« 指揮者になる夢かなえます 第一回振ってみまShow! | メイン | 『DE・JA(デジャ) I & II マルチパック』の感想 »

2007年07月11日 / サイトの企画で富士山へ行く~2004~

 ※ 長いので心技体を充実させてから読み進めください。

 2004年、8月19日。サイトの企画で富士山へ行く。

 なぜ富士山なのかは僕にもわかりません。とりあえず、わかりやすかったので富士山に挑んできました。なお、今回はハンデ戦なのでTシャツでの夜間登山です。理由は普通に登るだけでは面白くないからです。あと手袋も置いていきました。少しでも多くの自然を肌で感じたかったからです。

◎出発

 8月18日。18時。実家のある群馬から静岡県富士宮市を目指しました。荷物はスポーツドリンク2リットル、お菓子、カッパ、カメラ、タオル、傘、ガムテープ、旗、取材ノート、筆記用具。

 ここで懐中電灯を忘れたことに気付く。道中、ディスカウントストアに立ち寄り購入。これで装備は完璧です。関越高速道路、本庄児玉インターから練馬インター、環八通り、東名高速道路、東京インターから富士インターへ。ここまでで3時間半経過。既に結構疲れてます。富士インターからの道のりは殆ど調べていなかったのですが、富士山だからわかりやすいだろうと楽観してました。案の定、凄くわかりやすく「富士山」と看板に書いてありました。それに沿って、五合目まで移動しました。

 富士山の登山道は4つあるのですが、今回は富士宮口というところから登ることにしました。理由は距離が一番短いからです。それと、富士宮口までの道路『富士山スカイライン』の通行料がタダだからです。ちなみに河口湖口への道路『富士スバルライン』は普通車で2300円かかります(2007年は2000円)。これは管轄する県の違いによるものだと思うのですが、スバルラインが暴利というよりはスカイラインがタダというのがおかしいんだと思いました。静岡県はもう少し営利を考えてもいいのではないでしょうか。

 富士インターから富士宮口の登山道へは約1時間で到着。「この先にチップ制のトイレあります」という素晴らしい看板が僕を出迎えてくれました。ちなみに駐車場はガラガラ。23時を回っていたのと、お盆過ぎてピークが去っていたというのも空いていた要因だと思います。なお、夜間登山に挑もうとしている登山部みたいな格好の人達は結構いました。ヘッドライトとか装備して、まるで下水道工事のおっちゃんです。なんていうか、みなさん凄く気合が入ってるんですよ。これから夜間登山だー、みたいなね。そんな中で僕はTシャツにチノパン。ちなみにTシャツの色は赤。山を舐めているとしか思えませんね! さあ、場違いな感が早くもしてきましたよー! よい子のみんなは真似をしないでくださいね!

 で、尿意がもよおしてきたので、さっそく静岡県が2億円かけて作ったチップ制トイレへ。中には「100円くらいの寄付を」と涙ぐましい文字が書いてある募金箱が置いてありました。ってか、静岡県はこんなので小布施を願うよりも、登山料を徴収した方がいいと思います。

 

◎5~6合目

 高山病対策として30分ほど休憩をとり登山開始(0時0分)。ちなみにTシャツは4枚ほど重ね着してました。周りからみたら、絶対におかしな人だと思われていたことでしょう。だけど僕は挫けない。ひょっこりひょうたん島じゃないけど、挫けない。

 10分ほど登ると早くも6合目の山小屋が見えてきました。展開早すぎます。さらに20分ほど歩くと新7合目の山小屋が! よくわからない構成です。30分で七合目。これを数学的帰納法に当てはまれば1時間15分で山頂についてしまいますよ! そんな莫迦な。

◎7合目

 登山道は結構険しいです。富士山というと誰でも簡単に登れるみたいなイメージがあるかもしれませんが、一般人視点で見たらサバイバルといっても過言ではないでしょう。道中若夫婦みたいな人に声をかけられて「懐中電灯の予備ありませんか~」みたいなこと言われました。なんでも、壊れてしまったんだそうです。予備どころか通常の装備としてすら懐中電灯を忘れていた僕ですから、そんなものあるわけがありません。すいません、となぜ僕が謝らなければならないんだろうと思いつつ、若夫婦を追い越していきました。

 険しいとはいっても、懐中電灯さえあれば夜間登山はそれなりにできるレベルです。ガシガシ登っていきます。足の疲れみたいなものはありません。しかし、なぜかぜぇぜぇはぁはぁと息があがる。いい感じの速度で登山できていて、疲労もさほど感じていないのにも関わらず、やたらと息があがる。凄く不思議な現象でしたが、多分これが空気が薄いということなんでしょうね。イメージとしては、もっと空気の量が足りないような感じで口をパクパクさせちゃうようなものが「空気が薄い」だと思っていたのですけど、そういうのは一切ありませんでした。おかしなことと言えば、心臓が怖いくらいにドクドクと鳴っていたくらいです。ってか、自分の身体じゃないみたいだった! 怖かった!

