« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月31日 / 第一印象が3秒で決まり、それで70%評価される

 皆さんは、いわゆる第一印象というものが3秒くらいで決まってしまうことをご存じでしょうか。また、その第一印象で人の70%くらいが評価されてしまうことを。や、UCLA大学の心理学者、A.メラビアンがそう言ったらしいだけで、本当のところはよくわからないんですけどね。でも、説得力のあるお話ですよね。

 そういったわけで、顔(髪型、表情)、服装といった身だしなみが重要になってくるわけです。中には特に気にすることもなく、自然のまま「外見ではなく、内面を評価して欲しい」という方もいるかもしれません。ですが、最初に見られるのは内面ではなく外見です。良い印象を与える為の努力をしましょう。

 髪型は維持とか難しいので、床屋にいって短く揃えてもらうのがベター。ベストは美容院ですが、これは少し敷居が高いです。1000円とかのスピード理髪なんかは論外。
 次に服装なのですが、3色でまとめると簡単でそれなりに見えます。シャツ、ズボン、靴で3色にするといった感じですね。体格が良すぎる人は黒系の服を着ると細く見えます(ただ、夏場だと暑がられる可能性あり)。逆に細すぎる人は白。あと、意外に女の人が見ているのが指先です。磨くまではいかなくても、綺麗に切りそろえておいた方が良いでしょう。

 ……書いていて思ったのですが、まるで企業面接のレクチャーですね。てーか、何言ってるんだろう、俺。


2007年10月30日 / 信じてはいけない

 去年は虫歯あったけど 今年検査したらなかったよ
 → 虫歯は気合で治る


2007年10月29日 / オジサンズ11

 秋と言えば番組改編のシーズンです。好評だった番組は続き、駄目だった番組は打ち切られます。まぁ、中には逆のパターン(大人の事情云々)もあるわけですが、基本的には駄目だったそこまでよという厳しい世界。

 しかしアレですね。この秋はなんというか特番ラッシュという感じで、なんか2ヶ月くらい特番構成が続いているのはなぜなのでしょうね。どの局も番組編成に頭抱えてるのでしょうか? レギュラー放送で数字が取れないので特番を組み、その分レギュラーの放送回数が少なくなるのを特番で埋め、さらに枠が足りなくなった分を特番で埋め……みたいな連鎖が続いている感じ。2回連続2時間SPとか多すぎて、スペシャルの意味が良く分からなくなってますね。

 まぁ、それはさておくとして、どの局も新番組のネタには困っているようですね。兎に角、視聴率受難の時代。今後、全体的な数字が下がることはあっても上がることはない・・・・・・・・・・・・・・・・・・であろうことから、どこも視聴者の獲得に必死なわけですが、もがけばもがくほど迷走してしまうわけで、ゴールデンタイムに視聴率一桁とか当たり前になりつつあります。数字が取れるのは昔から長く続いている番組か、旬の人物が出ている番組。いくら企画が良くても、なかなか数字を取るのは難しげです。

 そういうわけで、安易な芸人番組とかジャニタレ番組とかクイズ番組、情報番組が増えているのかなーとか思っていたのですが、そんな中で日テレが「おっ」と思わせるような番組をスタートさせました。その名も『オジサンズ11(日テレ月22)』。

 鈴木史朗、露木茂、徳光和夫、福留功男、小倉智昭、羽鳥慎一、宮川俊二、テリー伊藤、梶原しげる、大和田獏、吉田照美、生島ヒロシ、峰竜太、山中秀樹、朝岡聡、辻よしなり、薬丸裕英、中山秀征……と各局のオッサン司会者の中から毎回11人出演するという豪華な番組で、かなり気合の入った企画ですす(久米宏は断ったんだろうなあ(笑))。

 元々、日テレの22時と言えば死亡枠であり、スレの情報によれば

日テレ月22(単発特番除外)
06【01】アンテナ22...  14.3__*7.9__*7.9__14.5__*8.0__*8.5__12.1__10.3__*9.4
  【04】アンテナ22...  13.2__12.2__11.5__*7.7__10.6__12.0__10.2__13.8__*8.3__*4.7__10.7
  【07】アンテナ22...  12.6__11.0__*9.3__12.2__*8.6__14.5__*9.9__*8.0(終)
  【10】極上の月夜.  12.1__*8.5__*9.5__*7.0__*9.1__*6.9__*4.7
07【01】極上の月夜.  *8.5__*5.0__*8.6__*8.0__*6.9__*7.1__*6.8__*6.3(終)
  【04】ゲツヨル!..... 11.7__*5.2__*7.7__*7.7__*4.2__*3.5__*6.0__*4.9__*7.4(終)
  【07】神の左手.    *9.8__*9.0
  【07】テージセー...  *7.5__*5.0__*5.3__*4.3
  【09】神の左手.    *9.9__*9.3(終)
  【10】オジサンズ11...10.0__*9.5

 と泣かず飛ばずの視聴率。裏に『SMAP×SMAP』と『報道ステーション』があるので、そう簡単に数字を取れる筈もないのですが、局としても投げ出すわけにもいかず。なんとか数字を取りに行かねばならず。

 そういうわけで投入された『オジサンズ11』。これはかなり本気ですよ。本気で『SMAP×SMAP』を倒しにいってるでしょう。

 ただ、出演者のギャラだけで番組制作費が終わってしまいそうなくらい豪華メンバーが揃っているとはいっても、オンエアを見る限りではまだまだ見切り発車の段階かな~と。身体を張ってレポートするコーナーは面白い(プチ整形・飲尿など)のですが、芸人紹介コーナーとか存在意義が不明。オジサンズの面々の個性をまだまだ生かし切れていない。

 というわけで、もうちょい回数を重ねて、洗練していくという作業が必要でしょう。

 ただどうやっても『SMAP×SMAP』には勝てないだろうなあ…。なにせ『SMAP×SMAP』ですし。

 そんなこんなで、ネットアイドルほいみんは『オジサンズ11』を応援しています。


2007年10月28日 / うまくレジに並べない(エアーマンを倒せない)

 気がついたら1番レジばかり並び
 そしていつも長く待たされる

 諦めずに他のレジに移動するけど
 その分時間ロスするよ

 レジスターの人が早ければ
 楽に会計できるけど

 何回ならんでも! 何回ならんでも!

 うまくレジに並べないよ
 前のオバハン小銭を出すのにマゴつく
 カゴをスタンバイして構えても いつもかなりマイペース

 他のレジも試してみたけど
 見習いバイトじゃ意味がない

 だから次は早く会計するために
 僕は横入りだけは最後までとっておく

 気がついたら僕より後にきた人が
 横で先に会計してる

 諦めずに自分の番を待つけど
 空いてるレジに店員が入る

 レジ打ちスピードが読めれば 楽に会計できるけど

 何回ならんでも! 何回ならんでも!

 うまくレジに並べないよ
 うまく並んだと思ったら今度は機械が故障する
 バーコードが読めなくて結局長く待つ羽目に

 他のレジも眺めてみたけど
 どれが早いのかわからない

 だから次は早く会計するために
 僕は万引きだけは最後までとっておく

 レジ打ちの達人がいれば 楽に会計できるけど
 何回ならんでも! 何回ならんでも!

 早く会計にありつけない
 うまくいったと思っても 前の客が子連れで意味なし

 万引きも試そうと思ってみたけど
 Gメンがいて捕まるから意味がない

 だから次は早く会計するため
 アイスの購入だけは次までとっておく

 (会計できないよ)


2007年10月27日 / わたしのたわし

テレビ・芸能・ネット

 ◎NEWS23:後任のキャスター内定

 これでZEROに勝てるのか?

 ◎高須院長「日本にも整形芸能人たくさん」

 伊藤美咲のことかー。

 ◎台湾人が日本語アニソン大合唱 「ニコ動」が生む国際交流

 何より日本語で歌えることに驚く。動画

 ◎セカンドライフ、ブームは一段落

 インターネット以外のメディアで取り上げられることが多いというイメージ。

漫画・アニメ・ゲーム

 ◎<学校読書調査>「ケータイ小説」がきっかけに 女子中高生

 ケータイ小説=エロ小説?

