« 体験してようやく理解する人間は凡夫 | メイン | 寝ます »

2007年05月04日 / 皇居周辺に出没する「美ジョガー」とは・・・!?

 皇居周辺に出没する「美ジョガー」とは・・・!?

 ○○ブームという言葉は良く聞きます。そして身の回りでもそれを象徴するような出来事が起こったりします。ですが、このジョギングブームに関してだけは、それをまるで実感できない。

 周りで走っている人間なんて聞いたことないですし、近所の土手を見ても犬の散歩をしているご老人達が談笑しているくらいで、ランナーなんて見たことありません。

 でも、東京マラソンとか見ると大盛況だったらしいですし、市民ランナーの数が多いことは間違いなさげな感じです。

 この乖離は何なんでしょうかね? 皆さんの周りでも走っている人ってあんまりいないような気がするんです。記事にもありますけど、マラソン大会がトラウマになっているというか。とにかく走ることに関しては、拒絶反応を示す人が大部分なのではないかと思うのです。

 こういうのを見ると、自分の生きている世界とは全く違う世界があって、そことこことは懸け離れているみたいな想像をすることが出来ます。同じ人種でありながら、違う文化を歩んでいる、みたいな。

 まあ、気のせいなんでしょうけどね。

コメントする