◎新7合目

 登山開始から50分(0時50分)。新7合目に到着。ってか、新ってなんだよ! 6合目が簡単なのはこういうことだったのかよ! 僕はずっこけました。
 で、山小屋にはバイオトイレなるものがあり、使用量200円とか書いてありました。でも、こんな時間なので当然閉まっています。尿意が発生したらどうにもこうにもI can notです。ってか、バイオトイレってどんなのだったんだろう? 生きているのかな? 生命便器? 人間便器? うん、卑猥なこと想像しちゃったね。ごめんなさい。

 ちなみにこの時点で16時間以上起きっぱなし&5時間の車運転&50分の登山をしており、微妙に疲労していました。「俺、貴重な休みに何やってるだろうな」などと当たり前のことを思いつつ、それでもガシガシ登ります。夜の登山は夜景が兎に角綺麗です。後ろを振り返ると静岡の街が一望できるのですが、その見事なこと見事なこと。サイトのことなど暫し忘れて見入ってしまいました。

◎8合目

 1時57分。8合目に到着。この付近から風が強くなってきました。気温的には10度くらいだったので、そんなに寒くはなかったのですが、この風が非常にやっかい。地上ではお目にかかれないほど強く、しっかりと歩を進めていないと吹き飛ばされてしまいそうなほどでした。当然、吹き飛ばされたら待っているのは死。

 このくらいになると登山道も階段のようなものから、岩肌を気持ち削っているだけの簡素なものになります。懐中電灯で足場を探しながらの登山では少し厳しい感じに。兎に角、風が強すぎて、鼻水ダラダラ。ビジュアル的に相当アレなことになっていましたので、夜で良かったと思いました。

 あと山小屋ですれ違ったグループが、「独りでは登りたくないよねー」とか話していたのが聞こえてちょっと切なくなりました。僕、独りで何やってるんだろう。

◎9合目

 2時27分。9合目に到着。ここにはどうやって運んだのか自販機が置いてありました。値段は350円。とてもインフレです。でも、ホットコーヒーとかあったりして、それがとても有り難い。けど、夜間は動作せず。コインを入れてもスルー。「捨てる神あれば、拾う神なし」というのが現実なのですね。

 鼻水の量が尋常ではなくなってきたので、タオルをマフラー替わりに巻いて寒さに耐えてました。いや、これが思いの他、効果的でビックリ。ついでにカッパも防寒着替わりに装着。もう形振り構ってられませんよ! こっちは命がかかってるんですよ!

◎9合目5尺

 3時03分。9合目5尺に到着。なぜか山頂ではなく、中間地点に山小屋が存在してました。時間も時間ですし、疲労の蓄積もありますし、特に語るべきことも存在しません。霧が濃くなってきており、雨のようなものもチラホラ。風雨が身体に痛かったです。あと手袋を持ってこなかったのが大失敗でした。生肌がこれほどまでにヤワだとは。ガチガチでまったく動かず。よい子のみんなは絶対に真似をしないでくださいね!

◎10合目

 3時50分。ようやく山頂に到着。そこは秒速で言うならば30メートルはあろうかという風が吹いている世界。岩などを風よけにしていないとやっていけない世界。よく台風なんかがくると、アナウンサーが風圧実験のレポートとかをするじゃないですか。飛ばされながら、「す、凄い風ですー」とかそういうの。それを生身で体験しました。
 ま、寒さでガクガクでしたが、この達成感はなかなかのものがあります。山頂からみえる景色の絶景かな……って霧が濃くて良くわかりませんでしたけど。

 せっかくだから、ご来光を見ようとそこで待機。ずっと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしてました。すると閉まっていた山小屋がオープン。5時から営業と書いてあったのですが、4時50分くらいには開いてました。周辺には30人くらいの人がいたかと思います。

 そこで展開されていた商売は超インフレの極み。コーヒー500円、コーンスープ600円、カップラーメン800円、カレーライス1000円。いくら山頂まで登って疲労しているとはいえ、買っている人はあまりいませんでした。夜間登山をしている人達ですから、みんな準備万端なわけで、自前のものを食べている人が多かったです。

 5時00分。ご来光。

 

 で、せっかくだから3776メートル地点である剣が峰まで行こうと思ったのですが、風雨が凄すぎて断念。だって、道程が馬の背とか言われていて傾斜角40度はありそうな険しさなんですもの。普通に死の危険性を感じました。剣が峰らしきものを肉眼で捉えられる位置にいたのですが、あそこまでのわずかな道のりが険しすぎました。切ない表情で剣が峰を見上げる僕。同じような胸中の人に話し掛けられて「あれが剣が峰っすかね? ちょっと風が強すぎて行けそうにないっすね」みたいなことを言われました。そこで「多分、あれが剣ノ岬ですね。ちょっと無理そうですね」とか素で言ってしまい自己嫌悪。それじゃあゲームじゃないか……。