社会・時事

 ◎<ティッシュ>またも値上げへ 6月に続き 日本・大王製紙

 店頭小売り価格があまり下がらなさそうなのが、色んな意味で心配。

 ◎給食で学ぶ食の意味 残飯飼料→豚→食材

 昔、同じネタをやったドキュメントテレビ番組があったなあ。

 ◎NTTドコモ:携帯基本料、月1000円引き下げを検討

 俺のチョコバーみたいな携帯もそろそろ変えるかなあ。

 ◎松坂1年目でWシリーズ 両チーム日本選手は初

 日本人の殆どが「よっしゃ」というより「ほっとした」と思う。

 ◎箱根駅伝 中央学院大など9校が出場権 東京で予選会

 代走みつくにみたいな発表してなかったぞ。

三面

 ◎「ポテトの量少ない」読売新聞販売店員、マック店員に暴行

 アホか。

 ◎「オレも裸、オマエも裸になれ」 セクハラ調教師HP大炎上

 ドアホか。まぁ、訴訟取り下げましたが。

 ◎27歳中学教諭、教え子とわいせつで免職

 発覚から逮捕まで5ヶ月か。まさに時限爆弾。

動画

 ◎SaGa2 死闘の果てに アレンジ

 いい曲ですよ。

 ◎社会奉仕Sa・Ga ~30分で味わえる長編RPGの巻~

 ベタドラマみたいで(・∀・)イイ!!

 ◎大人のパソコンゲームの歴史(PC-8801編)

 貴重な資料。ロマサガアレンジ聴くのもよし。それにしても凄い進化。


2007年10月26日 / お腹が空いたとき

 僕はしょっちゅうお腹が空く。

 仕事や勉強や競馬をして集中している最中は別だけど、それ意外の何もしていない白痴状態の時は常にお腹が空いている。朝昼晩コンスタントに食事を取ったとしても、白痴状態ならばお腹が空く。何かを食べてから1時間くらいですぐにお腹が減る。どうにもこうにもI can not.だからブクブクと肥えていくわけであって、なんてメタボレーションということになるのである。

 痩せている人に多いのだけど、良く「食べるのが面倒臭い」という人がいる。僕はそれとは全く逆の状態というわけなのである。なんて柳原加奈子。まぁ、食べるのが面倒臭い人を羨ましいとは思わないけどね。食べるの好きだから。

 食べたい時に食べるなんて人間じゃなくて動物なのかも知れない、と自問自答していた時期もあった。そういう時に我満してこその人間なのじゃないかと。食べたい時に食べるなんて家畜と一緒なんじゃないかと。

 ……ということを考えていると、ふと幼い時の記憶が蘇ることがある。

 ……。
 …………。
 ………………。

 「食べてばかりいたら牛になっちゃうよ」

 生前、母が口癖のように言っていた言葉だ(殺すな)。僕は通知票に肥満判子を押される程のメタボナーだったわけで、50メートルを10秒以内で走れなかったし、走り幅跳びで3メートル飛ぶこともできなかった。1500メートルはかなり一生懸命走っても10分以上かかったし、逆上がりもできなかった。懸垂なんてとんでもない話だった。

 付いたあだ名がドラえもん。子供って残酷だよね。今の僕なら若かりし頃の思い出として笑って話せるのだけど、当時としては自害したくなる程嫌だったよ。いや、自害という発想はなかったな。あったのは殺人衝動か。

 さて。
 どれくらい食べるのが好きだったのかと言うと、先生からお代わり禁止令が出るくらい食べまくっていたわけです。うん、今考えると本当にアホだったな。

 で、食べたのはいいのだけど、それで良く腹を下していたからタチが悪い。学校のトイレと言えば基本的にウンコ禁止なわけじゃないですか。大をしたら負け。汚いもの呼ばわり。臭いレッテルを貼られるというか。今考えればとんでもない話で、一体全体どういう理屈なのだかまるでわからないのだけど、まあ子供っていうのは残酷なのだからしょうがない。

 だから、僕は違う校舎のあまり使われていないトイレにいってウンコをしたり、そこが使われている時は校庭にある野外便所を使ったりしてウンコをしていたわけです(ウンコ回数が校内1位だった筈)。

 この話にウンウンと頷いてくれる人はよい友達になれると思う。きっとみんな同じだったんだよね? っていうか、ウンコをしたってバカにしていたヤツもきっと隠れてウンコをしていたんだよね。そう考えるととても滑稽だなァと思ったわけであり。

 ただ滑稽で終わらないのが悲惨なところで、この問題で重要なのは学校でウンコに行きたくがない為に時には漏らしてしまったヤツもいたということだ。恥を忍んでウンコに行くか、漏らすか。どちらがベターな選択肢かは幼稚園児にだってわかりそうなものだが、まぁわからないヤツが何人かいたということだな。いやまぁ、これはそんな単純な天秤で計れる問題でもないのだが、それはまた別の話。

 ………………。
 …………。
 ……。

 それはさておき。
 食べまくるという話だった。これはね。食べている時はいいんです。食欲を満たしているわけだから。問題は食べたい時に食べられない時。このね。イライラ感。消耗感。ストレス。この大変さってありゃしない。

 空腹っていうのは人間の欲求の中で一番我満ができないものだと思う。例えば、ぼーっとしている空腹状態で目の前に食べ物があった場合、それを食べることを我満できるだろうか? 他に集中することがあればなんとか紛らわすことができるけど、そうじゃないときに回避するのは不可能だと思う。絶対食べちゃう。お金がなくて食べ物がないとか、そういう強制的な理由がないと我満できない。だからみんなダイエットできない。

 具体的になぜ食べることを我満できないのか? 人間の本能だからの一言で片づけられる話ではない。これは空腹を我満すればするほど、食べている時のイメージをしてしまうからである。あれを食べたい、これを食べたい。好きな食べ物。最近食べたうまいもの。ジャンクフードをイメージするのもいい。たこ焼きラーメンマクドナルド。牛丼大盛り。お腹が空くとそんなイメージでてんこ盛りになる。頭の中が食べ物で一杯になり、口の中がツバで満たされる。だから、我満できないのだ。

 しかしアレだな。こういう時にいつもこう思うのはなぜだろう。

 「ああ、あの時残したラーメンのスープ。最後まで飲んでおけば良かった……」と。


2007年10月25日 / 『アメトーーク!』第4回芸人持ち込み企画プレゼンSPについて

 『アメトーーク!』で恒例のプレゼンSPが10月18日にオンエアされました。これは「芸人が持ち込んだ企画をプレゼンする」という企画で、芸人にとっては自分の企画が番組になるかも知れないというチャンスが与えられ、作家達にとってはネタ不足が解消できるという一石二鳥な企画。いや、視聴者に選ぶチャンスも与えられますので「まさに いっせきさんちょう」と言えるでしょう。

 基本的には企画会議を通ったものがオンエアされますが、インターネットによる視聴者投票というのも存在します。「投票数が多かったオンエアする」というルールは存在しませんが、過去のプレゼン大会では1位だった企画(『ガンダム芸人』『越中詩郎芸人』『ジョジョの奇妙な芸人』)はみんなオンエアされてきました。なので、今回も1位の企画はオンエアされるでしょう。

 というわけで、今回はオンエアされそうな企画1位になりそうな企画を予想してみたいと思います。毎回、4~5つくらいの企画が採用されていますので、オンエアされそうな企画4つと、1位になりそうな企画1つを選んでみました。ではどうぞ。

1. M-1優勝してない芸人
田村裕(麒麟)

 M-1の決勝までは残ったものの優勝には届かなかった(届いていない)芸人を集めるという企画。面白そうですが、大阪芸人が多くなりそうなのがネックかも知れません。あと『くりぃむナントカ』のN-1グランプリと被っているのも難点。

2. 肌の様子が何かおかしい芸人
田村裕(麒麟)

 色々と苦情が多そうなので×。

3. 元こニャン子クラブ芸人 土田晃之

 おニャン子ファン芸人を集めた企画。土田さんの企画は毎回何かしらが採用されていますので、今回もどれか採用されるでしょう。ここは元おニャン子の人が出演してくれればオンエアされそうな気がしますが、ちょっと無理でしょう。×

4. 天素芸人vsボキャブラ芸人
土田晃之

 『ナイナイ』『爆笑問題』『くりぃむ』『雨』といった面子を揃えた企画。これは個人的にとても見てみたいです(笑) 通常企画では無理ですが、正月特番ならいけるのかも。

5. タバコちょうだい芸人
土田晃之

 タバコを一本貰うことにポリシーのある芸人を揃えた企画。島田紳介さんやダウンタウン浜田さんから一本貰ったことがあるという土田さんの話は聞いてみたいかも。◎

6. ガンダムSEED芸人
土田晃之

 Zくらいならあるかも知れないですけど、SEEDとなると面子が揃わない気が。×

7. アルファベット芸人
TKO

 『TKO』『FUJIWARA』『BOOMER』といったアルファベットネームの芸人を集めた企画。面子は簡単に揃いそうですが、TKOがメインの企画が通るのかは疑問。

8. ロマンティック芸人
TKO

 本番中にプロポーズなどロマンティックエピソードのある芸人を集めた企画。上に同じ。

9. ほんの~りイジメられた芸人
サバンナ

 今回、プレゼンが一番面白かった企画。ただプレゼンは面白かったですが、実際にオンエアしたとしてもクレーム続出の内容になりそう。

10. オリジナルゲーム持ってる芸人
サバンナ

 これもプレゼンは面白かったですけど、そこから話が膨らまなさそう。トーク番組向けの企画とは言い難いかも。ただ、それをなんとか形にしちゃうのがこの番組のスタッフの凄いところですけども。

