« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月31日 / 方向性の違う努力

 大きなところから、パクるとバレるけど、マイナーなところからパクればオリジナルになる。リードミーの下位サイトでもチェックしてみるか。
 → 最悪です


2007年07月30日 / 次週の『アメトーーク!』でジョジョの奇妙な芸人が放送されます

 8月2日(木)にオンエアされる『アメトーーク!』でジョジョの奇妙な芸人という企画が放送されます。

 これは番組のプレゼン企画の中にケンドーコバヤシさんが持ち込んだもので、それが採用されて放送されることになりました。

 この『アメトーーク!』という番組は元々は様々なゲストを呼んでのトーク番組だったのですが、土田晃之さんプロデュースのガンダム芸人の回で番組HPのアクセスがテレ朝トップになってから、こっちの属性が随分と強くなったような気がします。

 いきなりでは有り得ない企画だったと思いますが、ガンダム芸人、越中詩郎芸人とハードルを上げていったからこそあるのかなぁと。

 さて。
 そんなジョジョの奇妙な芸人ですが、ケンドーコバヤシさんをメインに『オリエンタルラジオ』の中田さん、中川翔子さん、『バナナマン』の設楽さん、『南海キャンディーズ』のしずちゃん、『スピードワゴン』の小沢さん、『バッファロー吾郎』さん、『野生爆弾』さん、などといった面々がジョジョ漬けの1時間を放送するようです。

 予告VTRでは各面々がジョジョ立ちで登場したり、「ドォォォォン!」というお馴染みの擬音が再現されたり、石仮面のセットが用意されていたり、しずちゃんが蛍原さんに「ドチンポやろう」と言ったりしており、なかなか面白そうな感じでした。

 というわけで、興味のある方はお見逃しのないように……と思いましたが、よく考えてみれば内容が内容なだけに速攻でyoutubeやニコニコ動画に上がるような気はしました。

 ネットアイドルほいみんは、ケンドーコバヤシさんをリスペクトしています。


2007年07月29日 / なぜ「随分と疎遠になっていた知人からいきなり連絡がきたと思ったら勧誘だった」と語るのですか?

 ◎マジAV男優が足りない!

 ゲンダイか。

 ◎三谷の新作発表!「1分に3度」笑わせムービーで興収120億円?

 『エンジェル伝説』思い出した……。

 ◎タイのメイドカフェ摘発=経営者ら逮捕、「わいせつ」漫画押収
>子供たちがメイドカフェに入り浸っているとの保護者グループからの申し立てに基づき店内を調べた。漫画の中にわいせつな絵があった

 ……エロマンガがあっただけ?

 ◎鳥越俊太郎:TBS選挙特番仕切る

 『選挙ズバッ!』じゃなかったんですね。

 ◎羽賀研二 事務所解雇で引退宣告

 タイミング的には遅い気が。

 ◎20~30代の勝利予想 民主、自民に並ぶ ネット調査

 小沢さんと安倍さん、どちらの方が信頼できるのか? で考えると……。

 ◎1日1缶のソフトドリンクはメタボの元、カロリーゼロでも同じ-研究

 えー。

 ◎<人身売買>女性を風俗店に…暴力団組員逮捕 栃木・初立件

 見出し<人身売買>って……。

 ◎値下げ、月額最大100円=経営委に受信料3案提示-総務省さや当て続く・NHK

 百円食うてみ。ひゃーくえん。……ごめん。

 ◎わいせつDVD所持で逮捕

 インターネットオークションで検索すると、それっぽいのが結構でてきますよね。

 ◎保険料約6兆9千億円を年金給付以外に流用

 某国みたく、責任者を死刑とかにしたらいいと思う。嘘です。

 ◎関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」(『pink revolution』さん)

 うーん。

 ◎ワイルドアームズ3 OP比較

 なかなか面白い。

 ◎幻の日テレ版ドラえもんOP
 !

 ◎富士山頂の山小屋で爆発=調理中、経営者ら2人軽傷

 ……どうしろと。

 ◎「美人少ない」日本一 なぜ群馬県なのか

 県民が言うのも難ですけど、県のイメージがまるで出来ないからかと。


2007年07月28日 / 『プリンセスうぃっちぃず』の感想

◎はじめに

パッケージ画像 この作品は2005年の5月27日に発売されているのだけど、なんとその日は『マブラヴ オルタネイティヴ』が発売予定だった日なのである。『オルタ』をプレイする為に他の予定を入れなかったり、学校を休んだりといった有姿がいる中で、事前に有給を使って休みを入れていた猛者も当然ながらいた。さらには志半ばでお亡くなりになった方もいた。

 『オルタ』をプレイすることが出来ないフラストレーション。切なかった。無念だった。何の為に予定を開けていたのか。何の為に有給を使ったのか。考えれば考える程、虚しさだけが残るわけであり。内容がエロゲであるから尚更。

 そんなストレスを少しでも解消する為には、他のエロゲをプレイするしかなかったのである。何か話が飛躍しすぎているような気もするが、細かいことを気にしてはいけない。

 まぁ、例えるなら、外食へ出かけたら目当ての店が休みだったので、仕方なく他の店に入った、と言ったところだろうか(全然違う)。

 しかしながら、そのお店が思いの外美味しかったのである。日常生活では割と良くある話だけど、エロゲの世界ではかなりのサプライズ。

 というわけで、『プリンセスうぃっちぃず』のレビューです。

◎キャラクター

画像2全体的に明るい感じで◎。ボケと突っ込みと観客に区別されており、わかりやすい。あまり悩まず、深く考えず、ただひたすら爽快に。読後感のことよりも、活躍している最中を見るのが楽しい。

 少年漫画みたいな世界に憧れて突っ走る主人公、それに呆れる幼なじみ。それを傍観している者。ドジな先生。そして、主人公が憧れていたそのまんまのヒロイン。

 各々がそんなに悩まないのも◎。アクシデントが発生しても、そんなに悩まないでなんとかしてしまう(笑) そういうノリ。

◎シナリオ

画像3 ドタバタ青春活劇。『きんぎょ注意報』みたいな感じで明るく楽しく元気良く。一応、敵も現れるので、そこはバトルで撃破。

 お話は基本的にギャグ。そこらかしこに笑わせる要素が盛り沢山で、『それは舞い散る桜のように』みたいな感じ。マニアックなネタもあり、NHK教育で昔放送していた『安全パトロール』の歌を唄ったりもする。

 勿論、それだけだと話が終わらないので急展は開する。大風呂敷が広がって収集つくのか? と心配にさせる。けど、基本的な明るさは変わらない。最初から最後まで変わらず。一直線に突っ走って収束する。

 これはね。ギャグのノリのままで、物語をキチンと終わらせた点が凄いと思う。鬱だとか、悲惨だとか、そういう負の要素を極力省いている。制作側の「プレイしていて楽しい作品にしたい」という意図がガンガン伝わってきた。そういう明るい内容。

◎システム

 オーソドックスなエロゲAVG+カードバトル。大体はAVGなのだけど、たまに敵が現れて戦闘になる。戦闘はカードバトル。連鎖の要素があり、爽快感を大事にしている感じ。エフェクトも派手。カードバトルそのものはFFのミニゲームクラスの出来だけど、エロゲということを考えたらかなり頑張っていたと思う。

 バトルルールは『アカギ』で例えるなら相手牌のみが透けているクリア麻雀みたいな感じ。主人公側が超有利なルール。ただ、点棒の差がかなりあるので、それでバランスを取っている。

 AVGのシステムも結構凝っていた。セリフウインドウが変化したり、様々な動きがあったり、絶妙なタイミングで効果音が鳴ったり。動作もサクサクで◎。

 あとはアニメの次回予告風のアバンタイトルが用意されてあったり、オープニングムービーが凝っていたり。大作感のあるデコレーションだったと思う。

◎音楽

 曲数が多くて良い感じ。これを見ると、本作が大作として作られているのがわかる。勿論、作品テーマに沿った明るい感じの曲が多い。バトル音楽ではファミコン風の音楽も用意してあり、作者の拘りが感じられる。

◎絵

 かんなぎれい氏の原画。あとモンスター原画のところに元タクティクスの娘太丸さんの名前を見かけたりして、なんだか懐かしい気持ちに。

 ぱっと見て印象に残るデザインの方だと思う。現在のエロゲ市場で受けやすい絵柄とでも言うか。まぁ、ロリ要素が強いというのもあるのだけど。

◎エロ

 唐突感は拭えない(笑) 明るく楽しく元気良くのノリそのままで、エロにも突入しちゃう。けど、手を抜いているわけではなく。作品の世界観の中で、最大限の努力はしていたかなーと。

◎総評

画像4 初期版は既にロットアップしているけど、現在は追加要素を加えて値段が安くなった『プリンセスうぃっちぃずEXCELLENT』として発売中。

 発売直後は評価良くなかったけど、今ではそれなりに良作として認識されている感じ。その後、スタッフが『ぱじゃまソフト』の別ブランド『リリアン』を立ち上げたところを見ても、本作は大成功だったんだろうなぁと思う。

 何しろ発売してから2年経っているのにも関わらず、次回作『ティンクルくるせいだーす』が発売されていないくらいですよ? ってか、1月には発売予定だった筈のなのに随分と余裕あるなあと。資金面で随分と余裕ができたのね。

 本作では納期を意識してシェイプアップしたなと感じる部分が、結果的に作品のクオリティを上げていたけど、そういうのがなくなると……どうなるんだろ? ……注目です。


2007年07月27日 / 第2回オフ会募集のお知らせ

 以前からちょっとだけ匂わせておいたオフ会。その募集記事です。

 タイトル『猛暑と予想されていたけど実は冷夏? でも最近暑いぞ! 暑さを吹っ飛ばせご来光オフ』

 日時:8月5日(日) AM4:00~AM4:30
 場所:富士山頂 郵便局付近(ウロウロしてます)
 内容:ご来光を見て厭世思考を浄化する
   :「世界の中心(富士山)で愛を叫ぶ」
   :「フジヤマに乗ろうと思ったら、富士山に乗っちゃった」とボケる。
 注意:体調に優れない方はご遠慮ください。また天気が悪い場合は中止となります。

