« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 序』の感想 | メイン | 夏休みを返上して帰ってきた古館アナの仕事根性は大したものだと思う »

2007年09月15日 / 牛丼を2杯買うと3杯目が100円になるサービスを実施中の吉野家について

 アメリカ産牛肉を使った牛丼の販売が再開された時は「牛丼プリダクで」などと揶揄された吉野家ですが、その後は何もなかったかのような落ち着きを取り戻しました。業績の方もかつての勢いを取り戻し、こうして世界は平和になったのだ。

 さて。
 そんな吉野家ですが、9月14日から27日まで「牛丼を2杯買うと3杯目が100円になるサービス」を実施中です。普段は380円の並盛りが100円。一見お得に見えますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 以前の吉野家の牛丼価格は280円でした。今は380円です。値上げの理由は輸入禁止前、再開後の相場の違いということになってますが、それが方便であるということは自明の理。確かに肉の値段はあがりましたが、元々の肉の原価が20円程度なので、それが3倍になったとしても60円。380円になったことで、利益率がかなり上がったことは間違いありません。

 ですが、輸入禁止中の赤字をカバーする為には当然の措置とも言えるわけで、この辺については当然の戦略といえばそうでしょう(笑)

 話は元に戻りますが、380円の牛丼を2杯買うと760円、3杯目が100円、760+100=860円、それを3で割ると286円となります。つまり1杯の値段が約286円・・・・・・・・・・・・・・

 つまりですよ。お得なセールを謳っているのにも関わらず、結局のところは以前の280円よりも高いということになるんですよ! みんな騙されるな! これは吉野家の罠だ! 「ビックカメラの100人に一人はタダ」セールが、実は「1%割引」みたいなもんだ!

 もっとも僕は吉野家なんて貧乏人のいく店にはいかないんですけどね。

 まぁ、こんな計算をしてる時点で脳みそが貧乏なんですけどね。

 勿論、吉野家は愛用していますよ。

 そういうわけで。

 では。

コメントする