11. 美容室中目黒フォレスト芸人
ヒデ(ペナルティ)

 ヘアースタイルに注目した企画。プレゼンはまあまあでしたが、実際オンエアしてみると様々なヘアースタイルが登場して面白そうかも知れません。◎

12. スナック菓子芸人
ヒデ(ペナルティ)

 『オーマイコンブ』みたいな企画。「懐かしい」というキーワードは人を惹きつけますので、それなりに良いかも知れません。

13. 五反田芸人2
ヒデ(ペナルティ)

 五反田で他にネタがあるのでしょうか(笑) ただ1の数字がそこそこ良かったので、ないこともないかな。

14. 髪の毛小盛り芸人
小杉竜一(ブラックマヨネーズ)

 出落ち。×

15. 六本木ホテルアイビス芸人
小杉竜一(ブラックマヨネーズ)

 『大阪売れっ子芸人』の回と被る面があるかも知れません。ただアイビスに宿泊している芸人がかなり多そうなので、ネタが豊富にありそう。いくらでも面白くできそうな企画。◎

16. キッチリ芸人 うっかり芸人
有野晋哉(よゐこ)

 パンチが弱いかも知れません。×

17. 有野課長とレトロゲーム好き芸人
有野晋哉(よゐこ)

 ド本命ですが、1位になるのはこの企画でしょう。問題は『ゲームセンターCX』が他局の番組ということですが、意外となんとかしてくれそう。

18. 出川ナイト
有野晋哉(よゐこ)

 出川さんを怒らせた人が負けという「出川危機一髪」は見てみたい(笑) 出川さんの企画は水面下で何やら進んでいるようなので、多分オンエアされるでしょう。ただ、それが有野さんのプレゼン企画としてオンエアされるのか、別のアプローチからなのかが微妙なところ。

19. 北の国から芸人
COWCOW

 『ドラゴンボール芸人』がオンエアできたので、『北の国から』も多分いけるのでしょう。ただ『COWCOW』メインでオンエアできるのか? と考えると疑問。

20. ギャグ(秒殺)芸人
COWCOW

 どうトークするのか(笑) 『ピンポイント芸人』の時のようなグダグダになりそう。×

21. オリジナニー芸人
ケンドーコバヤシ

 オリジナルのオナニーを紹介するという企画。こういう企画が1位になっても大丈夫なように、「1位になった企画はオンエア」と名言していないんでしょうね(笑)

22. 昭和アニメソング芸人
ケンドーコバヤシ

 レトロゲー芸人が1位じゃなかったら、この企画が1位になるでしょう。『尾崎芸人 vs BOOWY芸人』みたいな感じでトークの合間にミュージカルみたいな感じで歌いだす演出をすればかなり盛り上がりそう。あと番組スタッフがケンコバさんを良く使うので、どれか選ばれそうということで◎


 さて。
 というわけで、考えてみましたが、僕の予想は次の通りになりました。

 投票1位 『有野課長とレトロゲーム好き芸人』
 採用企画 『タバコちょうだい芸人』
      『美容室中目黒フォレスト芸人』
      『六本木ホテルアイビス芸人』
      『昭和アニメソング芸人』

 良いところをついていると思うのですが、如何でしょうか? それではオンエアの方を楽しみに待ちましょう。ではでは。


2007年10月24日 / ドウテイクエスト


2007年10月23日 / 『アメトーーク!』の視聴率が『ダウンタウンDX』を超えていた件について

 先週の『ダウンタウンDX』は野球中継延長の為に23時からのオンエアでした。そうなったことで『アメトーーク!』と放送時間が完全バッティング。数字の方がどうなったのか、非常に気になる回でした。

 その結果はというと…

 『ダウンタウンDX』8.8%
 『アメトーーク!』9.7%

 なんと『アメトーーク!』の勝利。まぁ『DX』はプライムタイムの番組ですから、23時からの視聴者層に合わなかった可能性もあるのですけど、そういうのをさっ引いたとしてもこれは凄いことと言えるでしょう。なにせ同じバラエティーで同じトーク番組。それでこの結果。何より番組予算が違いすぎますからね。それに勝ってしまうというのは……ミラクルですよ。

 しっかしあれですね。こういう結果を見るとなんていうんですか。雑草根性じゃないですけど、低予算の深夜番組でも企画と構成の妙でゴールデン(プライム)に勝てるだなーという感じがして、ワクワクしてきますね。やっぱ、世の中お金じゃないんだな~と。『リンカーン』のスタッフ、みてる?

 『ダウンタウンDX』8.8%
 『アメトーーク!』9.7%
 『VivaVivaV6』 12.0%

 まぁ、結局のところ一番特をしたのはトーク番組同士でつぶし合いをした結果、一番視聴率を稼いだ『VivaVivaV6』なんですけどね。


2007年10月22日 / 茶色

 学校とかでウンコを必死に我満したことから、不屈(腹痛)の精神って言葉が生まれたらしいよ
 → ウンコみたいな発想だ


2007年10月21日 / 予定は未定

 このサイトでは読者の意見を聞くということをしていません。なぜなら意見を言ってくれる読者の人があまりいないからです。ですから、こちらから「○○はどうですか?」とネタを振ったとしても大抵はスルーされるわけで、そういったことを繰り返しているうちにすべてを自己完結させる今の方向性に落ち着いたのであります。まぁ、一種の自己防衛ですね。

 こうやって文章に書くとなんて寂しいのだろうとは思いますが、それはさておくとして今回は更新ネタとしてアイデアは出てきたものの実現するには多大なるマンパワーが必要で、今の自分では5年かかっても実行不可能な企画を紹介したいと思います。ああ、これ良さそう、と思ったら遠慮なく持っていってくださいね♪

 1、鳥取砂丘でムーディー勝山のモノマネをする

 ニコニコ動画用の一発ネタ企画。実際に鳥取砂丘に出向き、ムーディーの真似をする。最初は背景がわからないように撮影をし「鳥取砂丘~」のくだりでアングルを引く。ちゃらちゃっちゃっちゃらっちゃー。

 2、『シムユウバリ』を本当に作る

 次から次へとアイデアは出てくるものの形にするのは不可能な『シムユウバリ』。ああ、面白そう作りたいと思った方は遠慮なく持っていってください。
 
 3、大食い番組支援サイト

 大食いスレで需要あったので。大食い番組の復活、そしてギャル曽根の登場によって市場が拡大している大食い番組。そのまとめサイトです。どの大食いファイターがどのメディアに登場するかを載せているサイトですね。結構需要はあると思います。アフィリエイト収入が欲しい方はどうぞ。

 4、2時間ジョギングした後にメガ牛丼を食べる

 すき家で新発売したメガ牛丼。そのカロリーはジョギング2時間分にも及ぶらしいです。そこで実際にジョギングをしてから牛丼を食べようという健康企画。

 5、タクシーに乗り「あの車を追ってくれ」と言い生のリアクションを見る

 ……誰かやってるかな。

 6、一人でラブホテルに泊まり感想

 掲示板の書き込みやちょいレポくらいならあった気がするけど、詳細は見たことないので。ただイタイ系は今更感があるか。

 7、テレビ漫談

 テレビ感想サイトは多い気がしますが、テレビ漫談をしているところってないんですよね。みのものたのフリップ芸みたいな感じでテレビ漫談をすれば面白いと思う。ただインターネットとテレビの相性悪いのがネック。インターネッツってテレビ嫌い多い。


 とまあ、そんな感じでいつもネタを考えているわけなのですが、どうにもこうにもI can notになることの方が多いわけです。

 しっかしアレだな。しっこの切れ味が鈍ったように、ネタだしのキレ味も以前に比べると鈍った気がする。これが三十路の限界なのか。


2007年10月20日 / 新ドラマ『銀狼怪奇ファイル』面白かったです

 今回の件(ほいみん家では更新のことを閉鎖って言うんや!)で一番特をしたのは沢尻エリカ。

 次回の大規模更新の予定は未定です。

テレビ・芸能・ネット

 ◎"トクする"ケータイサイト会員500万人突破記念 秋の感謝キャンペーン実施

 クポーンスレが異常に伸びていて笑った。

 ◎「Web2.0何も生み出していない」 ひろゆき氏一刀両断

 最近、めちゃくちゃテレビ観てるなあ俺。

 ◎橋下弁護士、2chの殺害予告で刑事告訴

漫画・アニメ・ゲーム

 ◎初代「ファミコン」など公式修理サポート終了

 ゲーム機のことを全部ファミコンと言う親を持つ世代。

 ◎ニンテンドーDS11台と50万円奪う

 在庫全てか゚:・( つдT)・:゚

 ◎アニメ:制作現場から悲鳴 労働環境改善求め協会設立へ

 良くなるのだろか。

社会・時事

 ◎シンジタクナ~イ“弱い巨人”に負けた

 通常の巨人戦で10%以上、こういうカードでは15%以上、できれば18%くらい数字ないと採算合わないんじゃないかなあ?