 参加希望の方はトップページのサイドバーにあるメールフォームから、参加希望のメールをください。折り返し詳細を連絡します。

 突発参加もOKですが、登山下山については自己責任でお願いします。

 というわけで、よろしくお願いします。

 ちなみに第1回のオフの募集はこちら。結果はこちら


2007年07月26日 / 『ひぐらしがなく頃に』の感想

  『TMA』(トータル・メディア・エージェンシー)という会社をご存じでしょうか。簡単に言えばエロDVDを作っている会社なのですが、最近、大きなお友達の間で一線を画している会社として有名になりつつあります。

 その有名になる発端となった作品が『Faith/stay knight』。『TYPE-MOON』の『Fate/stay night』のパロディエロDVDで、突っ込み所満載の内容で大きな話題になりました。

 この手のパロディ作品といえば、かつては『サクラ性戦』とか『痴漢電車でGo!』とか、タイトルのみを模しているだけで、内容の方はアレな感じになっていましたが、TMAの凄いところは結構作り込んでいるあることです。

 勿論、所詮はエロDVDですからそんなには予算ありません。作り込みといっても、たかが知れています。セットを作る金なんてありませんし、衣装もコスプレにしか見えません。演技だって素人がやっているわけですから、凡読みです。ですが、スタッフは元作品を非常によく研究しており、その辺りの間違った情熱がなんとも言えないカオスワールドを作り出しているのです。

 これが結構売れたようで、その後味をしめたのか涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズのパロディエロDVD『涼宮ハヒルの憂鬱』『涼宮ハヒルの消失』もリリースされました。

 調べてみると他にも色々やっているみたいですが、その辺りについては割愛。

 さて。
 そのパロディシリーズの最新作が27日に発売されました。その名も『ひぐらしなく頃に』。勿論『ひぐらしなく頃に』のパロディです。

 これの出来がですね。結構良かったです。各々、アニメの演技を良くみており、それに習っている感じ。それと原作がフリーの音楽を使っているのを良いことに、そのままの音楽を使っています。音楽が一緒だと雰囲気がかなり出ますね。そのお陰で、原作の実写版として普通に見られたというか。いろいろ楽しかったです。

 しかしまぁ、これらの作品は当然無許可です(Goサインが出るわけない(笑))。『Faith』くらいまでなら良かったものの、パロディシリーズみたいな感じで定期的にリリースされている現状は如何なものかなぁとも思います。

 ネットの台頭と共に下火になっていると言われているAV業界。エロは不滅ですが、業界は下火。生き残る為にはギリギリ(アウト)のことまでしないとダメということなのでしょうか?゚:・( つдT)・:゚

 まぁ、あまり深いことは考えていないような気もするのですが、ネットアイドルほいみんは『TMA』を少しだけ応援しています。

 関連リンク
TMA ひぐらしがなく頃に レビュー
■ニコニコ動画『ひぐらしがなく頃に


2007年07月25日 / 柏木きなこ先生ごめんなさい(ジャンプ放送局のノリで)

 柏木きなこ先生ごめんなさい(ジャンプ放送局のノリで)

 ウチの母は良く見ないで服を着ます。他人の服でも平気で来ます。サイズの違いとかあまり気にしません。


2007年07月24日 / 童貞のメリット

 過去、童貞だということについて、そのデメリットばかり書いてきましたが、いくらなんでもなぁ、というわけで今回はそのメリットについて書いてみます。

 ……熟考。
 ……熟考。
 ……熟考(汗)

 ほ、ほら、「変な病気にかからない」とか「女性に対して神聖視できる」とか「セックスに対しての妄想幻想が楽しめる」とか! 1番目のは言わずもがなですよね? 性病って怖そうですよね? 局部が変になっちゃって医者になんか行きたくないですよね! 恥ずかしいデスよね! え? ちゃんと予防していれば防げる? 五月蠅い! 2番目はほら……そうだなぁ。女の子はオナラもウンコもしないんだよ! 3番目はね。ほら、良く聞くじゃないすか。「初めてエッチしたときの感想? こんなものかなって」とか。そういう感想を耳にしやすいじゃないすか。違う! セックスってのはとにかく凄いものなんだよー! と夢想できるんです! どう? どうどうどう? メリット、メリットだよなぁ? ね? ねねね?

 ……惨めか? 惨めだよなぁ? 惨めなら惨めと言え! あ、今日の教訓は童貞は自虐的ってコトです。


2007年07月23日 / 国際人

 → 病院行こう


2007年07月22日 / なぜ政治について語れることをさり気なくアピールするのですか?

 ◎キングオブコメディ:高橋健一が満員電車内で痴漢、逮捕

 あらら……。

 ◎丸川珠代氏、選挙権なし…NYから帰国後3年、転入届未提出

 あららら……。

 ◎講談社:「コミックボンボン」を休刊

 あらららら……。ターニングポイントはポケモンでしたね。

 ◎「PSEで失ったもの、戻らない」――国のミスに振り回された中古店

 近所のゲーム屋でも投げ売りセールやってましたよ。メガドラとかの。

 ◎段ボール入り肉まん試食…金萬福氏がレシピ元に作ったカトゆーさん)

 気持ち悪いです。

 ◎「段ボール肉まん」はやらせ、中国TVが謝罪

 これは酷い。

 ◎『NHK始まったな』(『BRAIN STORM』さん)

  ちょぉっ・・・!

 ◎マクドナルド、明乳子会社製のミルク回収・大腸菌群混入の恐れ

 陽性って・・・そんな簡単に飛んだりしないですよ?

フジテレビ「ゴールデンタイムの視聴率が悪いのはゲームのせい」

 凄い分析力です。

 ◎お風呂の水、何日間なら替えなくても平気か

 4日。

 ◎電話番号覚えられない!携帯は「バカ量産」の主犯か

 バカって言う奴がバカ。

 ◎『アメトーーク!』が業界内視聴率王のワケ

 ナレーション佐藤さんのモノマネをするのがマイブームです。アメトーーク。

 ◎スーパーファミコンの互換機が登場しました!

 携帯機で欲しいかも。

 ◎鯖江市で下着泥棒 自転車で「御用」
>女性は「待てー」と大声で叫びながら追いかけたという。

 サザエさんみたいだ。

 ◎海老蔵風呂場で転倒、右足裏を15針

 因果応報かと。

 ◎40の顔を持つ結婚詐欺師 年収1000万円の経営者装う 尼崎の41歳男

 結婚詐欺師って言葉、久々に聞いた……。


2007年07月21日 / 『余命1ヶ月の花嫁』を観て

 5月18日に「『24歳の末期ガン~涙のウェディングドレス~』を観て」というエントリをアップしました。

 この時に放送された特集が大反響だったようで、それが『水トク!』枠で2時間特番となり『余命1ヶ月の花嫁~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~』として7月18日にオンエアされました。

 『イブニング・ファイブ』の特集が特番になるのは初めてのことですから、どれくらいの反響があったのかが伺えます。ニュース番組の特集としては日テレのイマイさん以来の大反響なのではないでしょうか。

 これの視聴率がなんと16.6%。一回オンエアされたものの焼き直しでこの数字ですからかなり凄いです。視聴率受難の時代と言われていますが、取れる番組は取れるのだなぁと思いました。

 内容の方は『涙のウェディングドレス』の部分を中心に、それの前エピソードと後エピソードが加わった構成。再現VTRが撮り下ろしで、それに藤原竜也さんのナレーションが追加、石原さとみさんがスタジオゲスト出演してました。

 既に大まかな内容は知っていたのにも関わらず、涙腺が緩みましたから、新規で見た人の多くは号泣されたことと思います。個人的には亡くなられた長島千恵さんがMIXIを書いていた辺りが、新しく放送されたエピソードだったので切なかったです。感動的な音楽と共に藤原竜也さんが朗読していたのですが、死が目前に迫った人の言葉は重かった。

みなさんに明日が来ることは奇跡です。
それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れてます。

 あとは模擬結婚式を終えた後にスタッフに「次は何をしたい?」と訪ねられるシーン。千恵さんは考えた後に「家に帰ってみんなを安心させたい」と言ってましたが、帰れたのは遺骨になってからでした。

 ※※※

 まぁなんというか。語彙が貧弱でもどかしいのですが、皆さん「こんな可愛い子がみるみる変わってしまい死んでしまう」ことにショックを受けたのかな、と思います。VTRが変わる毎に、顔が変化していったのはかなり衝撃的でした。昔の写真の映像がかなり可愛らしい方だっただけに尚更。安藤美姫さんをもっと可愛くした感じで、こんな子がガンで死んでしまうとは……と。

 長島千恵さんのご冥福をお祈りします。


2007年07月20日 / 10分で更新しようシリーズ

 ☆ルール

 10分間で書き上げる。推敲は自由。このルールを書いている間もカウント。

 ※※※

というわけでスタート

 通常、このサイトの文章というのは書き上がってからアップされるまで平均で1週間くらいの時間がかかっています。勿論、ニュースとかその他の時事ネタはこの限りではないのですが、基本的にはある程度の時間を置いてからアップしているわけです。

 なぜそんなことをしているのかといいますと、これはもう書かなくてもわかると思うのですが、ある程度の熱冷ましとでも言いましょうか。勢いで書いたことなど、後で読み返してみると結構恥ずかしいこととかありまして、そういう部分を後で修正しているというわけです。

 あとはあれですね。時間を置いてから読むと、客観的に見えるというのもあります。ぶっちゃけ、1週間ではなく1年くらい寝かせた方が客観的に見えやすいのですが、なかなかそういうわけにもいかず。というのも、自分が数年前とかに書いた文章は、もはや自分の文章ではなく他人の書いた文章のような感じで読めるのですが、これが結構酷かったり、面白かったり千差万別。

 もう4分経ちました。

 それはさておくとして、まあ今のブログ時代、昔のテキストサイト時代とは違ってサクサク感とでもいいましょうか、お手軽さの方が重要になっている感じはあります。寝かせて推敲することで、完成度が上がるのは確かなのでしょうけど、その時の勢いを殺してしまうということでもありますから、注意が必要です。

