サイトでは批判意見をするのに大変なエネルギーが必要だからです。

 だので、管理人は自分で自分の駄目な所を想像するしかありません。ここが駄目、あれが駄目。それは自分のことですから、大抵の所は合っているのですが、わからないところも沢山あるということに最近気付きました。

 これはコメント欄を付けて一番良かったと思う点なのですが、「思いもしなかった意見」が多々あったという所です。

 2chの面白スレッド紹介とかしたら、がっかりしちゃう?

 自分にとっては対して面白くない内容(読者もそんなには食いつかないだろう)であったとしても意外に面白く思って頂いたり、またその逆もあったり。

 自分で書いた文章のことは自分が一番良く分かっている、という認識が間違っていることに気付けたのが大きかったです。

 これは、最初は掲示板があって、諸々の事情でなくなって、また復活してみて……というプロセスがあったからこそ、わかったことだと思います。

 で、そんなことがあって、自分なりに色々考えてみた結果、また新しい道を探してみたい。試行錯誤してみたいと思ったのです。ちょっと切り替え早すぎるかも知れませんが、まあネットの世界は秒進月歩の世界なのでそれもまたありかなーと。

 長文から離れて、違った角度から面白さを出すことが出来れば良いかなーと。

 それは面白コンテンツの紹介かも知れないし、微笑系のネタ更新かも知れない。このサイトに何か起こるのか? それはおじさんにも分かりません。

 一つ言えることは、サイトの内容はころころ変わるかも知れないけど、おじさん自身はそう簡単には変わらないということです。色んな意味でまったく変わっていないということです。悲しいくらいに。

 というわけで、暫くの間はショート期間と題しまして以下のコンセプトで行きます。

 1、3gfさ/....

 ■■■■___以下はファイルが破損しているようだ……。

 


2007年05月25日 / ありがちにも程がある間違い

 「あっ!!」

 →意外と以外を間違える


2007年05月24日 / 第1回『ほいみんのページ4』オフレポート

 サイパンに行きました。

 街は日本語や英語、ハングルなどが入り乱れたなんとも言えないテイストでした。

 具志堅用高の店とあります。……ああた、異国の地で何をやってるんスか。

 看板にピカチュウとかディズニーっぽいキャラが書いてあります。中国か。

 タポチョ山。

 タポチョ山の頂上から見える景色。ここから360度、サイパンの島が見渡せます。

 同じく山頂の景色。全て見渡せるのが圧巻。

 サンタルーデス。聖水をゴクゴク飲みました。

 禁断の島です。上陸するとわざわいが訪れるそうです。

 日本刑務所跡から見える風景。

 日本刑務所跡。70年前の建造物です。朽ち果てています。

 海はこんな感じ。

 サイパンにはヘビがいません。それは珊瑚の土壌がヘビに合わない所為ではないか、と言われています。ヘビがいないということは、卵が食べられないので鳥が多くなり、鳥が多くなるということは種子を運ぶので植物が多くなります。

 戦車です。3人乗りです。他にも砲台とか、当時の物がその辺に落ちています。掘ると不発弾の類も大量に出てきます。年に1回、まとめて爆破しています。

 ここにクレジットカードを入れて、暗証番号を押して、金額を入力すると、数秒で現金が出てきます。あまりにも簡単に現金が出てくるので、大変面白いです。今回、一番笑えました。

 ※※※

 観光を主な収入源としているサイパンですが、その中でも夜の事情が突出しています。それはなぜか?

 観光地とは言っても、ハワイのように整備がされているわけではありません。タバコが各地で吸いたい放題ですし、バイクに乗るのも免許不要です。自動車免許も250ドルくらいで買えちゃいます。

 自然が豊かという見方も出来るのですが、田舎というイメージのが強いです。ぶっちゃけ、何もありません。ダイビング、トローリング、海水浴などなど出来ますが、それは他の場所でも出来ること。

 だったら、整備すれば良いわけですが、政府にはお金がありません。あまりのお金の無さに、役所の営業時間が5日から4日に減った程です(サイパンでは金土日が役所休み)。

 夜のビジネスは過疎化した地域を活性化させる為に手っ取り早く、政府も法律では買春売春を禁じていますが、それは見て見ぬ振り状態。あっちこっちのお店が賑わっています。

 夕方になると客引きが入り乱れ、ホテルから数歩歩くだけで声を掛かけられます。

 「シャチョさん、シャチョさん」

 フィクションなどで良くでてくるフレーズですが、これ初めて聞いたときはかなり爆笑しました。事実だったんですね。

 「カラオケ1時間10ドル」みたいな看板があったとしましても、中に入りますと女の子が30人くらいずらーっと何処からともなく登場し、客に指名させ1対1になるという寸法です。勿論、断ることも可能なわけですが、女の子は言葉巧みに誘ってきます。なぜなら元締めが日本人だからです。男というのは、本能的に「据え膳食わねば」という生き物ですので、まあ断るのは難しいかも知れません(カラオケはカラダオーケーの略?)。

 値段は時間によってマチマチですが、200ドル弱くらいで1晩過ごせるのが相場のようです。最初は1時間だけ、次に2時間だけ、さらには一晩……と延長延長を求めてきます。ちなみに女の子はアジア系、チャイニーズが多く、日本語も達者です。

 チャイニーズがどんな素性で、どんな経緯で、なぜこの場所で働いているのか? 非常に興味があったのですが、それを知る為には自ら突撃取材を敢行する必要があったわけで、それはさすがに出来ませんでした。ごめんネコ。

 ※※※

 というわけで、ここで募集したオフのレポートです。

 日時:5月22日(火) AM9:00
 場所:プンタン・サバネタ(バンザイクリフ)
 内容:2時間サスペンスごっこをして遊ぶ

 →結果、参加者0名。


 ゚:・( つдT)・:゚OTL



2007年05月23日 / 『MOON.DVD LimitedEdition』の感想

◆コラム・論評 ====================================
──────────────────────────────────
 ほいみんの旅  第10回
                  『MOON.DVD LimitedEdition』
──────────────────────────────────

  ギュナイドゥン! ほいみんです。ついに当コラムも10回を数えて、引
  き際には丁度良い数字かなぁとか不吉なことを考えていたりもします。
  いつまでも、あると思うなコラムとほいみん。

  さて。そんなわけで、今回取り上げる作品はネクストンの『MOON.DVD
  LimitedEdition』です。これは同社のタクティクスブランドから97年
  に発売された『MOON.』をリニューアルして、98年に発売された『MOON.
  RENEWAL』をリニューアルした作品です。

   ▽タクティクス
   http://tactics.co.jp/

             * * * * *

  |主人公、郁未の元に6年ぶりに帰ってきた母。だが、安らかな日々は
  |そう長くは続かなかった。怪死を遂げる母。郁未は悲しみをふっきる
  |ために、母がいた宗団FARGOの隔離施設へと潜入する。その途中で出
  |会った仲間、由依と晴香にも、それぞれの目的があった。しかし、
  |FARGOは心の奥底の痛みと邂逅を果たす場所だった。郁未は、晴香、
  |由依とともに、施設での過酷な生活の中、真実を追い求め始める。真
  |実とは何か? それを知った時、胸に抱いているものは、始まりか、
  |それとも終わりなのか。

  私は『MOON.RENEWAL』の方しかプレイしていないのですが、それと比べ
  てどう変更してあるのかを最初に書いてみます。

  まずは、オープニングとストーリー冒頭にアニメが追加されています。
  それぞれ2分程度の長さですが、きちんとアニメしています。オープニ
  ングのアニメは本編のデモのような構成になっており、ストーリー冒頭
  のアニメは旧作の冒頭シーンをアニメ化しています。旧作の方では選択
  肢など絡めてあったシーンなのですが、全部カットして一本道化されて
  ますね。まぁ、もともと分岐に影響する選択肢ではありませんでしたが。

  次に塗りが綺麗になってます。全CGを塗り直したようで、実際に見比べ
  てみると随分と良くなったのがわかります。ただ、見比べてみないとそ
  の違いがわからない程度です。ずば抜けて良くなったわけではありませ
  ん。

  そして、これが旧作との一番の違いだと思うのですが、フルボイス仕様
  になってます。女性キャラだけではなく、野郎、チョイ役も喋ります。
  演技力、キャラに合っているか、音質、などなど概ねクリアされている
  のですが、音声入りを前提にしていないテキストに音声を入れることの
  違和感というのは、やはりありました。読み進めるリズムが崩れたり、
  突っ込みのテンポがずれたりとか、そういう類のものです。

  あとはシステムですね。既読、未読を判別してスキップできるようにな
  ったのは、嬉しい部分だと思います。あと起動時のディスクチェックが
  無くなった点も○。音楽もCD-DAからWAVEになり、フルインストール可
  能です。

  ネガティブな点としては本編終了後に遊べる「おまけRPG」が全部カッ
  トされてます。それに伴い、未表示CGのヒントも無くなってます。CG
  モード、音楽モードも簡略化。当時の面影は「おまけRPG」で使われて
  いた戦闘の曲が音楽モードで聴けるというくらいですね。本作から入っ
  た人には「何処で使われた曲なんだろう」という感じでしょうが。

  ……そういえば、パッケージ裏に「宗教集団FARGO」と書いてあったの
  ですが、これも変更点なんでしょうかね。FARGOは宗団であって、宗教
  集団ではないと思っていたのですが。本編でも一度も「宗教集団」とい
  う言葉は出てこないですし。

  まぁ、基本的には元の素材の流用が殆どで、そんなに気合いの入ったリ
  ニューアルではありませんです。というか、パッケージの裏に「Fimal
  version」とか誤字があるのを見ると、おざなりな印象は拭えないです。
  むしろやる気の無さが伺えてしまうというか。本編ならまだ見落とすの
  わかりますけど、パッケージの裏ですよ?

  と、変更点云々はこれくらいにしておいて、以下は本作そのものについ
  て書いてみたいと思いますです。

  本作は心に届くAVGとして、当時タクティクスブランドから発売されまし
  た。が、プレイした私にとって本作は、心に届くというよりは、心に焼
  き付けるといった感じで、とにかく強烈な印象を残してくれたことを覚
  えています。

  内包されたテーマの一つに「家族」というものがあるのですが、ダーク
  サイドに属したものが多く、その内容は卑劣で憎悪で悲哀で強烈です。
  表現の自由という意味での18禁になっており、本作に関して何の知識も
  ないままプレイすると、強烈なダメージを受けます。というか、当時の
  私が受けました。

  しかし、ただ痛いだけではなく、そこから得られるカタルシスが凄い。
  また、メッセージ的な物が複雑で、それを解きほぐす妙味がある。そし
  て、内包されたものが複雑で、深い。各部分、非常に荒削りな作りなの
  ですが、とても面白いのです。

  ただ、今これを出されても……というのはあります。ぶっちゃけ古臭い。
  演出も当時のままですし、他にも安っぽい感じを受けます。が、当時を
  知るものとしては、今やっても懐古的に楽しめました。

  そういったわけで、『MOON.』を端末内にフルインストールしたい方と
  か、再プレイしたいのだけど、きっかけが無い方とかがプレイするのに
  は、丁度良いかと思われます。やっぱ気が向いた時、気軽に起動できる
  というのは良いですよ。ま、『おまけRPG』こそが、たまに起動してちょ
  こちょこ進めて……とやるにはうってつけのものだったんですけどね。

  ではでは~。

  【 ほいみん 】―――――――――――――――――――――――――

     ペシミズム信仰の権威で厭世主義者。著作に『愛は金で買えるか』
     『ひねくれるもの』『男は好きでもない女と寝られるが、女はど
     んな男にも嘘をつくことができる』『無駄の有意義』などを持つ。
     嘘。

           E-mail: webmaster@hoimin.com(←使えません)
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
2002年 7月25日 稿

 これにてゲームレビューサルベージは終了。次回からはまた何か他のことを考えます。ではでは。


2007年05月22日 / 最近、できちゃった結婚が増えている件から気付いた真実

 以前から言われていることのような気もしますが、いわゆる「出来ちゃった結婚」というのが増えているらしいです。

 例えば芸能界。ちょっと思い出しただけでも、辻希美、竹内結子、吉岡美穂、安達祐実……と盛り沢山。ベジータ風に言うなら、「まるで、できちゃった結婚のバーゲンセールだな」といった感じでしょうか。

できちゃった結婚(できちゃったけっこん)とは、婚姻関係にない男女による性行為(婚前交渉)によって妊娠したため、急遽結婚すること。狭義には男女の一方、もしくは両方が、予定しないにも関わらず妊娠してしまった場合のみとすることもある。

この言葉は若者による俗称であり、かつては修飾語と被修飾語が逆の婚前妊娠と呼ばれた。(wikipediaより)

 どのくらい増えているのかといいますと

日本において嫡出第1子出生数のうち妊娠期間よりも結婚期間の方が短い(つまり結婚前に妊娠している)割合は、1980年(昭和55年)に12.6%だったものが2000年(平成12年)には26.3%と、20年間で倍増している。(wikipediaより)

 とのこと。

 理由はいくつかあるようですが、そういった「芸能人のできちゃった結婚」が多数報道されていることも、原因の一つとされているみたいです。まぁあれだけジャカスカ報道されれば、性に関するモラルも低下するということなのでしょうか。

 けど、よくよく考えてみると反面教師とでも言いましょうか、こうした「できちゃった結婚」というのは大抵は恥ずかしいニュースとして報道されていますので、「自分はああはなるまい」という気持ちが強くなると思うのですが……その辺りどうなんでしょうね。

 やはり昔に比べると、婚前交渉が増えたからというのが多いのかも知れません。わかりやすく言えば、結婚前におセックスする機会そのものが昔よりも増えたからかと。うん、みんなやりまくりゴンゾウ君なわけですよ。避妊していようがしていまいが、施行回数が増えればそりゃあねえ。テキストサイト管理人もネゲッターなんでdさg(以下検閲)

 さて。
 というわけで、この手のニュースが出た場合、未婚の方は「自分は結婚してから子供を作ろう」と考える人が殆どだと思います。できちゃったらできちゃったで「おめでたいことだから」という便利な口上(逃げ道)があることも確かですが、肩身が狭くなることも事実なわけで。

 でもって、「あらやだ」「おほほほ」と至極下世話な話題として、人々の間で適当に消化されていくわけです。それ以上でも、それ以下でもなく。

 だから、自分はできちゃった結婚しないぞ、と考える人はいたとしても、自分は出来ちゃった結婚で生まれた子供なのだろうか? と考える方はあまりいないと思います。

 いや、私事で恐縮なんですけどね。昔、両親の結婚式の写真を見せてもらったことがあったのですが、その時、既に母親のお腹が大きかったんですよね。

 「この時、おまえ(僕のことです)がお腹の中にいたんだよ」

 と、その時両親は何気なく、僕に教えてくれたのですが、今考えれば「できちゃった結婚だったんじゃねーか!」ということに気付いてしまったのです。

 ……。

 なんてこった!

 ◎自分が長男か長女で「できちゃった結婚」か否かを知りたい貴方へ

 1、両親に結婚式の時の写真を見せてもらう
 2、この時「僕(私)はお腹の中にいたの?」とさり気なく聞く

 という手順を辿れば大抵、教えて貰えると思います。間違っても「できちゃった結婚だったの?」と直接訊いてはいけません。「僕(私)はお腹の中にいたの?」というおめでたい質問をすることが大切です。

 でもまぁ、真実は知らない方がいいですよ(笑)。


2007年05月21日 / 僕の恐怖体験の巻

 「アクセス解析でも見てみるか」
 「お、mixiからリンク貼られているぞ」
 「!」

 →『numeri』のpatoさん(多分コメント欄)だったよ……!

 この記事か。


2007年05月20日 / なぜ長年サイト運営をしている人はことある毎に「僕はサイトやって○年になりますが…」とベテラン風をふかすのですか?

 プププー。貴方のサイト歴なんてどうでもいいことなのですよ?

 それはさておき、今日から旅に出るのでコメントレスが3日くらい出来なくなると思います。ごめんネコ。更新の方はモバイルタイプ君がしてくれるので、大丈夫です。

 ◎ディズニー園内でわいせつ行為

 夢の国ですね。

 ◎サッカーくじさらにビッグ、6億円3口も

 全通り売れないと同じ組み合わせが発売されないシステムなので無理かな。ロト6を2口買って8億円の方が可能性あるのかも。

 ◎作画の崩壊したアニメのワンシーンカトゆーさん)

 怖ひ……。

 ◎コナン「よし、ここはおっちゃんを眠らせて!」カトゆーさん)

 おおおおお。

 ◎某国の地下鉄マナーは凄い!(『秒刊SUNDAY』さん)

 凄い。

 ◎

 高校生のバンド仲間だそうで。

 ◎東日本フレッツ死亡

 更新できなくて死ぬかと思いました。

 ◎「ウチに拳銃が」警察に通報

 これは酷い。

 ◎武豊、ソルテと新コンビ/ダービー

 アドマイヤオーラには先着すると思う。

214 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2007/05/16(水) 21:17:58 ID:PqVZwNWSO
豊「クソッ!オーラを俺から奪いやがって糞リーチが!リーチホウテイの糞リーチが!
これから徹夜で泣きながら人形を鞭で叩く特訓だ!祐一ちゃんと押さえてろ!」

一方そのころ…


岩田「おおお奥さんまずいっすよ。」量子「あらン。いいのよ岩田クン。激しくベッラレイアしてン。」
岩「そそそれじゃ、失礼して…」量「あら。ピンクカメオは正直ね。」岩「奥さんのディアデラノビアも凄くエリシオだ。」
量「ん…、ナリタルナパークにいっちゃう?」岩「ああっ、もう…フサイチエアデールッ!!」
量「こっちも乗り替わられちゃった♪」

228 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2007/05/16(水) 21:27:32 ID:Woad7MpP0
>>214

登場人物の中で一番惨めなのは祐一だな

 めちゃくちゃ笑った。

 ◎日テレ情報番組「ザ・ワイド」9月で終了…15年目で幕

 日テレ色々変えすぎな印象ありますが……大丈夫なのでしょうか。

 ◎今回のテレ東

 超恒例ですが。これ見るとほっとしますね。

 ◎初ゴールデンの「すべらない話」は過去最大、15人の芸人が参戦

 どんなサイコロなのでしょうか?

 ◎ちょwwwメガマックの次はメガてりやきが出るらしいぜwww

 本命にも程があります。>チラシ

 ◎見た目はただのおばさん…女装男が電車内で痴漢

>田邊義博容疑者(51)を逮捕した。「女装していると捕まりにくいと思った」と供述している。

 ゚:・( つдT)・:゚

 ◎驚愕!やっぱり中国のパチもんってなんか凄ッ!

