« 嘘ですよ | メイン | 何年か前の話 »

2007年09月21日 / 『ヤレデキ! 世界大挑戦』の2回目がオンエアされました

 9月11日のエントリで『『ドッカ~ン』がいつのまにか終了していた件について』ということを書きました。

 オリラジ、TBS土曜19時、強力な裏番組と揃っていることから、誰もがドッカ~ンと終わると予想していましたが、見事にその通りとなったわけです。

 そんな『ドッカ~ン』の次に始まったのが、同じスタッフによる番組『ヤレデキ! 世界大挑戦』。

 毎回、様々な人々が様々な挑戦をするという番組で、海外でのロケがメインとなる模様。『なるほどザワールド』を彷彿とさせるバブリーな内容で、TBSならではの番組と言えるでしょう。

 しかし、一回目(2時間SP)の視聴率がたったの8.2%。先週まで同時間で放送していた『世界陸上2007』は20%弱とっていましたので、実に10%以上も落ち込んだというわけです。というか、『ドッカ~ン』から数えて、まだ一度も二桁を取ったことがありません。いくら視聴率受難の時代とはいえ、これはヤバイです。まぁ、『キャプテン☆ドみの』よりはマシですが……ってあんまりフォローになってませんね。

 そして、迎えた今週。新番組にして、2回連続2時間SPの2回目。もうそれだけで、かなり気合入っているのがわかります。「絶対にこけられない」そんな執念にも似た力強いエネルギーは、絶対に数字を取るという強靱な意志の現れでもありました。出演者がギャル曽根、ミスターマリック、仲間由紀恵。企画が大食いに、超魔術、グルメ。数字の取れる企画のオンパレード。まさに鉄板の三枚重ね。プライドをかなぐり捨てた数字取り・・・っ!

 しかも今回は裏番組の『世界一受けたい授業』『めちゃイケ』がお休み。好条件の連発で、これで数字が取れなければ今後は無理とも言える状況。新番組の2回目にして、早くも運命が決まりそうな回だったというわけです。

 そんな今回の視聴率。12.1%でした。

 ……微妙!

 『週刊オリラジ経済白書』の最高視聴率が12.0%(平均は10%以下)ですから、これまでのオリラジの番組の中では最高視聴率。ですが、全力を出したであろう結果にしては非常に微妙。これからコンスタントに12%を出せれば安泰ですが、それは恐らく難しい。

 企画そのものは数字の取れる内容だと思いましたので、後はそれをうまく進行する人さえいれば……という感じかも知れません。オリラジではそれが難しいのでしょう。けど、それだったら一体誰がやったら数字が取れるのか? と言われるとめぼしい芸能人はいないような気がします。その辺、『ドッカ~ン』が失敗してもオリラジが切られなかった理由の一つかな、と推測してみたり。

 何はともあれ、ネットアイドルほいみんは『オリエンタルラジオ』を応援しています。

コメントする