 そういうわけで、たまにはその時の勢い重視。リアルタイムテキストでお送りしてみようと考えたわけです。強いて言うなら生放送といったところでしょうか。うん、我ながらGoodな表現だな、これは。でも、後で読み返すことは絶対にできないだろう、きっと(笑)

そんな生放送で僕ちんが言いたいこと

 そんな生放送で僕が言いたいこと、というのは今のブログバブルについてです。世間でブログブームと言われてある程度の時間が流れましたが、今はインターネットにブログが飽和状態。いやまあ、それはいいんです。ブームなのですから。

 問題はブームがブームだと気付いていないのでは? ということです。かつてのテキストサイトブームの時を思い出すのですが、あれがブームだったと気付いたのは随分と後になってからのことでした。もしかしたら、今のブログブームについても同じなのかも知れません。後になってから「あれはブームだったな」と。そう気付かされる時が近い未来に訪れるような気がしてならないのです。

 玉石混淆のブログ群。石ころが盛り沢山ある中で、金塊が埋もれていることも事実です。そんな金塊を求め、スカウトの人々が日夜面白ブログを探しているらしいです。ブログを書籍化、ヒットすればドラマ化、アニメ化。そういう展開になればみんな美味しいというわけです。

 みんながすぐにでも思い出せるようなヒット作。アレとかコレとか。そういうのが出てくるうちは良いんです。けども、最初は受けていたことでも、次第に飽きがが訪れます。当時は面白かったけど、今見るとちょっと……ってヤツです。

 そういう風にみんなの目が肥えてきた時、今のブームは崩壊すると思うのです。というか、現状崩壊しつつあるような気がします。昔はサイト(ブログ)を書籍化するといったら、それは一大事というか大ニュースでしたが、今では当然の流れというか。特に驚愕することでもなくなってしまいました。

 面白ブログのみが書籍化されるのならまだしも、客観的に見て微妙なブログも本になりつつあります。昔はみんなの目を引いた「ネット発」ブランドが随分と劣化してきました。

 ネットで受けていたのだから、書籍化してもある程度はヒットする。今はまだ大丈夫な範囲内です。けど、これ以上いったら……ヤバイような気がしてならないのです。

 8分経過。

まとめ

 要するにだ。今のブームが終わってもショックを受けないで欲しいということが言いたいのです。「面白ブログを作れば書籍化できて、お金が儲かるかも」と考えている人は結構います。

 けど今のこの流れっていうのは、そう長くは続かないですよ。ブームのうちに書籍化まで辿り着ければそれで良いのですが、そうならなかった時にショックを受けないで欲しいのです。あと書籍化しても、それだけならそんなには儲からないということを念頭に置いて欲しい。ヒットすれば別ですが、大抵は数十万円程度の印税しか手に入りません。コストパフォーマンスはメチャクチャ悪いです。

 あとはあれだ。ある日、編集者(神様)の人が「本にしませんか?」みたいなメールをいきなりくれると思ったら大間違いです。勿論、そういうケースもあるでしょうけど、一般的には紹介が多いです。編集者と知り合いのブロガーがいて、面白ブログをその編集者に紹介する……いわば仲介者を通すパターンが最近は多い。

 というわけで、自分のブログを書籍化したければ、面白いエントリを書くよりも、その仲介者に阿諛追従な対応をする方が近道です。

 ※※※

 そんなこんなで、お時間になりましたので、今日はこんなところで。

 もしかしたら、数日後にはこの記事消えているかも知れませんけど、その時はその時ってことで宜しくッ!


2007年07月19日 / ゴミ捨て場かと思ったら、自分の部屋だった

 ゴミ捨て場だと思ったら、そこは自分の部屋だった(川端康成『雪国』の冒頭みたいな感じで読んでください)。

 有り得ない。いくらなんでもありえない。ものが溜まり、溢れひっくり返りそうになっている。その殆どが長年かけて収集したオタグッズだ。いや、別に収集していたわけじゃないけど、自然のうちに塵積もっていた。

 奥の物を取り出す為には、手前の物を一端取り出して別の場所に避けておかないとダメという様。CDが縦積みで1メートルにもなっている。そして、それが4つ程ある。

 エロゲも同じだ。前に100本以上は処分した筈なのに、まだ50本以上が残っていた。『月姫』とか『家族計画絆箱』だとか、ちょっとレアなものも混じっている。ああ、これらはなんとなく手放すのが勿体ないと思って、残しておいたものだ。

 それだけじゃない。平井和正『地球樹の女神』全巻だとか、『空の境界』『少年フェイト』だとかの書籍類。『月姫』の青本と白本。PCエンジンのソフト100本以上、セガサターン、ドリームキャスト、Nintendo64、それらのソフト、エトセトラエトセトラ。どうにもこうにもI can notだ。

 こんなものを再び使うことがあるのだろうか? いやあるわけがない。というか、そんなことはハナからわかっていた。使うわけがない。手放した方がいい。そんなことはわかっていた。

 が、その数が多すぎた。多すぎる故に処分には手間がかかる。尋常ではない手間。使うもの、使わないものに分けて、処分をする。中にはお金になるものもあるから、アホーオークションで売ったりする。その手間。手間ッ・・! 手間ッ・・・・!

 その手間を想像して億劫になっていたに過ぎない。いっそのこと、業者にでも頼めば一発なのだが、それにはお金がかかる。キチンと順序を踏んで処分すれば、いくばくかのお金になるような物であることは間違いないので、出来ることならアホーオークションなどで少しずつ処分をするのが望ましい。それが最善。

 そんな思考回路が部屋をゴミの山にしてしまったのだ。すべては『ひぐらしのなく頃に』……。

 話は全然変わるが、最近全く放送されなくなったゴミ特番はどうなったのだろう? あれも毎週はキツイが、不定期ならありな企画だと思っていたが、最近は不定期でさえ放送されない。全国ネットでゴミを映すことにクレームが殺到でもしたのだろうか。

 閑話休題。要するに部屋を綺麗綺麗にしたかったのだ。以前までは「効率的な配置」と表現していたが、それも限界だ。住民である僕でさえ、この部屋は汚いと思える。自分でさえそうなのだから、他人から見たら肥だめ以下になっていることは間違いない。とてもじゃないが人なんて呼べない。もっとも、6年以上家族以外の者がこの部屋に入ったことはないのだが。

 本来なら、ここで部屋の画像でも貼り付けて笑いでも取りたいところであるが、それは自主規制させて頂きたい。まぁ、それほどということなのである。

 さて。
 というわけで、一念発起して部屋の片づけを始めた僕。まずはいらないグッズの処分だ。特にエロゲの類。捌いたら数十万円にはなるであろう貯蔵量。まずはこれを処分した。

 毎日毎日、コツコツとアホーオークションに出品し……の繰り返し。出品、メールのやりとり、梱包、発送の作業はハッキリいってしんどかった。送料の計算も面倒だったし、落札者からの要求に応えるのも面倒だった。メール便でとか、冊子小包でとか。エロゲを冊子小包で送るのかよ、みたいな。けどまぁ、なんとか大体のものを処分した。ちなみに一番気を使ったのは梱包時に陰毛が混入していないか?だ。変な意味じゃないよ。だって、陰毛ってタンスの上とかわけわからないところに落ちていることあるし。

 コホン。
 処分している最中、取引ナビなる新システムに変わってから、やりとりがマンモス面倒になったが、背に腹はかえられない。何せ天下のアホーオークションなのである。人口が沢山いるところには逆らえない。悔しいが、そこでやりとりするしかない。みんな嫌いだけどしょうがない。ちなみになぜみんな嫌いだと思うのかと言うと、ヤホーかんたん決済での支払いが全体の10%くらいしかなかったからだ。少しでもヤホーに利益がいかないように、みんな考えているのだ、きっと。

 これの売り上げが20万円くらいになっただろうか。売って20万ってことは、買うのには100万円以上はかかっているということだ。この事実に気付いて、僕はちょっと気が滅入った。けどまぁ、趣味なのだからしょうがないよね。

 そして、そんな感じで部屋のゴミを処分していった。売り上げは恵まれない子供達の為に寄付した。ごめん、嘘だ。馬券に消えたよ。ごめん、それも嘘だ。

 そんなこんなで、大体のブツを処分した。随分とスッキリした気がする。けどなんとなく寂しい。「お別れは寂しいけれど、お兄さん、お姉さん、中学校に言っても頑張ってください」と言ってくれたのは小学校の卒業式の下級生達。そんな気持ちと言えばわかりやすいだろうか。……なわけないか。

 随分とスッキリした気はするが、それでもまだ部屋は汚かった。なぜだろう。なぜ汚いのだろう。

 よくわからない書籍類、ペーパーの類、謎の置物、辞書、エトセトラエトセトラ。兎にも角にも、まだまだ部屋には物が溢れていたのだ。

 もしかしたら、今後使うのかも知れないペーパー達。けど、統計学的に見てそれらを使う可能性ってのはメッチャ少ないわけで、ここは思いきって処分することに。もしかしたら、重要なパスワード的なものが書かれたブツとかもあったりするかも知れないけれど、そのときはそのときだ。なんとかなるだろう。そんな思考回路で次々と処分。

 あれも処分、これも処分。

 そんな風にして処分していったわけだ。この家に越してきて13年。その年月をようやく清算できた。

 そしたら……部屋には殆ど何も残らなかったとさ。

 だったら、これから新しい歴史を作ればいい。ほいみんの歴史は始まったばかりだ! ほいみん先生の次回作にご期待ください。終わり。 


2007年07月18日 / 特殊な環境下

 20過ぎての童貞ってのは韻そのものに情けなさがあります。貞が童なわけですから、世間からみたら子供。普通の人にとってみれば、お近づきにはなりたくない存在でしょう。場合によってはキモがられることすらあります。処女の場合は処な女。真っ白なイメージ。乙女などと表記されることもある綺麗な存在。喜ばれることはあっても、キモがられることはありません。この違いはとても大きいですね。