 ◎自動車使用年:07年は過去最長の11.66年に

 乗り換える必要あんまりないすからねえ。

 ◎コジマに勧告、店舗を検査 家電リサイクル法違反で

 消えたのは何処に行ったんだろう。

三面

 ◎「あなたに支援者はいるのか」に植草被告「はい」

 太田光さんとか。

 ◎過激な水着姿も児童ポルノと認定 4人逮捕

> 11 名前:ファンクラブ会員番号774 :2007/09/19(水) 14:58:03 ID:be24xyu4
> なんか 海外で撮影したらしいが
>
> 本人がこんな筈じゃ無かったって 親に泣いて訴えたんあだって・・・
>
> そりゃぁ 親が激怒し 警察に駆け込んだとさ
>
> 今回はカメラマンと心交社の会長宅にいったらしいね・・・・・・・
>
> サークル社も対象のようだ
>
> ってことらしいから内容そのもの以前に
> ・親に無断だった
> ・海外ロケで逃げられない状況を作って無茶させられた
> ・ギャラ
>
> の複合要因でしょ

 関連DVDがヤフオクで急騰中。ばかばっか。

動画

 ◎初音ミクがSaGa2のアシュラを演じようと必死です

 新作。良い出来です。

 ◎合唱 組曲『ニコニコ動画』 グランドフィナーレ

 いろんなこと考える人がいる。


2007年10月19日 / 精神科医

 私は市立勅使川原病院に勤務する医師である。

 専門は精神。鬱病やら躁病やらといった人達の治療をしている。または犯罪者の精神鑑定をしたりもする。精神科というとなんだか暗くて地味なものと思われるかも知れないが、実際は割と忙しい。なぜなら、日本ではまだまだ精神分析的な知識を持っている精神科医が不足しているからだ。この人は正常なのか、異常なのか。異常だった場合、どのように接したらコミュニケーションすることができるのか?

 この仕事は自らの判断力に頼るところが大きい。過去のデータ、自分の経験などから患者を解体する。この人が嘘を言っているのか、本当のことを言っているのか。いくつものパターンの中から該当するものを照合し、最後は自分で判断する。

 何より一番難しいのが嘘を言っているのか否かだ。フィクションの世界では嘘を付くと癖が現れることが多いが、現実はそうもいかない。嘘を付くと声がうわずるとか、発汗するとか、そういう状態になる人もいることにはいるが、そうでない人の方が多い。

 そういった場合は様々なテストを患者に対して行う。結果、総合的な判断が求められる。結局、最後に判断するのは自分というわけだ。

 これだけならまだいい。嘘を付いているか否か。正解か不正解か。それだけしかないからだ。

 問題はそうじゃないパターンも存在する・・・・・・・・・・・・・・・・・・ということだ。

 そう、あれは……2年前のことだった。

 ……。
 …………。
 ………………。

 その患者は興奮状態にあった。

 患者の名前は山田由兵衛(29)。よしべえとは凄い名前だと思いつつも、そのことは内面に留めておく。

 見るからに発汗しており、身体中から水分が蒸発していってるように見える。一体、なぜ彼はこんなにも興奮しているのだろう。いや、興奮などしていないのか。単なる汗っかきで、こちらが早合点しているに過ぎないのだろうか。

 この仕事で一番嫌なことは、すぐに人の言動を解体してしまうことだ。そして、どんな意味が籠められているのか、嘘なのか本当なのか、を判断してしまう。そこから人の思考回路に入り込み、その人そのものをバラバラにしてしまう。自分に対する感情を知って恐怖する。結局のところ、コミュニケーションが大事なのに、深いコミュニケーションがとれなくなる。

 話が逸れた。
 この患者は何かに怯えているらしい。興奮というよりは軽い錯乱状態が近い。だから消耗している。精神が酷く狭窄しており、まともにコミュニケーションがとれる状態にないのかも知れない。

 「足音が聞こえてくるんです」
 「足音ですか」

 突拍子もない言葉だった。幻聴が聞こえるとはどういうことだろう。耳鼻科の医師でも紹介した方がいいのか。それとも――。

 「ヒタヒタと、背後に。振り向いても誰もいないんです! けど確実に! その足音は僕に迫ってくるんです!!! ヒタヒタと! ヒタヒタト!!!」
 「落ち着いてください、山田さん」
 「はぁはぁ」
 「貴方はいつから、その……足音ですか。それが聞こえるようになったんです?」
 「丁度……1年くらい前でしょうか。29歳の誕生日くらいからだった気がします」
 「その足音は、今でも?」
 「はい。その音のストレスで眠れなくて、どうにもならんのです」

 嘘を言っているようには思えなかった。だが、本当のことなわけがない。現に彼の背後には何もないのだから。

 なら幻覚なのか? 幻聴なのか? 彼が聞こえている? 見えている? ヒタヒタと迫る足音とは何なのか?

 彼はマジだ。目がマジだ。彼はマジで足音と向き合っている。だから困っている。

 けどもわからない。一体足音とは何なのか? 一種の幻覚症状と見るのが無難なところかもしれないが……。はてさて。

 ふと、彼のカルテを見る。そして至極簡単なことに気付く・・・・・・・・・・・・・・。ピンときたというヤツだ。そうかそうだったのか。なんだ、簡単なことじゃないか――。

 「わかりましたよ、山田さん」
 「何がですか?」
 「貴方の聞いていた足音です」
 「本当ですか? もう何軒もの医者に断られたんですよ? 忙しいから帰ってくれとか、冷やかしは勘弁とか言われてたんですよ?」
 「いや、貴方は実際に足音を聞いていたんです」
 「そうですよ、そりゃそうです」
 「問題はその足音が何なのか? ということです」
 「何なんです?」
 「それは――」
 「それは?」
 「三十代の足音です」
 「……え?」
 「貴方、さっき29歳の誕生日くらいから足音が聞こえるようになったと言いましたよね?」
 「はい」
 「貴方は知らず知らずの内に、30代への足音を聞いていたんです。そして、30代になることに恐怖を感じていた。そんなに自分は成長できているのか? 精神が成長せずに、肉体だけが歳を重ねているのでは? とそんな恐怖に囲繞されていた。様々な自問自答を重ねていた。そんなストレスが生み出した音。それが30代の足音だった」
 「……確かに。ああ、言われてみると……そうなのかも……知れません。僕は30歳になることに恐怖を感じている。子供の頃からすれば立派なオッサンともいえる30代への突入。それが怖かった。――いや、だからといって……こんな! 足音が聞こえるなんて!?」
 「強力な精神的イメージが幻覚を作り出してしまうことは良くあります。いや、正確には幻覚ではありません。ストレスから自己を解放する為のビジョンです。そうやってビジョンを作り出すことで、本来のストレスから解放されようとしているのです」
 「確かに。30代への恐怖なんてすっかり忘れていた」
 「貴方、明日が誕生日だ。だから、もう時期、足音も聞こえなくなるでしょう」
 「そうですか」
 「はい」

 暫くすると患者は病室から去っていった。

 ………………。
 …………。
 ……。

 多忙な日々は続く。


2007年10月17日 / (*^ー^)

 ちょっと前に、童貞は歩き方がおかしいということについて書きました。今回も童貞のおかしな点について書きたいと思います。自戒の為に。

 こほん。
 それは童貞は笑顔が作れないというコトです。表情が無表情、もしくは無愛想。自分で笑顔を作ろうとしても、ぎこちなく違和感が生じてしまうのです。

 これって気を付けていても、なかなか直せないんですよね。自分で鏡をみて笑顔を作る練習をしたとしても、なかなかうまくいきません。…えーと、そこ、そんな練習するのかキモイとか言わないように。