 パクリから生まれたものがそろそろ欲しいですね。
 


2007年05月19日 / 『復活!じゃないよ!?ウゴウゴルーガスペシャル』の感想

 皆さんは『ウゴウゴルーガ』というテレビ番組をご存じでしょうか?

 1992~1994年頃までにフジテレビ系列で放送されていた子供向け番組で、当時は社会現象にもなる程までの人気を誇っていました。朝の6時10分からという放送時間帯なのにも関わらず、そのシュールさが大人にも受け、幅広い世代が観ていました。まだ『目覚ましテレビ』が始まる前の話です。

 メインはウゴウゴ君とルーガちゃんという子役二人が、CGで描かれたキャラクター達と教育チックなトークをする…という内容でしたが、謎の生物が活躍する『みかん星人』なるコーナーがあったり、ウンコが喋ってCM入りだったり……、ウンコが喋り続けるだけで30分放送したり……、兎に角摩訶不思議ワールドでした。

 絶頂期にはゴールデンで『ウゴウゴルーガ2号』という番組まで放送されましたが、これが不発になってしまい、そのまま本放送も終了してしまいました。月刊誌の『Tv Taro』では放送となっているのにも関わらず、終わってしまいましたので、かなり突発的な打ち切りでした。

 実質3年ほどの番組でしたが、妙なインパクトがあった所為か、多くの人の心に残っています。

 ちなみに『ウゴウゴルーガ』というのは、『ゴーゴーガール』を逆から読んだものですが、それは凄く今更なのでどうでもいい話です。

 さて。
 そんな『ウゴウゴルーガ』ですが、この度DVD-BOXが発売されるようです。昔の人気番組のDVD化というと、雨後の竹の子みたいなイメージがあるかもしれませんが、収録時間が1200分というのはちょっと他とは逸していると思います。

 DVD-BOXが発売されるということは、それなりに宣伝もされるわけでして、『ドラゴンボールDVD』の時に再放送があったように、『アラレちゃんDVD』の時に再放送があったように、『浅草橋ヤング洋品店DVD』の時に新作が放送されたように、『ウゴウゴルーガ』も単発の新作がオンエアされます。

 スケジュールは5月17日にフジテレビ、5月25日にフジテレビ721にて特別番組『復活!じゃないよ!?ウゴウゴルーガスペシャル』が放送されます。というか、地上波の方はもう放送されちゃいました。

 というわけで、今日はそれの感想です。

 内容は、大人になったウゴウゴ君とルーガちゃんが懐かしのメンバー達とワイワイトークみたいなものを期待したのですが、それはCS版でやるようで地上波版は割と地味な作りでした。

 でもまぁ、『しかと』や『ブリブリ博士』、『みかん星人』の新作が見られただけも観た価値はあったかなぁと思います。

 ただ……陰と陽とでも言いましょうか。あれから15年経っているのですが、ウゴウゴ君とルーガちゃんのその後に随分と開きがありまして、時の流れを感じさせてくれる内容でした。

 売れているとまでは言いませんが、芸能界で頑張っているルーガちゃん。彼女はとても元気そうで、「随分と立派に成長したなぁ」とオッサン丸出しな感想を抱いてしまいました。

 それに比べて、自分の行く道を見失いニートになってしまったウゴウゴ君。立川に母親と二人で住んでいるそうですが、22歳とは思えないくらいに哀愁が漂ってしまいました。…時の流れって残酷ですね。

 まぁ、鈴木みそ先生の『ゲーム同窓会』か! みたいな感じでしたけども、色々と懐かしくて面白かったです。ただ残念だったのが、成長した二人による『ウゴウゴルーガ』がCS放送に持ち越しだった点。おじさん、スカパー観られないんだよね! これが一番観たかったのに、その直前で「続く」とぱ:・( つдT)・:゚

 成長したルーガちゃんこと、小出由華さん。今でもルーガちゃんと呼ばれているみたいで。……成長しましたなあ。

 幼稚園児に『ウゴウゴルーガ』を見せていました。素の感想ですね。

 夜中の3時くらいからやってましたけど、もうちょい良枠はなかったのでしょうか。

 テレビ君です。めさ懐かしいです。

 プリプリ博士。トマトちゃんは二児の母親になっているらしいぞ。

 オヤジムシ。

 屈指の人気だったみかん星人。

 しかとはシュールにも程があったと思う。

 田嶋秀任君。完全に素人です。

 大坪千夏フリーアナウンサー。今はフジテレビを退社して、スイスに住んでらっしゃるんですねえ。ナレーションしていましたけど、当時と変わりないテンションでした。さすがプロ。ちなみにホリプロ所属。

 なぜかウゴウゴ君ドキュメンタリーみたいな内容に。

 大坪さんが容赦なく突っ込みまくり。何気にこの方も成長されましたなあ。アマノッチとの交際で成長したか?(違う)

 『ダウンタウンDX』で彼氏いない歴21年と言っていたルーガちゃん。

 テレビ君に呼ばれたところで、番組終了。完全版はCSでオンエア。

 というわけで、ネットアイドルほいみんは『ウゴウゴルーガ』を応援しています。


2007年05月18日 / 『24歳の末期ガン~涙のウェディングドレス~』を観て

 5月10日と11日の『イブニング・ファイブ』で『24歳の末期ガン~涙のウェディングドレス~』という企画が放送されました。

 内容はタイトルの通りで、乳ガン発覚→手術(乳房切除)→社会復帰→再発→死亡という運命を辿った少女とその家族の物語でした。

 ガンと言いますと、どちらかというと年寄りの病気というイメージがありますが、近年では若年性ガンが増えているそうで、最近では池田貴族さんなんかもこれで亡くなっています。

 通常のガンに比べますと、進行が早いのが特徴です。特集が組まれていた女性も、見つかった時には相当進行しており、1度は手術して社会復帰できたものの1年経たずして再発。その時には各部に転位しており、余命1ヶ月という状況でした。

 かなり可愛らしい女性だったのですが、病気になってからは抗ガン剤の影響で髪の毛が抜け落ち、顔は膨れあがり、呂律もおかしくなり、病気の壮絶さが伺えました。『世界の中心で愛を叫ぶ』の長澤まさみを100倍壮絶にしたような感じ……と言えばわかりやすいでしょうか。

 VTRの中で彼女は「若い人でも検査に行って欲しい。私のような人を増やさない為に取材を依頼した」みたいなニュアンスのことを言っていました。

 そもそも当初は若年性ガンと闘う女性という感じの企画だったようです。ガンに犯された彼女が他の犠牲者を増やさない為に、取材を申し込んだところから企画が始まっていました。

 しかし、彼女の状態は彼女が思っているよりも遥かに進行しており、取材の最中、帰らぬ人に。

 そこで彼女と彼女の父親、彼女の彼氏にスポットを当てて、その最期を送る企画に変更。

 模擬結婚式をやったり、焼肉屋で食事をしたり。彼女がやりたいであろうことを、生きている間にみんな叶えてあげようという考えの元、父親と彼氏と友達がみんなで企画。特に結婚式は大掛かりで、ウェディングドレス着用は勿論のこと、教会では指輪もプレゼントしていました。

 もはや酸素吸引を常時していなければならない程、彼女の身体は犯されていましたが、結婚式の時はそれを感じさせないくらい元気でした。

 こういうのはフィクションの世界ではよくある光景ですが、現実のそれはフィクションとは比べ物にならない程重かったです。彼女と全く接点のない僕でさえ、かなり気が滅入りましたから。だから、彼女の関係者には想像を絶する程の悲しみがあったと思います。
 でも、彼女の死後、彼氏は「やれるだけのことは全部してあげられた」と言ってましたので、それは救いだったかも知れません。

 ……。

 人の死亡率は100%ですが、大抵はそれを忘れて生きています。こういう特集を見せられると、唐突にそれを思い出しますね。

 ※※※

 ■関連記事
 『余命1ヶ月の花嫁』を観て

 ※※※

 話は変わるのですが、僕は『ほいみんのページ』時代に「俺が更新を3日サボることなんて有り得ないから、もしそうなった時は俺の身に何かあったと思って欲しい」と書いたことがあります。けど、その後、何もなかったのに更新を1週間さぼりました。理由は更新イヤイヤ病にかかったからです。

 始まって間もなかった頃は、特に考えたこともなかったのですが、このサイトの場合、仮に僕の身に何かあったとしても、それを伝える手段がありません。具体的にどういうことかといいますと、例えば僕が事故か何かで唐突に逝ったとします。そうなった場合、このサイトはいきなり更新停止状態になり、以後の更新がなくなるというわけです。

 過去に色々ありましたが、今は読者に優しいサイトを目指しているこの僕。死亡率は100%なのだから、万が一用に手を打っておく必要があるのかなと思いました。近況を知らせる手段とでも言いましょうか。

 ――演技でもないからやめよう。


2007年05月17日 / 静止した網の中で

 ほいみんはニコニコ動画を観ていた。23時以降は使い物にならないので、夕刻の内に観たい動画をチェックしておくのが日課になっていた。今日も今日とて、適当に動画を漁る。

 「ははは。毎日毎日、面白動画が沢山アップされているなあ。職人達は頑張っているよ。うんうん。凄い凄い。ゴイス。お、これも面白そうだな……あれ?」

 ブラウザに違和感。読み込みがストップし、画面が真っ暗になる。

 「止まっ……た?」

 ここにはフレッツシステムの中枢がある。東日本全域の回線はここで管理されており、様々な処理がされていた。

 通常ならば、静かにオペレーター達が業務をこなしている時間なのだが、今日は室長の怒号が飛んでいた。

 「どうした!? 何が起こった!」
 「わかりません! 地域のネット接続が次々に遮断されていきます!」
 「食い止められないのか!?」
 「出来ません!」
 「なんてこった!」

 机の上をバンと叩く室長。

 「このままだと全てのシステムがダウンしてしまいます!」
 「東京のシステム維持を最優先にしろ! その為に他が死んでも構わん!」
 「関東、北海道、東北、甲信越に影響が出ます!」
 「構わん! 東京を最優先だ!」

 「よし、新しい広告ができたようだな」
 「はい。これであと1クリックすれば、自動的にネット配信されて、我が社に数千万円もの利益をもたらします」
 「よくやった田中君!」
 「いえ、皆の力のお陰です」
 「さあ、クリックしたまえ!」
 「わかりました。それではいきます!」

 ――送信中・・・送信中・・・・。ピピー。送信失敗しました。

 「なッ!? ど、どうした? 早く送信しないと、ライバル社に先を越されてしまうぞ」
 「わ、わかりません。ネットそのものが止まっている!?」
 「なんだとッ!? ネット会社でネットが止まったら……一体いくらの損失になると思ってるんだッ!?」

 みんなパニックになっていた。

 ほいみんは未だPCと格闘していた。フレッツの設定がおかしくなっているのではないか? ルータの設定が変なのではないか? 様々なチェックを繰り返し、再起動も繰り返し、ようやくPCや設定に異常がないことを確認する。

 「おかしい。こんなことは今までなかった。さて、どうする。どうすればいい? ネットは使えないから調べられない。八方塞がりか? ……。そうだ!」

 閃くと、ほいみんは携帯電話を取り出し『2ちゃんねる』にアクセスした。PCからアクセスできないのなら、携帯からアクセスすればいい。パンがないなら、お菓子を食べればいい。ネット関係のカテゴリから、プロバイダー板を開く。

 「こ、これはッ!?」

535 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:51:54 ID:zd81QlC8
急につなならなくなったお!@にーがた

536 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:52:45 ID:Y8CYcVBY
北海道ですがつながりません

537 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 18:53:11 ID:4fq+PCK8
俺もだ@新潟

538 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:53:33 ID:X0ggJltd
うちも繋がらなくなった@北海道

539 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:53:46 ID:JjLXp6RS
>>536
札幌
うちも繋がらん

540 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 18:54:10 ID:y3jkCe+9
俺も繋がんねぇww@山形

541 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:54:20 ID:jiit/6hV
うちも繋がらない
友人もみたい@群馬

542 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:54:50 ID:8ETQgXKG
俺も@福島

543 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:55:10 ID:X0ggJltd
私も繋がらなくなりました 北海道です

544 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:55:40 ID:UdD9xezj
つながらなくなった@札幌

545 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 18:56:03 ID:DGi8HRC/
俺も繋がらない@茨城

546 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:56:05 ID:JjLXp6RS
東日本全域で㌧㌦?

547 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 18:56:19 ID:Y2ZcGijc
つながらないよー@北海道苫小牧

だから携帯からカキコ

548 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:57:10 ID:FYx6xkmc
繋がらないー。長野

549 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:58:07 ID:83Dj2YT+
繋がりません。@茨城

550 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:59:12 ID:Asy1r5su
繋がらないorz
@北海道南

ネットから切り離されるとちょっと不安だな。

551 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:59:14 ID:JjLXp6RS
障害情報はまだ出てないな

552 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 18:59:15 ID:PjcjAwEN
やっぱ落ちてるのね。
うちも切れた@札幌

553 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 18:59:16 ID:1lT0qmmE
繋がらないお(;^ω^)by千歳

554 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 18:59:40 ID:CjOdocZR
@茨城死んだ

555 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:01:26 ID:WH8mmPek
予定通りのメンテではないって事かな?@栃木

556 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:01:29 ID:us/w6Tzf
こっちもつながらない@新潟

557 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:02:45 ID:eS7rtmTs
青森 むつ
こちらも繋がらないです

558 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:02:51 ID:hW30hLYD
落ちてるんだ…
どうりで繋がらないわけだ@新潟

559 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:03:01 ID:+y/2zxcu
つながらん。北海道

560 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:03:15 ID:RZ6khI8T
落ちたのはうちだけじゃなかったのか@茨城
ケータイから書き込み。

561 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:03:38 ID:64+h2/AS
繋がらないヽ(`д´)ノ@札幌西区

562 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 19:04:24 ID:Qo6tauuz
nifty 札幌
こちらも落ちてる。
フレッツ系全滅かも

 そこにはネットに繋がらない地獄に嵌っている人々の叫びが記されていた。ほいみんは、ここでようやく何が起こっているのかを知った。

 ――NTT東日本による大規模な通信障害。

 「むう。やはりフレッツ側の問題だったか」

 自分のPCに異常があったわけではないので、取り敢えずはほっとする。しかし、ネットに接続できないことには変わりなかった。

 「こ、更新ができねえ」

 「現在、NTT側のトラブルによりネット接続ができない状況になっておりますー!」

 静寂を保っている店内に、店員の大声が響き渡る。

 「なんだ、なんだ?」
 「インターネットできないの?」
 「インターネットできないネカフェなんて、ピーナッツのない柿ピーみたいなものじゃないか」
 「帰ろう帰ろう」

 ざわっ・・・ざわっ・・・。

 通常なら、学校帰りや、仕事帰りの人で混雑している時間であったが、インターネットができない旨を知ると、客の殆どが店から出ていくのであった。

 「くっそー。みかかめ」

 ここはインターネットを利用した通信ゲームの筐体が売りになっていた。しかし、当然ながら通信の機能は使えていない。

 「ただいま通信機能は使えませんー。申し訳ありませんが、復旧の見通しは立っておりませんー」

 無情に響く、定員の声。

 「帰ろ、帰ろ」

 目当てのゲームが出来ないことを知ると、人々はそのゲームセンターから出ていったのであった。

848 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:33:33 ID:RZ6khI8T
NHKニュース北

849 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:33:33 ID:Y2ZcGijc
NHKやっときたよ・・・

850 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:33:38 ID:Dhjn2pcT
NHKキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

851 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:33:46 ID:gDMOErq+
NHK北

852 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:34:52 ID:r4cHkrlR
繋がらNeeeeeeeeee
ふぐすま@いわき

853 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:35:35 ID:RZ6khI8T
ニュースの情報では復旧の見込みはまだ立っていないらしい (^O^) 今日はオワタ

854 名前:愚痴ってみる[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:36:06 ID:NTg2eX8t
ぉぃぉぃ
オレのインサイド2、スピードウィーク~最高速バトルinナショナルジオグラフィックチャンネル返しやがれ!
Bフレッツが落ちてCSが見られないぜ!
まさにDamn it!

855 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:36:52 ID:ZceYIBtj
復旧の見通し立ってないって…。

 「くっそー、更新ができねええええええ。このままじゃ、俺様の連続更新記録が途絶えちまうじゃねぇかああああ! みかかの糞野郎がああああああああああ」

 たかが3ヶ月で何が連続なのか。馬鹿丸出しだった。

 「まだかッ! まだ復旧できんのか!」

 激昂する室長。状況は最悪だった。事件発生から3時間あまり。既に1万件以上の問い合わせがあり、電話回線もパンク状態だった。今回の件で北関東と北海道、東北、甲信越14都道府県の約239万回線に不具合。ひかり電話59万回線が遮断。

 ――日本インターネット史上最悪の通信事故だった。

 今や人々の生活から切り離せなくなったインターネット。それが使えないというのは、マズイで済まされる事態ではない。インターネット関連企業では、大きな損失が発生するし、それを主軸として生活している人もまいっちんぐマチコ先生。

 また、ひかり電話が使えないということは、110番や119番も使えないということである。携帯電話があるから大部分は平気かも知れないが、状況は芳しくなかった。

 「原因がわかりましたッ!」

 オペレーターが叫ぶ。

 「何だッ!?」
 「IPルータのキャパシティーオーバーです!」
 「良しッ! 早く復旧させろッ!!」

864 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:42:12 ID:0AFH2Tbd
つながったぜぇー@秋田大曲
ぷららのニューファミリ

865 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:42:22 ID:0eEMqwZN
報道ステーションでも見てみるかww


866 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:42:28 ID:nh0E0a8D
全然ダメです。
北海道@函館

867 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:42:55 ID:DGi8HRC/
まだ繋がらない@茨城

868 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:43:11 ID:egHtDbBi
山形つながったよ。

料金未払いかと思ったじゃねーかwwwwwwwwww

869 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:43:58 ID:0eEMqwZN
俺は契約してないけど
今回の障害はフレッツレベルだから
ダブルルートとかなんの役にも立たないんだろうなwww

意味ないなwww

870 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 21:44:04 ID:higiTS04
ネット繋がらなくて散々サポートに電話しちまったよ
ずっと通話中だったが

871 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:46:07 ID:RZ6khI8T
未払いネタ多すぎでワロタ

872 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 21:46:20 ID:B3irU+cG
釧路やっとつながりやがった

 「復旧情報ッ!? だが、まだうちの端末は繋がらんぞ。何やってるみかか! ド田舎だから、後回しにしてるってのかー!!」

 ほいみんはネット依存症だったので、ネットに繋がらないことに最大限のストレスを感じていた。

 ――どうでもいいことだった。

14 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 23:10:51 ID:Fdc7MZA4
急にスレ伸びてると思ったら・・・・・・・・・・・・・・・
俺@西日本
みんな乙w

これがぷららが原因だったら・・本当にぷらら終わってたな

15 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 23:11:42 ID:Gv5ozte7
福島いわき@フレッツADSL
ようやく復旧ktkr

16 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 23:12:31 ID:OU8ygL6w
>>14
原因はみかかだと何回言ry
落ち着いてニュース見ような。

17 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 23:14:17 ID:zoErKxhN
6時間近くも繋がらないってバカジャネーノ@苫小牧

18 名前:名無しさんに接続中…[sage] 投稿日:2007/05/15(火) 23:14:19 ID:P5TkWMEv
前スレ>>965は繋がったのかな。
太田はまだダメだ…。

19 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 23:15:37 ID:BOimuRnH
群馬きたあああああああああ

20 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 23:16:00 ID:IcBQ0D8a
大ぐんたま、まだ~?