 ところで童貞が童貞でいる要因とは何でしょうか。顔でしょうか。顔だとすれば、自分よりも明かにブサイクであるのにも関わらず非童貞である知人が一人もいない場合のみ認めます。勿論、それも一つの要因でしょう。ですが、実際そんな超絶ブサイクはほとんどいないハズです。多くの人がそのチャンスに巡り会いながらもスルーしてしまっているか、またチャンスそのものに気付いていないか、です。

 たとえば、一人の男性が一生のうちにセックスをする女性の平均値というものがaだとすれば、非童貞の方々にもaに集約されるだけのチャンスは訪れています。aよりも多くの方とセックスしている男性というのは、普通の人とは違う理論、環境で過ごされている方であり、これはすなわちそのまま童貞の人にも当てはまるというわけです。

 そう。我々は平均値から外れた極めて特殊な環境下にいるのです。多くの男性が極普通に女性と出会いセックスを重ねている中、我々は清童を貫いている――。これがいかにおかしなことなのか、肝に銘じておいてください。肝に銘じなさい俺。


2007年07月17日 / 山形県選管が“アムロ”起用「選挙、いきまーす!!」

 昨日まで山形にいたんですけど、テレビのCMでマジでこれをやってましたよ。一瞬、何をやっているんだろうと。

 山形県選挙管理委員会は29日投開票の参院選の投票啓発キャンペーンに、機動戦士ガンダムの主人公、アムロ・レイのモノマネで知られるお笑いタレント、若井おさむさんを起用。ポスターやテレビ・ラジオで「選挙、いきまーす!!」を連発している。

 おなじみの地球連邦軍の制服姿で若井さんが登場するCMは公示日の12日から参院選用サイトで配信を開始。県選管は今回の起用について、「20代から40代くらいまでの幅広い層に認知されているアムロ・レイのものまねで、他の年代よりも投票率が低い傾向にある若年層をメインターゲットに選挙啓発を進める」と説明している。


2007年07月16日 / みんなそうだったよね?

 → しゅんれいって読んでたよ


2007年07月15日 /

 ◎内山くん、損害賠償訴訟の件でコメント

 この件ですね。ヤダヤダ。というより、内山クン……。

 ◎女子高生に売春あっせんで高3男子逮捕

 平成生まれの癖に。

 ◎今夏も「ルパン」 獅童さんが敵役

 面白そうかも。後は作画さえ良ければ……。

 ◎元パイレーツ・浅田好未、8カ月で“スピードでき婚”だっちゅーの!

 こないだ久々にテレビでみました。

 ◎1000人が選んだ!漫画史上“最強”キャラクターランキング!

 小学校の時に興奮しながら論じた内容だと思うんですけど、実際にデータを見てもそれほど燃えないのはなぜでしょうか……。

 ◎「PS3の値下げ、ほとんど影響なし」とコナミ幹部

 素人でもわかることを。

 ◎<首相生出演>日テレ、TV東京に批判 政治的公平に欠ける

 安倍さんの場合、出ればでるほどマイナスになってますからなぁ。

 ◎テレ東の番組収録で参加者大けが TVチャンピオン

 かつては『大食い選手権』で優勝確実の選手をドクターストップにしたりと、安全には十二分の注意を払うところだったのに……。

 ◎インターネットの利用者は、年間6750万人に

 暇な時は手淫してます。

 ◎コスプレ大人気!日本文化紹介するイベント

 ノーエローでフィニッシュです。

 ◎復活して欲しいなつかしのお菓子ランキング

 カールのカレー味ってなくなってたんですね……。個人的にはぬ~ぼ~かなあ。

 ◎1人カラオケ:ストレス解消に練習に、「ヒトカラ」増える

 一人回転寿司、一人クレープ、一人富士山にはチャレンジしました……が。

 ◎3億円で落札!アドマイヤ近藤オーナー連日ムーン半弟獲り

 リーチオーナーは投資金額に比べてリターンが少ないというイメージ。金子オーナーはその逆。

 ◎説教するわよ! 面接されたくない有名人ランキング

 江頭2:50さんが入っているのがある意味凄い……。

 ◎ペナルティのヒデが七夕に結婚していた
>大学卒業時には、横浜フリューゲルスへ入団が内定していたが、サッカー部の後輩のワッキー(35)と94年にコンビ結成した。

 えええ。知りませんでした。有名な話なのでしょうかね?

 ◎イチロー、5年110億円でマリナーズと契約延長

 イチローをみていると運気の存在を肯定したくなりますね。

 ◎がっかりする男性の行動、「食べ方が汚い」がトップ

 女性の行動でも同じようなランキングになると思う。


2007年07月14日 / ホリケンさんがかなり面白かった件について

 天下り芸人バラエティー『リンカーン』に出演していた『ネプチューン』の堀内健さん(ホリケンさん)がかなり面白かったです。 

 『ネプチューン』というと、『ボキャブラ天国』でブレイクするきっかけになったのが原田泰造さんのホストネタで、その後、番組を持つようになると名倉潤さんの安定した司会力でゴールデンに冠番組を持つまでになったというイメージ。正直、堀内健さんの存在感はあまりありませんでした。勿論それなりに面白いという認識はあったんですけど、突出したものを感じることはなく。

 が、この番組を見て評価が一変。『リンカーン』のレギュラーメンバー相手にずっと俺のターンで進行したのは素直に評価できるというか。宮迫さんがすべらそうとするのをうまく交わし、すべらない空気を作り上げ、またすべったときの対処法、返し方などなど様々なテクニックが凝縮されてました。

 堀内さんというと、他のメンバーがいないとキャラが立たないイメージあったんですけど、ピンでこれだけ出来たことにビックリ。ぶっちゃけ、進行とかできる方とは思ってませんでした。何せ、終盤ではメンバーが全員グッタリしているというハッスルぶり。

 これだけ勢いがある方って、他にはいないんじゃないでしょうか。というよりも、このメンバー相手に対等以上に渡り合える人は他にいないんじゃないかと思います。それくらい言っても過言ではありませんでした。

 この説教先生というコーナーは、どちらかというと必死に進行する先生を失笑するというか、空回りする微妙な空気を楽しむものだと思っていたのですが、堀内さんは凄かった。かなりヘタクソな編集でしたけど、それでも大爆笑できましたから。これは凄い。

 さすがに細木数子相手にダメ出しをしているだけのことはあるというか。あれでかなり鍛えられているのかも知れません。また、『ネプチューン』のメンバーとして、レギュラー番組(ゴールデン3本、深夜1本)を持っているだけのことはあるなぁと。

 おじさんはこれまで『ネプチューン』というグループは、なんとなく売れたというイメージがあったんですよ。『ボキャブラ天国』で芸人ブームがあって、それにうまく便乗したというか。『ボキャブラ芸人』という認識が強い。あとは『キン肉マン』のネプチューンマンが元ネタというイメージ。

 ただ、それから十年以上経って未だに第一線で活躍しているのは、それなりの実力があってのことなんだなぁと認識を改めさせられました。

 というわけで、ネットアイドルほいみんは堀内健さんを応援しています。


2007年07月13日 / 喧嘩を目撃した

 いつの話だったか。酔っぱらって、23時くらいに駅の周りを歩いていたんですよ。そしたら、タクシー拾って、公園にでも行って花火でもしようか――みたいな話になったんです。花火なんて中学生の時に学校の校庭で遊んで大目玉くらった時以来じゃん――と思いつつも、そんなもんだからワラワラと歩いていたわけです。ワラワラと。4人くらいで。

 ここがいわゆる繁華街だったなら、この時間でも人通りが多くて賑やかだったかも知れないんですけど、まぁそんなトコではなかったわけですよ。もう終電も終わっていたし、人通りなんてまるでなかった。殺人事件とか起きてもおかしくないくらいの不気味な雰囲気がありました。

 けども、僕ら一行は酔っぱらいなわけですから、殺人鬼とか放火魔とか通り魔とか、なんでもゴザーイというテンションなわけですよ。この世界で一番タチの悪い生き物が酔っぱらいなわけですから、それは仕方のない話なわけです。

 周りがいくら静かでも関係ない。だって、怖いものなんて何もないわけですから。

 だもんで、闊歩していたわけです。端からみたら、迷惑集団に極まりないんですけど……まぁみんな若かったんだと思う(便利な言葉だ)。っていうか、周りには人なんていなかったんだから、迷惑も糞もないよね。

 そんなこんなでタクシー乗り場へ。普段だったら、タクシーなんて高級なモノ使うわけがありませんが、この時は無敵だったので大丈夫。平気、へっちゃら! というわけです。

 駅のタクシー乗り場には、一台のタクシーが止まっていました。終電を逃した客を拾う為に待っているのか? それともただ単に待っていたのか? そういうのはわからないんですけども、一台止まっていたわけですわ。

 これは丁度いい。と、僕たちはそのタクシーに向かってテクテク歩き始めました。

 そしたら、乗り場に近づくにつれて、シルエットに違和感を覚えてきたんです。建物があって、タクシー乗り場の看板があって、タクシーが停車している。そんな光景に違和感が。

 良く見るとオッサンとOLが何やら話していました。話の内容はよくわかりません。内容がよくわからないよう。……ごめんなさい。えーとですね。話の内容はわからなかったのですが、ただごとではない雰囲気を放っていました。……喧嘩?

