« 夕張復興ゲーム『シムユウバリ』の序盤を紹介します | メイン | 証人喚問よりも週刊誌の取材力のが高い »

2007年11月02日 / 『きんぎょ注意報!』を観た

 メジャーでもないが、極端にマイナーというわけでもない。知る人ぞ知る名作アニメ『きんぎょ注意報!』を観ました。

 ポテチという言葉をメジャーにし、やきそばパンの価値を高めたのはこのアニメのお陰といっても過言ではないと思う。ちなみにwikiによれば

キャラが困った時などに頭から汗を表す巨大なしずくマークを出して困っている様子を表現するという手法をアニメで初めて使用した作品とされており、後のアニメ作品にも少なからず影響を与えた。

 となっており、なんだか凄い感じです。BGMに至っては今でも使われているような名曲が多く、色々と人を惹きつける要素が多く入ってるんですよね。

 当時、アニメは週に10数本観ていたような気がしますが、今でも印象に残っているのはこれと『はれときどきぶた』と『キテレツ大百科』くらいなもんですよ。

 あと当たり前ですが、かないみかさんの声が若い。本当の沙都子の声はこれなんだろうなぁと思ったり。勿論、今でも若いんですけど。

 内容は『アラレちゃん』みたいなドタバタコメディー。ただ内容に癖がなく、下ネタ・ブラックジョーク・パロディー的な逃げ要素がないのが特徴。ああ、そりゃあ今でも印象に残っているわけだ。

 というわけで、今改めて観ても面白かったです。

コメントする