21 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 23:17:01 ID:9RHCdL8b
やっと復旧@長野

22 名前:名無しさんに接続中…[] 投稿日:2007/05/15(火) 23:17:08 ID:7SqrOJLv
やっと繋がったー@群馬

 「復旧キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! これで更新できるぞー」

 モバイルタイプにアクセスし、エントリをアップロードするほいみん。ネットができないフラストレーションの中から一気に解放される。気分はまさに「この一杯の為に生きている」だった。

 サイトは画面が更新される瞬間が一番楽しい。なぜなら、そこから自分の作品がみんなの物になるからだ。

 「ふああぁぁぁ。無事更新もできたし、そろそろ寝るか」

 就寝。

 「室長! 全ての回線が復旧致しました!」
 「うむ! 皆ご苦労であった! この後、総務省など各省庁への通達など様々な事後処理が残っているが……とりあえずはみんな休んでくれ!」

 こうして、長い一日が終わったのであった。

 インターネットがあって、そこには様々な生活がある。

 だから、こんな事件は二度と起こさないで欲しい。頼むよ。

 終わり。


2007年05月16日 / 『I-DOLL』の感想

◆コラム・論評 ====================================
──────────────────────────────────
 ほいみんの旅  第9回
                       『I-DOLL』
──────────────────────────────────

  ジェアグゥィチエルモジン! ほいみんです。いやー、暑い日々が続い
  てますね。暑かったなー、とか思ったら次の日はもっと暑くて、その次
  はもっと暑くて……の繰り返しで、その内、地上が干上がってしまいそ
  うな勢いです。

  さて。そういうわけで、今回取り上げる作品はIMAGE CRAFTの『I-DOLL』
  です。マニュアルを見ると「3年半掛かった」とか、「過去に出した作品
  の6倍の時間を費やした」とか書いてあって、驚嘆しましたです。開発
  期間1年でも長いと言われているこの業界で3年って。

   ▽IMAGE CRAFT
   http://imagecraft.product.co.jp/

             * * * * *

  |主人公といつも一緒にいた幼馴染みの汐音愛。彼女の夢は世界中の人
  |に愛を与えることのできるアイドルになることだった。しかし、その
  |夢は愛の事故によって消え去ってしまう。それから2年後。ある日何
  |気なく撮った写真に愛の幽霊が写る。降霊術師いわく、愛はアイドル
  |の夢を捨てきれずにこの世をさまよっているとのことだった。彼女の
  |夢を叶えるため、主人公は降霊術師の力を借り、愛の魂を生命人形に
  |宿す。しかし、生命人形として愛がこの世にいる時間は限られている。
  |その限られた時間内に、愛をアイドルとしてステージに立たせること
  |はできるのか。

  力作です。凄いです。そうとしか表現できないのは貧弱な私の語彙が貧
  弱だからなのですが、とにかくこのマンパワーのかけ方は半端じゃない
  です。最初の5分をプレイしただけで、それとわかります。こりゃ時間
  掛かってるなぁと。

  大体において良くアニメします。目パチ口パチは勿論のこと、ヒロイン
  が振り返ったりだとか、ガバッと抱きついて来たりだとか、車移動のシ
  ーンでは背景が動いていたりだとか、みんな動いてます。これは確かに
  3年半掛かりますですよ。作画枚数5000枚は伊逹じゃないです。

  形式の方は、オープニングだけはmpgのムービー再生なのですが、他はみ
  んなプログラムで動いています。凝った服を着ていたり、髪の毛なども
  結構描き込んであるキャラが動いているのは感動的でした。特に凄かっ
  たのが、フリフリのアイドル服でのエッチシーン。技を通りこして、意
  地を感じたくらいです。

  そういったわけで、エロシーンのアニメも力入っており、「キス→愛撫
  →胸揺れる→フェラ→クンニ→挿入→ピストン運動→フィニッシュ→精
  液飛び散る」といった一連の動きも網羅されています。キャラによって
  過程に大小があることは確かですが、概ねこんな感じ。まぁ、枚数が少
  な目であったり、同じアニメの使い回しなどがあったりはしますが、気
  にならない程度です。

  攻略可能なのは8人。ここで言う「攻略」とは「行為可」という意味で
  す。いやはや、8人分ものエロアニメを作ってきたのはさすがに凄いで
  す。この仕事っぷりは、ホント見事としか言えないです。

  しかし、アニメーション以外の見所はというと……。――う~ん。良く
  も悪くも普通なんですよね。シナリオ、キャラ、しっかりと作っている
  ことは確かなのですが、及第点程度かなぁと。なんか突き抜けているも
  のがないんです。そういうことで、以下はそれらについて書いてみます
  です。

  まず、舞台が芸能界です。それは良いのですが、その芸能界というのが、
  フリフリのウンコもしないようなイメージの清純派アイドルが売れ線と
  いう芸能界です。登場人物も、その清純派に、元気天然系、耽美、キザ、
  何か影を持っている事務所の社長、嫌がらせをするライバルたち……。
  一体何年前の出来事なのかと。ちょっと古臭いイメージが付きまとい過
  ぎます。というか、この手の芸能界物の世界観ってみんなこんな感じじゃ
  ないですか。ですから、画一的なものも感じてしまいましたです。

  そして、奇跡から始まる奇跡のストーリー。起承転結しっかり作られて
  おり、山あり谷ありのストーリーで悪くないです。愛の復活から、アイ
  ドルデビューへの道、他いろいろ、ラストへ……と丁寧に描写されてま
  す。ラストも結構盛り上がりますし、感動もできます。――ですが、抜
  けているものがありません。特筆すべきものがありません。何か1つで
  も、印象に残るイベントがあれば良かったのですが。それがありません
  でした。

  でもって、一本道です。バッドエンドがあったり、他のキャラとの蛇足
  的エンドがあったりはしますが、基本は一本道で愛とのストーリーです。
  愛に萌えられなければ、面白さが半減してしまう内容です。しかし、そ
  の愛のキャラがまた癖あるんですよねぇ……。「ドジでおっちょこちょ
  い。人の言うことを聞かない。天然で頭が悪い」キャラ萌えなんて、人
  それぞれなんですけど、この愛に関してはマイノリティにしか受けない
  キャラなんじゃないかぁと思いましたです。

  それとは逆に、印象に残っているのが凄惨なバッドエンドでしょうか。
  サスペンスなお話でもないのに、やたらと主人公が死にます(笑) 文
  字通りのバッドエンドばかりで、これはこれでアリのような気がしまし
  た。選択肢一つミスっただけで死。その落差が面白かったです。

  そんなわけで、締めなのですが、「金と時間にゆとりがあったら買い」
  という感じです。あとはアニメゲー好きな方。この手の込んだ作品を多
  くの人に見て貰いたいなぁという気はするのですが、シナリオやキャラ
  という点で「是非に!」というところまではいかないんですよね。

  【 ほいみん 】―――――――――――――――――――――――――

     記事を書くにおいて、一番時間の掛かっているスペースがここ。
     次に時間が掛かっているのが編集後記。次に時間が掛かっている
     のがあらすじの部分。そんな風に、割とどうでも良いことに全力
     を費やすのが好きだったりする人。

           E-mail: webmaster@hoimin.com(←使えません)
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
2002年 7月19日 稿


2007年05月15日 / ホリプロのイチオシ芸人が『さまぁ~ず』から『バナナマン』に変わっている件について

 先日『芸能人ドキュメントシリーズ~設楽統編』という物語をアップしました。これについては、現在第2弾を執筆中ですので、楽しみにお待ち下さい。なぜにこういう予告をしているのかと言いますと、そうやって自分を追い込まないといつまで経っても執筆が進まないからです。

 ~『バナナマン』~とは?

日村 勇紀(ひむら ゆうき、1972年5月14日 - ) 広島県生まれ、神奈川県相模原市育ち、血液型O型
主にツッコミを担当する。
設楽 統(したら おさむ、1973年4月23日 - ) 埼玉県秩父郡皆野町出身、血液型O型
主にボケを担当する。
結成当初は4人グループ(うち1人がフレンドパークの従業員・西秋元喜)だったが、設楽が「俺と日村だけでいい」と言ったことにより2人を脱退させ、現在は日村、設楽の2名によるコンビとして活動中。コンビ名はアメリカでの日本人の蔑称「バナナ」(外は黄色「黄色人種」だが中身は白「白人」であるという意味。)+ラジオ番組『スネークマンショー』の「マン」から設楽が命名。

 日村がツッコミで、設楽がボケ? 『くりぃむしちゅー』みたく変えた方がいいと思います。

 さて。
 上記の物語をアップした時は、そんなにはメジャーとはいえなかった『バナナマン』ですが、ここ1~2ヶ月の活躍っぷりが凄まじいです

 『くりぃむナントカ』『リンカーン』『アメトーク!』『みなさんのおかげでした』『明石家さんちゃんねる』『ロンドンハーツ』『ドリームビジョン』『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中』『メントレG』『美しき青きド・ナウ』とメジャーなバラエティに総出演。

 少し前の『タカアンドトシ』、さらに前の『次長課長』クラスのテレビ出演っぷりで、テレビで彼等を見ない日がない状態。彼等がホリプロのイチオシ芸人になっていることが伺えます。

 この事務所のイチオシ芸人というのは、仕事が増え顔を覚えてもらう機会ができ、自身が売れる最大のチャンスなのですが、失敗するとテレビから消えてしまうという末路が待っています。イチオシ芸人にならずとも、薄く広く活躍することもできるのですが、一度露出してしまうと元には戻れないわけで、失敗したら消えるしかありません。ヒロミさんのように。(←まぁちょっと違いますけど)

 他にも松竹の『なすなかにし』やらがいますが、彼等も同様です。『メッセンジャー』のあいはらさん曰く「あと5年でM-1でも獲って、東京に進出せなあかん。じゃないと事務所のイチオシ芸人が変わる」。

 このチャンスを物に出来れば次々とレギュラーが決まり、今の地位が磐石に。失敗すればどうにもこういにもI can notというわけです。

 ……。

 これは推測なのですが、転機になったのはやはり『イロモネア』で100万円獲ったことなのかも知れません。全体的にネタが面白かったのは勿論のこと、自分の家が火事になったことをネタにして大爆笑をとっていたというプロフェッショナルぶり。普通、自分のタバコの不始末で家が火事になったら、1ヶ月くらいは鬱状態でやる気も出なさそうなものですのに、設楽さんはその当日にそれをネタに大爆笑を取ったのですから、なかなかの芸人魂だと思います。

 今や『次長課長』の「おめーに食わせるタンメンはねぇ!」、『タカアンドトシ』の「欧米か!」、そして『設楽統』の「火事で燃えてしまって」という流れになりつつあります(そうか?)。

 出る番組の大体で火事の話をしており、過去を振り返る話で「○○はどうされたんですか?」「火事で燃えてしまって」という流れが基本形に。また燃えた携帯を取り出すこともしばしば。

 話のオチは「火には充分注意しましょう」といった感じのもので、普通の人がこれやっても全く面白くないのですが、設楽さんが言うと実にリアリティがあって面白いわけです。そのうち消防署からCMがきそうな勢いすらある。

 火事になったことで「嫁とギクシャクしている」と土田晃之さんに突っ込まれていた設楽さんですが、今となってはある意味火事に感謝しているのかも知れません。

 また、設楽さんだけではなく、日村さんの方の「売り出し」も始まっており、一流人気お笑い番組『リンカーン』では自身のコーナー『バナナマン日村のすべる話』がオンエアされたりしました。

 これはある意味鉄板ネタなので、いかにホリプロがイチオシしているのかがわかります。

 これまでの『バナナマン』は日村さんのドブキャラが立っていたくらいでしたが、「売り出し」が始まると双方にそれなりにオーラも漂ってきますね。

 これは以前ふかわりょうさんの父親がテレビで言っていたことですが、売れている芸人は視聴者に笑いの期待感を持たせてくれます。何か面白いことを言って笑わせてくれるんじゃないか? という期待感です。それがあることによって、視聴者は笑う準備も出来るわけで、スムーズにネタに反応できるわけですね。まさに好循環なわけで、彼等にもそれが出て来つつあるかなーと。

 というわけで、ネットアイドルほいみんは『バナナマン』を応援しています。


2007年05月14日 / 秒進分歩なインターネットで10年前から進化していないこと

 「よし、1日のアクセス数が100を超えたぞ」

 →換金できたらいいのにね。


2007年05月13日 / レベル(年齢)が20になっても30になってもショボい魔法しか使えない

 ◎56年ぶりの奇跡…盗まれたのと同じ日に財布見つかるカトゆーさん)

 凄い。

 ◎「吉本興業“人気絶頂”お笑いコンビ シャブ常習者だった」と、FLASH 2007年5月22日号

 ◎裏モノJAPANと対決する

 存在に今気付きました……゚:・( つдT)・:゚ メモ。

 ◎余命1年のはずが…がん告知の間違いで一文無しにカトゆーさん)

 この手のニュースって必ず海外ですよね。

 ◎今日から早寝できる3つの方法

 僕の場合、16時に帰宅して22時には寝ています。

 ◎<赤ちゃんポスト>20年前、群馬にも 6年で10人預かる

>約6年間で乳幼児約10人が預けられ、5歳以下の3兄弟が一緒に置かれていたことも。

 ゚:・( つдT)・:゚

 ◎今日AV撮影に参加してきた(『秒刊SUNDAY』さん)

 ◎会社すぐに辞めるのどっち?

 【ブログ…運営しているか否か】 運営者は更新のネタがあるので辞めない。

 ◎ひろゆき氏、「ウェブ動画がビジネスになる日は遠い」

 でも、ウェブ発祥からよくぞここまで、という感じはします。凄い進化。

 ◎人付き合いすると体調崩す

237 名前: 留学生(佐賀県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:24:59 ID:RZMRMqnG0
・女性と話すのは当然緊張するとして、あまり親しくない男性と話すのも緊張する。
・自分以外の数人が会話してて、自分一人だけ黙っている状況がよくある。
・用があるのになかなか店員に声をかけられない。
・知らない人(店など)に電話をかける前に、相手がこういって自分がこういうなどある程度考える。
・慣れない場所、状況だと異様におどおどする。
・声が小さく、よく聞き返される。
・他人に変に見られてないか気にしすぎる。
・インドア派。
・広い交友関係を築かず、いつも同じ人と一緒に行動する。もしくは一人。
・彼女は欲しいが合コンは気が進まない。
・順番で何かを発言する状況で、自分の番が近くなると心拍数が高くなる。
・職場などで「あっ、すみません」ばかり言う。
・自分は人に取るに足らない存在だと見なされていると思うことがある。
・毎日2chをやっている。
・服装がいつも同じ。バリエーションがそんなにない。
・髪型が昔とたいして変わらない。ワックスなんて滅多に使わない。
・筋道立ててきちんと話すことができない
・一人で空想や妄想に耽ることが多い
・趣味は専ら一人で黙々と楽しむタイプのものを好む、あるいは無趣味
・そうかといって趣味や遊びも中途半端
・悪い意味で個性的

238 名前: 留学生(佐賀県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:26:03 ID:RZMRMqnG0
・相手が話すことがうまく聞き取れない。聴覚が悪いだけでなく、脳で理解できていない
・「作業」はできるが「仕事」はできない
・単純作業の繰り返し的な職しか勤まらない
・一人でやる割合が多い、他人と接する機会が少ない職を求める
・仕事中も趣味のことばかり考えている
・一人で空想や妄想に耽ることが多い
・独り言が多い
・マイナーな分野にばかり興味がいく
・メジャーな分野に抵抗感や反感を抱く
・スポーツが苦手
・趣味は専ら一人で黙々と楽しむタイプのものを好む、あるいは無趣味
・一つの物事に夢中になると周囲が全く見えなくなる
・視野が狭い
・場の空気を読めない
・何事にも要領が悪い
・何事にも一生懸命になれない
・仕事が嫌い
・そうかといって趣味や遊びも中途半端
・平気で仕事の手を抜く

240 名前: 留学生(佐賀県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:27:02 ID:RZMRMqnG0
・負のプライドは高い
・他人の悪口や噂話が嫌い
・ネットにアクセスできないと禁断症状に陥る
・携帯を持っていても基本料金内におさまる
・基本料金を超えてもほとんどパケット料金
・メールのやり取りができる友人知人やメル友がいない
・気の利いた一言や場を和ませる一言が言えない
・笑うのが苦手
・無愛想
・満員電車で痴漢に間違われないよう両手をつり革に置く
・街で女性の後ろを歩くときストーカーに思われていないか心配
・夜道で女性を抜かすとき驚かれないよう少し前から無駄に足音を鳴らす
・すれ違い様女性と目が合いそうになったとき近くの物体を見ているフリをする
・褒められたことがほとんどない
・お世辞で褒められると調子に乗って暴走する
・肯定的な事を言われると調子に乗って暴走する
・挨拶の声が小さい、自分からはしない
・内向的
・自己主張が苦手
・無口
・周りに溶け込めない
・空気読めない
・神経質
・心配性
・周りが笑ってると自分が笑われてるんではないかと思う
・根は真面目と言われる
・一回言われたことをすぐ忘れる

