« 『Qさま!!』の改編について | メイン | 都合の良い解釈 »

2007年08月08日 / 8月2日の『アメトーーク!』でジョジョの奇妙な芸人が放送されたッ!!

 以前にもお伝えした通り、8月2日の『アメトーーク!』にてジョジョの奇妙な芸人が遂に放送されたッ!! これはプレゼンターのケンドーコバヤシさんらが濃密なジョジョトークでグレイトな1時間を放送するというものッ!!

 プレゼン時には「またオタ企画か」と微妙な流れになっていたが、それでもこの流れを止めるのは無駄無駄無駄無駄無駄ッ!! というわけで、人気投票ぶっちぎりでオンエアされたのだッ!!

 僕もディ・モールト!(非常に)放送を楽しみにしていたッ!! が、関西地区ではゴルフ中継の為オンエアされなかったらしく、その辺りは「やれやれだぜ」「あんまりだぁぁぁぁ」だったが、本放送後の1時間後にはニコニコ動画にアップされていたのだから驚きだッ!!

 オンエアは人気が高かった第3部が中心になるのかと思いきや、どの部のネタもある程度出てきており、全体的にカバーしようというスタッフの心意気が感じとれる構成ッ! 『バッファロー吾郎』の竹若さんがエアロスミスを戻しているナランチャの真似をしたと思ったら、中川しょこたんが空条承太郎様にオラオラされたいと言ってみたり、『スピードワゴン』の小沢さんがそのまんまスピードワゴンのセリフを言ってみたり。

 ジョジョ立ちがわからない蛍原さんに対し、『オリエンタルラジオ』の中田さんが「今までどうやって立ってきた?」と切り返し。さらにはケンコバさんが、アリアリアリアリでアリーヴェデルチしますよ? とブチャラティネタ。そして、「蛍原さんその髪型、ブチャラティじゃないですか」と突っ込み。

 また『南海キャンディーズ』のしずちゃんは遅れて登場ということで、その間はハイウェイスターのポージングをしているパネルが置かれるという卒の無さッ!

 とにかく熱かったッ!! ジョジョとは人間賛歌と応えたケンドーコバヤシさんの目は輝いていたッ!! 芸能界に入ったのはジョースター一族を支える為と言った小沢さんの目は本気だったッ! 『バナナマン』の設楽さんは通常版コミックが火事で燃えてしまったから、文庫版で持っていたッ!! そこで、火事になったのはアヴドゥルの所為といった中田さんの突っ込みも見事だったッ!!

 本来、出演予定ではなかった中田さんだが、マネージャに頼んでスケジュールの都合を付けてもらって参戦という熱狂ぶり! それだけあって、出演メンバーの中では一番熱かったッ!!

 そして、石仮面を被って登場するしずちゃん! 第一声がドッギャーン! 彼女は第4部フリークで、それに付いて熱く語ってくれたッ!

 ここでトークテーマに突入。既に勺の半分が過ぎていたのだから、どれだけ収録が長引いていたのかが伺えるッ! が、これもジョジョの奇妙な芸人なのだから仕方がないッ!!

 熱いトークはさらに続くッ! 空条承太郎の絵を描いてきたしょこたんに対し、岸辺露伴に手伝ってもらったんじゃないの? と返す小沢さんッ! 「だが断る」を言ってみたり、彼は細かい部分を良く拾っていたッ!! DIOのUUURRRYYYY!!を、毎日やっていたら喘息が治ったという『野生爆弾』の川島さんッ!! さらにはスタンド表現(3次元的な超能力)について熱く語った中田さんッ! 荒木先生にオリキャラを描いてもらったしょこたんに対し、しずちゃんが「このビチクソがあッ!」と切れたりもしたッ!

 ジョジョには欠かせない擬音トークも勿論全開だったッ! グッパオン(神社の階段を下りている時に転けそうになって持ち直した時の音)、ゴゴゴゴ、ドドドド(緊張時の音)、ズキューン(強引なキスの音)、メギャン(ホルホースが皇帝エンペラーを出す時の音)、ボムギ(偽物の猫を踏みつけた時の音)、ちなみに間違えた蛍原さんに対し、しずちゃんが「このドチンポやろう」と突っ込み。ルチャアァ(エシディシが毛糸で顔面を切られた時の音)、ピシガシグッグッ(ジェスチャーを分かり合えた時の音)、ベボオ~(溶かされた時の音)などなどかなり濃いトーク全開だったッ!

 第3部の名シーン、コインと表面張力も再現していたッ!! 5枚投入のシーンや、脱脂綿のトリック、さらには負けてコインになるシーンまでッ! いや、まさかこのシーンを再現するとは思っていなかったのでビックリだッ!!

 そして、誰もが納得する衝撃のラストッ!! まさかこの落ちを最後に持ってくるとはッ!! 地上波でこれだけやってくれたスタッフに対し僕は敬意を評すッ!!

コメント

結局ニコニコで見ましたわ。
第二部が待ち遠しい

多分ないでしょう゚:・( つдT)・:゚

まさかの第2部あったねw

コメントする