 男の方がもの凄い剣幕ですし、女の方は何やら泣いている。これは恐らくマジ喧嘩。端からみると恋人同士……というよりは、上司と部下の不倫カップルにしか見えなかったわけですが、真相はよくわかりません。

 兎に角何やら言い争いをしている。「わかれる!」「わかれない!」とか、そんな内容。こんな夜中に何をやっているんだか、という感じなのですけど、男女の世界っていう奴は複雑なのでしょう。

 何やらヘンテコリンな場面に出くわしてしまったな、と僕は思いました。昼ドラか何かで出てきそうなチープな場面。喫茶店で水をかけられる男、みたいな。ここでは男が女に別れ話をしているような感じでした。でも、女は男と別れたくない、みたいな。

 まぁ、そんな言い争いがいくらか続いていたのですが、やがて女が何か喋ると、男がいきなり女を殴りました。

 「!」

 まさしく昼ドラ! こ、これは! 不倫の別れ話のもつれ!? 傍観者の下世話な想像が膨らみます。当事者にとってみれば、これほど腹立つ話もないわけですけど、他人の不幸は密の味とかなんとか。

 ただ殴られただけならまだしも、何やら血まで垂れています。鼻血だ。当たり所が悪かったみたいだ。ポタポタと垂れる血を手で押さえ、床に座り込む女。駄々をこねるこねる。いい歳こいた女が子供のようにごねるごねる。

 そのままの硬直状態が1分くらい経ったでしょうか。男は埒があかないと判断したのか、女を引きずるようにしてその場から去って行きました。会話は断片的にしか聞こえてこなかったのですが、最後のセリフは「わかった! 取り敢えず警察行こう!」でした。自分で相手を殴っておいて、警察に行くなんて非効率な話にも程がありますが、それが男女関係のもつれという奴だったのでしょう。

 そんなわけで、タクシー乗り場はいつもの雰囲気を取り戻しました。僕達は気を取り直して、タクシーへと乗り込みます。

 「何か喧嘩みたいなのやってましたね」
 「男女のもつれみたいっスよ。いやあ、去ってくれて良かった。あんなの乗せたくなかったから」

 アリーナにいたタクシー運転手はごもっともな感想を僕達に述べてくれて、話の内容を終始教えてくれました。まぁ、大体は想像通りの展開。

 世の中では色々なことが起きますが、傍観者は気楽。なるたけ傍観者でいたいものです。


2007年07月12日 / 『DE・JA(デジャ) I & II マルチパック』の感想

◎はじめに

パッケージ画像 正直なところ、おじさんには蛭田昌人の凄さがそんなにはわからなかった。多くの人が天才と呼び、剣乃氏や業界全体に多大なる影響を与えたとする蛭田昌人。そんな彼の代表作である『同級生2』だけど、これは発売当時にプレイしていれば、それなりに面白かったのかも知れないが、初プレイの時期が遅すぎた。どうもシステムに面白さを感じれなかったし、テキストにもそんな突出したものは感じることは出来なかった。

 『同級生』『ドラゴンナイト1~3』『野々村病院の人々』『河原崎家の一族1~2』『エル』『ワーズワース』『下級生』『鬼作』『臭作』『遺作』『シャングリラ1~2』も同様だった。勿論、どの作品も面白く、これらの作品のテキストを書いたことは天才以外の何者でもないけど、「そんな大袈裟に言う程のことだろうか」と思っていた。ぶっちゃけ、蛭田昌人よりもTADA氏や剣乃氏の方が才能は上なんじゃなかろうかと。

 が、この作品をプレイして印象がガラリと変わった。なぜ蛭田昌人が天才と呼ばれ賞賛されたのかがようやくわかった。

 というわけで、そんな『DE・JA(デジャ) I & II マルチパック』の感想である。今作は1991年と1992年に発売された『DE・JA』と『DE・JAII』のリメイクで、CGがフルカラーになっていたり、フルボイスになっていたり、操作性が向上していたりする。

 ちなみに。なぜ今の時期にこの作品の感想を上げるのかと言うと、最近買った『ドラゴンナイト4』がうちの端末では動かなかったからだ゚:・( つдT)・:゚ ちゃんとベンチマーク試しておけよ、俺……。

◎キャラクター

画像2 いわゆる蛭田キャラの主人公。独り言が多く、説明口調、ふざけた思考回路を持っていながら、決めるところは決める天才タイプ。こうやって書くとどうってことないのだけど、実際にプレイしてみると鳥肌が立つ。なぜなら、これが今発売されている多くのエロゲ主人公の雛形になっているからだ。元は1991~2年の作品ですよ? 当時にこれをやっているのは脱帽以外の何者でもない。これを見ると、いかに剣乃氏が蛭田昌人に影響を受けているかがわかる。ああ、ルーツはここだったんだなぁと。

 業界から姿を消して随分と経つけれど、彼は未だに蛭田キャラをエロゲライターに描かせ続けているわけです。

 さて。
 その他のキャラも個性豊かで面白い。何せヒロインのあだ名ががちゃ子である。このセンスは蛭田昌人ならではだろう(TADA氏も近いけど)。他にも島流繁王(しまながししげおう)だとか、大槻ケンヂだとか。凄いセンスですよ。

 インパクトに優れたキャラが多く、ユーザーを飽きさせない。だから楽しい。

◎シナリオ

画像3 何が信じられないって、このシナリオが1991~2年に書かれていたという点ですよ。当時に発売されていたゲーム群から考えてみると、頭が3つくらいは抜けている印象。昔のゲームを今プレイすると、大抵はシナリオの古さが目に付くのだけど、この作品に関しては別格。今でも充分に通用する程のクオリティ。

 考古学がテーマになっており、オーパーツやら何やらそれっぽい単語が次々に出てくる。巡るめく謎。次々に巻き起こるドンデン返し。ワクワク感。蛭田昌人の引き出しの多さに目を疑う。なんでこんなに多才なんだろーかと。後はこういうシナリオも書けるのねと。

 後はあれだ。テキストの面白さに尽きる。単調にならないように、2分に1回はギャグが挿入されている感じ。それがまたセンスあって面白い。

◎システム

 昔ながらのフラグ立てコマンド総当たりAVG。コマンド以外にマウスカーソルを操作してのフラグ立てもあり。

 今となっては古臭い。フラグがわかりづらく、同じメッセージを2度3度と読ませられるのは苦痛でしかない。が、今作の場合、テキストが面白いので許せてしまう。様々な場所を選んでクリックして、面白メッセージをあますところなく拾わせようとする吸引力がある。

 この「面白メッセージを拾わせる」っていうのは、コマンド総当たりならではの仕掛けだと思う。この辺をクリックしたらどういうメッセージが返ってくるのだろうか? と考えながらあれこれするのは楽しい。結構、2重3重にメッセージが用意されていたりして、その辺りの仕事が細かいのにも好感がもてる。

 後は捜査シーンで威力を発揮している感じ。通常パートではやや苦痛になるが、捜査シーンはこのシステムの方が面白い。

◎音楽

 それっぽい音楽。主張することもなく、地味すぎることもなく。良曲が揃っている感じ。また曲数が多いので飽きさせない。雰囲気が大事な場面では演出に一役買っていた。

◎ボイス

 例によってどの方もお上手。だけど、結局は邪風鈴さんの印象しか残らないという罠(笑)。

◎絵

 阿比留壽浩氏が原画。つーか知らん(笑) 調べたら、今はミンクの社長をやっておられる方らしい。なんというか、とても古い絵柄。それはまぁ、昔の作品なのだし当然のことなのだけど、これはそれをフルカラーに塗り直しているわけで、変な気持ち悪さみたいなものはある(笑) 古いのだけど、そんなに古く感じさせない……みたいな。なんだろうこの違和感。でも、この絵柄でもそれなりになるっていうのは凄いと思う。凄いよ、エルフ塗り!

◎総評

画像4 『EVE』とか『YU-NO』が好きな人で未プレイな人がいたら、是非プレイして欲しい。エルフの名作群の中では見事に埋もれてしまっているけど、これはかなり面白いですよ。私的なオススメ度は相当高い。

 本当なら、どう面白いのかを書きたいのだけど、それをやると120%ネタバレになってしまうわけで、その辺りがとてももどかしい。

 今現在、この手のAVGが作られることがなくなってしまったから、尚更プレイして欲しいなぁと思う。

 けどあれだな。この埋もれっぷりから察するに、この手の作品の需要ってのは今の業界内ではまずないんだろーな(笑)。


2007年07月11日 / サイトの企画で富士山へ行く~2004~

 ※ 長いので心技体を充実させてから読み進めください。

 2004年、8月19日。サイトの企画で富士山へ行く。

 なぜ富士山なのかは僕にもわかりません。とりあえず、わかりやすかったので富士山に挑んできました。なお、今回はハンデ戦なのでTシャツでの夜間登山です。理由は普通に登るだけでは面白くないからです。あと手袋も置いていきました。少しでも多くの自然を肌で感じたかったからです。

◎出発

 8月18日。18時。実家のある群馬から静岡県富士宮市を目指しました。荷物はスポーツドリンク2リットル、お菓子、カッパ、カメラ、タオル、傘、ガムテープ、旗、取材ノート、筆記用具。

 ここで懐中電灯を忘れたことに気付く。道中、ディスカウントストアに立ち寄り購入。これで装備は完璧です。関越高速道路、本庄児玉インターから練馬インター、環八通り、東名高速道路、東京インターから富士インターへ。ここまでで3時間半経過。既に結構疲れてます。富士インターからの道のりは殆ど調べていなかったのですが、富士山だからわかりやすいだろうと楽観してました。案の定、凄くわかりやすく「富士山」と看板に書いてありました。それに沿って、五合目まで移動しました。

 富士山の登山道は4つあるのですが、今回は富士宮口というところから登ることにしました。理由は距離が一番短いからです。それと、富士宮口までの道路『富士山スカイライン』の通行料がタダだからです。ちなみに河口湖口への道路『富士スバルライン』は普通車で2300円かかります(2007年は2000円)。これは管轄する県の違いによるものだと思うのですが、スバルラインが暴利というよりはスカイラインがタダというのがおかしいんだと思いました。静岡県はもう少し営利を考えてもいいのではないでしょうか。

 富士インターから富士宮口の登山道へは約1時間で到着。「この先にチップ制のトイレあります」という素晴らしい看板が僕を出迎えてくれました。ちなみに駐車場はガラガラ。23時を回っていたのと、お盆過ぎてピークが去っていたというのも空いていた要因だと思います。なお、夜間登山に挑もうとしている登山部みたいな格好の人達は結構いました。ヘッドライトとか装備して、まるで下水道工事のおっちゃんです。なんていうか、みなさん凄く気合が入ってるんですよ。これから夜間登山だー、みたいなね。そんな中で僕はTシャツにチノパン。ちなみにTシャツの色は赤。山を舐めているとしか思えませんね! さあ、場違いな感が早くもしてきましたよー! よい子のみんなは真似をしないでくださいね!