241 名前: 留学生(佐賀県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:28:02 ID:RZMRMqnG0
・親や上司の言うことに従わない。従わなければと頭ではわかっていても従えない
・ビジネス書や自己啓発書が嫌い
・小説でも漫画でもアニメでも映画でもドラマでも人間関係が中心に描かれた作品が嫌い
・仕事に必要な知識は欠如しているが、役に立たない雑学的な無駄知識の量は多い
・ホームレスを見ていると他人事とは思えない。将来の自分だと思う
・自分と似たタイプの人を捜し求めている
・自分に甘く、他人にも甘い
・他人を叱ったり注意できない
・悪い意味で優しい
・良く言えば謙虚、悪く言えば卑屈
・集団では常に自分が最下層だと自覚している
・八方美人タイプの人が嫌い
・石橋を叩いて壊す
・仕事の話をするのが嫌い
・仕事関連のスキルアップや資格取得のための勉強が嫌い
・仕事に必要な物を自費で買うことが嫌い
・機転が利かない
・馬鹿正直
・たまに口を開くと他人を不愉快にさせることを言ってしまう
・結果を考えて行動できない
・衝動的
・短気
・どこへ行っても浮いてしまう
・どこへ行っても嫌われる
・少し親しくなると調子に乗って暴走し、嫌われる
・少ない友人知人を大切にする。が、相手から見れば「しつこい」以外の何物でもない

244 名前: 留学生(佐賀県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:29:03 ID:RZMRMqnG0
・友人が全くいない、あるいは極度に少ないゆえに仲良くなった人を大切にしようとする。
 が、自分にとってはかけがえのない大切な友人でも相手にとっては単なる知り合いの一人。
 その温度差で結局は嫌われて切り捨てられる
・そのようにして去っていった人に対して根に持っている
・昔のことをよく覚えている
・どうでもいいことにこだわる
・お金や利益にならないことばかりに夢中になる
・お金や効率ばかりにこだわる人が苦手
・写真を撮られるのが嫌い
・電話が嫌い
・何をやっても詰めが甘く、失敗する
・冷や汗や脂汗をかくことが多い
・車やバイクの運転が下手
・後片付けができない
・超保守的
・環境の変化を極度に嫌う
・思春期の頃から回復困難なステータス異常を抱えている
・自分は精神の発達が遅れているのではないかと思う
・レベル(年齢)が20になっても30になってもショボい魔法しか使えない
・去年の今頃の自分を振り返ってみて、全く成長していないことに気づく
・というか10年前、休み時間に1人で寝たフリをしていた頃と
 大して変わっていないことに気づく
・いつも誰かにキモがられている

245 名前: CGクリエイター(埼玉県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:29:05 ID:77DuXFLY0
おとなしい、消極的
運動音痴
コミュニケーション能力がない
話題がなく、人と話してても途中で会話が続かなくなる
自分から孤独を望んでいる
人間関係がわずらわしく思う
社交性がない、活動的でない
本当は友達が欲しいが、出来たら出来たで関係の維持に面倒くさがり
結局は孤立していく
気が弱い
集団生活が嫌い

248 名前: 留学生(佐賀県)[] 投稿日:2007/05/11(金) 21:30:14 ID:RZMRMqnG0
・同じことを二回以上言う
・物事に対する感覚や感じ方が周囲の標準から大きく外れている
・集団に虐められやすい
・自分の欠点はわかっているが、直すべき箇所があまりにも多すぎてやる気が出ない
・アドバイスや忠告の類に猛反発する
・傷つきやすい、非常にナイーブ
・同窓会に来たがらない
・周りが異性の話になったら別の話に振りたがる、もしくは喋らない
・必要以上に自分を卑下している
・自分がモテないのは顔が悪いからだ、と決め付けている
・基本的に『悪』に成りきれない
・良くも悪くも周りに影響を与えることがない
・紹介・合コンなどから逃げる傾向がある
・処女崇拝が激しい
・気に入った女性と出会っても、その子の元彼の話を聞くだけで興味をなくす
・善人だが思い切った行動に出れない・何事にも発生するリスクを最重要視する

 ゚:・( つдT)・:゚

 ◎サウンドノベルシリーズ最新作『忌火起草』が、PS3に登場!

 いつもさーがしーてるー、みんなあーるいーてるー♪

 ◎『ひなぎく』さんが久し振りに更新されてた

 ご存じの方どれくらいいるのだろう? 近々再開されるようで。

 ◎詐欺の男は20年間「戸籍なかった」

>男は捜査段階から「本庄真理男(ほんじょう・まりお)」と名乗り

 いかにも偽名くさい。戸籍ないのなら殺し屋になれば良かったですのに。


2007年05月12日 / 最初から凄い人間なんていない

 おじさんが通っていた高校はいわゆる進学校ではなかった。偏差値の低い3流校で、みんなアッパッパーな奴等ばかりだった。勿論、おじさんも含めてね。

 授業を聞かないのは勿論のこと、教室でタバコを吸ったり、先生に向かって椅子を放ったり、食事に下剤を混ぜたり、車に火を点けたりなど、まあ若気の至りですむものから、シャレにならない出来事まで様々あったわけです。今でいう学級崩壊みたいな感じで、みんなどうかしていたのだと思う。

 当然、教師なんか尊敬の対象であるわけもなく。なんていうんだろう。単なる人? 交差点で偶然にすれ違った人みたいな位置づけだったわけで。開始0分で睡眠にいたる授業。テストで0点上等。若かったっていうのは便利な言葉だけど、うん若かったよ。そりゃあ、みんな童貞失うのが早かったわけだよな。

 けど、そんな中で一人だけみんなが教師と認めている先生がいた。スクールウォーズも真っ青の熱血教師。僕達が1年生の時に、この学校に赴任してきた先生なのだけど、なんでも教育委員会の切り札的な存在だったらしい。この荒れた学校を立ち直らせる為の。

 まるで漫画みたいな展開だけど、その先生は凄まじかった。他の凡教師とは雰囲気からして違う。江原啓之風に言えばオーラの量が凄かった。

 七三に分けて、ポマードでガッチリコーティング、さらには分厚いメガネをかけているというその表情はとてもインテリなのだけど、それとは別にアンバランスな程にガタイが大きかった。ガッチリとしていて、並の高校生では誰も太刀打ちできない感じ。なんでも昔、早稲田のラグビー部にいてそこで鍛えたらしい。早稲田のラグビー部と言えば橋本弁護士の先輩にもなるわけで。そう書くと途端に軽くなってしまうのはアレだが、粋がった高校生を屈服させるには充分な存在感だった。ちなみに口癖は「どうにもこうにもI can notだね」。……そう、おじさんが良く書く言葉ですよ。その元ネタの人というわけですよ。

 まぁ、ぶっちゃけ恐怖で支配するタイプの先生なら他にもいたわけです。いわゆる体育教師系の一歩間違えばヤクザになっていたんじゃないか? と間違える風貌のヤツ。なぜか棒みたいな物を常に持っていて、兎に角凄みがあるヤツ。

 けど、この熱血教師。五十風先生って言うんですけど、この人はそうじゃなかったんだな。どう違うって、ベシャリが異常に面白い。テキストサイトの人にわかりやすく言うなら、numeriのpatoさんくらいに喋りが面白い。なぜ教師になったのか意味不明な程に喋りが面白かった。多分、漫談家にでもなったら相当な売れっ子になったと思う。

 だから、この人の授業時にはいつも笑いに溢れていたんだな。他の授業では学級崩壊だったけど、この人の場合は興味と恐怖心から授業が成立してた。発想がメチャクチャ豊かだったので、脳みそを割腹して中身を見てみたい程だった。

 授業はアドリブと脱線が多く、教科書よりも生徒が興味のある分野、知っておいた方がいい話をすることが多かった。

 メチャクチャだったみんなだけど、この人の前では比較的従順だったかなぁと思う。

 ……。

 ある日のことだった。

 いつものように授業が始まったかと思うと、先生は唐突に黒板に向かってこう書いた。
 <大久保事件>

 僕……いや、僕達クラスの面々には何のことだかさっぱりわからなかった。五十風先生はよく脱線はするけれど、基本的には授業をしていたから、だからそれとは逸脱した行動に皆はキツネに摘まれたような表情をしていたわけで。

 「大久保事件って聞いたことあるヤツいるか?」

 当然誰も知らない。

 「そうか。実は随分昔に起こった連続殺人事件のことでな。その犯人の名前が大久保清だったところからきている事件だ」

 この事件のことだ。北野武が大久保役でドラマ化もされた程の有名事件だった。

 が、クラスの面々が知らないのも無理はない。なにせ僕達が生まれる前に起こった事件でだ。時の流れと共に風化するのが人の記憶。人は嫌なことを忘れることで生きていけるのだから、それは仕方のないことだ。

 解せなかったのは、この先生がなぜ唐突に大久保事件の話をしだしたのか? ということである。

 「実はな。犠牲者の一人が教え子だったんだよ」

 ざわっ・・・ ざわっ・・・・。

 『カイジ』さながらの「ざわっ・・・」が発生した。

 「初めて担任をしたクラスでな。教え子が行方不明になった。深夜に警察から電話がかかってきて、連絡先に向かったら、そこに教え子の死体があった。警察の人から見ますか? とか言われたけど、さすがに見られなかったよ」

 先生はこんなようなニュアンスのことを僕達に話してくれた。僕の文章が稚拙な故に再現度が低くなっているのがもどかしいけど、ベシャリの上手な先生がこれを語るのだから、そりゃあ心に焼き付きましたよ。

 「現場」にはマスコミが大勢いて、「担任の先生ですか?」「コメントお願いします」みたいな取材攻勢を受けたりだとか、授業中にマスコミの連中が教室内に押し寄せたりだとか、件については何も言うなと箝口令が敷かれたなど、いろんなことを話してくれたわけです。

 僕はそれを「すげー経験だ」と思いながら聞いてました。はい、語彙が貧弱でごめんネコ。

 ……。

 その時、先生は何も出来なかったことを悔やんだのだと言う。教え子の命が救えたのかどうかは別として、事件対応やら、残された生徒の心のケアだとか、何一つ満足に出来なかったのだと言う。今でこそ、圧倒的な存在感で生徒の中心にいる五十風先生だけど、あの時は何も出来なかった。それを思い出すと今でも無念と。

 初めての担任だったから。経験がないことだったから。いや、そんな経験なんて滅多に出来るもんじゃないわけですよ。世の中には仕方のないことだってあるわけで、この事件についてもそうだと思う。けど、五十風先生はそうは思わなかった。

 だから、今の先生を構築するある種のきっかけになったのではないか ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・? と僕は思ったのです。凄惨な事件だったけども、これを糧にパワーアップすることができた。

 だから、人は失敗を乗り越えて成長することができる。僕はそう思ったのでした。

 こないだとまるで違うことを言っているけど、気にするな。

 ちなみに唐突に思い付いたような感じで喋り出した「大久保事件」だけど、後で他のクラスのヤツに聞いたら担当していた4クラス全てで同じことを話していたらしい。なんてナチュラル。きっと毎年同じことをしているんだろうなあ。様々な理由から。


2007年05月11日 / 1000万や2000万の借金ならどーってことないのになー

 少し前に、「体験してようやく理解する人間は凡夫」ということを書きました。

 人間というのは学習できる動物だから、失敗を繰り返して成長していくものだ、という話は良く聞きますが、現実はそう甘くはないです。物事の多寡にもよりますが、一度失敗するとなかなか立ち直れません。それを修復し、再チャレンジするにはもの凄い労力が必要です。失敗のペナルティにしてはあまりにも大きい労力です。

 例えば僕の知人に「避妊しなかったから彼女が妊娠=堕胎」となったヤツがいます。ヤツはそれを教訓にキチンと避妊するようになりましたが、そうなってからではどうにもこうにもI can notなわけです。

 馬券で凄まじい金額を負けただの、会社に何千万単位の損害を与えただの、そういう失敗も宜しくないです。勿論、そこから学習できることはありますが、失敗によるダメージの方が遥かに大きいです。

 「失敗した、けど次頑張ればいいや」というのは、自分を慰める為の免罪符にしかなりません。そんなことよりも、従来の何十倍もの労力をかけて、その失敗を取り返すことを考えないといけません。

 頭のいい人は、先人の失敗を見て学習します。先人の失敗を自己のそれと置き換えることで学習するのです。

 そう、大抵の失敗事項というのは先人が既に経験済み。我々はその失敗の歴史を見ることができる。そこから学習することができる筈なのです。

 が、物事というのはそんなに単純なものでもないわけで。

 だから、「体験してからようやく理解する人間は凡夫」ということなんですね。


 ……。
 …………。
 ………………。

 もう10年以上前の話だ。

 僕は当時、トラック運転手の助手というバイトをしていた。ドライバーに同行し、荷の上げ下ろしをしたり、伝票にサインしたり、運転手の話相手になったりと、そんな感じの仕事だった。

 こうやって書くととても地味な仕事かも知れないが、実際の内容は結構派手だった。一校分の教科書の運搬だの、塾の2教室分の机と椅子の運搬だの、コンサート会場の器具一式の運搬だの、NTT某所の引っ越し荷物の運搬だの、とにかくバラエティ豊かだった。「やっぱ地味じゃん」という突っ込みは受け付けないのであしからず。

 さらには、ドライバーがその日毎に変わっていたので、毎日が新鮮だった。様々な人と1日コンビを組んで仕事が出来たので、それは面白い経験だったなぁと思う。なぜなら、そこには様々な人生があったから。

 ……。

 その日のドライバーは中老くらいの男性だった。会社の作業着に自前であろう緑色の帽子を被って、僕の前に現れた。

 「勅使川原です。よろしくー」
 「よろしくお願いします」

 勅使川原さんは、この会社に入ってからまだ4日目なのだと言う。ぶっちゃけ、僕の方が先輩だった。3倍以上も歳が離れた後輩というのも、なんだか不思議な感じだったけど、勅使川原さんは異常にコミュニケーション巧者だったので直ぐにうち解けていった。

 伝票の使い方やら、荷の上げ下げなど、僕の方が詳しかったので、勅使川原さんに教えながら、その日の仕事を消化していった。途中、荷物を置き間違えたので戻って取り替えてくるなんてアクシデントもあったけど、それ意外は順調に進んでいた。

 「1000万や2000万の借金ならどーってことないのになー」
 「……?」

 もの凄く唐突に勅使川原さんが言った。僕には何の話かまったくわからず。借金? 1000万? と、頭の上にハテナマークが浮かんでいた。

 「バブルが弾けてさ。俺の会社も飛んじゃったのよ」
 「はあ」

 聞けば勅使川原さんは、この会社に勤める前は会社の社長をしていたのだと言う。結構やり手で好調時には相当儲かっていたとかナントカ。

 けど、それをあまりにもあっさりと話すものだから、僕はにわかに信じられなかった。
 「会社売って、家売って、車(ベンツ2台)売って、ぜ~んぶ売って、ようやく借金返し終わったんだ。去年1年間は裁判で全部消えたよ。従業員も30人くらいいたけど全員解雇。まあしょうがないよな。で、何も残らず全て消えたのさ」
 「……」

 良く分からないが壮絶な話だった。バブルが弾け、借金が二桁億になり、どうしようもなくなり、すべてがなくなったのだという、まるで桃太郎電鉄みたいな話。そりゃ社長経験者なら話上手だよ。コミュニケーション上手な訳だよ。

 会社が好調時には銀行の支店長にクラウンをプレゼントだとか、台湾で作らせた原価50円の帽子が軽井沢で3000円で飛ぶように売れただとか、なんだかおかしな世界を勅使川原さんは語ってくれた。いけいけゴーゴージャーンプ、みたいな。まるで漫画。(ちなみに勅使川原さんが被っている帽子は↑のものらしい)

 最近、バブル景気を振り返るような番組が結構あるけど、その中で話しているようなことを実際に耳にしていたというわけです。なんというか、別世界ですよ、これは。

 もしかしたら、この時僕は単なるホラ話を聞いていたのかも知れない。純心な青少年は騙されていたのかも知れない。ただ……なんていうんだろう。風格というか、雰囲気というか、苦難な出来事を乗り越えたような含蓄が勅使川原さんの話にはあったんだな。ホラ話とは思えない深さがそこにはあったんだな。だから多分、本当の話だったのだと思う。

 そんな元社長が今はただのトラックドライバーですよ。もの凄い落差。人生ゲームか! 生活水準だって相当落ちたに違いない。普通の人には耐えられることではない。

 けど、(昼食を買う金もないので弁当持参の)勅使川原さんは、そんな暗い話をメチャクチャ明るく話した。良く分からないが達観していた。まるで他人の笑い話のように。その不幸を自分が楽しんでいるかのように。揚々と話した。

 ……。

 この時、僕は「吹っ切れているんだな」と思った。気持ち切り替えないと前には進めないわけで、勅使川原さんは勅使川原さんなりに前に進もうとしているんだろうと。

 けど、その考えはすぐに改めた。築き上げた財産が全てなくなって、耐えられる人間なんているわけない。これが漫画やアニメなら、困難を乗り越えて成長する物語になるのかもしれないけど、現実はそう甘いもんじゃない。実際には相当弱っている筈だ。だから、それを見ず知らずの他人に話すことで、少しでも緩和しようとしていたんだ。――伏線も何もなく、いきなり身の上話を始めたのがその証拠じゃないか。

 ……。

 そして、その日の仕事が終わった。

 勅使川原さんは最後に近々起業する旨を僕に話してくれた。トラックを集めて運送業をするらしい。今働いているのは実習みたいなもので、これから起業する為の勉強だとかなんとか。昔のコネでトラックを集めるとかナントカ。物を作っても運ばないと商売にならないので、運送業がいいとかナントカ。好不景気に左右されないとかナントカ。