 …というよりも、自分では自分の笑顔がナチュラルかどうかなんて判定できないんです。だので、他人に見てもらいながら練習することになるわけです。

 で、その練習相手なわけですが、当然恋人が最有力になりますね。…はて。恋人を作る為に笑顔(*^ー^)の練習する筈なのに、その為に恋人が必要だなんて! ――なんて、矛盾! …でも、この矛盾螺旋に嵌っているからこその童貞なんだろうなぁ、というのはあります。ダメじゃん。

 まぁ、いわゆる「非モテ」のオーラというのも、この表情のなさから出ている部分はありますので、どうにか改善することは必要です。ってか、スムーズなコミュニケーションを取るのに笑顔は必要不可欠です。特に初対面なら尚更。笑えないと一向にお互いの距離が狭まりません。頑張りましょう。俺。


2007年10月16日 / 『くりぃむナントカ』3時間SP中止について

 10月19日にオンエア予定だった『くりぃむナントカ』の3時間SPがいつの間にか中止になっていました。

 電車のダイヤ編成の如く、綿密な編成が組まれているテレビ業界ですから、滅多なことでは変更されないのが普通です。枠が一つ変更になれば、代替の枠を確保するのが大変ですし、それが上手くいったとしても代替の代替……と修正作業がとても大変です。

 ですが、それでも変更になるケースというのがあります。最近の例を挙げると……

 1、山本圭一さんの不祥事絡み
 2、殺人事件によるアニメの中止
 3、買春事件絡みによるアニメの中止
 4、捏造事件の『あるある大辞典』

 などが挙げられます。まぁ、どれも仕方のない理由。

 けども、『くりぃむナントカ』でそういった話は聞きません。出演者の不祥事もありませんし、事件なども起きていません。ではなぜ中止になってしまったのでしょうか?

 前情報では

 10月19日(金)19:00~21:48 くりぃむナントカ 秋の3時間スペシャル
 「へそくり選手権」 司会者としても活躍中のあの芸人が登場!
 新企画「ナントカレストラン」 美味しいものを食べて名前を当てよう
 
 和田アキ子/梅宮アンナ/西川きよし/貴乃花/スザンヌ/石田純一/ほか

 こんな感じで告知されていました。これに「ビンカン選手権」がプラスされての3本立て。和田アキ子が出ている辺り、『アメトーーク!』のゴールデンを思い出してアレな感じがしますが、それはさておくとして、正解はyahooのテレビ欄の方に載っていました…。

 10月19日(金)19:04 プロ野球セ・リーグ・クライマックスシリーズ ~東京ドーム

 ……ああ。

 ここ数年は「ビデオ番組の録画時間が狂ったーとか」「あの番組が今週は野球で中止だー」とか、そういった思いをしないで済んでいたのですが、まさか久々にこんな気分を味わおうとは。

 というか、クライマックスシリーズの放送権の確保ってギリギリに行われたのですね。このバタバタ具合は何なのか。クライマックスシリーズの日程、放送予定等、4月の時点で決まっていたことではないのか?

 考えてみると、ナントカの3時間SPの存在もフワフワしていた感じだったですし、中途半端な状態のまま進行していて最終的に今の形に落ち着いた…ということなのかも知れません。テレビ誌を見ても『くりぃむナントカ3時間SP(番組変更あり』となっていましたし。

 しっかし、アレですね。ネオバラのゴールデンSPが行われる度に「ゴールデン降格が心配」と言っておきながら、いざゴールデンSPが中止になると寂しく思うのは大変不思議ですね(笑)

 まぁ、ゴールデンSPで放送予定だった内容は分割して通常放送するようなので安心です。

 というわけで、ネットアイドルほいみんは『くりぃむナントカ』を応援しています。


2007年10月15日 / 戒名

 僕が死んだら 戒名は曼珠沙華可憐散華猫にしてくれ!
 → いろんな意味でムリ!


2007年10月14日 / 座右の銘は意外性をモットーに

テレビ・芸能・ネット

漫画・アニメ・ゲーム

社会・時事

三面

動画

 初音ミク特集。

 ※ 初音ミクというのは音声合成ソフトみたいなものです。

 ◎初音ミク4人で「エアーマンが倒せない」を演奏してみた♪

 ◎『宇宙戦艦ヤマト ~A Cappella~』 初音ミクを12人に増やしてみた

 凄い。ここまで歌わせることができるんですねえ。

 ◎【初音ミク】TBSに捧ぐ(仮)【ドラゴンボールZ】

 拭いた。

 ◎【初音ミク】 kiokio さんの六角大王動画+残酷な天使のテーゼ

 ◎ナデシコ OP を初音ミクに歌わせてみた。

 無理が。

 ◎【初音ミク】悪魔くんOPを一緒に歌わせてみた

 南魔君思い出した。

 ◎巫女みこナース (VOCALOID2 初音ミク ver.)

 懐かしいなあ。うまい。かなりクオリティ高い。

 ◎「チャンピオンが倒せない」をミクに歌わせた。

 サミングって言葉が相当有名になったよな。

 ◎【初音ミク】恋スルVOC@LOID(修正版)

 ◎初音ミクに組曲「ニコニコ動画」を調教した結果。(修正版)

 ビブラートと息づかいが凄い。

 ◎ハレ晴レユカイ(Ver.喜緑江美里)を初音ミクに(ry

 ◎66分ベスト版 『初音ミク』

 ◎【初音ミク】テトリスBGM(Aタイプ)

 ◎音ミクの「鳥の詩」収録現場に行ってみた

 うめえ。フル版

 ◎初音ミクに古畑任三郎のテーマ曲をアカペラで歌ってもらいました

 わらた。

 ◎初音のロマンシング サ・ガ3

 名作だと思う。

 ◎初音ミクに「モルダウ」を歌わせてみた

 運動会の時、この曲に合わせて踊ったよ。10分以上あったなあ。

 ◎初音ミクがロマサガ3四魔貴族バトル2を歌いたいそうです

 はやい。

 ◎FFVIよりティナのテーマ 初音ミク

 RIOのことじゃないからね。

 ◎初音ミクでFF6のケフカ戦 前奏無し

 フォーフォフォのシーンがいい。

 ◎音ミクのFF戦闘メドレーパート2

 なんか新鮮。

 ◎初音ミクがSaGaのかみを演じようと必死です

 爆笑した。

 ◎初音ミクがSaGa2のアポロンを演じきって瀕死です

 死ぬほど爆笑した。


2007年10月14日 / 誕生日でした

 31歳になりました。お祝いにシースーを食べました。


2007年10月13日 / アンハッピーマンデー

 最近気付いたこと。一発屋ぽかったエビちゃんが、結構頑張っている。

 最近ショックだったこと。『くりぃむナントカ』3時間SPの中止。

テレビ・芸能・ネット

 ◎SNSは社会人になったら“卒業”するもの?

 ファミコンを卒業するみたいなものか。

 ◎ニコニコ動画が機能を大幅に拡大、「ニコンドライフ構想」を発表

 手放す気、全然ないみたいだなあ。

 ◎中日の山本昌投手がラジコン大会で優勝さらしるさん)

 実は最近知った。

漫画・アニメ・ゲーム

 ◎ヤッターマン復活

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! まずは3悪声優がオリジナルか否か。キャラクターデザインが天野喜孝か否か!(それは無理)

 ◎ヤッターマン29年ぶり復活だべぇ~…人気アニメ08年1月から放送
>気になる声優陣は未定。

 おおおおおおおおおい! …まぁ主題歌を歌う人が後に号泣するとかありませんように。

社会・時事

 ◎「1本で1日分の野菜」ジュース、35品が落第

 えー。

 ◎読める?「七音」「雪月花」 響き優先、今時の名前

 名前なんて「よしべえ」でいいんだよ。

 ◎「富士山」ナンバー導入へ 静岡、山梨両県で

 こっちでも赤城ナンバー導入してくれないかなー。

 ◎バラエティー番組 子どもに見せたくない

 難しいところですな。

 ◎新入社員、「辞めるつもりで入社」が4割

 僕は不満ありません。

 ◎子供の体力 危機的レベル

 下げ止まったみたいですね。けど、身長とかは昔よりも伸びているわけだから、それでも運動能力落ちているというのは相当落ち込んでいるということであり。

 ◎「性経験あり」高1の35%

 前みたのと結果が違いすぎる。
 
 ◎「県職員の昼休みを1時間に戻して」

 僕の昼休みは20分以下ですが何か?

