« 10分で更新しようシリーズ | メイン | なぜ政治について語れることをさり気なくアピールするのですか? »

2007年07月21日 / 『余命1ヶ月の花嫁』を観て

 5月18日に「『24歳の末期ガン~涙のウェディングドレス~』を観て」というエントリをアップしました。

 この時に放送された特集が大反響だったようで、それが『水トク!』枠で2時間特番となり『余命1ヶ月の花嫁~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~』として7月18日にオンエアされました。

 『イブニング・ファイブ』の特集が特番になるのは初めてのことですから、どれくらいの反響があったのかが伺えます。ニュース番組の特集としては日テレのイマイさん以来の大反響なのではないでしょうか。

 これの視聴率がなんと16.6%。一回オンエアされたものの焼き直しでこの数字ですからかなり凄いです。視聴率受難の時代と言われていますが、取れる番組は取れるのだなぁと思いました。

 内容の方は『涙のウェディングドレス』の部分を中心に、それの前エピソードと後エピソードが加わった構成。再現VTRが撮り下ろしで、それに藤原竜也さんのナレーションが追加、石原さとみさんがスタジオゲスト出演してました。

 既に大まかな内容は知っていたのにも関わらず、涙腺が緩みましたから、新規で見た人の多くは号泣されたことと思います。個人的には亡くなられた長島千恵さんがMIXIを書いていた辺りが、新しく放送されたエピソードだったので切なかったです。感動的な音楽と共に藤原竜也さんが朗読していたのですが、死が目前に迫った人の言葉は重かった。

みなさんに明日が来ることは奇跡です。
それを知ってるだけで、日常は幸せなことだらけで溢れてます。

 あとは模擬結婚式を終えた後にスタッフに「次は何をしたい?」と訪ねられるシーン。千恵さんは考えた後に「家に帰ってみんなを安心させたい」と言ってましたが、帰れたのは遺骨になってからでした。

 ※※※

 まぁなんというか。語彙が貧弱でもどかしいのですが、皆さん「こんな可愛い子がみるみる変わってしまい死んでしまう」ことにショックを受けたのかな、と思います。VTRが変わる毎に、顔が変化していったのはかなり衝撃的でした。昔の写真の映像がかなり可愛らしい方だっただけに尚更。安藤美姫さんをもっと可愛くした感じで、こんな子がガンで死んでしまうとは……と。

 長島千恵さんのご冥福をお祈りします。

コメント

この放送、ウチも見てました

長島千恵さんはとてもかわいい方で、「なんでこんな人が苦しんで死ななきゃいけないのだろう」と、やるせない気持ちになりました

僕も彼女のように強く美しく生きたい(死にたい)と思いました
でも、僕はきっと癌の痛みにあっさりと負けてしまうだろうなぁ…

こういうのって普通、再現VTRの人の方が綺麗だったりして苦笑するんですけど、実物の方が綺麗だったくらいですからね……(再現の顔は半分だったですけど)。

24歳で末期癌っていうのが衝撃的でした。

コメントする