 ――物が売れなきゃ運ぶ物だってないし、燃料費の値動きだって不安定だから、運送業だって厳しいよ。

 と僕は思ったけど、何も言えなかった。こんな若造が何か言ったところで、その言葉に重みがあるわけもなく。無意味に過ぎないと思ったから。

 その日以降、勅使川原さんには会っていない。

 ………………。
 …………。
 ……。

 勿論、失敗したくてしている人間なんていません。自分は過ちを犯さない、自分は学習していると信じている筈なんです。

 それはそれで尊重します。

 だけど、もうちょっとだけでいいですから、他人のことを見るようにしてもらえたらいいなぁと思います。


2007年05月10日 / ある会議室にて

 「はいどうも」
 「うぃース」
 「いやあ、こないださあ」
 「なんです?」
 「これ(小指立てる)のお店行って、くいっと(コップを運ぶ動作)やってんだけどね」
 「ねこさんも好きスね」
 「楽しくやってさー。帰ろうとしたわけよ。そしたらね。店から出て速攻よ、速攻。巡回していたんだろーね。公僕の方々が俺の車を通せんぼしちゃうわけ」
 「あちゃー」
 「まぁ、俺も近場だと思ってうっかりしていたんだけどさー。しゃーないもんはしゃーないなーと」
 「ご時世ですしね」
 「で、コワヒ顔をしたオジサマ達から何杯飲んだの? とか聞かれたわけ。お店から出てきて速攻だったし、さすがに飲んでないとは言えなかったけど、わざわざ本当のことを言う必要もないじゃん?」
 「まあそうすね」
 「だから、ビール二口とか言ったわけよ。ちょっとだけです。ちょっとだけって。でもって、その後に……なんだっけ? 例の検査。ふーって息を吐くヤツ。アレをしたのよアレ」
 「はあ……」
 「そしたらさ。規定値まで到達しなかったでやんの。セーフなのよ、セーフ。いやあ、あの時ばかりはメタボ万歳って思ったね。デブで初めて特したなと思ったよ。公僕ちゃんは俺に注意だけして去っていったよ」
 「一体、どれくらい飲んでたんスか?」
 「そりゃあまあ、秘密だよ。ははは」
 「そんなこともあるんスねえ。で、そろそろ本題いいスか?」
 「ああ、いいよ、いいよ」
 「今度オープンするお店なんですけど」
 「はいはい。そのキャッチフレーズね」
 「そうッス。雑誌に広告出す時に使ったり、ノボリに書いたりするっス」
 「お店のコンセプトは?」
 「えーっと。客質乗務員。いわゆるスッチーっす。店内は飛行機の内部みたいになってて、そこでお客さんとプレイするっす。女の子はみんな制服っす」
 「あははは。今時スッチーって単語使うの40超えたオッサンくらいだよ」
 「そうすかねえ」
 「けど、面白そうだね。飛行機の中みたいになってるの?」
 「そうっス。JA○とかAN○とか、そういうの参考にしてるっすよ。特別室のコクピット室なんてのもあって、そこではお客さんがパイロット、女の子がスッチーでいわゆる禁断のプレイが楽しめるっす」
 「あははは。実際そんなのあったら飛行機落ちちゃうよ。馬鹿だねえ」
 「そうでスね。けどまあ、そういうお店なので」
 「店名は?」
 「『お癒し航空“穴”』っす」
 「あははは。馬鹿だねえ。けどそれだと、こっち(手の甲を頬に当てる)のお店だと間違えられないかい?」
 「ああ、そうっすねえ」
 「まだ間に合うなら変えた方がいい。『パコパコ航空』とか『フライト夢の国』とか、そんな感じで」
 「わかったっす」
 「で、なんだっけ?」
 「えーと、お店のキャッチフレーズっス。お客さんがそれを見て思わず入りたくなるような物を考えて欲しいっス」
 「う~ん、そうだねえ。なかなか難しいようねえ」
 「そこをなんとか頼むっす」
 「航空会社、飛行機、パイロット、スチュワーデス、機内食……う~ん」
 「どうスか?」
 「こんなのはどうだろ? 『こちらチン○全開航空、疲れた機長あなたを昇天の旅にお連れします』とか?」
 「おお、いいっスねえ。素晴らしいっス。さすがはねこさん。常人とは違う感性っス」
 「褒められているのか、異常者扱いなのかわからないね」
 「いやいやいやいや。勿論、褒めているっス。アレっすよ。さすが業界長いだけはあるっス」
 「キミのその喋り方もアレだよ。ははは」
 「恐縮っス」
 「けど……なんかしっくりこないね」
 「そうっすか? 自分は充分いけると思うっスが?」
 「インパクトに欠けるっていうのと、韻が悪いな」
 「はあ」
 「ちょっとまて、考え直すから」
 「はあ」
 「そうだなあ。う~ん、そうだなあ。う~ん……。そうだ! こんなのはどうだ? 『まんぐり航空CA! 日頃の労働でストレスが溜まっている貴方へ 今夜は楽しく騎乗の旅を!』とか」
 「あははははは。それ最高っス。面白いっす」
 「こういうのはな。想像力を刺激するんだよ。我々がどんなイメージを作ったとしても、個人の想像力には適わないわけだ。だったら、その想像力をフルに引き出してやればいい。楽しく騎乗の旅なわけだけど、時には急降下しちゃうかも知れない。水平飛行から急旋回しちゃうかも知れない。きりもみになっちゃうかも知れない。そんな想像が楽しいわけだ。そうだろ?」
 「良く分からないけど、なんか凄そうな感じがしてきたっス」
 「フライトレコーダーはないから、思いっきり操縦桿を動かせばいい。オートパイロットかマニュアル操縦かは客のお好みでだな」
 「さっすが業界にこの人アリと呼ばれたねこさんスねえ。次から次へと……兎に角素晴らしいっス。最高っス」
 「ま、こんなところでしょ。どうかな?」
 「助かりましたっス。充分っす。ありがとうございましたっス」
 「また何かあったら呼んで頂戴」
 「勿論っす。頼りにしてるっス」

 部屋から出ていく二人。

 


2007年05月09日 / 『Floralia~フローラリア~』の感想

◆コラム・論評 ====================================
──────────────────────────────────
 ほいみんの旅  第7回
                『Floralia~フローラリア~』
──────────────────────────────────

  ナマステー! ほいみんです。季節は5月から6月へ。夏ですね。街を歩
  けば薄くなっている女の子の服装に感嘆。額に溜まった汗を拭うその姿
  に感嘆。袖からちらっと覗かせるブラに感嘆と、とにかく良いこと尽く
  めです。楽しみですねえ。

  ――相変わらず、偏った認識で御免なさい。

  さて、そんなわけで今回は『Floralia~フローラリア~』についてのコ
  ラムです。雑誌をパラパラを眺めていたときに、ぱっと目に付いたまさ
  はる氏の絵柄。惹かれるものがありました。そして、「誘惑と純愛、ど
  ちらを選ぶのか」みたいな作品概要。ふらふら~っと、まるで夢遊病患
  者のようにショップへ足を運ぶ自分がいましたとさ(笑)

   ▽Zuse【純米】
   http://www.xuse.co.jp/

             * * * * *

  |父親の都合により一人暮らしをすることになった主人公。しかし、状
  |況に流されるままに、自分の通う学校に勤める美人教師3人と一緒に住
  |む羽目になる。家ではエッチなイベントが盛り沢山。だが、学校には
  |主人公の想い人が。家でよろしくやるのか、それとも想い人にそれを
  |伝えるのか。主人公の選ぶ選択は……。

  すーっ(息を吸う)

  うらましすぃぃぃぃ~~~~~~~~ッ!!(声高々に)

  エロゲのシチュエーションなんてものは、大抵羨ましいものなんですが、
  これは頭脳を刺激するものがありました。簡単に言うなら、最初から全
  員好感度マックスの『らぶひな』。……ああ、稚拙な比喩でごめんなさ
  い。

  なんというか、私もこんなエッチなイベントフラグ盛り沢山な人生歩ん
  でみたいですよ。

  基本的には、よくあるアドベンチャーゲームなのですが、オープニング
  後に主人公の想い人を選択する点が他と違います。それを選択した時点
  で、プレイヤーはどうあれ、主人公は確実にその娘のことが好きという
  設定になるわけです。なお、選択可能なのは純愛ルートの3人のみ。誘
  惑ルートの先生たちは選択できません。劇中の選択肢のいかんによって
  左右されることになります。

  まあ、現実世界でも自分を好いてくれる女の子と楽しくやるのか、それ
  とも自分の想い人に気持ちを伝えるのか、というのはよくある難しい問
  題なのですが、それの極端なのという感じですかね。

  誘惑と純愛との選択については、結構シニカルな作りです。なんでかと
  いうと、作品の構造が誘惑=エロ、純愛=萌えという感じになっている
  のですよ。ぶっちゃけそんなの選べないじゃないですか。エロも萌えも
  どっちも寄こせと。でもどちらかの選択を迫られてしまうんですよね。
  エロエロルートの場合は萌え足らず、萌え萌えルートの場合はエロ足ら
  ずになってるんです。

  なんというか、誘惑ルートを選んだ貴方はエロゲはエロがあればそれで
  良し、純愛ルートを選んだ貴方はエロゲは萌えられなければ意味がない、
  とか診断されちゃうようで悔しかったですよ(笑) ある種、心理テス
  トのような感じがしましたです。

  エロの方はエロいです。ええ、そのまま。場所、人数、体位とバラエティ
  に富んでおり、満足のゆく仕上がりでした。クチュクチュという効果音
  がループして流れたりとか、微妙に凝った演出をしてましたし。

  ただ、喘ぎ声の描写が画一的すぎるのはマイナスだったかと。同じよう
  な喘ぎ声描写テキストが何ページも続いていたせいで、やや中だるみし
  たような感じになっていましたです。

  で、シナリオなのですが、これはそれほど印象には残ってないです。様
  様なことに勘違いする主人公がヘタレだなぁ、というくらいです。悩め
  る青年というのは、最近のエロゲでの流行りっぽいところがありますけ
  ど、今作に限ってみれば作風に合ってなかったかなあと。シナリオのバ
  ランスを壊していたかなあと。

  園芸部に所属するという設定からの、主人公の花に関する知識とか、花
  言葉や栽培方法に関することなどは、他の作品ではお目にかかれないの
  で、新鮮な気持ちで読めましたです。面白かったところですね。

  それよりも、敷衍すべきはシチュエーションとテキストで、うん、魅力
  のあるキャラたちが生き生きと動き回っているなあと思いました。まあ、
  主人公を含む男性キャラには魅力を感じなかったのですが、その他の女
  性キャラたちが良かったのですよ。

  正直な話、作品そのものは小作の良作です。そういう意味では値段分の
  価値があったのか微妙なのですが、腰を据えて構えない、ブレイクタイ
  ムの一作には丁度良い感じなのではないでしょうか。

  【 ほいみん 】―――――――――――――――――――――――――

     『クレヨンしんちゃん』をこよなく愛するシニカリズムの権威。
     あらゆる方向からブラックジョークを連発する。が、それに気付
     いて貰えないこともしばしば。苦悩する日々が続いている――。

           E-mail: webmaster@hoimin.com
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
2002年 6月16日 稿


2007年05月08日 / なぜ『テキッ娘。』は失敗したのか?~教科書には載らない『テキッ娘。』の歴史~

 みなさんは『バーチャルアイドルユニット「テキッ娘。」』というサイトをご存じでしょうか?

 『モーニング娘。』と『ちゆ12歳』にテキストサイトのエッセンスを加えた、簡単に言えば『サザエボン』みたいなサイトで、開設当初はバシバシ宣伝していたこともあって、テキストサイト界隈でかなりの話題になりました。

 というのも、サイトをプロデュースしていたのが有名テキストサイト『かまくら』の雪男氏だったからです。『かまくら』と言えば、テキストサイトという言葉を知っている人なら、誰もが知っている超有名サイト。あの雪男氏の新企画。そういうニュアンスで各地に浸透しました。

 ブラウザ上に広がる色とりどりの5人のキャラクター。華やかな色彩。バーチャルネットアイドル(以下VNI)達が日替わりで更新するシステム「バーチャルディスクジョッキーシステム」の採用など、かなり手が込んでおり、ここから何か大きな物が生まれるかもしれない、と期待をさせてくれたサイトでした。

 そんな中。2003年の1月5日、プレオープンと称して『テキッ娘。』はスタートします。が、各地での反応はイマイチなものでした。大きな企画の割に、イマイチ内容が面白くない。頑張っている感はあるが、何をしたいのか良く分からない。5人のVNI達が日替わり更新……って、書いているのは全部雪男氏じゃないか、自作自演? みたいな。そんな冷遇されたものでした。

 マイナスな見方が強くなると、住民達はある憶測をするようになります。

 「サイト上に広告の類は一切ないが、そのうち何か商売でも始めるのではないか? 今は様子見なのではないか?」と。

 何とも皮肉な話なのですが、サイトが凝りまくっていた故に、みんな無償運営に疑問を抱いてしまったのです。ただの趣味でここまでやるか? と疑ってしまったのです。当時はサイトを使って金を儲けること=よこしまという時代でしたので、『テキッ娘。』に対する世間の見方はより一層厳しいものになります。

 そして、2003年の2月2日。『テキッ娘。』は正式にオープンします。内容はさすがに5人もメンバーがいるだけに、漫画、アニメ、洋楽、ゲームと多彩でした(注:実際は1人で更新されています)。1回の更新における文章量もかなりのものでしたので、全部1人で書くのは大変だったかと思います。

 企画やコラムなども募集されておりましたので、総合エンターテイメント的なサイトを目指していたのかも知れません。

 しかし、正式オープンから1ヶ月程で更新が途絶えます。

 あれだけ大掛かりに作っておきながら、この流れに住民も戸惑います。管理人がどこぞの馬の骨というのならまだ話はわかりますが、実績のあった雪男氏だっただけに、その波紋は結構広がりました。いつになったら、更新は再開されるのだと。

 本家が更新されないなら俺達が更新してやろう、という反骨精神から『敵ッ子。』なるサイトまで誕生しました。参加者には『コメットさん※』の方もいました。

 更新再開は4月から、とアナウンスがされますが、その4月になっても、5月になっても、一向に更新再開の様子はなく。

 時は流れ。8月になりようやく「企画凍結のおしらせ」というお知らせがトップページにアップされます。そう、『テキッ娘。』はわずか2ヶ月でその歴史に幕を閉じたのです。

 雪男氏はその後にこうも語っています。

 更新停止については一言で申しますと、「就職したので時間が無くなってしまった」というのが理由です。正直な話、ずっと悩んではいました。「毎日更新をやめて形態を変えればまだ細々とは続けられるんじゃないか」という迷いを引きずったまま具体的に何もせずここまで引っ張ってしまった、というのが放置の真相です。

 これが真実なのか否か――とかは割とどうでも良い話です。批判に疲弊していたからでは? とか、大掛かりな企画の割に自身のスケジュール管理が甘すぎた、とか言うつもりもありません。

 今回、おじさんが何を言いたいのかと言いますと、当時『テキッ娘。』からリンク貼って頂いてありがとう――じゃなかった。

 この企画、当時こそ散々悪い風に言われていました。パクリ、つまらない、エトセトラ。けど、今こうやって見てみると結構いけるような感じもしませんか? ということです。

 何せ今や「萌え」が流行語大賞にノミネートされるようなカオスな世の中ですよ。時代はインパクトを求めている。そして、それが『テキッ娘。』にはある!

 それに『テキッ娘。』はたった2ヶ月しか存在しなかったサイトなのにも関わらず、未だに話題に出るときがあるくらいです。それくらいみんなの心には残っているのです。

 だから、今こそ、『テキッ娘。』を再開する時が来たんじゃないのか? と。当時『テキッ娘。』は時代を先取りし過ぎていたのではないかと思います。それが2007年になってようやく追いついたのではないかと。

 ――どうでしょう?

 バーチャルネットアイドルほいみんは『テキッ娘。』を応援しています。


2007年05月07日 / 「あっ」と気付いた時にはもう遅い

 間違って消しちゃったよ……。


2007年05月06日 / 『ぬめぱとGWレィディオ-怒りのアフガンスペシャル-』の感想

 ◎ぬめぱとGWレィディオ-怒りのアフガンスペシャル-の感想

 久々に拝聴。OPからエロダイヤルに電話してパクり騒動のことを相談したりとなかなか面白かったです。出来心でパクりましたとか告白してさらに爆笑。

  1、普段はあまり怒らないように自分を律しているが、今回ばかりは怒った。
  2、もてる全ての力(あらゆるコネ)を使って潰すと宣言。
  3、パクりの経緯をまとめサイトを使って説明。
  4、基本的にはパクりとか怒らない。パクりから生まれることもあるから。言葉狩りをするつもりはない。
  5、でも、これにブチ切れた。
  6、GW返上で情報収集。GWではなく、ブラウンウィークくらいだった。
  7、(ヌメラーに向かって)自分が何か叩かれるようなことをしたら、遠慮なくホトトギスのように叩いて欲しい。間違っても盲目的に擁護とかしないで欲しい。あんなんにだけはなってくれるな。
  8、なぜか美輪さんのモノマネを披露「レイチャールズ」。
  9、スネ~クの「~」を使わせる為に「ー」が禁止ワードになる。
 10、あの若林純氏が死亡(初めて知りました)。ご冥福をお祈りします……。
 11、5月3日に名古屋で開かれた某オフ会にスネ~ク氏が参加。刺されない為に女連れ。ファンの方が心配しているであろうこの時期に、あろうことか女連れでオフ会に参加とは何様だとやや切れ。
 12、そのオフ会では半ばパクりを認めるかのような発言をしていた。
 13、(複数の裏が取れていない情報)また、パクりについて、「絶対に口外するなと出版社から口止めされている」と言っていた。
 14、これをサイトから削除したのは角川の指示?
 15、(この辺りを総合的に考えたpato氏の憶測)彼がHPでよく言うセリフ「ファンの為に」。それがいつのまにか「本の為に」変わっているのではないか?
 16、俺は謝ったら許す。
 17、スネ~ク氏はちゃんと謝罪して、事実関係をファンの方に説明して、安心させてやれ。ファンの方は心配している筈だ。
 18、訴えられても最高裁まで闘ってやる。受けてたつよ。
 19、(gdgdになってくる)ごちゃごちゃ面倒だ。件のサイトに「私自身、しゃべり(ここなら文章)の技術なら負けない自信はあります。それが一回のみのどっちがおもしろいものを書けるか選手権みたいなのをやったら優勝する自信があります」と書いてあるから、それで勝負しよう。負けた方がパクりでいいよ。審査員はあっちのサイトの閲覧者でいいよ。それでも勝つから。
 20、やりすぎだってわかってるけど、いいじゃねーか、たまには。譲れないものがあるんだよ。
 21、(gdgdで)俺は『HOT SHOT』が好きだから怒っている。それだけだ。(参考リンク)
 22、みんなもそうだと思うけど、自分のサイトは宝物。
 23、『numeri』は絶対に出版化しない。大塚愛が帯とか書いてくれない限り。


2007年05月06日 / GWにアクセスが増えるサイトと減るサイト

 HP少し弄りました。不具合とかあったら教えて頂けると幸いです。あまり詳しくないもので(;^_^A アセアセ…

 ◎元大阪府知事の横山ノックさん死去、75歳

 『ノックは無用』大好きでした。

 ◎斬鉄剣が久し振りに更新

 やっぱナミさん大好きみたいです、僕。

 ◎泣かぬなら殺してしまえホトトギス~パクリ疑惑wiki

 2003年にこういうサイト始めるのだから凄いと思う。

 ◎ドラクエ4コマ漫画描いてたことあるけど質問ある?カトゆーさん)

>やべえ、キングスライム賞とか懐かしすぎる

 ◎「Windows 98/Meを使い続けることは危険」、IPAが注意喚起

 わかりました……。

 ◎なぜ、ひろゆきは賠償金を踏み倒してまかり通るのか?

