« 僕は負けない | メイン | ツッコミのある構成にするにはどうすればいいのか? »

2007年11月29日 / 今年の吉本の失敗

 早いもので今年も残り一ヶ月を切ろうとしている。一年は短いといいながらも、出来事を並べてみると実に色々あったもので、実は単に忘れてしまっているだけなのだと気付かされる。

 テレビの世界は相変わらずの吉本天国で、今年も吉本興業の芸人が次々とブレイクした。M-1グランプリで優勝した『チュートリアル』を始め、『タカアンドトシ』も二桁のレギュラー番組を掴んだ。『陣内智則』も結婚式の視聴率が関西で40%オーバー、それを機に関東でのレギュラーを増やした。

 どのテレビ番組にも吉本興業の芸人が出演しており、もはや吉本興業なしではテレビが成り立たない状態だ。素人を押しのけ、アナウンサーを押しのけ、アイドルを押しのけ、ジャニーズを押しのけ、役者を押しのけ、芸人がテレビを牽引する時代になったのである。

 芸人がテレビを牽引する時代、そしてその芸人達の筆頭プロダクションが吉本興業というわけなのである。ここまで来ると、吉本がちょっとしたテレビ支配をしているといっても過言ではない。吉本がブレイクさせようとしたら、確実にブレイクする。勿論、芸人の資質もあるが、それよりも吉本興業のウエイトのが強い。

 さらに、自社で芸人学校(NCS)を作り、そこで良質な芸人を育て、使えそうなものは所属させるという養殖システムがある為にこと人材には困らない。良い芸人が所属しているから、見込みのある新人が入ってくる…という好循環。しかも学校であるからお金まで儲かるという一石二鳥のシステム。

 そういうわけで、テレビを支配しつつある吉本興業であるが、それでも失敗がないわけではない。組織力があるので、少々不安材料があったとしても成功に持っていけるわけだが、それでもいくつかの失敗企画があった。今回はこれをご紹介したい。

 まずは『大日本人』。なにせ、オフィシャルサイトのタイトルが『【映画】松本人志 第1回監督作品 「大日本人」 公式サイト』である。『ゲロ戦記』と同じ書き方なわけだから、嫌な予感をしていた人も多いと思うが、蓋を開けてみれば制作費10億円で興業収入が12億円。DVD出したりするので、数値の面では黒にはなるだろうが、周囲の期待度という点で考えてみれば失敗と言わざるを得ないだろう。あれだけジャカスカ宣伝して話題性だってあったんだし。

 続いて『コミックヨシモト』。吉本の芸人達が原作をしている漫画誌。ジャカスカ宣伝していたが、あっさり7号で休刊に。10年後くらいに「伝説のコミックヨシモト」と揶揄されることは間違いない。ただ、この雑誌については早期に損切りした経営手腕を評価するという意見もある。コンセプトのわからない企画だった。

 続いて『live stand 08』。芸人を大勢集めたライブ。これも凄まじいくらい宣言していたが、結局のところチケット完売ならず。あれだけ宣伝していたのだから、完売しないと駄目だろう。有名な芸人も多くいたが、出演者の8割が無名な芸人だったというのも失敗の要因の一つか。

 あとコレも失敗しそうな感じではある。

 そして、『ムーディー勝山(27)』である。「右から来たものを左へ受け流すの歌」で大爆笑をとったことから吉本興業がブレイクさせてしまった悲劇の芸人。従来の一発屋芸人(『レイザーラモンHG』や『ダンディー坂野』『テツandトモ』)に比べると、そんなテレビにも出ていないのにも関わらず(流行語大賞にも取り上げられず)、なぜか周囲からは「今年ブレイクした芸人」と認識され、さらには「今年消えそうな芸人」としても認識されてしまっている。

 今年だけでも弾けることが出来たのなら良かったのかも知れないが、『小島よしお』や『柳原可奈子』が台頭してきたことで微妙な存在に。さらには顔とキャラだけは異常に売れてしまった為に、これまでの『勝山梶』の勝山慎司としてやっていくことも困難に。芸人としてある程度育ってから売れたのであれば、生き残れたのかも知れないが、未熟なうちに売れてしまったという悲劇の人。

 一気売れタイプの芸人が生き残る為には『次長課長』の「タンメン」や『タカアンドトシ』の「欧米か!」みたく、ネタを封印する必要があるのだが、それを封印すると何もなくなってしまうという悲しさ。

 まあ、大抵の芸人が一発屋にすらなれず、消えてしまうところを見ると彼は幸せなのかも知れないが、一度陽の目を浴びてから沈んでいくというのも、それはそれで苦しいものなのである。

 そういうわけで、ネットアイドルほいみんはムーディー勝山を応援しています。

コメント

大日本人DVD出るんですね。全然宣伝してませんけど。
新規参入するときは、挑戦者として参入しないとイカンですよ。それで失敗したのがコミックヨシモト。
ムーディは以外にも一年持ちましたね

そういわれてみると宣伝全然してませんね。作為的なものを少し感じます(笑) というか、上の記事全部「ムーディー勝山」って書いてますね……失敬。
ムーディは吉本の力が大きいような気がします。HGもレギュラー何本か獲りましたしね。

コメントする