三面

 ◎買春教頭は有名投稿者…勤務後に撮影女性を物色

 この事件はかなり凄い。関連

 ◎児童買春で元会社役員逮捕
>女を征服したという満足感があった

 あほ。

 ◎「小学時からたばこ…1日1箱は金かかる」 集団万引で中3ら逮捕

 ドあほ。

 ◎バイト中学生にわいせつ 80歳男を逮捕
>大市容疑者は「祈祷をする」などと言って犯行に及んでいたといい

 「鬼頭をする」の間違いでは?

動画


2007年10月12日 / 『週刊オリラジ経済白書』がリニューアルしました

 5月5日のエントリで『オリエンタルラジオの良いところを考える』ということを書きました。

 結局のところ、悪いのはオリラジではなくその周辺。まだ実力が伴っていないのにも関わらず、彼等を若きスターとして売り出している吉本側にあるような気がするという話でした。

 まぁ、それはさておくとして、彼等の冠番組の一つ『週刊オリラジ経済白書』がリニューアルされ、SPとして10月9日にオンエアされました。9月11日以降、さっぱり放送されていませんでしたので、『ドッカ~ン』みたいに最終回なしで終了かと思っていましたが、どうやらこの番組はまだ続くようです。

 で、リニューアルされた内容ですが、あまり変わっていませんでした。これまでよりもクイズ要素を強めた点は変わっていましたが、肝心のネタの方がマンネリ気味で変化なし。「なぜあの店が潰れないのか?」シリーズでは大抵が法人相手、団体相手に商売しているからという答えですし、脱税ネタのトリックもパターン化されている感じでした。

 そもそもネタ切れし易そうなテーマの番組だっただけに、質の維持が番組の存続に関わってくると思っていましたが、新企画が悉く面白くない。サイフを見て芸能人を推理する企画もアイデアは悪くないと思うのですが、VTRとして見せられると面白くない。

 というわけで、番組の雰囲気は変わっているものの、肝心の中身が変わっていない……という非常に微妙な内容でした。

 ただ、クイズ番組の雰囲気を『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』そっくりにしたのは良かったかなぁと思います。ミリオンスロットこそありませんでしたが、お金に纏わるクイズ番組というのが『SHOW by ショーバイ』っぽかったです。高視聴率番組『IQサプリ』が『マジカル頭脳パワー』に似ていることを考えれば、このやり方が正解なのかも知れません。宮本隆治さんが故・逸見政孝氏を思い起こさせるのも◎。

 というわけで、ネットアイドルほいみんは『オリエンタルラジオ』を応援しています。


2007年10月11日 / 夕張復興ゲーム

 現在、同人ゲームとして制作中の夕張復興ゲーム『シムユウバリ』のご紹介。一応、冬コミで発表する予定です。

 ~あらすじ~

 多額の借金をかかえて財政破綻した夕張市。市長は借金を返済し、復興する為に尽力してきましたが、志半ばで倒れてしまいます。そこで市長選に立候補したのが貴方です。まずは選挙に当選し、市長(月給259,000円)になりましょう。そして、財政再建を目指すのです!

 ~背景~

 かつては石狩炭田の中心都市として栄えてきましたが、時代の変化と共に財政難に陥ります。その為、自転車操業的に資金をやりくりしていましたが、2006年に破綻。世間にバレてしまいます。そして、2007年3月6日から財政再建団体に指定されてしまいました。

 ~目的~

 2027年までに630億円の借金を返済。人口10万人以上を目指す。財政再建団体からの脱却。

 ~ゲームオーバー~

 借金が800億円に達する。人口が5000人を下回る。ゲームスタートから20年経過。そのいずれかの状況になった場合、夕張市は高レベル放射性の廃棄物処分場になりゲームオーバーとなります。

 ~音楽~

 最初はアッテムトの曲や涙を拭いてといった悲しい曲。ですが、次第に復興してくるとOne Up Studios String Cityみたいな曲に切り替わっていきます。

 ~システム~

 三国志風のシミュレーションゲーム(戦闘はありません)です。限られた予算内で、各種コマンドを実行して政治を進めます。税収>支出、となるように政治運営し、借金を返済していきます。しかし、借金の返済ばかりに頭がいくと市民の不満が増え人口が減ります。

 また、汚職、裏金問題など、様々な問題がイベントとして登場します。汚職を放っておけば予算がドンドン減っていきますし、人気も落ちます。特定条件をクリアしてそれらの問題を解決する必要があります。

 4年に1度ですが、選挙イベントもあります。選挙活動をして、市長の座を死守しなければなりません。落選した場合は当然ながらゲームオーバーとなります。

 以下はコマンドの詳細です。

 ◎土地コマンド

 治水、開墾をして土地を豊かにします。土地が豊かになれば、豪雪での被害が少なくなります。また人口も増えます。人口が増えれば税収が上がります。勿論、市長の評判も上がります。市長の評判があがると、コマンド実行回数が増えたりといったボーナスが貰えます。

 ◎教育コマンド

 教養レベルが上がります。教養レベルがあがれば、メロン事業の復興や映画祭の復活などが可能です。また、さらにレベルが上がれば、温泉、リサイクル施設といった新しい産業を始めることができます。産業がうまくいけば収益があがり、借金の返済が早まります。

 ◎事業コマンド

 ある程度の教養レベルがあると選択できます。全国のモデルケースを参照し、新事業が展開できます。しかし、借金漬けの夕張市ですから、そう簡単には選択できません。使用できるのは後半になってからとなります。

 ◎医療コマンド

 医療レベルを上げます。夕張市は人口の殆どが高齢者なので、ある程度のレベルを維持しないと人口がドンドン減っていきます。

 ◎交通コマンド

 交通レベルを上げます。鉄道、道路、バス路線を整備し、アクセスを良くします。アクセスが良くなれば人口や観光客が増えます。

 ◎観光コマンド

 観光レベルを上げます。名所を整備し、魅力のある施設作りをします。レベルが上がると、ツアー客が増えたり、修学旅行を誘致できるようになります。

 ~搭載予定イベント(一部)~

 松山千春さんが100万円をくれるイベント。

 大地震が発生して各種レベルが低下するイベント。

 ~ゲーム画面(開発中のものです)~

 というわけで、目指せ借金完済! 夕張市を救うのはパソコンの前の貴方だ!


2007年10月10日 / このシリーズの意味

 どうも。

 今回はインターミッション的な更新となります。一体、なぜ僕はこのシリーズを始めたのか。自傷癖のあるマゾだから、こういったことを公開することで快感が得られる……じゃなくて! 考えると空しくなるから止め……それじゃ進まない!

 このサイトの場合、週末にアクセス数が増えるという傾向にあります。種類にもよりますが、多くのサイトの場合は逆なんですよ。週末はアクセスが減るのが一般的。インターネットなんかしてないで、友人や知人、家族、恋人との時間を大切にしているというわけです。しかし、このサイトの場合にはそれが当てはまらない。つまり、だ。独りなんですよね? 間違っていたら、ごめんなさい。でも、多分、間違ってないと思う。こんなサイトなんて見てないで外へ出た方が良いですよ゚:・( つдT)・:゚

 ところで、「誰かが太り始めると、別の所で誰かがやせ始める」と言ったのは誰だっただろう。これって肥満だけじゃなくて、恋愛についても当てはまると思うんです。独り身の寂しい奴を見ていると、自分はこうはなりたくないよなぁって焦りますよね? 頑張って恋人を作ろうと努力しますよね? その結果、できたできないというのはそんな重要じゃないんです。重要なのは経験で、一歩か二歩か前進できたらそれでいいんです。だって、多くの人に恋人がいますもの。結婚してますもの。みんなできているコトなんです。そう考えれば、難しいことじゃないと気付けるハズ。そう、それは進んでさえいれば辿りつける道。怖いのは進むのを止めた時です。

 って、僕が言うと凄く胡散臭く感じるのはなぜなのだろう? やはり童貞だからか。童貞がこういうこと語っちゃいけないのか! 説教たれちゃいけないのか! ばかやろう! ちくしょう! おまえら、いい恋しろよ!!