 で、尿意がもよおしてきたので、さっそく静岡県が2億円かけて作ったチップ制トイレへ。中には「100円くらいの寄付を」と涙ぐましい文字が書いてある募金箱が置いてありました。ってか、静岡県はこんなので小布施を願うよりも、登山料を徴収した方がいいと思います。

 

◎5~6合目

 高山病対策として30分ほど休憩をとり登山開始(0時0分)。ちなみにTシャツは4枚ほど重ね着してました。周りからみたら、絶対におかしな人だと思われていたことでしょう。だけど僕は挫けない。ひょっこりひょうたん島じゃないけど、挫けない。

 10分ほど登ると早くも6合目の山小屋が見えてきました。展開早すぎます。さらに20分ほど歩くと新7合目の山小屋が! よくわからない構成です。30分で七合目。これを数学的帰納法に当てはまれば1時間15分で山頂についてしまいますよ! そんな莫迦な。

◎7合目

 登山道は結構険しいです。富士山というと誰でも簡単に登れるみたいなイメージがあるかもしれませんが、一般人視点で見たらサバイバルといっても過言ではないでしょう。道中若夫婦みたいな人に声をかけられて「懐中電灯の予備ありませんか~」みたいなこと言われました。なんでも、壊れてしまったんだそうです。予備どころか通常の装備としてすら懐中電灯を忘れていた僕ですから、そんなものあるわけがありません。すいません、となぜ僕が謝らなければならないんだろうと思いつつ、若夫婦を追い越していきました。

 険しいとはいっても、懐中電灯さえあれば夜間登山はそれなりにできるレベルです。ガシガシ登っていきます。足の疲れみたいなものはありません。しかし、なぜかぜぇぜぇはぁはぁと息があがる。いい感じの速度で登山できていて、疲労もさほど感じていないのにも関わらず、やたらと息があがる。凄く不思議な現象でしたが、多分これが空気が薄いということなんでしょうね。イメージとしては、もっと空気の量が足りないような感じで口をパクパクさせちゃうようなものが「空気が薄い」だと思っていたのですけど、そういうのは一切ありませんでした。おかしなことと言えば、心臓が怖いくらいにドクドクと鳴っていたくらいです。ってか、自分の身体じゃないみたいだった! 怖かった!

◎新7合目

 登山開始から50分(0時50分)。新7合目に到着。ってか、新ってなんだよ! 6合目が簡単なのはこういうことだったのかよ! 僕はずっこけました。
 で、山小屋にはバイオトイレなるものがあり、使用量200円とか書いてありました。でも、こんな時間なので当然閉まっています。尿意が発生したらどうにもこうにもI can notです。ってか、バイオトイレってどんなのだったんだろう? 生きているのかな? 生命便器? 人間便器? うん、卑猥なこと想像しちゃったね。ごめんなさい。

 ちなみにこの時点で16時間以上起きっぱなし&5時間の車運転&50分の登山をしており、微妙に疲労していました。「俺、貴重な休みに何やってるだろうな」などと当たり前のことを思いつつ、それでもガシガシ登ります。夜の登山は夜景が兎に角綺麗です。後ろを振り返ると静岡の街が一望できるのですが、その見事なこと見事なこと。サイトのことなど暫し忘れて見入ってしまいました。

◎8合目

 1時57分。8合目に到着。この付近から風が強くなってきました。気温的には10度くらいだったので、そんなに寒くはなかったのですが、この風が非常にやっかい。地上ではお目にかかれないほど強く、しっかりと歩を進めていないと吹き飛ばされてしまいそうなほどでした。当然、吹き飛ばされたら待っているのは死。

 このくらいになると登山道も階段のようなものから、岩肌を気持ち削っているだけの簡素なものになります。懐中電灯で足場を探しながらの登山では少し厳しい感じに。兎に角、風が強すぎて、鼻水ダラダラ。ビジュアル的に相当アレなことになっていましたので、夜で良かったと思いました。

 あと山小屋ですれ違ったグループが、「独りでは登りたくないよねー」とか話していたのが聞こえてちょっと切なくなりました。僕、独りで何やってるんだろう。

◎9合目

 2時27分。9合目に到着。ここにはどうやって運んだのか自販機が置いてありました。値段は350円。とてもインフレです。でも、ホットコーヒーとかあったりして、それがとても有り難い。けど、夜間は動作せず。コインを入れてもスルー。「捨てる神あれば、拾う神なし」というのが現実なのですね。

 鼻水の量が尋常ではなくなってきたので、タオルをマフラー替わりに巻いて寒さに耐えてました。いや、これが思いの他、効果的でビックリ。ついでにカッパも防寒着替わりに装着。もう形振り構ってられませんよ! こっちは命がかかってるんですよ!

◎9合目5尺

 3時03分。9合目5尺に到着。なぜか山頂ではなく、中間地点に山小屋が存在してました。時間も時間ですし、疲労の蓄積もありますし、特に語るべきことも存在しません。霧が濃くなってきており、雨のようなものもチラホラ。風雨が身体に痛かったです。あと手袋を持ってこなかったのが大失敗でした。生肌がこれほどまでにヤワだとは。ガチガチでまったく動かず。よい子のみんなは絶対に真似をしないでくださいね!

◎10合目

 3時50分。ようやく山頂に到着。そこは秒速で言うならば30メートルはあろうかという風が吹いている世界。岩などを風よけにしていないとやっていけない世界。よく台風なんかがくると、アナウンサーが風圧実験のレポートとかをするじゃないですか。飛ばされながら、「す、凄い風ですー」とかそういうの。それを生身で体験しました。
 ま、寒さでガクガクでしたが、この達成感はなかなかのものがあります。山頂からみえる景色の絶景かな……って霧が濃くて良くわかりませんでしたけど。

 せっかくだから、ご来光を見ようとそこで待機。ずっと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしてました。すると閉まっていた山小屋がオープン。5時から営業と書いてあったのですが、4時50分くらいには開いてました。周辺には30人くらいの人がいたかと思います。

 そこで展開されていた商売は超インフレの極み。コーヒー500円、コーンスープ600円、カップラーメン800円、カレーライス1000円。いくら山頂まで登って疲労しているとはいえ、買っている人はあまりいませんでした。夜間登山をしている人達ですから、みんな準備万端なわけで、自前のものを食べている人が多かったです。

 5時00分。ご来光。

 

 で、せっかくだから3776メートル地点である剣が峰まで行こうと思ったのですが、風雨が凄すぎて断念。だって、道程が馬の背とか言われていて傾斜角40度はありそうな険しさなんですもの。普通に死の危険性を感じました。剣が峰らしきものを肉眼で捉えられる位置にいたのですが、あそこまでのわずかな道のりが険しすぎました。切ない表情で剣が峰を見上げる僕。同じような胸中の人に話し掛けられて「あれが剣が峰っすかね? ちょっと風が強すぎて行けそうにないっすね」みたいなことを言われました。そこで「多分、あれが剣ノ岬ですね。ちょっと無理そうですね」とか素で言ってしまい自己嫌悪。それじゃあゲームじゃないか……。

 目の前に見えているのが剣が峰。風速30メートルはあったと思います。ここら辺は普通に立っていられず、匍匐(ほふく)前進のスタイルで活動してました。

◎下山

 5時10分。ガシガシ下山する。ここからは陽が出て写真が沢山撮れたので画像モードでいきます。まずは下山前に頂上の風景から。そして、一気に下山です。

 山頂の証し。3776メートルではないですけど。

 頭の悪い落書きたち。画面ではわかりにくいですが、参上とか書いてあります。おまえは暴走族か。ってか、参上ってなんだよ。自己顕示欲を示したいのなら、もっと捻った表情を使うべきですよ! 淫乱パクパク子参上! とか。

 山頂の山小屋。インフレ天国の極みです。

 山頂の郵便局。ここから郵便物を出すことができるみたいです。

 九合五勺。

 九合目。撮影下手でごめんなさい。

 霧で数メートル先が見えない状態です。

 八合目。下りは膝に負担がかかって登りよりも辛かったです。

 8月ですよ?

 決闘開始。

 このくらいになると、霧も晴れて落ち着いた感じになってきます。

 下の世界。

 雲の上に雲があります。

 飛行船の上みたいです。

 あの雲の向こうにラピュタが……ないんだ!

 また7合目。新だそうです。

 この辺りになると膝が完全に笑ってました。あははーっ。

 ここではタダでお茶を振る舞ってくれました。ちなみに有料物資はペットボトル500mlで300円、カップコーヒー150円、からあげ定食1000円など。買いません。

 帰ってきましたよー。

 ※※※

 朝の8時。そういうわけで、無事に5合目に帰還しました。下山は2時間50分くらいかかったと思います。はっきり言って登りよりも辛かったです。そんな常人とは違う感覚の自分が嫌(*^ー^)

 で、その足でそのまま群馬に帰ってきました。どうでも良いのですが、ナビで調べたら富士インターまでいかなくても、御殿場インターからの方が近いことを知り凹む。50キロくらい無駄に走っちゃったですよ。そんなこんなで、走行時間4時間くらいで家に到着。往復での走行距離は487キロ。起きていた時間25時間くらい。徹夜で夜間登山とか、よい子のみんなは真似しないでくださいね! (富士登山編 終わり)


 で。

 今回の富士登山で達成できなかったことがあるんです。それは僕が童貞たることを富士山で叫んでくること。具体的には↓の手作り童貞団旗を山頂で掲げてくること!

 ……。

 うん、ごめん。一応、持ってはいったんだけど、人が多くて恥ずかしくてできなかったですよ。これじゃ、テキストサイト管理人失格ですよね。自分を捨てないとテキストサイト管理人とは言えませんものね! 山頂でこれを掲げた写真をアップすることができたらヒーローになれたですのにね!

 でもさ。
 山頂でこっそりこれを広げてはみたんですよ。で、撮影を行おうともしたんですよ。そしたら、人が現れてですね。さっ、と隠したわけです。それを繰り返すこと3回。

 もう切なくて空しくて。

 俺、何の為にこんなことしているんだろうとか考えていたら、胸の奥から熱く突き上げるものを感じていました。頬が……濡れてる? これが……涙?

