« 次長課長に合掌 | メイン | テレビ漫談 »

2008年03月08日 / 童貞は孤独ではない

 今までずっと一人で生きてきたのだから、最初から何もないだけだ。それは孤独ではなく、単なる虚無に他ならない。けれども、何もない故にそのことに気付けない。自分の知っている感情とよく似たそれと誤解する。この世でたった一人の存在なのだと自虐的になり苦悩する。けど、そんなのは本当の苦悩なんかじゃない。本当の苦悩というのは、恋人ができたり、結婚したり、子供ができたりとそういった過程の中で起こりうることだ。そういう意味で、僕たちはまだスタートラインにすら立っていない。

 満たされないのは、一人なのは、寂しいのは、詰まらないのは、孤独だからではない。何もないからだ。他人との交流が少ないから豊かになれないだけだ。

 だから、他人からは何を考えているのか理解されない。輪の中でも浮いた存在になってしまう。童貞はそれを孤独と誤解する。そして、存在すらしていないプレッシャーに囲繞され鬱になったり、人を恐れたり、死にたくなったり、精神的にダメになったりする。

 そんなまやかしは意志一つで払拭することができる。だが、童貞はそれができない。それは精神的に弱いからではない。何もないからだ。

 転機は必ず訪れる。それをきっかけとしてそんなものは払拭してしまおう。本当に恐ろしいのは必ず訪れる転機に対してすら、対応することを忘れてしまうことだ。大丈夫、まだ間に合う。だから、今はまだ真っ直ぐに歩いていこう――。

コメントする