2007年10月09日 / 【第4回東京競馬 開催日イベントスケジュール】より

Yes!プリキュア5 キャラクターショー
キャラクターショー 11:35~
握手会 12:05~
※ 握手会は、ご希望の方全員が対象となります。
※ 記念撮影会は行いませんので、ご了承ください。
※ ステージショーのご観覧および握手会への参加は、いずれも無料です。

 次の日曜日に行われる重賞、府中牝馬SにテイエムプリキュアというGI馬が出る予定なんですけど、その応援企画なのでしょうか。


2007年10月09日 / 休日の過ごし方

折り紙してた。


2007年10月08日 / 小堺さん

 ホカロンなら毛糸洗いに自信がもてます~♪
 → 微妙に違う


2007年10月07日 / しあわせの日

 最近、何かと不運な出来事が続いていた。宝くじは当たらないわ、近所の犬に追い掛けられるわ、車を鶏の糞だらけにされるわ、楽しみに取っておいたカップラーメンを食われるわ、同じくアイスクリームを食べられるわ、録画しておいたと思った番組が録画できていないわ、そもそも生活がうまくいかないわ、巨人が優勝したわ。エトセトラ。

 不運な出来事が続くと負のスパイラルが始まる――といったのは誰だったか。ライブドアの人のような気がするけど、それはともかくとして、僕の中でもそんな負の感情のオーケストラが演奏されていた。ぶっちゃけ、今の人生は薄い。紙のように薄い薄い。そのままでいいのか俺。この状況から脱する為に何かしなくちゃならんのではないのか? どげんかせんとではないのか?

 というような思考回路に陥ることは、誰にでもあると思う。しかしながら、多くの人はそんな悩みをかかえつつも今という時間の流れに乗ってただ行ってしまうだけなのだ。結局のところ、流れに逆らって進もうと考える気骨ある人なんて少ないのだ。僕もその一人なのだ!

 話が逸れた。そんなこんなで、僕ほいみんは人生に行き詰まっていたというわけだ。追手内洋一(ラッキーマン)のような感じになっていたのだ。

 だけど、そんな不運なバイオリズムの中にいた僕だけど、その日だけは何かが違っていた。サイコロだって、降り続ければいつかは6の目が出る。いつまでも1が出続けるわけじゃない。止まない雨なんてないのだ。そんな日だった。

 ……。
 …………。
 ………………。

 ――パッと起きた。

 異常に良い目覚めだった。いつもは眠くて怠くてどうしようもないというのに、その日に限っては逆のび太みたいな感じで覚醒できた。

 テレビをつけると占いが1位。お茶を飲めば茶柱が立っている。コンビニのクジでドリンクが当たる。ラッキーカラーが青(僕の好きな色)。何故か、おばあちゃんがやってきてお小遣いをくれる(6年ぶりくらい?)。そして何より幸運状態にあることを示していたのが、いつもはトラブル続出の稼業が、この日に限ってはすこぶる順調だったということだ。いつもは悉くアクシデントが続くのに!

 これは“流れ”が向いてきているのかも知れないと僕は思った。ギャンブル漫画とか、スポーツ漫画とかで良く出てくる“流れ”。勝負事の世界では“流れ”が向いているものが勝利できるのだと言う。“流れ”とは何なのか? 萩原流とは全く関係がないことは確かだ。コホン。まぁ基本的に“流れ”なんて非科学的なものは信じていないわけだけど、それでもこの日はそれを信じても良いかなと思った。この“流れ”を掴みたい! そんなテンションだったのだ。

 さて。
 稼業も無事終了し、僕は日課の散歩に出かけることにした。秋の景色を眺めながら霞を味わう。何て爺臭い趣味なのか。じゃなかった、何て優雅な趣味なのか。道ゆく人と挨拶を交わし、四季の流れを楽しむ。木々の揺らぎを見て、心を浄化させる。秋の訪れを感じる。いつもやってることであるが、今日に関してはいつにも増してそれが楽しく感じられた。何か楽しい。

 そんなハイテンションのまま、近所の川近くまでやってきた。

 だが、様子がおかしかった。何だか変。いつもはポツポツと疎らに人が歩いているだけなのに、何だか沢山の人がいる。そして、ザワザワと話している。その中には何やら警察や消防の格好をした人がいて、そうかコスプレパーティーがあるのか、という発想には勿論ならなかったけども、空気の重さが何かしらの事件を予感させた。

 川辺の茂みに目線を移す。するとそこにはオレンジ色のビニールシートで包まれた何かを担架で運ぶ警察関係者の姿が見えた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。――水死体だった。ドラマなどで良く見かける現場検証のシーンそのものがそこにはあった。だが、ドラマで見るのと現実で見るのとではそりゃ全然違うわけで、僕はビニールシートの中にあるものを想像して気持ちが悪くなった。何だよ、今日は幸運dayじゃなかったのかよ!

 この時、僕の中で何かがガラガラと音を立てて崩れていくのが聞こえた。結局のところ、“流れ”の中にいることなど幻想だったんだと、その時気付いた。幸運状態にあるなら、水死体の輸送現場に遭遇するわけがないのだ。

 ――地道に生きていこう。“流れ”を気にするギャンブラーにはなるまい。この時、僕はそう思ったのだった。

 ………………。
 …………。
 ……。

 タイトル:死合わせの日


2007年10月06日 / ゲットワイルド

 これって、大食い選手権に出ていた人なんすかね?

テレビ・芸能・ネット

 ◎花田勝氏が離婚「さんまさんのように」

 さんまさんもいい迷惑……でもないのか?

 ◎オールナイトニッポンがギネス申請…帯番組の“世界一”狙う

 あれは帯番組と言えるのか?

漫画・アニメ・ゲーム

 ◎<ハンター×ハンター>ジャンプの人気マンガが1年8カ月ぶり連載再開

 一般紙に載るとは。

 ◎「名探偵コナン、最終回の構想できている」青山剛昌語る

 『YAIBA』みたいな見事なラストを期待。

 ◎ハンターハンター世界で飛影を捜索せよ! (ハンタースレより)

 再開記念。

 ◎スクエニ:FF4キャストを発表 敵役に鹿賀丈史を起用

 蘇るがいい! ゼムスよ! とか言うのかな?

 ◎ニンテンドーDS:国内1937万台でファミコン超え エンターブレイン調べ

 『ファミっ子大集合』みたいな番組もないのに凄い。

 ◎結婚するなら最低限満たしていてほしい女性の条件ランキング

 凄い謙虚な結果。

社会・時事

 ◎嬉しい番組改革!JCダートが来年から阪神で開催プラン浮上

 JCDも日曜重賞になるのかぁ。

 ◎デスノート殺人犯の名残し、男性のバラバラ死体…ベルギー

 ベルギーとは。にしても、日本のオタじゃなくて良かったと思っている人はかなり多い筈。

 ◎筑紫キャスターが「ニュース23」復帰

 あの女キャスターの名前、未だに覚えてないなあ。

 ◎国民の60%が「物価上がった」

 マックが上がったなあ(しつこい)。

 ◎ハワイの人気自転車ツアー休止

 このツアーしたい。

 ◎ナンバー着色カバー禁止へ 事故時の番号確認に支障

 まぁ、しゃあない。

三面

 ◎半年ももたない新入社員、辞めさせないための5カ条

 シュガー社員か。

動画


2007年10月05日 / 最低世代

 頻繁に聞く言葉の一つに「この世代はレベルが高い」というものがある。まぁ、レベルの多寡の差、比較対象の選別によって、往々にしてどの世代もレベルが高いと表現できるわけで、それ自体がインチキみたいなものである。

 けど、「この世代はレベルが低い」という言い方はあまり聞かない。その理由は簡単だ。わざわざレベルの低いものを晒すようなことが、日本人の美意識にはないからだ。敢えて恥を晒す必要はない。察しと思いやりが日本人の心情なのである

 ――大きなお世話だ。

 ……。
 …………。
 ………………。

 僕達の中学世代がまさにそれだった。誰も口には出さないが最弱世代だった。僕達よりも2つ上の世代が「10年に1度の高レベル世代」と言われていただけに、その差は余計だった。

 どのくらいレベルが低かったのかというと、毎年数名は合格している県内1番の公立高校。その合格者がなんと0名だったのである。多いときは10人。少ない時でも3人前後は合格している高校の合格者が0名。

 いやね。この高校に関しては、毎年何名合格したとか結構話題に上がるんですよ。今年は3人だったとか、5人だったとか。何人受けて何人落ちたとか。合格したから凄いとか、落ちたから私立へ行ったとか。そういう話題性のある高校だったの。今は学区制度がなくなっちゃったから、そうでもないんだけどね。ま、それの合格者が0名。0名って……前代未聞の数ですよ。ぶっちゃけ、記憶にないくらいの数なわけです。

 あれだね。こういう時って、やっぱり誰も話題にしなくなるのな。まるで何もなかったかのようなスルーっぷり。今年は一人も合格しなかったよ、残念。とか誰も言わないの。教員達の心にはアッテムトの曲が流れているのだろうけど、そういうのは表面に出さないの。でも、それがかえって違和感を生み出しているのもまた事実で、中学生というのはそれを感じ取れないほど鈍感ではないのだ。

