« 夕張復興ゲーム | メイン | アンハッピーマンデー »

2007年10月12日 / 『週刊オリラジ経済白書』がリニューアルしました

 5月5日のエントリで『オリエンタルラジオの良いところを考える』ということを書きました。

 結局のところ、悪いのはオリラジではなくその周辺。まだ実力が伴っていないのにも関わらず、彼等を若きスターとして売り出している吉本側にあるような気がするという話でした。

 まぁ、それはさておくとして、彼等の冠番組の一つ『週刊オリラジ経済白書』がリニューアルされ、SPとして10月9日にオンエアされました。9月11日以降、さっぱり放送されていませんでしたので、『ドッカ~ン』みたいに最終回なしで終了かと思っていましたが、どうやらこの番組はまだ続くようです。

 で、リニューアルされた内容ですが、あまり変わっていませんでした。これまでよりもクイズ要素を強めた点は変わっていましたが、肝心のネタの方がマンネリ気味で変化なし。「なぜあの店が潰れないのか?」シリーズでは大抵が法人相手、団体相手に商売しているからという答えですし、脱税ネタのトリックもパターン化されている感じでした。

 そもそもネタ切れし易そうなテーマの番組だっただけに、質の維持が番組の存続に関わってくると思っていましたが、新企画が悉く面白くない。サイフを見て芸能人を推理する企画もアイデアは悪くないと思うのですが、VTRとして見せられると面白くない。

 というわけで、番組の雰囲気は変わっているものの、肝心の中身が変わっていない……という非常に微妙な内容でした。

 ただ、クイズ番組の雰囲気を『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』そっくりにしたのは良かったかなぁと思います。ミリオンスロットこそありませんでしたが、お金に纏わるクイズ番組というのが『SHOW by ショーバイ』っぽかったです。高視聴率番組『IQサプリ』が『マジカル頭脳パワー』に似ていることを考えれば、このやり方が正解なのかも知れません。宮本隆治さんが故・逸見政孝氏を思い起こさせるのも◎。

 というわけで、ネットアイドルほいみんは『オリエンタルラジオ』を応援しています。

コメントする