« 『AYAKASHI アヤカシ』の感想 | メイン | 『ぱすてるチャイムContinue』の感想 »

2008年04月09日 / 『娘姉妹』の感想

◎はじめに

 個人的に『Ricotte』以来の野々原作品ですよ。やー、その間も2~3本は出ていたようですが、プレイはしてません。別に『初恋』とか『Ricotte』とかクオリティが低くて見捨てたとかではないのですよ。両作とも良作だったと思います。単に業界からちょいと離れてしまっただけという話。
 しかしながら、なぜに今回は手を出したのかと言いますとね。あまりにも企画がぶっ飛び過ぎているからに他ならないのですよ。『ゆきのかなた』辺りは違いましたが、基本的に野々原作品と言えばライトなイメージのほのぼのとした世界観のが多いじゃないですか。『リトルモニカ物語』とか『ぴヨナ=ピコナ』とか。それが今回は変態親父が主人公の娘姉妹調教ゲーム。いくらなんでもぶっ飛びすぎ。一体、RUNEに何があったのだ?

◎キャラクター

 この主人公、私がプレイしてきた数百本のエロゲの中で、一番の変態と断言できる存在です。まぁ、エロゲの主人公なんてのは基本的に変態、というか世に生きる全ての男は変態だと思うのですが、この男は真性。あまりにも変態的すぎて引いてしまったくらい。今までも「これは凄い」「これは残酷」「これは鬼畜」と、そういう感情を抱いたことは過去にもありましたが、ここまで引いたのは初めてです。なんていうか、笑えなかった。ほら○作とか、serenゲームの主人公とかって結構笑える思考回路してるじゃないですか。そういうのが一切ないの。「うわっ」って思っちゃった。この作品が性犯罪者の部屋の中から見つかったら……とか考えてしまいました。頼むから犯罪者、このエロゲ持ってるなよ。
 でもって、名前が「主人公」ですよ。βバージョンで名前表示欄に仮に「主人公」と書いたままで、そのままマスターアップしてしまったとしか思えない(笑) 名前変更できるわけでもないし、なぜに「主人公」って表示になっているのか。謎。すげー、シュール。
 でもまぁ、ヒロイン二人については、いつもの野々原キャラでしたよ。そこは安心できた。その中から、大人しいタイプと小悪魔タイプが登場します。他にはいません。うん、いない。なんというか、とてもストイック。90年代のエロゲを彷彿とさせるような、そんなストイシズムが漂ってました。って、サブキャラが全然いないのかよ!

◎シナリオ

画像 まぁ、製品情報のページを見る限り、そんなものはないと思っていましたが、実の娘を陥落させる手際については随分と丁寧に描写されており、感心するものがありました。良くこんなことを思い付くなぁと感心することしかり。勿論、ぶっとんだ内容ではあるのですが、ここまでくると爽快感すら覚えるわけです。いや、お見事。
 しっかしあれですね。いくら設定とはいえ、娘姉妹というのは重いですな。フィクションだとはわかっていても、ズシリとのしかかるものがありましたですよ。別にその辺りの描写が濃いというわけじゃないのにも関わらず。
 なんというか、良く正気を保ちながらテキストを打てたものだなぁと思います。そう言う感じの気色悪さというか、不気味さというか、怖さみたいなものがありました。『好き好き大好き』みたいな。ああいう妄執テキストですね。

◎システム

 特筆すべき点はなし。まぁ、普通のAVGのシステムです。

◎絵

 野々原クオリティ。ただ、かつてのような職人技のような繊細さを感じなくなったかも。この辺、あくまで素人が見た限りなのだけど、淡々と仕事したみたいなそういう印象だったかも知れません。

◎エロ

 イベントの殆どがエロイベントです。

◎音楽

 10曲。印象は全くなし。なんかほのぼのした感じの曲が流れてました。1990年代後半を連想させる感じの曲。

◎総評

画像 ぶっちゃけ、2800円の低価格ゲームクラスの完成度。『はじめてのおるすばん』をちょっとパワーアップさせたような感じの作品です。なんというか、なぜに今回はこういう企画なのだろうか、と思っていたわけだけど、単に行き詰まっているだけなんだなぁと。この手のソフトって、ある程度は確実に捌けますからね。ただし、転ける心配がない変わりに大ヒットも望めないわけで、もしかしたらRUNEの終末は近いのかも知れないな、などと思ってしまったのでありました。もうちょっと頑張れ~。

コメント

主人公に笑うことができるか、引いてしまうかが評価の分かれ目ですね。陵辱はなくて案外明るい雰囲気だったのは意外でした。

個人的に絵はリトルモニカが一番で、それから段々好みから外れていってる感じです。それでもやっぱり好きなんですけど(笑)

 明るい感じだっただけに、凄く不気味な感じがしました。なんというか、異色な作品だったなぁと。うまく言えないのですが、同人っぽくもありますね。

 絵柄は私もリトルモニカ辺りですね~(笑)

愛姉妹を最後に野々原幹と赤丸の両氏がRUNEを退社してしまったそうです…10年続いたブランドも終焉かな…

娘姉妹のミス・・・
愛姉妹はシルキーズだってばさ\(^o^)/

マジすか。RUNEはまぁ、色々手広くやってますからもうちょい平気かも知れませんが、私がRUNEの作品を買うことはもうないでしょうね(笑)

コメントする