 教職者達というのは、表面上では生徒達に対して「高校で将来が決まるわけじゃないよ?」とか言っていても、実際はそうじゃなかったんだ……と僕はその時に思ったね。そして、中学生からおじさんになった今、同年代が教職になった今、僕はそれを再認識したよ。

 ………………。
 …………。
 ……。

 だけど、最弱世代だったことは確かだけど、最弱世代というか暴行世代でもあって、その後学校が荒れまくって、放火事件があったり、暴行事件があったりとアレなことになってしまったことは確かだけど、その元凶の世代だったことは確かだけど、それでもあの世代に僕はいて結構好きだったよ。みんな面白おかしい連中だったし、個性的だった。あんな濃い奴等、そう簡単にはお目にかかれないぜ? だからさ。この良い世代だったと……言えないか。うん、我ながら酷い青春だった。

 結論:「レベル高い世代」はあてにならないけど、「レベル低い世代」は本当に低い。


2007年10月04日 / タイトルは一番下に

 季節の変わり目になり風邪をひく。頭が重く、意識がはっきりしない。思考回路がショート寸前でセーラームーンを連想する。今すぐ会いたいの。

 コホン。
 おじさんの場合、毎年、必ず1回か2回ほど風邪をひくわけで、それは恐らく標準的な日本人の頻度なのだろうと思う。毎年、ウイルスの形態が変化しているというソレは、感染することで免疫力がつく。免疫力がつけば、もうかかることはない。しかし、逆に言えば、1度は感染しなければならないということだ。

 年に1度か2度の出来事ではあるが、感染するのは非常にシンドイ。私生活、稼業に支障をきたすわけで、円滑な人生を送ろうと考える自分のイメージを狂わす。

 たかが風邪で…と思われる方もいるかも知れないが、されど風邪だ。例えばアナウンサーの人をイメージして欲しい。アレが風邪をひいてしまったらどうなるのか? 公共の電波でダミ声をさらさなければならず、聞いている方も聞き苦しいし、話している方だって恥ずかしい。

 まぁ、そんな放送事故に遭遇することは滅多にないのだが、ラジオ放送などでは今でもたまにある。強い抗生物質を飲んだとしても、急には治らないわけだから、そういった事態が生じる。こないだニッポン放送で麻生太郎みたいなダミ声になっているアナもいたしね。

 無論、これには仕方がない部分も多い。人間なのだから、365日完璧でいることは難しい。1日か2日、駄目になる日がある。しょうがない。

 話が逸れた。兎にも角にも、風邪というのは非常にやっかいな病気というわけである。爆発的な流行力があり、日常に蔓延している。しかしながら、命に別状があることが滅多にあるわけでもない。微妙な存在。それが風邪。

 だがかつて、この風邪の特効薬が開発されていたことをご存じだろうか? 飲めば即座に回復し、元気を取り戻すという魔法の薬。その名も『カゼキエール』。というネーミングは勿論嘘であるが、各方面から専門家が集まり開発されていたことは事実だ。

 風邪の特効薬。それは完成すれば、ノーベル賞間違いなしの薬だった。

 だった……と過去形で書かれているのは、その開発に圧力をかけた者達がいるということだ。

 ノーベル賞間違いなしの風邪の特効薬。それに圧力をかけたのは誰か?

 …それは医学界だった。なぜ、日々、医療の進歩に邁進している筈の医学界が、風邪の特効薬の開発を止めさせたのか。

 答えは簡単だった。風邪の特効薬が開発されたら、医者が儲からなくなるからだ。簡単に薬を処方でき、そこそこの利益をもたらしてくれる風邪は、医者にとっては格好の儲かり材料だったのだ。深刻な病気ではなく、比較的簡単に治せる。そして、みんなが感染する。その儲かり材料がなくなってしまうのは非常に惜しい。

 そんな理由から、風邪の特効薬開発はなくなった。

 もしその時、風邪の特効薬が完成していれば……!!

 僕は風邪に感染する度にそう思うのであった。終わり。

 タイトル:かなり本当に内容のない話、もしくは半分の歯磨き粉で使える歯ブラシが発売されなかった理由


2007年10月03日 / なぜムッツリと言われると腹が立つのだろう

 みんなでエロ話とかしているのですけど、童貞だからついていけないわけです。困惑するのも童貞臭だしてる気がするから嫌だし、かといって適当に合わせてみるというのもボロがでるからできない。ゆえにすました表情で「僕はエロには興味ないんだ」的なリアクションを取らざるを得なくなるわけです。そんなリアクションをとっていると必ず言われるコト。

 「にゃおってムッツリだろ?」

 黙れ!(怒) なんだよ、ムッツリって。すました表情で聞き流している振りをしてるだけじゃないか。それはムッツリじゃなくて、困惑、もしくは動揺という表現が正しいんだ。お願いだから、ムッツリって言わないでくれ。なぜだかはわからないが、とても恥ずかしいんだ。

 と、なぜムッツリと評されることが恥ずかしいのだろう、と素になって思うわけです。ムッツリとは、すなわちムッツリスケベというコトです。ムッツリとは、口数の少ないことの意。ムッツリスケベ、口数の少ないスケベ。なるほど、確かに怪しい感じがします。一概には言いきれませんが、ガハハハ、と莫迦笑いが似合うようなスケベの方が確かに健全であると言えます。

 ムッツリスケベは怪しい。だから、そんな風に評されて恥ずかしく思い怒ったのです。決して、図星をつかれたからではありません。


2007年10月02日 / 『イロモネア5』には出たけど、『イロモネア6』には出なかった6組の芸人

 9月28日に『ウンナン極限ネタバトル ザ・イロモネア6』がオンエアされました。個人的にTBSの中で唯一まともに見られるバラエティで、毎回楽しみにしている優良特番です。

 今回は、それの感想を徒然と書こうとしたのですが、そんなことをしても今更ですよね……というわけで、「前回は出場したけど、今回は出場しなかった芸人」について書いてみたいと思います。(※ 『バナナマン』にスポットを当てた前回のエントリはこちら

 なぜ前回出場したのに、今回は出演しなかったのか? その理由は大きく分けて二つ考えられます。それはオファーがあったか否かです。そして、オファーがあったけども、それを断った、○○だから断った……と分岐していきます。

 その辺を踏まえつつ、どうぞ。

 ◎カンニング竹山さん

 オファーがあったのかはどうか微妙なところです。が、たとえオファーがあったとしても、断っていたでしょう。キレ芸のキャラが飽きられてからは、トーク芸人化しているので、ああいう極限状況には耐えられないと考える筈。前回出場したときも散々だったですし、トラウマ化しているかも。

 ◎ザ・たっち

 『レイザーラモン』みたく、旬の芸人枠のコンビだったので、賞味期限切れた今回はオファーのなかった可能性が高いでしょう。オファーがあったら、出ていたと思います。100万は無理でしょうけども。

 ◎ハリセンボン

 前回、前々回ともウケているので今回もオファーがあったことは間違いないでしょう。けども、裏番組に出演していることから、スケジュールの折り合いが付かなく、出演を断ったのだと思われます。個人的に見てみたかったコンビ。

 ◎タカアンドトシ

 ここはオファーあったと思われます。が、格的に『イロモネア』は合わないと判断したのか、多忙なスケジュールの為に都合がつかなく出演を見合わせたのでしょう。『くりぃむナントカ』のN-1に出ていないみたいなのと一緒で。…そう考えると、『次長課長』は割と余裕でてきているのかな?(笑)

 ◎おぎやはぎ

 ここはオファーなかった可能性が高いです。なにせ前回試合放棄をしていますからね……。あれがウケていたら話は別だったと思いますが、あそこまでスベってしまうと……という感じ。最近、いきおいも感じられないですしね。

 ◎たむらけんじ

 ここもオファーなかったと思われます。『勝山梶』『チュートリアル』の2組をねじ込むことで、お役御免になった可能性が高いです。残酷ですが、それが芸能界。


 というわけで、如何だったでしょうか。この手の番組の場合、初出場の芸人についてはキチンと紹介されるわけですが、消えていった芸人について説明されることはありません(当たり前だ)。

 でも、あえてそこにスポットを当てることによって、芸能界の裏側がちょっとだけ垣間見えたような気がしませんね。

 …お後がよろしいようで、この辺で失礼します。


2007年10月01日 / マックフルーリーはうまいよ

 ビッグマックの包装変わっていたよ
 → ほうそうなのか