 目の前に見えているのが剣が峰。風速30メートルはあったと思います。ここら辺は普通に立っていられず、匍匐(ほふく)前進のスタイルで活動してました。

◎下山

 5時10分。ガシガシ下山する。ここからは陽が出て写真が沢山撮れたので画像モードでいきます。まずは下山前に頂上の風景から。そして、一気に下山です。

 山頂の証し。3776メートルではないですけど。

 頭の悪い落書きたち。画面ではわかりにくいですが、参上とか書いてあります。おまえは暴走族か。ってか、参上ってなんだよ。自己顕示欲を示したいのなら、もっと捻った表情を使うべきですよ! 淫乱パクパク子参上! とか。

 山頂の山小屋。インフレ天国の極みです。

 山頂の郵便局。ここから郵便物を出すことができるみたいです。

 九合五勺。

 九合目。撮影下手でごめんなさい。

 霧で数メートル先が見えない状態です。

 八合目。下りは膝に負担がかかって登りよりも辛かったです。

 8月ですよ?

 決闘開始。

 このくらいになると、霧も晴れて落ち着いた感じになってきます。

 下の世界。

 雲の上に雲があります。

 飛行船の上みたいです。

 あの雲の向こうにラピュタが……ないんだ!

 また7合目。新だそうです。

 この辺りになると膝が完全に笑ってました。あははーっ。

 ここではタダでお茶を振る舞ってくれました。ちなみに有料物資はペットボトル500mlで300円、カップコーヒー150円、からあげ定食1000円など。買いません。

 帰ってきましたよー。

 ※※※

 朝の8時。そういうわけで、無事に5合目に帰還しました。下山は2時間50分くらいかかったと思います。はっきり言って登りよりも辛かったです。そんな常人とは違う感覚の自分が嫌(*^ー^)

 で、その足でそのまま群馬に帰ってきました。どうでも良いのですが、ナビで調べたら富士インターまでいかなくても、御殿場インターからの方が近いことを知り凹む。50キロくらい無駄に走っちゃったですよ。そんなこんなで、走行時間4時間くらいで家に到着。往復での走行距離は487キロ。起きていた時間25時間くらい。徹夜で夜間登山とか、よい子のみんなは真似しないでくださいね! (富士登山編 終わり)


 で。

 今回の富士登山で達成できなかったことがあるんです。それは僕が童貞たることを富士山で叫んでくること。具体的には↓の手作り童貞団旗を山頂で掲げてくること!

 ……。

 うん、ごめん。一応、持ってはいったんだけど、人が多くて恥ずかしくてできなかったですよ。これじゃ、テキストサイト管理人失格ですよね。自分を捨てないとテキストサイト管理人とは言えませんものね! 山頂でこれを掲げた写真をアップすることができたらヒーローになれたですのにね!

 でもさ。
 山頂でこっそりこれを広げてはみたんですよ。で、撮影を行おうともしたんですよ。そしたら、人が現れてですね。さっ、と隠したわけです。それを繰り返すこと3回。

 もう切なくて空しくて。

 俺、何の為にこんなことしているんだろうとか考えていたら、胸の奥から熱く突き上げるものを感じていました。頬が……濡れてる? これが……涙?

 そんなこんなで、撮影することなく、仕舞われた団旗。でも、僕は誓う。いつの日か、必ずリベンジを!(絶対に死んでも嫌)


 ~後日談~

 実は上の写真。デジカメによる撮影じゃないんですよ。いくつかは携帯の写メールによるものなのですが、その多くはインスタントカメラによるものなんですね。それを現像したものをスキャナで取り込んでアップしたというわけです。なぜ、こんなに面倒なことをしているのかと言いますと、それは僕がデジカメを持っていないからです。

 で、ですね。DPSのお店って、写真を渡すときに「こちらで宜しいですか」と1枚確認の為に見せてくれるじゃないですか。そしたらですね。お店のお姉さん、この写真を僕に見せてくれたんです。

 「こちらの写真で宜しいで
 「へごばぁっ!?」

 もう恥ずかしくて死ぬかと思いましたよ。DPSのお姉さんは、もうちょい気を使うってことを覚えて欲しい。それにしても、よりにもよってなぜこれだったのか! 僕は帰り道にずっと苦悶していたのでした。そんなこんなで、富士登山編本当に終わり。

コメント

あれから3年にもなるんですね。

こんな旗作って掲げようとしたり
写真屋に出すだけでも
十分一般人離れしていると思いますよ。ええ。

ありがとうございます。もう3年ですね。旗はメサ恥ずかしかったです。写真確認時で使われるとはッ・・・!

コメントする