« 『イロモネア5』には出たけど、『イロモネア6』には出なかった6組の芸人 | メイン | タイトルは一番下に »

2007年10月03日 / なぜムッツリと言われると腹が立つのだろう

 みんなでエロ話とかしているのですけど、童貞だからついていけないわけです。困惑するのも童貞臭だしてる気がするから嫌だし、かといって適当に合わせてみるというのもボロがでるからできない。ゆえにすました表情で「僕はエロには興味ないんだ」的なリアクションを取らざるを得なくなるわけです。そんなリアクションをとっていると必ず言われるコト。

 「にゃおってムッツリだろ?」

 黙れ!(怒) なんだよ、ムッツリって。すました表情で聞き流している振りをしてるだけじゃないか。それはムッツリじゃなくて、困惑、もしくは動揺という表現が正しいんだ。お願いだから、ムッツリって言わないでくれ。なぜだかはわからないが、とても恥ずかしいんだ。

 と、なぜムッツリと評されることが恥ずかしいのだろう、と素になって思うわけです。ムッツリとは、すなわちムッツリスケベというコトです。ムッツリとは、口数の少ないことの意。ムッツリスケベ、口数の少ないスケベ。なるほど、確かに怪しい感じがします。一概には言いきれませんが、ガハハハ、と莫迦笑いが似合うようなスケベの方が確かに健全であると言えます。

 ムッツリスケベは怪しい。だから、そんな風に評されて恥ずかしく思い怒ったのです。決して、図星をつかれたからではありません。

コメントする