« ブリネコはかせ | メイン | ワッフルキタコレ »

2008年03月05日 / 「ズームイン」30周年突入SPの感想

 日本テレビの朝のニュース番組「ズームイン」が本日より30周年目に突入したということで、懐かし企画やら面白企画やらをやっていました。

 「ズームイン」といえば、今でこそ西尾アナの番組になってますが(羽鳥アナではない)、個人的にはやはり福留さんのイメージが強いですね。当時でこそ普通に見ていましたが、よく考えると「10年以上同じ人がやっていた番組を引き継いで、その人よりも凄い成績を残した」というはもの凄いことなんですよね。それだけに福沢さんは大変だったと思います。

 当時のOPの再現。BGMもあの懐かしの奴が流されていました。

 放送が開始された当時、まだ産まれていなかった人が白いシャツを着ています。

 当時の新聞。

 当時の流行語。「エガワる」って、「アベる」みたいで、今も昔もあんまり変わっていないですね。

 2時半起きとか、7時に寝ているとか、そういう話。

 ウイッキーさん。糞懐かしいです。

 当時の新聞。ベトナムと中国が戦争してます。

 放送開始時『紳助・竜介』がレギュラーだったという話。

 そして、本日限り蘇ったウイッキーさんのコーナー。15年振りということで、見た目的にはもの凄く老けていましたが、ベシャリやテンションの方は当時となんら変わらず。というより、今やるこのコーナーはとても新鮮で面白かったです。またレギュラーにしてくれませんかね?

 「プロ野球いれコミ情報」のコーナーも復活。というか、懐かしすぎ。当時、ウイッキーさんやこのコーナーを見た後に学校に行ってましたっけ。

 そういうわけで、終わり。

 一時期、『めざましテレビ』やら『朝ズバッ!』やらに数字を抜かれていましたが、最近ではかつての栄光を取り戻しつつあるようですね。

 『ズームイン! 朝』を観ていた人が、『めざましテレビ』に移って、その後『朝ズバッ!』に渡り、またこの番組に戻ってきた……と。

 その理由はなんとなくですが、わかるような気はしますねえ。

コメントする