« 『アメトーーーーーーク懐かしテレビ&アニメものまね高速ベロSP』の視聴率は12.2%でした | メイン | このサイトには嘘ばかりが書かれている »

2007年09月29日 / 見知らぬ世界、凄い世界

 今、競馬板でホットな話題になっているのが謎の金持ちです。

スレッドキャッシュ

 謎のお金持ちと言えば、宝塚記念でヒシミラクルの単勝を1222万買って、2億の払い戻しを受けたミラクルおじさんが有名ですが、今回はそれとは別タイプの馬券師。

 本命にドカンと投票して、的中させるというスナイパータイプなのですが、半端ではないのがその金額。

 9月1日の札幌7レースで、レッドキャタピラーの単勝を500万購入して900万円の払い戻しを受けたと思ったら、翌日の札幌6レースでマーシャルソングの単勝800万円を購入し、1040万円の払い戻し。

 馬券師は、その後も同じような転がしとも言えるような狂人的な馬券術を繰り返しました。

9/1札幌7Rレッドキャタピラー(大口500万)(最終単勝オッズ1.8倍)
900万-500万=400万

9/2札幌6Rマーシャルソング(大口800万)(最終単勝オッズ1.3倍)
1040万-800万=240万(累計640万)

9/8中山3Rサンライトプリティ(大口400万、300万、250万)(最終単勝オッズ1.3倍)
1235万-950万=285万(累計925万)

9/16中山4Rセントバニヤン(大口400万、1000万)(最終単勝オッズ1.2倍)
1680万-1400万=280万(1205万)

9/22中山6Rメジロヴィルゴ(大口500万、500万、1300万)(最終単勝オッズ1.4倍)
3220万-2300万=920万(2125万)

9/23中山8Rロトブルースター(大口1000万、2000万)(最終単勝オッズ1.2倍)
3600万-3000万=600万(2725万)

6戦6勝 現在 2725万プラス

 ロトブルースターに至っては、3000万の単勝。3000投資して、3600の払い戻しとはリスキーにも程があると思うのですが、そんなプッツン加減が面白いところでもあるわけです。まるで福本信行の漫画みたいな勝負師の世界。なにせ、3000万外したらこれまでのプラス分もみんな飛んじゃうわけですから、普通の人の感覚ではないです。

 勿論、これら大口投票を1人の金持ちがやっている証拠なんて何処にもなく、実際にはバラバラの勝負がそれぞれ行われているだけなのかも知れませんが、大金持ちが貧民から金を巻き上げている……と考えれば、今時の格差社会を連想してなんだか楽しいじゃないですか。

 実際にこれらの大口勝負が行われていることは確かなのですし、そういう世界がどんなものかと想像するのもまた一興なわけです。

 さて、カップメンでも食べるか。

コメントする