 大阪は人物の似顔絵に意志が入っていて面白いと思う。

 ◎仕込みじゃないの?TVに出てくるネカフェ難民さらしるさん)

 ◎ゆとり新人社員\(^o^)/オタワ日月さん)

 間違い日本語みたいだ。

 ◎嫁に「赤ちゃんが出来ちゃった」と報告されたんだけど(↑と同じ)

 ゚:・( つдT)・:゚

 ◎元彌今度は悪霊退散ダンス!?…19日にイベントニコニコ動画開発者ブログ

 これのことです。

 ◎『レディス4』にヒロシが出ていた

 ちなみに『レディス4』ってのはこんな番組なり。

 ◎アリスソフトでディレクター募集

 織音氏の給料はランス世界で言うと2400Gくらいらしいですよ。
 
 ◎知らないほうが幸せだった雑学カトゆーさん)

 知らない方が良かった゚:・( つдT)・:゚

 ◎専業主婦の年俸は「約1660万円」に相当と、米調査

 (个_个)

 ◎ある元テキストサイト人の叫び

 このサイトのURLがテキスレに張られていたのですが、1クリックしかありませんでした。


2007年05月05日 / オリエンタルラジオの良いところを考える

 『オリエンタルラジオ』というのは吉本興業所属のお笑いコンビです。中田敦彦と藤森慎吾の二人で結成され、その出世の早さから世間でも大注目されている存在です。

 どう出世が早いのかと言いますと、まずデビュー前、NSCにいた頃に既にM-1グランプリの準決勝まで進出していました。デビューすると1年目で『ピザーラ』のCM、ヨシモトファンダンゴTVの司会、2年目にはオールナイトニッポンRのパーソナリティ、『笑っていいとも!』のレギュラー、深夜の冠番組『オビラジR』の開始、プライムの冠番組『オリキュン』の開始。

 そして、デビューからたったの3年目でゴールデンの冠番組を獲得。しかも一気に2番組。あの『ダウンタウン』ですら、ゴールデンは5年かかったのだから、これがいかに早いことかわかると思います。

 しかし、その反面「実力が伴っていないのでは?」という批判意見も多くあります。実際、M-1に出ていた頃は派手なアクションの芸に皆が注目していましたが、鮮度が薄れてくると皆の目は厳しくなり。

 ルックス、運、タイミング、吉本興業の力が揃っていただけで、二人の実力はそんなでもないという意見が多くなりました。かく言うおじさんもその一人でした。

 その証拠と言えるかどうかはわかりませんが、この4月に始まった冠番組『週刊オリラジ経済白書』は初回視聴率こそ11.1%でしたが、2回目では7.6%、3回目は12.0%と盛り返すも安定感なし。『ドッカ~ン』に至っては初回視聴率がたったの7.3%。大々的に番宣していたのにも関わらず、この数値なのでちょっとヤバイ感じです

 彼等に対する批判意見はマイノリティなのかな? とか思っていましたが、この数字を見てしまうとあながちそうとも言いきれず。あれですよ。吉本興業はお笑い英雄を無理に祭り上げようとしているのではないか? という邪推をしてしまいたくなるわけです。

 さんま、たけし、タモリと言われ続けて20年近く。いつまで経っても世代交代しないこの業界。そこに旋風を巻き起こす為に祭り上げられた英雄的な芸人、みたいな。

 まぁ、芸人というのは因果なもので、若いっていうだけでなかなか支持してくれません。勿論、アイドル的な人気を得ることは可能ですが、芸人として見てくれるのは30代の半ばを過ぎた辺りからです。聞いているか? 『キンコン』の西野よ?

 営業やら舞台やらで下積みをし、貧困生活をアルバイトで乗り切り、29歳くらいで思い浮かぶ「俺、芸人辞めようかな」という葛藤をクリアし、様々な困難を乗り越え、貫録と実力を纏った人じゃないと認めてくれない傾向があります。

 何が言いたいのかと言いますと、若くして売れてしまうと、その後に潰れてしまう可能性があるということです。↑のような下積み生活をクリアできていれば、精神的にも鍛えられているので大丈夫なのですが、若すぎるとマズイ。忙しい中で消耗しきってしまい、次第に芸が荒くなり、人気が落ちてしまい、仕事もなくなり引退してしまうというパターン。

 素質があったのか今となってはわかりませんが、『グレートチキンパワーズ』なんかはこのパターンだったかと思います。

 だからね。『オリエンタルラジオ』に関しても温かい目で見ることが大切なのではないかと思う。確かに今のところ、武勇伝以外に面白味はないです。その武勇伝も鮮度が薄れました。ベテランの芸人に比べてしまうと、トークも面白くないですし、司会者としてもヘタクソ、アドリブも駄目ですし、何よりタレントとして必要なリラックス感が彼等にはありません。無理に緊張を隠しているのが良く分かります。それが見ていて辛い。

 ただ、まだ24歳ですよ。24歳にしては頑張っているのではないかと。あれだけできる24歳はなかなかいないですよ。普通の社会人でも24歳ならまだまだペーペー。杉村太蔵風に言えばヒラリーマンです。

 トークや司会が甘くて当たり前。しゃーない。CSにせよ、深夜にせよ、プライムにせよ、ゴールデンにせよ、番組を持ってしまったのだからしょうがない。番組持たせた吉本が悪い。彼等はあんまり悪くない。だから、温かい目で見ることも必要なんじゃないか。甘いですかね?

 彼等の良いところは、若者にありがちな生意気さがないところだと思います。まぁ、藤森はちょっと怪しいんですけどね。

 「若い癖に番組持って腹立たしい」という考え方もあります。何に対して腹立たしいのかは良くわかりませんが。

 けど、ここで潰れてしまったら、きっと彼等は二度とこの世界には戻ってこられないでしょう。潰れる必要がある程、彼等は詰まらないのか? と言われればきっとそれはNoだと思うのです。

 それにお笑いブームもちょっと陰りが見えてます。先日行われた吉本のライブイベント『LIVE STAND07』。アホみたいにテレビで宣伝していたので名前を聞いたことのある方も多いと思います。表面上は成功したような感じになっていますけど、3日間で6万人の入場者見込みに対して、入ったのは4万5千人でした。GWにこれだけの芸人集めてですよ?

 あの宣伝でこれしか客が来なかったのは、ちょっと……ね。

 というわけで、色んな意味で、『オリエンタルラジオ』には期待が集まっているのだと思います。それはもう本人達の意思を超える範疇で。

 そんな背景を想像すると、もうちょい彼等のことを見守ってやってもいいのではないだろうか、という気がしてくるのです。

 ネットアイドルほいみんは『オリエンタルラジオ』を応援しています。


2007年05月04日 / 返信2

>24時間というカテゴリがあって、何のこっちゃと思ったら24時間連続更新していたんですね。自分は24時間PC前に居るのは無理なので、過去ログで楽しむことにします。程よく頑張ってください。翌日に疲れが残らない程度に。

 ありがとうございます。でもって、すいません、絶妙なタイミングで届きましたが、疲れたので寝ますzzz

 24時間の雰囲気は楽しめました。やる人が多いのがわかるような気がしました。


2007年05月04日 / 寝ます

 おやすみなさい。ありがとうございました。


2007年05月04日 / 皇居周辺に出没する「美ジョガー」とは・・・!?

 皇居周辺に出没する「美ジョガー」とは・・・!?

 ○○ブームという言葉は良く聞きます。そして身の回りでもそれを象徴するような出来事が起こったりします。ですが、このジョギングブームに関してだけは、それをまるで実感できない。

 周りで走っている人間なんて聞いたことないですし、近所の土手を見ても犬の散歩をしているご老人達が談笑しているくらいで、ランナーなんて見たことありません。

 でも、東京マラソンとか見ると大盛況だったらしいですし、市民ランナーの数が多いことは間違いなさげな感じです。

 この乖離は何なんでしょうかね? 皆さんの周りでも走っている人ってあんまりいないような気がするんです。記事にもありますけど、マラソン大会がトラウマになっているというか。とにかく走ることに関しては、拒絶反応を示す人が大部分なのではないかと思うのです。

 こういうのを見ると、自分の生きている世界とは全く違う世界があって、そことこことは懸け離れているみたいな想像をすることが出来ます。同じ人種でありながら、違う文化を歩んでいる、みたいな。

 まあ、気のせいなんでしょうけどね。


2007年05月04日 / 体験してようやく理解する人間は凡夫

 僕が初めて馬券を買ったのは高校生の時だった。

 友達に購入を勧められ、僕はよくわからないままにメジロドーベルという馬の単勝を買った。95年の有馬記念だった。直接競馬場に買いに行ったのではなく、代理購入を頼むという形だった。それで的中したら少しの分け前を与えるという……まぁいわゆるノミ行為というヤツである。ちなみに歴とした違法行為なので、皆さん真似しないように。

 結果は惨敗だった。

 その時勝ったのがシルクジャスティスという馬。鞍上は藤田伸二。2着はマーベラスサンデーで武豊が乗っていた。

 賭けていた金額は1000円。オッズは確か10倍くらいで、1000円が10000円になったらいいなぁとか思っていた。馬柱の見方も良くわからなかったので、友達に教えて貰った。メジロドーベルを買った理由は近走の着順が良かったということと、配当的妙味から。馬のことなんて全くわからなかった。当然ながら、メジロドーベルが牝馬であるということすら知らなかった。

 そう。牝馬限定戦でこそ強かったメジロドーベルであったが、混合となるとからきしでとてもじゃないが買える馬ではなかったのだ。しかも有馬記念といえば牝馬の来ないレース。後にエアグルーヴ、ファインモーション、トゥザヴィクトリーなど好走・人気する馬はあったものの、1着にくることはなかった。

 そんなことはつゆ知らず。また外れたことを知っても特に感慨はなく。世の中そんなに甘くはないのだなぁとか子供のような感想しか持たなかった。またレースそのものも見ていなかった。よくわからず、なんとなく。雰囲気。それだけだった。

 それから4年の月日が流れ――。そんな過去の思い出もすっかり忘れた頃。僕は別の友人に再び競馬を勧められることになる。当時の僕は大学生で暇を持て余しており、そんな折での話だった。またもや、なんとなく。暇だったから。競馬そのものに興味があったのかと言えばなかったと思う。この頃の気持ちというのは、今思い出そうとしてもぼやけてしまいはっきりしない。

 舞台は今は無き高崎競馬場。そこでは高崎競馬が開催されているだけではなく、JRAの場外馬券場として中央競馬の馬券を買うこともできた。というよりも、あの頃の高崎競馬は末期状態でほとんど客は入らず、場外馬券場の売り上げが収入の大きなウエイトを占めるという様であった。確か売り上げの5%だかなんだかが高崎競馬場の取り分なのだとか。それは確かに大きい収入。

 そんな話はさておき。
 その時、僕は『清水ステークス』というレースでトッププロテクターという馬の単勝を1000円買った。購入した理由は友人のお薦めだったから。ただそれだけ。僕は例によって馬のことなんて全く知らなかったし、この馬がどんな馬なんていうのも全然わからなかった。まぁなんとなくというか。付き合いというか。折角、競馬場にまで来ているのだから、とそんな理由。馬のことは良くわからなかったが、近走の着順は良くなかったし穴馬だったのでそんなに期待はしていなかった。まぁ、世の中そんなに甘くはないよなぁと。ビギナーズラックなんて言葉はあるけど、それは結果論が示す言葉なわけで。実際は素人が手を出してもそう上手くはいかない。

 だが、それが1着。単勝配当930円。購入時のオッズが10倍を超えていたので、えらくガッカリしたことを覚えているが、その時思ったことは「あの時の1000円を取り返したな~」ということだった。やたら金にがめつい儂。そして、次に全身の血が沸騰するかのような高揚感。大したことはない払い戻しであったのにも関わらず、「うおおおおおおー」とか叫んでいた。なんていうか、今までにはない感覚というか。新鮮だったというか。今考えればバカみたいなのだけど、横にいた友人よりも遥かに喜んでいたと思う。

 きっかけはそこだったのだろう。僕は競馬が好きになった。そこに浪漫を求めるようになったし、金を張るようにもなった。1000円だった金額が2000円になり、5000円になり10000円になった。当時のスタイルは堅いところにガツンと貼るというやり方で、今考えてみればアホみたいである。でも、その時は穴馬の見つけ方なんてわからなかったし、強い馬が普通に勝つのが競馬と信じていたのだ。けど、なかなか当たらなかった。これは来ると信じた馬が2着、3着に破れ外れるというシーンが何回も繰り返された。惜しい、惜しい。悔しい、悔しい。だから、それを取り返す為に貼るというとても危険な思考回路になっていた。

 そして、むかえた有馬記念。競馬をやらない人でも知っている超有名レース。そこで膨れあがったマイナスを取り返す為に貼った金額は10万円。ぶっちゃけアホである。破産する人間の典型的なタイプというか。熱くなったら止まらない。猪突猛進。

 普通なら、ここで負けてご破算というのがありがちなパターン。それは古来から繰り返されてきたギャンブラーの行く末であったし、ここを読んでいる人もそういう展開を期待するであろう。人生そんなに甘くない。ギャンブルで勝てるなら苦労しない――と。

 しかし、奇跡が起きた。10万円の一点買いが見事的中し38万円になった。それまでの負け分を一気に取り戻し大幅プラスに。

 ターニングポイントは間違いなくここにあった。のるかそるか。いくのか? それともドロップアウトするのか? この20万ちょいの勝ち分を懐に収めるというのも、一つの手であった。

 ここでまともな思考回路の持ち主であるなら、ドロップアウトを選択する。人生に一発逆転は2度ない。今まで負けていた分を取り戻し、おつりまで来たのだからこれで良しとしなければならない。この勝ち分をさらに増やす……なんて思考はとても危険。廃人人生驀(まっしぐら)。馬券とはこれでおさらばするのが正解。

 大体考えてみればわかるのだが、競馬には控除率というものが存在する。いわゆる胴元の取り分というヤツで、日本では約25%と定められている。つまり10000円賭ければその時点で2500円はJRAに吸収されるということになる。即ち、貼り続けて勝ったり負けたりを繰り返すということは10000円が7500円になり、7500円が5625円になり、5625円が4218円になり、いずれは0円になることを意味する。

 そんなことは分かっている。しかし、競馬はサイコロの目を当てるゲームではない。大数の法則に当てはまらない浪漫がある! とかなんとか思い、勝負を続行! しかし、当然の如く撃沈。すぐに有馬記念の勝ちを吐き出しマイナスモードに突入。有馬記念の勝ち分以上の負けを背負うことに。

 あー、あの時点で止めておけばなーと思った。メチャクチャ後悔した。自分はギャンブル向きの人間ではないと思った。熱くなってはいけない。逆転を狙ってはいけない。そんなうまい話があるわけないと。馬券で儲けられるのなら、とっくにみんなやっているよなぁと。素人が首を突っ込んだ時点で間違いだった……と気付いた時には既にマイナス地獄だったわけで。ちなみに額にすると30万くらい。学生にとっては大金である。

 資金も尽き、どうにもこうにもI can not.負け犬の3文字を背負ったまま、僕の競馬人生は沈む。

 しかし、それでもちょこちょこと購入することは続けていた。もちろん、それまでのような万単位でつぎ込むということはせず、コイン、千円単位のお小遣い買い。それで穴を狙うという作戦。

 その時はもう戦意も喪失していたし、馬券で儲けるという気もなかった。レースを楽しめればそれで良いと。馬券はレースを楽しむ為のチケット代みたいなもの。当たっても外れても楽しい競馬。それで良いではないかと。

 それ以降はトントンで進んでいたように思う。小額買いは精神衛生上に優しく、それが良かったのかもしれない。でも、これが大きく賭けるようになったらまた負けるのだろうなぁとも思っていた。

 で、たまたまだった。手広く流した馬券の人気薄が引っかかった。それが600倍の配当だった。それまで万馬券すら獲ったことなかったのに、いきなり600倍の配当。500円が30万になった。そこで再び収支はプラスに。別に30万儲けようとしたレースではなかった。数万の払い戻しが受けられればそれで充分と思っていたレース。それが想定の範囲外の馬が引っかかった。あー、世の中って何が起こるのかわからないなぁと思った。

 あの有馬記念以来。2度目の奇跡が起きたのだ。僕はこのお金をちびちびと増やしていこうと思った。もうあの頃とは違う。この資金をうまく使い増やすことができる――と信じていた。

 それからの馬券スタイルは3連複の人気馬、人気薄馬の組み合わせで手広く流すというものになった。これは人気薄が引っかかったら大儲け。人気馬が引っかかったら残念というスタイル。運の要素が強い方法に思えるかもしれないが、競馬で運の要素を少なくする為には単勝を買うか、点数を増やすのが一番だったりする。また、その時の3連複の平均配当は200倍くらいあったし、期待値から考えれば人気薄がかかる要素は決して低くはない。

 それからしばらくは競馬の神様が降りてきていた。面白いように的中し、収支的には約8ヶ月でプラス300万円ほどになった。1レース辺りの購入金額が25000円くらいで、それを1日に5~6レース。800万円賭けて1100万円の払い戻しを受けたという感じ。勿論、勝ったり負けたりの繰り返しであったが、負けた分はきっちりと取り返したし、面白いようにお金が増えた。きっかけは600倍を当てたあのレース。

 ただ、この時の感情というのは嬉しさ楽しさというよりも、虚しさが際立っていた。勿論、お金が増えることは嬉しかったが、とても空虚な念に囲繞され精神的におかしくなっていた。ちょっと調子に乗っていたというのもあった気がする。

 本業の給料を使うことなく、馬券収入で生活できた――というのは、愉快であったことは間違いないが、何かしら頭のピンが外れてしまった。

 そして、その頃から馬券がまったく当たらなくなった。いや、当たることには当たるのだが、高配当がまるで取れない。人気薄の馬が引っかからずにトリガミしてしまうこともしばしば。また人気薄の軸馬が馬券に絡んでも、人気馬の方が飛んでしまうという悪循環。

