« まさかの2週連続ッ・・・! | メイン | 小林尊さん、敗れる »

2007年07月04日 / ダンゴムシにはダンゴムシの生き方があるの

 梅雨ですね。じめじめしたこの季節。雨ばかりがざーざーと振り、世間では嫌われているわけですが、僕は割と好きだったりします。ほら、だって、みんなが落ち込むじゃないですか。デートとかも行動範囲が限られちゃうじゃないですか。家の中で過ごさざるを得なく……って自爆だな、これでは。

 さて。
 今日は童貞の中には諦めている人もいるってお話です。以下は以前にどこかでみた文章。引き出しの中に眠っていたので転載させて頂きます。

ああああああああああああああああああ
なんでわかんねんだよ!
ダンゴムシにはダンゴムシの生き方があるの!
なんで日の当たるところに引きずり出そうとするんだよ!
卑屈になってんじゃねえんだよ!
石の下は湿っててひんやりして気持ちいいんだよ!
つつかれたら丸まるのは自分の意思じゃねえんだよ!
遺伝子で決まってるんだよ!ペンギンに空は飛べないの!

 自分自身の素直な気持ち。この方が引き籠もりなのか、それとも他人とのコミュニケーションを著しく嫌う方なのかはわかりませんが、童貞の中にもこういう人っていると思うんです。童貞のまま30歳を超えると魔法使いになれるっていう都市伝説(?)がありますけど、それって他人とは違う境地に達することができたことに対しての暗喩なのではないかなって思うの(違うだろ)。

 いやつまり、これはこれで我々のいる世界から卒業したと言えるのではないでしょうか。

 20代の童貞の諸君(自分含)。今は「そのうちに機会あるさと楽天的に考えているかもしれない。しかし、危機感をもって欲しい。もう一度言う。危機感を持って欲しい(涙)。恐ろしいのは機会に恵まれないことではなく、諦めてしまうことなのだ! そして、おセックスしたいという心そのものを忘れてしまうことなのだ! そのことを心に留めておいてください。

 じゃないと人類が滅びる。

コメント

はじめまして。

>じゃないと人類が滅びる。

でも人類が滅びて、ほいみんさんは困りますか?

困らないと思う私は、42歳の童貞。

ハツメマシテー。

ただなんとなく生きるのも結構楽しいので、僕が生きている間は滅びないで欲しいですね。僕が死んだら滅んでもいいかな(笑)

生きている間は大丈夫でしょう。地球ごと無くなるような事態にならないかぎり、何人かは生き残っているはずです。

ですね。ということで、日々を満喫します。

コメントする