 そんなこんなで、撮影することなく、仕舞われた団旗。でも、僕は誓う。いつの日か、必ずリベンジを!(絶対に死んでも嫌)


 ~後日談~

 実は上の写真。デジカメによる撮影じゃないんですよ。いくつかは携帯の写メールによるものなのですが、その多くはインスタントカメラによるものなんですね。それを現像したものをスキャナで取り込んでアップしたというわけです。なぜ、こんなに面倒なことをしているのかと言いますと、それは僕がデジカメを持っていないからです。

 で、ですね。DPSのお店って、写真を渡すときに「こちらで宜しいですか」と1枚確認の為に見せてくれるじゃないですか。そしたらですね。お店のお姉さん、この写真を僕に見せてくれたんです。

 「こちらの写真で宜しいで
 「へごばぁっ!?」

 もう恥ずかしくて死ぬかと思いましたよ。DPSのお姉さんは、もうちょい気を使うってことを覚えて欲しい。それにしても、よりにもよってなぜこれだったのか! 僕は帰り道にずっと苦悶していたのでした。そんなこんなで、富士登山編本当に終わり。


2007年07月10日 / 指揮者になる夢かなえます 第一回振ってみまShow!

  『題名のない音楽会21』という番組があります。

 この番組は『題名のない音楽会』→『新・題名のない音楽会』→『題名のない音楽会21』とタイトルこそ、変化してきましたが43年続いている長寿番組で、皆さんご存じの方も多いことでしょう。

 しかしながら、多くの方が「日曜の朝にやっているNHKみたいな番組」という印象で、それ以上でもそれ以下でもない。番組そのものはみんな知っているけども、毎週かかさず見ているという人はあまり聞かず、「ああ今でもやっているのかぁ」という程度の認識だと思われます。

 5月に現司会者である羽田健太郎さんが亡くなられた時に、少し話題に上がりましたが、あとは地味な存在感のまま。

 ですが、意外にあなどれないのがこの番組。アニソン特集をやったり、男女逆転ボーカルをやったり、『君のひとみは10000ボルト』を堀内孝雄さんと松浦亜弥さんでデュエットさせたり……と結構、面白特集が組まれることがあります。

 そんな『題名』が7月8日に放送したのが、『指揮者になる夢かなえます 第一回振ってみまShow!』

 ネーミングセンスの善し悪しは別として、素人にオーケストラの指揮をやらせてみようという大胆な企画です。ってか、7歳の参加者とかいたのに、良くオーケストラの方々が引き受けてくださったなぁと。


凄い映像です

 指揮といえば、皆さんも少しくらいは興味を持ったことがあるんじゃないかと思います。クラスで勢いのある奴が、指揮者のモノマネを大仰にしたりしませんでしたか? でもって、その姿を見て爆笑したりしませんでしたか?

 本物の指揮者からしてみたら、音楽に対する冒涜なんでしょうけども、素人目にはちょっとおかしな人に見えるのが指揮者。単にメチャクチャやってるだけに見えなくもないです。ぶっちゃけ、技術がどうこうとかはわかりづらい。「楽器はできないけど、あれくらいだったら俺にもできそう」とか思っている人は結構いるような気がします。

 そんな人間の心理を読んだナイス企画。プロの指揮者が振るのと、素人が振るのでは全く違う……というのは『のだめカンダービレ』で誰かが言ってましたが、実際にどれくらい違うものなのかが、これでわかるというもの。

 ……すいません、わかりませんでした。

 で、素人の方々がオーケストラの前でノリノリ(死語)で振っていたわけですが、素人目にはどの方も素晴らしかったです。漫画のような顕著な違いはわからない。というか、プロでも素人でもそんな変わらないなーと。

 そんな『指揮者になる夢かなえます 第一回振ってみまShow!』ですが、7月15日に後編の方がオンエアされますので、興味のある方はご覧になって見てください。ではでは。


2007年07月09日 / 説得力のあまりないアドバイス

 ちゆ12歳のことは忘れろ、そうすればお前は強くなる。

 → ラーメンマンか


2007年07月08日 / なぜ「選挙日が延びたらフジの24時間テレビはどうなるの?」と明らかに重量の違うものを天秤にかけるのですか?

 ◎ひろゆき氏逮捕の条件 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』

 これ以上、表に出ない方が……。

 ◎[羽賀研二容疑者]示談要求、断られる 事件の2年半前

 『ラスタとんねるず』で大活躍だった渡辺二郎氏が、完全なヤクザになっていたのにビックリ。゚:・( つдT)・:゚

 ◎ついに薬を使って記憶を消し去ることが可能に

 ドラえもんか。

 ◎巨人戦の視聴率下落が止まらない

 スカパーありますし、レギュラー番組を潰してまで野球をやる必要がなくなった……ということでしょうか。

 ◎この人物のオモテとウラ ルー大柴

 これにはビックリ。いろいろな意味で。

 ◎カール・ルイス氏、日本の子供らを指導

 『Qさま!』のロケじゃなかったんですね。

 ◎ビリーマジック?HIRO30キロ減量

 ああ、確かに。でも、これで『アメトーーク』のデブ芸人には出られなくなりますな……。

 ◎「病欠」元職員に2300万円返還命令

 少し前に話題になったアレですね。

 ◎新聞購読契約の苦情に対応、新聞契約110番を開設へ

 いろいろ酷いです。

 ◎松坂、球種無限…ペーニャ「25種類ぐらいある」 (夕刊フジ)

 ゲームの魔法みたい。

 ◎男性の年収400万円で結婚OK おカネよりは「手を取り合う」時代

 なめんな。

 ◎夏のボーナス:「増えた」が49%、「減った」の2・4倍

 あれ? 企業が儲かるのみで賃金には繁栄されてないって話では……?

 ◎生産年齢人口の減少、日本が世界最速・OECD分析

 セックスしてませんから。

 ◎ゲームセンターCX ボーナスステージ9 地上波で放送

 マイティーボンジャック編。今まで見た中で最高傑作です。


2007年07月07日 / 『キャプテン☆ドみの』打ち切り

 TBS系で土曜日の20時から放送されている『キャプテン☆ドみの』の打ち切りが正式決定しました

 同番組は4月の番組改編の目玉として、多額の制作費と高視聴率男のみのもんたさんを投入して作られましたが、数字の方が震わず。このまま続けても見込みがないと判断されたのか、放送9回目にして大鉈が振るわれました(全13回で終了)。

 それでは、今までの視聴率を見てみましょう。

01 04/28 *6.2% 2時間SP
02 05/05 *5.8%
03 05/12 *8.1%
04 05/19 *5.7%
05 05/26 *5.7%
06 06/02 *6.2%
07 06/09 *5.8%
08 06/16 *6.9%
09 06/23 *5.4%  (『ドみの』スレより)

 ゴールデンタイムに平均視聴率が6%台では話になりません。番組内容も変えられるところは変えていったみたいですが、どうにもならなかったようです。久米宏さんの『A(全10回)』を思い出す見事な打ち切りっぷりとなりました。

 まぁ、みのもんたさんと言えば、久米宏さんを異常にライバル視していることで有名ですので、『A』に勝てたと考えれば少しは溜飲が下がるのではないかなぁと思います。

 さて。
 どうしてこの番組はダメだったのでしょうか?

 ◎近未来を意識した世界観で繰り広げられるゲームバラエティー(『ネプリーグ』『フレンドパーク2』みたいな)
 ◎総工費1億円をかけて作られたセット(『風雲たけし城』みたいな)
 ◎司会は高視聴率男みのもんた

 こうやって書くと、そんなには悪い内容じゃない気はします。実験的で冒険的な番組でもなく、普通に数字を取りに行っている内容。制作者のプライドとかは微塵も感じませんが、多番組分析の結果による構成といって良いでしょう。『IQサプリ』みたいな番組になれば、と考えていた筈。

 しかし、実際に番組を観ていると、これらの要素がまるで噛み合ってない(笑) 見ていて楽しいゲームと、実際にプレイしないと面白くないゲームはまるで違います。この番組の場合、残念ながら後者になっています。見ていてもまるで面白くない。『フレンドパーク2』や『ネプリーグ』がなぜ支持されているのかわかっていません。まぁ、『フレンドパーク2』は昔から「なぜ視聴率が取れるのかわからない番組」と言われてましたけど。

 また折角、みのもんたさんを起用しているのにも関わらず、『A』の久米宏ばりに存在意義がありません。みの氏の持ち味と言えば、マダムを取り込む説得力のある語り口調と、ボードを使ったフリップめくり芸。これらの持ち味をまるで活かせておらず。正直、数字を取る為だけにみのさんを使ったなという感じでした。

 何せ裏番組が『めちゃイケ』『世界一受けたい授業』『オーラの泉』ですから、そんな即席な手段ではダメというわけです。これだったら『全員集合』や『カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ』の再放送をした方が数字取れていたと思います。

 まぁ、こういった枠を蘇生させるのは並大抵の技ではできないことですから、これから先も何番組もが打ち切られ、その度にプロデューサーが責任を負う……ということが続くのでしょう。『全員集合』を『ひょうきん族』が倒し、それを『カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ』が倒し、それを『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』『マジカル頭脳パワー!!』が倒し……と。そうやって、今のテレビ文化が形成されていったわけですから。

 我々は傍観者ですので、これから先も、そういった波の変化を浜辺から眺めていたいと思います。津波が発生して呑み込まれない程度に。

◎最後に

 ただ単に低視聴率であるなら、もうちょい改編をしつつ様子を見るなどの方法がありましたが、TBSはそれよりも「みのブランド」に傷がつくことを恐れたのかも知れません。何せTBSは『朝ズバッ!』を始め、みのもんたに数多く依存しています。筑紫哲也の変わりに夜のニュースをやるという話もあります。

 『キャプテン☆ドみの』だけではなく、他の番組まで影響が出てしまったら、ということなのかも知れません。


2007年07月06日 / 6月29日の26:50~27:50に『アラレちゃん』の特番がやっていた件について

 いや、タイトルのままなのですが、先日なぜか『アラレちゃん』の特番が深夜にやっていました。タイトルは『Dr.スランプ アラレちゃんSP うほほ~い! 帰ってきちったの巻』。