 取り戻す為には掛け金を増やすしかなかった。25000円が30000円になり、40000円になり、50000円になった。後は悲惨なものだった。300万円が半年が無くなった。そこで再び赤字収支に。

 300万円プラスになっていた時には想像すらしていなかったことだ。あの時の僕は「自分は勝ち組の輪の中にいる」などと自分を過信しすぎていた。またもは調子に乗ってしまったのだ。

 赤字収支に突入し、さらに負けること100万円。自分の中で何かが終わったと思った。結局南極、俺はこれで勝てる側にはいなかったのだ。失ったものは大きかった。300万円プラスの時点で気付いていればどんなに良かったか。それが大きなマイナス。預金もほとんど失い茫然自失になった。まさにお馬で人生ノックアウト。

 しかも、今度は数万や数十万というレベルではない。100万円である。大金である。子供の頃にやっていたテレビ番組で「賞金は100万円ですー」なんてものが良くあったが、とにかく大金というイメージ。そう簡単にどうにかなるというレベルではない。

 そこで勝負は終わった。掛け金が底をつき、僕の競馬は勝負から遊びへと移行した。勝っても負けてもレースが楽しめればそれでいいじゃないか。小額買いで精神安定万歳。それがベスト。決して儲けようなどと考えては駄目なんだ。

 それから約1年が過ぎた。

 購入は1日に1レースで、資金は2万円。そのうち、14000円を馬連に6000円を3連複にという買い方に変えていた。軸馬を1頭決めてそこから馬連で7点、◎-○の組み合わせで3連複を6点という構成。

 これは大体トントンで進んだ。正確には90%後半くらいの回収率だったように思う。
 ただ面白くもなんともなかった。当たっても外れてもなぜかすかっとしない。小額買いだったから、配当妙味に欠けたというのもあったし、実際に当たった時の配当もイマイチのことが多かった。

 そこで3連単に注目した。3連複は手広くいって結局失敗したので、今回は点数を絞る作戦。3連複の時はそうでもなかったが、馬券のシェアが3連単に多く取られるようになってからは、やたらと多点買いする人が増えた。だので、その逆を付くという作戦。

 馬券の構成は単勝、馬連、3連単。狙った馬が1着になれば儲かる買い方で、この方が勝っても負けてもスッキリするという判断から。

 その初めてまともに買った3連単の馬達が、吸い込まれるように馬がゴール板に飛び込んだ。それが50万馬券。腰が抜けた。10万馬券くらいだと思っていた配当が50万馬券。そこで300万円弱の配当を受け取り、収支は再びプラスに。

 なんて人生だ。3度目の奇跡が訪れてしまった。100万以上の負けをたったの1発でひっくり返してしまった。こんなことがあるのか。信じられない。信じられない。

 俺はテレビに向かって咆哮した。

 「うおおおおおおおお!!」 

 信じられない。信じられない。しかも差し馬、差し馬、逃げ馬の決着で首、頭差という非常に際どい決着。この着順が少しでもずれたら的中していなかった。それだけに余計に信じられなかった。何かしら磁場のようなものを感じた。あまりにも嵌りすぎた。

 次に全身から汗が噴き出し燃え上がるような熱。極度の興奮状態。

 そして郷愁。初的中や、有馬的中を思い出した。これはそれを超える高揚感。久しく忘れていた感覚。次に動揺。嘘だろ? マジかよ、おい?

 まるで少年漫画で死人が生き返ったときの主人公のリアクション。

 そして、僕は誓った。このお金でまた頑張ろう。頑張ってこのお金をもっと増やそう――と!

 で、また負けた……。最後はすっからかん。やはりそれが運命なのか。


2007年05月04日 / 問題です

 さて、問題です。

 このサイトの管理人名はほ○みん。

 ○を答えて商品をもらおう! ありませんけど!


2007年05月04日 / ダイエーの創始者のお話

 有名な話なのですが、大手スーパーのダイエーを作った中内功氏は、借金して店舗を建てて、それを担保に借金をして、店舗を作って……というやり方で会社をドンドン大きくしていきました。これはバブル時代に絶大な効果を誇った手法でした。

 しかし、バブルが弾けると共にダイエーの業績も悪化、中内氏のカリスマ性も薄れ、経営から退き、最後は社葬すら行われずに人生を終えることになります。

 そんな中内氏ですが、阪神大震災時に彼のやり方を象徴するようなエピソードがありました。

 ダイエーの関連企業にローソンがあるのですが、神戸が被災した時にローソンの商品を目一杯補充して24時間照明全開で営業しろと命令したのです。明るい店舗を見せることで、被災者にエネルギーを与えよと。

 で、神戸のローソンに中内氏が視察に訪れた時、ローソンには商品が全開に補充さえ、明かりも煌々と灯っていたそうです。そして、それを見た中内氏は満足してそこから去っていきました。

 しかし、それには裏がありました。被災地への商品輸送は道路の寸断により困難を極めていたのです。棚に目一杯、商品を並べ続けるほど物資はありませんでした。そこで側近達は中内氏が来るまでローソンの店舗を閉鎖して、店内の商品を外に出さないようにしたのです。で、中内氏がくるタイミングを見計らって、店舗を解放したのでした。

 何が言いたいのかと言うと、いかにカリスマ性があろうと、すぐれた経営者であろうと、ワンマンであり続けるといずれは浮いた存在になってしまうということです。周りの目が自分を畏怖した物になってしまい、孤立してしまう。

 真っ直ぐに走り続けるだけではダメで、後ろを振り返り、他人の目を確かめることも時には重要なのです。

 この更新も他人から見たらゴミみたいなものになっているかも知れないなーと思いつつ。


2007年05月04日 / 最近気付いたこと

 『金曜ロードショー』で観たい映画がやっていたとしても、放送枠が2時間だとカットされまくりだから観る気がしない。特別ロードショーで2時間半の枠をとってある場合は観る。


2007年05月04日 / 1ヶ月3万円節約料理

 1ヶ月3万円節約料理

 巡回しているサイト。おじさんは一人暮らしをしているわけではないのですが、1週間に5回くらいは料理をするのでこういったサイトはとても重宝していたり。料理のちょっとしたテクニックって自分ではなかなか編み出せませんからね。

 簡単なテクニックなんですけど、それを思い付くのは難しいという。

 実は料理サイトをやろうか、というプランもあったのですが、労力の関係でやめました。何が足りないって、心のゆとりですよ。


2007年05月04日 / 野球特待生、8割以上が認めるべき

 野球特待生、8割以上が認めるべき

 これほどまでに今更感が強いニュースもないわけで、ここまでくると逆に意味不明とも言える。なにせ学費免除のスポーツ特待が野球に関してはダメという話なのである。なんでやねんと。そんなに野球は格式が高いのか? というよりも、なぜ今このタイミングでということだ。

 もう何十年と公然と行われていることなわけで、みんなも当たり前のようにそれを知っていた。○○県代表と言いながらも、実際は全国から選手が集まっていた。その問題は別として、そんな彼等がスポーツ特待生であることもみんな知っていた。

 だから高野連の面々がそういった状況であることを知らなかったわけがないと。ここでオオナタを震ったら大混乱になることくらい想像できなかったのだろうか。……できなかったんだろうなあ(笑)


2007年05月04日 / numeriは面白いなあ

例えば、犯罪とまではいかないですが、さんざんっぱらあちこちからパクってきた文章や企画を、丸コピーとまでいえないほど絶妙に盗用して多くの人の支持を得る、そいでもって本を出版、おまけにパクってきた元のほうを逆にパクリ呼ばわりし予防線を張ることも忘れない、ってまさかそんな人いないと思いますが、それに直面しても怒りより「鮮やか!艶やか!こんなの誰にも真似できねーよ。」といった賞賛の声を送りたくなるのです。もはや芸術の域ですよ。

 参考リンク
 参考リンク2


2007年05月04日 / チュートリアル「伝説」初挑戦

 チュートリアル「伝説」初挑戦

 M-1バブルで大ブレイクの予感があった『チュートリアル』ですが、最近はあまり姿を見ず。いや、正確には姿は見るのですが、話しをしている所を見ない。すなわち、ゲストとしては呼ばれるけども、そのトークはカットされているという状況。

 M-1優勝→吉本がプッシュ→制作側は使うだけ使うがオンエアできるような内容のものが少ない

 という流れが予想できるのだけど、どうだろうか。フリートークできないと言われているけど、本当にそうなのかも知れないっすね。

 やしきたかじんが半年はスケジュールがパンパンになると言っていて、現にその通りになってますけど、これから先が正念場。

 ブラックマヨネーズみたいな「大阪から必死な芸人きた」状態にはなって欲しくないものです。


2007年05月04日 / 『NEWS ZERO』のメインキャスターが誰かわからない点について

 公式サイト

 『NEWS ZERO』と言えば、52年続いた『NNNきょうの出来事』を打ち切って始めた新しいNEWS番組です。2006年の10月2日から始まっているので、大体7ヶ月くらい経ったところでしょうか。

 CMに入る時のリザクレーションみたいなホワホワしたジングルが印象的……と思っているのは僕だけかも知れませんが、人が沢山出てきてセットもVTRも金かけて豪華に作っているという感じです。視聴率も悪くないみたいです。

 僕は1日に2時間はニュース番組を見る人間なので、この番組も結構見ているのですが、番組を見る度にわからないことがあります。

 ……あのメインキャスター何物なんですか。

 キャスターなんていうのは、自分の意見を言わない方が息長く出来るのに、この方は毎回毎回ボンボン自分の言葉で喋りまくりんぐ。凄いキャスターですよ。ってか、誰なんだかまったくわからない人をメインキャスターに据えた編成は凄いと思う。

 調べて見ると関西学院大学学長直属教授と舌を噛みそうな感じの役職の方で、超エリートみたいですね。僕が無知なのかしら? 知事戦で落選経験があるようですが、テレビで知名度あがったから次立候補したら間違いなく当選でしょうねえ。


2007年05月04日 / 売り上げ低迷の安倍グッズ=支持率反映?東国原知事にも及ばず

 売り上げ低迷の安倍グッズ=支持率反映?東国原知事にも及ばず

 客層は、議員秘書や後援会など政界関係者が中心だ。

 ゚:・( つдT)・:゚

 まあこれは安倍人気云々よりも、総理をマスコミが取り上げていないだけだから、売り上げ云々はどうでもいい。ただ安倍総理は報道していないところで色々とやっているので、マスコミはもうちょっと取り上げた方がいいと思う。

 ……オッサンくさい意見だな。


2007年05月04日 / 『操り孕ませDream Note』が滑っている件について

 いやね。『操り孕ませDream Note』っていうエロゲがあるのですよ。

――そのノートを手に入れた時、淫靡な欲望は解き放たれた――

名前さえわかれば、女の子を思い通りに操れるノートを手に入れた主人公。
ノートの力をつかえば、清楚なあの子も生意気なあの子も思うがままに凌辱し放題!! 相手を動かなくして犯したり、自分に惚れさせて中だしをせがませたり、はたまた女の子に恥ずかしいコスプレをさせることも簡単に出来てしまうのだ!
家庭教師先の家族はもちろん、外出時に女の子の名前を手に入れれば、その女の子を操って調教可能!! 最終的には王様気分のハーレムを手に入れられる…!?

 うん、『DEATH NOTE』のパクりですよ。完全にパクりというか、それをエロゲにしているだけ。面白ければ良いのですが、劣化しているのだから質が悪いです。

 いや、作品そのものについては特に言うことはないんです。何が言いたいのかというと、この作品がスルーされているということについてなんです。

 ちょっと前だったらですよ? 燃料投下とでも言いましょうか、『DEATH NOTE』のパクりエロゲとして、各地でネタとして取り上げられるような作品だったと思うのです。同人ならまだしも、商業でこれですからね。それが完全にスルー。いやはや、エロゲ業界も取り巻くユーザーが変わったなぁという印象を受けたのです。

 あ、でもこれは話題になったか。


2007年05月04日 / ちょwwww彼氏の浮気相手からメールktkr

 ちょwwww彼氏の浮気相手からメールktkr

 みんなキャラクター濃すぎ。こういうスッドレが毎日毎日展開されていると思うと、確かに誰もテキストサイトなんて見ないよなぁと思う。一人でやれることの限界とでも言うか。ファミコンとニンテンドーDSくらい違いあるというか。でも、ファミコンはファミコンの良いところもあると思うので、おじさんは頑張ろうと思うのでした。


2007年05月04日 / 真鍋かをりが井上和香化しつつある件について

 グラドル、昔風に言うならバラドルってのは、しぜ~んと消えていく傾向にあると思う。

 ダンディ坂野やらつぶやきシローみたいな芸人に関しては「消えた芸人」として代名詞化され、消えそうな芸人に対する形容詞として使われているけど、グラドルっていうのはそういうのがない。いつのまにか消える。

 真鍋かをりもかつてはレギュラー盛り沢山だったけど、今は2本とかなんとか。確かに画面で見る機会が以前よりも減ったように思う。ブログの女王という冠も中川翔子に奪われ、芸能人としてのオーラも以前よりも薄まった。

 それはなぜか? 答えは――彼女はブログの更新を怠ったからである。

 確かに日々に忙殺されて、更新をする暇がなかったのかも知れない。気力も充実しなかったのかも知れない。けど、真鍋はブログが自分の知名度をあげてくれたことを忘れてしまった。それが良くなかった。

 中川翔子は忙しくてもアホみたいに更新し続けている。それに当時は芸能人ブログってあまりなかったけど、今は持っているのが当たり前。新鮮味がもうない。

 それでも初期から存在していたというアドバンテージは大きかった。このアドバンテージをいかしていれば、元祖ブログの女王なんて言われずに済んだと思う。今でもブログの女王を名乗れたと思う。

 ブログの更新を怠る→他の芸能人ブログ盛り上がる→PV減る→ブログの女王と名乗りづらくなる→ブログの女王としての仕事が少なくなる→他の仕事にも影響が出る

 という流れだと思っているのだけど、どうだろうか?

 やっぱ更新っていうのは大事だよね。


2007年05月04日 / 中川翔子の気持ちが少しだけわかる

 なるほど、思えば連続更新自体初めてやるわけだけど、通常の更新とは違う感触がこれはこれであるね。思ったよりもネタだしが辛いとか、時間に追われる感じがするとか。

 まあ、ショコたんの場合はキャリアが違うから、おじさんとは全く違う思想になっているのだろうけど。

 自分でやってみてわかることって色々ありますよね。ただ自分でやらないとわからない人ってのは、悲しいことに凡夫なんですよねえ。自分でやらなくても色々わかる人が本当に凄い人。

 当たり前だけど、世の中凡人だらけということです。


2007年05月04日 / なんということだ

 24時間が始まって1時間と15分。その間、2アクセスしかねえ(笑)

 ……シーメーにする。


2007年05月04日 / 衝撃映像

 自宅です(僕は群馬県民です)。

 婆ちゃんが子供の頃には築何十年ってレベルだったので、軽く築100年は超えてます。みてわかるようにひしゃげています。トリック写真とか、角度の問題ではなく、本当にこんな感じです。

 群馬県は日本地図にないとか、有り得ない家屋に住んでいるとか、そういう風な都市伝説がありますけど、それは本当だったよ、とでも言っておきましょうか。


2007年05月04日 / 第1回オフ会募集のお知らせ

 オフ会とかもやったことなかったので、折角だから募集してみる。

 日時:5月22日(火) AM9:00
 場所:プンタン・サバネタ
 内容:2時間サスペンスごっこをして遊ぶ

 参加希望の方はトップページのサイドバーにあるメールフォームから、参加希望のメールをください。折り返し詳細を連絡します。

 というわけで、よろしくお願いします。


2007年05月04日 / 返信1

 Q1(自演) 今時24時間て……時代錯誤にも程があります。

 A、確かに。けど、テキストサイターだったらみんなやっていることだったので、おじさんもチャレンジしたかったのか。いつの日かいつの日かってずっと思っていたけど、いつの間にはこんな歳になっていたのさ。


2007年05月04日 / BGMの紹介

 777777IDまで24時間解放。100万IDまで登録OK記念ということで。

 現在のBGM。


2007年05月04日 / グーグルは想像以上にグーグルだった

 グーグルは想像以上にグーグルだった - ASCII.jp

 世界各国のスーパーエリートみたいなのが集まっているという印象があるわけですが、ここまで豪華だと圧巻の一言ですな。

 羨ましいと思う反面、ここまで厚遇されるとプレッシャーみたいなものに囚われたりしないだろうか? と思ったりもする。僕の場合、時給が10円アップしただけでも、「もっと頑張れなければ」とか考えてしまう人間なので、グーグルみたいな食べ物飲み物みんなタダ、常駐医師の診察も無料、ゲーム無料、他にもサービス盛り沢山みたいな環境にあると、ちょっと疲れてしまうかも。


2007年05月04日 / 愛しさと切なさと悲しさと

 感情で人生を振り返ることってあまりなかったりする。

 たとえば「あなたの人生で一番楽しかった出来事は何ですか?」とか「あなたの人生で一番悲しかった出来事は?」とか、そういう質問はとてもありがちですが、すんなりと答えるのは難しい。いや、もしかしたら即答できる人もいるかも知れないけど、大抵の人は多くの候補が脳裏に思い浮かび、それからチョイスするのに時間を喰う。

 実際には順番を付けやすいものだと思うのだけど、人間は様々なことを忘れることが出来るので、回想するととてもあやふやになる。

 けど、僕の場合「あなたの人生で一番悲しかった出来事は何ですか?」になら即答できる。今日はその話をしたい。

 ……。
 …………。
 ………………。

 「加藤、おまえ生徒会に立候補してみないか?」

 唐突に担任が進めてきた。なぜ進めてきたのかは良く分からない。クラスの数名に声をかけるのが先生のノルマだったのか(立候補者はあまりいない)、それとも僕という人物に魅力があったからなのか。恐らくは後者だと思うのだけど、とにかく担任は僕に声をかけてきた。

 生徒会。今思えばちゃんちゃらおかしいというか、鼻で笑い飛ばすというか、禄でもない、わずらわしいだけの厄介な組織だったのだけど、中学当時の僕にとっては花形だった。

 立候補して、当選し、メンバーに加わる。生徒会は各行事に参加する権限があるので、あらゆる面で活躍できる。生徒の面々で目立つことができる。ついでに内心もよくなる。

 これが高校生とかになると、禄な権限ないのだけど、中学時代の生徒会というのは結構存在感のあるものだった。やりがいありそうだったし、楽しそうだった。何より目立っているのが格好良かった。

 僕は迷った。どうしたものかと思った。今なら脊髄反射でNoと答えるけども、当時は割と熱かったんだな。やりがいがありそうとか本気で思ってしまったんだな。あとちょっとだけモテそうかな? とかそういう邪心もあった。うん、まあしゃーないよね。そういう年頃だったんだよね。

 というわけで、生徒会に立候補した僕。

 選挙ポスターを作ったり、校門の前でタスキをかけて挨拶したり、朝礼時に挨拶したり。エトセトラ、エトセトラ。

 で、選挙の当日になりました。当日には投票の前に立候補者と立候補者の応援者による演説をするという場がありました。そこで自分の考えをアピールして、投票の際の参考にしてもらおうというアレです。

 まぁ、学校内の知名度やら部活の組織票など様々ありますが、この演説のプライオリティはメチャクチャ高い。ここでしっかりとアピールできれば、まず当選は間違いないと、そういう場だったわけです。

 僕は一生懸命に演説しました。そりゃあ、もう一生懸命語りましたよ。僕が生徒会に入ったら、給食をステーキにして、校舎にはエレベーターを設置するとか、嘘800を吹いた吹いた。

 これ、ネタっぽく語ってますけど、割と本当の話ですからね。「おまえ、あれはダメって言っただろう」とかあとで先生に怒られましたからね。

 けど、そのかいあってか結構民衆には受けたんです。反応は上々。全校生徒の目の前で演説するのは大変だったけど、なかなか面白かった。受けた受けないって、まるで芸人みたいですが、まあ当時は目立ちたがり屋さんだったのですよ。

 で、次に僕の応援者による応援演説です。僕が頼んだのは部活の部長! こりゃあ鉄板ですよ。殆どがクラスの同級生に頼んでいる中、先輩に頼んだのは僕だけ。年上の票も取り込めるという思惑なわけです。

 「続いて加藤君の応援者の木村君の番ですが、今日は風邪によりお休みです。頑張ってくださいと言伝がありました」

 どっかーん。

 いやあ、受けたね。俺様の演説なんてまるでなかったかのような大受けぶりでしたよ。校長とか教頭クラスまで笑ってましたから。いやあやられた。大一番で部長に裏切られたわけです。

 ありえねえ。ありえねえ。

 風邪なんてありえねえ。100%仮病だ。

 確かにちょっと強引に頼んだっていうのはあったんですよ。けど、うん。この仕打ちはちょっと悲しかった

 結果はいわずもがな。散々なもので最下位落選ですよ。そして、二度とこの手の催しには参加しないことを誓ったのでした。

 ………………。
 …………。
 ……。

 というわけで、僕は「悲しいとき」と言われた時、まず第一にこの事件を思いだすのです。


2007年05月04日 / 募集

 質問を大募集。おじさんの場合、誰からもメールがこないことを恐れているので、こういった呼びかけをすることは滅多にないのですが、せっかくだから募集してみます。トップページのサイドバーにあるメールフォームからなんでもどうぞ。

 要するに『コメットさん※』のパクリです。


2007年05月04日 / お知らせ

 サイドバーに自己紹介のスペースを作ったよ。みんな見てね。こんな人が書いているよ。


2007年05月04日 / ルール

1、取り敢えず更新する
2、飽きたらやめる
3、無推敲一本勝負
4、なんでもあり


2007年05月04日 / 24時間更新はじめるよ

さっき思いつきましたので、これから24時間更新を始めたいと思います。


2007年05月03日 / 禁煙する

 昔からタバコは嗜好品として、人々の生活の糧となっていた。寝起きの一服、食後の一服、一発後の一服。生ビール風に言うなら「この一服の為に生きている」という感じであり、たとえそれが身体に悪いものであろうと、そんなことは知ったこっちゃなかった。

 何をする為に人生を過ごしているのかと言えば、それは楽しむ為だ。勿論、楽しいことばかりじゃないけど、時には辛いことや悲しいこともあるけれど、基本的には謳歌する為に生きているのだと思う。

 規則正しい生活をして、健康に気を使いまくった食事をして、遊ぶのもシンドくならない程度にする……というのは、長生きをする為には良いことかも知れない。けど、そんなことで人生を味わったと言えるのか? 美味いモンをたらふく食って、徹夜で遊んで、陽が登るくらいに帰るくらいの方が楽しい!

 身体に悪い分、寿命は縮まるのかも知れない。けど、そこのある楽しさが得られるのなら、それは長生きする以上に価値のあるものだと思うのだ。

 タバコだってそうだ。煙を吸い上げた瞬間、全身に血がめぐる。脳が活性化し、気分が高揚する。長期的に見れば身体に悪いのかも知れない。けど、楽しみなんだからいいじゃないか。

 それが、一言で身体に悪い。二言にも悪い。とにかく悪い。存在悪。自分だけでなく、副流煙で他人にまで迷惑かけるから最悪。むしろ副流煙の方が有害物質多いから、どうにもこうにもI can not。みんなそう言う。街を歩けば禁煙席禁煙席禁煙席。飛行機どころか、新幹線にも乗れず。とにかく肩身狭い。

 けど、税金払ってるんだ。タバコ1箱辺りでどれくらい課税されているか知っているかい? ここを読んでいる大きなお友達なら知っているかも知れないけど、300円のタバコで189円だ。6割以上が税金なのさ。これは凄い金額だよ。税金収めているってことは、お国の為に役立っているってことだから、少しは大目に見てくれたっていいんじゃないかなぁ? かなぁ?

 だから、ちゃんとした喫煙室で、吸わない人を不快にさせないのなら、寿命が縮むのも自分の好き好きなのだから、吸わせてくれたっていいんじゃないかなあ?

 え? それでも臭いが服に染み付くから駄目って? それに日本のタバコ税率は世界水準で見れば低いって? アメリカじゃ1箱1000円以上するって? タバコが原因と見られる肺ガン等の医療保険料の方が、タバコ税収よりも高いから結局税金的にはマイナスだって?

 ゚:・( つдT)・:゚

 それに最近では喫煙しているだけで出世すらできなくなったよなあ……。まぁ、非喫煙者でも駄目な人は駄目なんだけど、喫煙者はもう完全にヤバイ。それだけだったらまだいい。もうね。会社そのものが禁煙の風潮がないのと成長できなくなったような気がする。

 大きくて成長しているなぁと感じる会社の社員はみんなタバコを吸っていない。逆の会社の社員はみんなタバコを吸っている。まぁ、これは気のせいかも知れないんだけどさ。でもなんとなくそんな感じがしないかい?

 というわけで、僕も禁煙することにしたよ。

 人生の楽しみの一つが無くなっちゃうわけだけど、確かに冷静に考えてみれば百害あって一理無しさ。あんなものは刹那的な快楽に溺れているだけと思うことにする。

 禁煙の方法はひたすら我満だ。

 僕はドMなので、この方法が一番だったりする。下手な道具やら、療法などを用いるのはマイナスだ。昔、超ダイエット(※)を敢行した時もこの方法だった。

 ※1日1食を3週間で10キロ減に成功。詳細はいつか日記に書くよ。良い子は真似しないでね。

 自分の中で禁煙のスイッチをイメージする。そして、それをオフにする。いわゆる自己暗示みたいなもので、スイッチがオフになったのだから、もうタバコは吸わないということである。

 身の回りのタバコ、ライター、マッチ、ザラハイを処分する。

 よーし、これでかんp

 ドサアッ…

 ああああああああああああああああ。

 早くも禁断症状が。

 そうだった。タバコはいわば合法的な麻薬のようなもの。嵌るのは簡単であるが、一度嵌ったらなかなか抜け出せない底なし沼。

 ――摂取を止めた途端、異常感が囲繞した(シャレではない)。

 おおおおおおおお。こぉっぉぉお、こおおれぇぇぇが、、、、ききき、んえええええんんによる、きんだん、しょーじょーかあああああ・・・・・、、、ごごごごご、まさか、ここれほど、、までとは、、、・・・・・・。

 まるで勇者に討たれた魔王だった。

 これまで身体に快楽を与えてくれていた要素が本性を現したのだ。摂取し続けることで、元気を与えてくれていたが、それを止めたことで身体の中を大暴れ。悪性の力となり身体の中を駆けめぐる。それが痺れとなって身体を震わす。脳内にモヤがかかり、思考回路がもの凄く鈍る。変な汗が止まらない。

 これはキツイ。噂にはきいていたが、まさかこれほどまでとは。多くの人が禁煙に挑戦して挫折するのも頷ける。

 だがしかし。全身がおかしなことになっているのは間違いないが、それが徐々に抜けていくのもまたわかるッ!!

 タバコの摂取を止めたことで、身体が元に戻ろうとしている! これに耐えれば! 僕の勝ちだッ!

 ――そうして3日後。

 僕は身体の震えに勝ち、禁煙することに成功したのだった。人間やればなんでもできるもんだね。タバコ止めた後はメシが美味しくなるって言うけど、それは本当だったよ。


 ~これを読んでいる「禁煙しようかな?」と思っている貴方へ~

 タバコの快楽は良いものですが、健康的な身体になってスッキリするというのもまた、それはそれで良いものです。毒素が抜けるって素晴らしいですよ。こっちの世界に来られるのでしたら、是非いらしてください。お待ちしております。ではでは。


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< 13年前のお話でしたとサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/        = 完 =


2007年05月02日 / 『それは舞い散る桜のように』の感想

◆コラム・論評 ==============================================
──────────────────────────────────
 ほいみんの旅  第8回
                『それは舞い散る桜のように』
──────────────────────────────────

  ボンディア! ほいみんです。部屋に冷房のない私は、この時期いつも
  「ひーこら、ひーこら」言ってたりします。一応、人類の至宝「扇風機」
  のお世話にはなっているのですが、あれって「首振り固定・風力強」以
  上の力は出せないじゃないですか。まあ、この気怠い感じってのもそれ
  はそれで悪くないんですけどね。――負け惜しみじゃなくて。

  さて。そんなこんなで今回はBasilの『それは舞い散る桜のように』につ
  いてのコラムです。事前に配布された大ボリュームの体験版が各地で好
  評だったようで、私もそれに追随した人だったりします。良作の大作っ
  ぽさを体験版から感じとったんですよね。だから、購入しようと。そん
  な動機です。

   ▽Basil
   http://www.basil.co.jp/

             * * * * *

  |おっすオラ舞人! 1年くらい前に、この桜坂へ引っ越してきたんだけ
  |ど、ちょっと過去の記憶が曖昧だったりするんだ。でも、まあそんな
  |ことは気にせずに、平凡な日々を過ごしてたりする。もうすぐ、学園
  |の2年生になるけど生活の方も大して変わらないだろう。受験生になる
  |のは来年だし。さあ、そういうわけで、今日も安穏な1日が始まるぞっ。

  腕組みして唸りたくなるシナリオです。とにかく、後半の描写不足が否
  めない感じで、前半を書き終えた時点で燃え尽きてしまったという感が
  強いです。前半のシナリオでそれぞれのキャラが確立し、さあ本題へと
  なるところであっという間に終わります。前半、あれだけじっくり描き
  ながら、後半は実にあっさり。残念ながら、尻窄まりという表現がピッ
  タリです。後半は時間がなくて、無理矢理まとめあげたとも邪推できて
  しまいます。

  そういうわけで、大風呂敷を広げすぎた感があり、煮詰め具合もいまい
  ちなわけですが、それでも溢れるんばかりのパワーは充分に伝わりまし
  た。様々な部分に妥協を感じさせつつも、それなりのものを仕上げてき
  たライターの手腕は見事だと思います。

  平たく言えば萌えに特化したアドベンチャーなんですが、その特化した
  部分の出来が素晴らしいんですよね。テキストを読み進めるのが楽しか
  った。何気ない会話シーンにも、プレイヤーを楽しませる仕掛けが施さ
  れており、退屈しないでプレイできましたです。

  とにかくイベントを見たい。テキストを読みたいと思わせる吸引力。ま
  た、思わずニヤリとするシーンから、大爆笑のシーンまで盛り沢山。ラ
  ブラブのシチュエーションでは、机を「ばんばん!」と叩きたくなるほ
  どに赤面、エロシーンではキスや愛撫など前戯描写の豊さ丁寧さに思わ
  ず没入。この辺の良さが、この作品の真骨頂だと思いますです。

  ただ、リズミカルにテキストを読ませられなかったのが×。悪い意味で
  語彙が豊富なせいで、テンポを崩しています。文系の知識が豊かで、そ
  の類のシーンが結構あったりするのですが、そんなのスムースに読めな
  いっす。ちょっと暴走しちゃったかなーと。1ページを読むのに時間が掛
  かっちゃうんですよね。さっ、さっ、さっ、と小気味良く読ませること
  ができれば、もっと楽しめたと思いますです。私が無知なせいもあるん
  ですけど。

  で、そのテキストを引き立てているのが物語を彩る登場人物達。マニュ
  アルに載っているキャラだけでも男6、女12の合計18名。この手の作品
  にしてはかなり多いです。この辺からも大作っぽさを感じました。ちな
  みに攻略可能なのは5名。半分以上がサブキャラという構成です。あま
  りにサブキャラが充実しているので、攻略不可能なのがもどかしかった
  くらいです。立っている割には、ほとんど見せ場のないキャラとかも多
  かったのですが、この辺にも煮詰め不足、妥協を感じましたです。

  ただ原画が……。絵柄は好きな部類なのですが、基本的にデッサン狂っ
  てます。「顔だけしか書けないんか」とか揶揄されてもおかしくない勢
  いです。前作である『21-TwoOne-』の頃から変化していないのを見ると、
  こういう作風ともとれるのですが、それにしても違和感ありました。ポ
  ーズの取り方とか躍動感なくて、人形みたいでしたし。表情などは良く
  描けているのですが、身体の動きとなると……う~んです。

  ですが、フルボイスへの拘りは見事だったと思います。主人公以外は野
  郎キャラも含めフルボイス。チョイ役でも喋る。どの声優さんも巧かっ
  たし文句なしです。Basilは今回初音声収録とのことですが、それは大成
  功だったと思います。偽名ながらも緑川光氏とか引っ張ってくる力の入
  れよう。これについては見事としか。度肝抜かれましたです。

  なんというか、完全版で見たかった作品です。シナリオの煮詰め不足を
  個々のテキストで補えてしまってはいるのですが、仮にシナリオの方も
  最後まで上手くいっていたとしたら。大風呂敷を畳みきることができて
  いたら。ちょっと震えますね。この完成度で、すでにライターの目指し
  た最高の形になっているとするなら、単に私の過大評価ということにな
  りますけど、それはないと思いますし。というか、明らかに後半変でし
  たし。

  何にせよ、これから先、どういう風にBasilが進んでいくのか非常に楽
  しみです。頑張ってくださいです。

 【 ほいみん 】―――――――――――――――――――――――――

     霊長類最強のエロゲーマー。淡々と物事を語ることから、冷たい
     人物像を想像される方が多いが、実際は何も考えていないだけ。
     特技は自分を必要以上に大きく見せること。苦手なのは現実世界
     で「ほいみんさん」と話かけられること。

           E-mail: webmaster@hoimin.com(←今は使えません)
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
2002年 7月10日 稿


2007年05月01日 / 今日はほいみん特集です

 ↑を読んで自分自身の紹介というか、「なんて自分好きな野郎なんだ」とか思われた方もいるかと存じますが、おじさんと同名のハンドルネームを使っている方の特集です。や、それも充分自分好きと言っているのと同じか。

 このサイトが始まった1999年当初は、漢字で恵民(ホイミン)と読ませるハンドルネームの方はいたのですが、同名でほいみんとなるとおじさん一人だけだったと記憶しています。

 ……と、なんか偉そうな感じで書いているような気もしますが、この名前自体元々パクリなわけですから、あまり偉そうなことは言えません(笑)

 ……。

 ですが、2007年にもなってネット人口が増えると同じ発想の方というのが結構いるようで、いい迷惑なんだろうなとか思ったり思わなかったり。や、おじさんは特に何も思っていないんですけどね。でももしも、別のほいみんさんがおじさんと間違われたりしたら、それは可哀想だと思うのです。

 今日はその方々とおじさんは別人なんだよ、メールのやりとりすらしたことがないんだよ、ということをお知らせする意味も含めまして、紹介してみたいと思います。
 
 というわけで、いきまする。

 ◎ほいみんの のんびり日記

 株で大儲けして、仕事をやめて、余生をのんびりしている方のブログ。ジェイコム株で有名になった小手川君みたいな感じの方なのでしょうか。内容は株取引の成績であったり、旅の紹介であったり。タイトル通り、のんびりした感じです。過去の投資リターンは2.9億だそうで、一言でうらやましす。

 おじさんもかつては競馬で年間1000万以上使っていた時期がありましたが、それとは次元の違う方ですね……。

 ◎

 おじさんとは逆の可愛いイラストを描かれる方のサイト。ゲーム、アニメなどの二次創作同人サークルのサイトのようです。メインはファルコム系……なのかな。メモでは忙しい日々が綴られていたりします。

 ◎新鮮組 極悪ほいみん日誌

 おじさんは昔「毒舌ほいみん」と名乗っていたことがありましたが、この方は極悪ほいみんさんです。いわゆるオンラインゲームのプレイ日記ブログですね。ほどよいSS掲載具合。

 ◎太犬☆生活

 こちらは管理人ではなく、その飼い犬がほいみん。正確にはほいみ? なのかな。いわゆるペットブログで犬との生活を中心とした内容になっておりまする。

 ◎おう、ワイや!ホイミソや!!

 昔、貼り付けたことがあった2chのスレッド。ほいみんさんではなく、ほいみそさんですが、一応。勢いのあるほいみそさんが面白いです。昔おじさんも自分のことをほいみそと言っていた時期がありますが、今は色々と紛らわしくなるので止めました……。

 ……。

 なんか愛蔵太さんが昔にやっていたリードミーのレビューみたいでしたかね? これはこれで書いていて結構楽しかったです。なぜ蔵太さんがやっていたのかわかる気がする。サイトレビューというのは、リスキーだけどなかなか面白い。

 ――ちなみに。

 この後、調子に乗ってリードミーのサイトを漁ってみたのですが、10個ほどみて全て糞サイトだったので諦めました。

 教訓:ほいみんに悪い人はいない。おじさんを除いて。