 また、いつのまにか終わっていたアニメの再放送ですが、なぜかこの週(5日間)だけオンエアしていました。243話もあるアニメの再放送がたった5話だなんて、中途半端にも程があると思いますが、何かしらの大人の事情があるのでしょう。

 この流れ。新作映画の番宣かと思いきやそうでもなく。DVD『ほよよ編』の予約締め切りが近かったから、宣伝したかったのかと思いきや、それもあまりプッシュしていない。

 しかし、番組の方はそれなりにコストをかけて作っている感じでした。勿論、新しい映像などはありませんでしたが、アラレ役の小山茉美さんの声は新撮りでしたし、芸能人(中川翔子さんとフットボールアワーの二人)も使っていました。

 番組そのものは、ペンギン村のキャラ紹介であったり、ちょっとしたトリビア的なものを出演者が見てトークしてゆく……といった内容でしたが、こういった特番が組まれたのからには、何かしらの意図がある筈だと思うのです。しかし、それがわからない。


センベイさんは28歳(初登場時)


今では考えられない視聴率です


そういう内容でした


番組タイトルです


出演者の方々です。しょこたんはあまり『Dr.スランプ』に詳しくありませんでした゚:・( つдT)・:゚


ウンチのフィギュアがあるなんて、と突っ込んでおられました


しょこたんの頭にウンコが乗ってます。DVD宣伝アニメより


小山さんが20年ぶりに演じられたアラレちゃんは、やっぱりちょっと変でした(笑)

 最後は小山さんが、「またきっと合えるよ、バイチャ」的なことを言って番組は終わり。意味深なセリフで締めるよりも、新作映画の宣伝をした方が良かったと思うのですが、映像が間に合わなかったのでしょうか?

 なんでもDVDの第一弾が思ったよりも売れなかったらしく、その辺りで予算を色々と絞られたような気がしないでもないですが、だからこの中途半端さになったような気がしますが、ネットアイドルほいみんは『Drスランプ』を応援しています。


2007年07月05日 / 小林尊さん、敗れる

 7月4日と言えば、アメリカの独立記念日ですが、ホットドックの早食い世界一の大会が開かれる日でもあります。(参照リンク(ちゆ12歳)

 今思えば、小林さんが初優勝した時(2001年)の衝撃はかなりのものでした。中島広文さん(3連覇)や、新井和響さんの時も盛り上がりましたが、小林さんは完全に別格。当時の世界記録が25本だったのに対し、小林さんが食べたのは50本。これまでの早食いは一体何だったのか……と思わせる程で、小林さんを倒す人なんか金輪際現れないんじゃないかと思っていました。

 ぶっちゃけ、今でも当時のVTRをたまに見るのですが、見る度に鳥肌が立ちます。竹輪をふがしのように食べ、寿司を呑み込み、ホットドックに食らいつく姿は人間を超えていました。

 当時はマスコミでもかなりこのニュースを取り上げており、小林さんもヒーロー的な扱いでした。しかし、中学生が早食いを真似してパンを食って窒息死するという事件が起こってからは、早食い報道は各社自粛するようになり、表舞台から姿を消していってしまいました。

 初優勝した時はあれだけ騒いでいたマスコミも、2連覇時には誰も目にくれず。おじさんも、インターネットの海外サイトで優勝を知ったくらいでした。ああ、やはり連覇したのだなぁと思ったと同時に「あの事件さえ起きなければ……」と思ったものです。それくらい扱いが酷かった。海外では大々的に取り上げられたようですが、日本国内ではスルー同然。

 3連覇、4連覇、5連覇、6連覇した時も似たような感じでした。時の流れと共に大食い特番が復活するようになり、段々とテレビでも取り上げられるようになりましたが、かつてのような扱いにはならず。インターネットがなければ、みんな忘れていたと思います。

 しかし、7連覇のかかった今年。なぜか多くの日本のマスコミが彼を取り上げました。顎関節症になり、「僕の顎が戦線離脱しました」というブログがアップされると、マスコミがそれを大々的に取り上げ、彼についてのドキュメンタリーも放送されました。ご本人も「こんなに取り上げられるのなら、戦線離脱とかじゃなくて、もっとマシな言葉で書けば良かった」と思っておられることでしょう。……じゃなかった。また、大会後に『スッキリ』に出演したりもしました。『リアルタイム』で放送されたりしました。

 この掌を返したようなマスコミの変わり様は一体何なのでしょうか? 同情的な背景が感動を呼ぶから云々……と色々考えてみたのですが、結局のところはわかりませんでした(笑)

 さて。
 そんな小林さんですが、ついに今年負けてしまいました。顎関節症というハンデ、また強力なライバルが出現と、負けそうな材料は揃っていましたが、それでも63本食べたのだから賞賛して良いと思います。

 なお、動画の方はこんな感じ。

 終了の辺り、口に詰め込みすぎて何かがピューと出てますが、日本ではみんなカットされてました。

 全米で生放送されて、速報で結果を伝えたそうですが、ピューに対しての苦情がどうだったのかは気になりますね。

 それでも、今年の大会は2001年時クラスの盛り上がりがあったと思います。小林さんは来年も出場する意向のようですし、死者が出ないことを祈りつつ2008年の大会まで待ちましょう。

 もし、新記録でリベンジとかなったら、また新たな感動が味わえるかも知れません。

 ネットアイドルほいみんは小林尊さんを応援しています。


2007年07月04日 / ダンゴムシにはダンゴムシの生き方があるの

 梅雨ですね。じめじめしたこの季節。雨ばかりがざーざーと振り、世間では嫌われているわけですが、僕は割と好きだったりします。ほら、だって、みんなが落ち込むじゃないですか。デートとかも行動範囲が限られちゃうじゃないですか。家の中で過ごさざるを得なく……って自爆だな、これでは。

 さて。
 今日は童貞の中には諦めている人もいるってお話です。以下は以前にどこかでみた文章。引き出しの中に眠っていたので転載させて頂きます。

ああああああああああああああああああ
なんでわかんねんだよ!
ダンゴムシにはダンゴムシの生き方があるの!
なんで日の当たるところに引きずり出そうとするんだよ!
卑屈になってんじゃねえんだよ!
石の下は湿っててひんやりして気持ちいいんだよ!
つつかれたら丸まるのは自分の意思じゃねえんだよ!
遺伝子で決まってるんだよ!ペンギンに空は飛べないの!

 自分自身の素直な気持ち。この方が引き籠もりなのか、それとも他人とのコミュニケーションを著しく嫌う方なのかはわかりませんが、童貞の中にもこういう人っていると思うんです。童貞のまま30歳を超えると魔法使いになれるっていう都市伝説(?)がありますけど、それって他人とは違う境地に達することができたことに対しての暗喩なのではないかなって思うの(違うだろ)。

 いやつまり、これはこれで我々のいる世界から卒業したと言えるのではないでしょうか。

 20代の童貞の諸君(自分含)。今は「そのうちに機会あるさと楽天的に考えているかもしれない。しかし、危機感をもって欲しい。もう一度言う。危機感を持って欲しい(涙)。恐ろしいのは機会に恵まれないことではなく、諦めてしまうことなのだ! そして、おセックスしたいという心そのものを忘れてしまうことなのだ! そのことを心に留めておいてください。

 じゃないと人類が滅びる。


2007年07月03日 / まさかの2週連続ッ・・・!

 レース画像(asxです)



 ORZ


2007年07月02日 / タイトルは特にありません

 アクセスあった時はみんな近寄ってくれたのになぁ。

 → そんなものだよ人間なんて


2007年07月01日 / なぜ渋谷スパの爆発をチュンソフトの所為にするのですか?

 ◎中年童貞…なぜ生まれる? 「恋愛資本主義」の肥大化

 全国童貞連合のサイトがアレすぎます……。
 ◎冬に打ち上げ予定、超高速インターネット衛星「WINDS」の愛称を公募

 まだ光になったばかりだっちゅーの。

 ◎中国製圧力なべ、取っ手過熱の恐れで回収 中国側も調査

 圧力鍋でこれは危険すぎます……。

 ◎ズボン紛失に67億円請求の判事敗訴=クリーニングめぐる裁判-米地裁

 このニュース、テレビで取り上げすぎ……。

 ◎ハラハラしないとダメ?独走Gテレビ中継ピンチの皮肉

 ゚:・( つдT)・:゚

 ◎ノムさんびっくり ファン投票楽天が独占

 なんだかなあ……。

 ◎ついに出た史上最高6億円! totoBIG、1等は2口的中

 ロト6の2口買い8億というのが最強だと思います。

 ◎紳助「リスクない」丸山氏出馬批判…日テレ選挙特番MCに起用

 『バンキシャ』から『ニュースZERO』にバトンタッチ。TBSはどうなるのでしょうか?

 ◎【大食い】射手矢さんと山本さんが対決

 西川名義じゃなくていいのでしょうか? ……というか、引退してなかったんですね。
 ◎アメリカのブロードバンドの平均速度は1.97Mbps、他国を下回る

 ありゃりゃ……。

 ◎Yahoo! オークション、匿名決済や匿名配送、コンビニ受け取りに対応

 悪用されそう。

 ◎パン業界、厳しい局面迎える 生産量は3年連続減

 ご飯食べなくなって、パン食べなくなって……皆さん何を食べているのでしょうか?

 ◎デスノート:アニメスペシャルでゴールデン進出 新カットを多数追加

 放送できるのでしょうか。

 ◎記者の目:ネットでの「祭り」を取材して=岩佐淳士

 『世にも奇妙な物語』みたいですなあ。

 ◎ナインティナインは吉本の中では浮いた存在になっている

 『SMAP』のコンサートの時が全盛期……。

 ◎市バス運転手の3割、年収1000万超 神戸

 !

 ◎PCが動かなくなったときどうする?

 「動け」と言います。

 ◎北海道のホテルで食事に縫い針

 嘘だッ!!

 ◎声優の中江真司さん死去

 トリビアの方。゚:・( つдT)・:゚

 ◎所属事務所が朋ちゃん“解雇”

 あらら……。