« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月30日 / 驚いたこと

 ここ見たら、髭男爵が『電波少年』にでていたらしくビックリ。全然、印象に残ってないな~。


2008年06月29日 / 良いところ 悪いところ

 ■『ブロードキャスター』『いつみても波乱万丈』『オジサンズ11』打ち切り

 テレビの良いところは長寿番組でも数字が悪ければ容赦なく打ち切るところです。悪いところでもあるのですが。『ブロードキャスター』の打ち切りは勿体ないかな~。


2008年06月28日 / めちゃイケ

 ここ最近、毎週のように山本ネタをしているのは復帰の為の伏線なのでしょうか。


2008年06月27日 / 王様の掲示板

 私は先輩の管理人に、投稿者は王様であると教えられました。しかし、先輩は言いました。投稿者の中には逮捕された奴も大勢いると。


2008年06月26日 / 鼻歌

 妹が『組曲ニコニコ動画』の鼻歌を歌っていた。それと知らずに。


2008年06月25日 / 人志松本のすべらない話

 この番組の一番の笑いどころは各芸人につけられたキャッチフレーズだと思う。

 松本人志…すべらない話の真髄を極めた男、キング・オブ・すべらない
 千原ジュニア…話芸のスペシャリスト
 宮川大輔…擬音マジシャン
 ほっしゃん…お笑いファンタジスタ
 ケンドーコバヤシ…お笑いテロリスト、バリトンヴォイスの異端児
 小籔千豊…吉本新喜劇最年少座長
 兵動大樹…浪速のエビス顔芸人
 河本準一…家族話の達人
 有田哲平…永遠の邪悪なお兄さん
 オリラジ中田…お笑い武勇伝
 世界のナベアツ…オモローヒゲ芸人
 秋山竜次…キャラクター博物館
 矢作兼…お笑い界のクールマン
 近藤春菜…若手女芸人界のつっこみ隊長
 おにぎり…リアルジャイアント芸人
 ゴリ…天性のラテン系芸人
 濱口優…ちびっ子のお笑いカリスマ

 …無理矢理考える必要あるのか? 意味不明なのが多すぎる…。


2008年06月24日 / 『マックフルーリー ミルクティー&オレオRクッキー』の感想

 マックフルーリーの新作が期間限定で発売されたので、その感想です。

 個人的な感想と致しましては

 ストロベリーケーキ>ミルクティー>ストロベリー&オレオクッキー>キャラメル&オレオクッキー>ダブルショコラ>抹茶

 という感じでしょうか。抹茶やダブルショコラに比べると非常にさっぱりしており、食べやすかったです。ミルクティーと言うと、『午後の紅茶』みたいな味の濃いものを想像したのですが、実際にはそんなことなかったです。ミルクティーとバニラの絶妙なハーモニーが口の中に広がり、大変美味しかったです。

 ただ、このシリーズもそろそろマンネリ化してきている気はしますね。発売開始当初はなかなかインパクトのある製品を出してきたな、と思ったのですが、1年経って大分飽きてきたというか。

 そういう意味で、飽きられない新作を次々と出し続ける必要性が高いと思いました。メロン味とか、ブルーハワイ味とか…かき氷か!

 あと、作る店員によって量が違いすぎるのをナントカして欲しいですね…(笑)


2008年06月23日 / 驚いたこと

 妹と口論になった時、ヤケクソ気味に「おまえにヤムチャが乗っているホバークラフトの名前がわかるのか?」と聞いたら、「ジェットモモンガでしょ?」と0.1秒で返されてしまった。もうダメだ。


2008年06月22日 / 『古畑中学生』の感想

 視聴率が13.3%だった『古畑中学生』の感想です。

 あの古畑任三郎の過去話…ということで、興味半分、不安半分といったところでしたが、実際の出来はというと……まぁ普通くらいだったと思います(笑) 序盤が退屈でしたが、後半はそれなりに盛り上がりましたし、本編とリンクしていた部分も多々あり、そういったファンをニヤリとさせる部分が楽しかったです。可もなく不可もなく……といった感じだったかな、と。第2弾の話もあるようですが、オンエアされるとしたら、多分観ると思います。

 ただ今回の内容そのものは1回観れば充分といった感じで、お話に奥深さがなかったのが残念です。というのも、三谷幸喜作品特有のキャラクター同士の掛け合いが面白くなかったからですね。山田君の演技も、タモト君の演技も悪かったとは言いませんが、三谷作品特有の濃さというのでしょうか、あの人間臭さを表現するには至らなかったと思います。というか、これは子役である限り、誰がやってもダメだっただろうな、と。学芸会になっていた…とまでは言いませんが、全体的に緊張感がなくなってしまったのがどうしようもなかったです。

 あとはあれですよ。三谷幸喜、設定無視しすぎだと(笑) それは長いこと続いているシリーズですから、ある程度の矛盾とか穴とかが出てきてもしょうがないとは思うのですが、それにしても今回は破綻しすぎているというか。開き直るのもどうなのか。ある程度は考えて欲しかったかなーと。だって、これに辻褄を合わせる為には、今回の物語が全て古畑の妄想だったと言うしかないんですもの。

 でもですね。なんだかんだでシリーズが続いてくれるというのは有り難いことだと思います。田村さんサイドは断っているようですが、『古畑中学生』の人気が上がって田村さんが刺激を受ければ、また本編の新作が観られる日が来るのかもしれないな、と。

 そういうわけで、応援は続けていきたいですね。ではでは。


2008年06月21日 / 鳩山大臣はさ

 「私の友達の友達が死神なんですよ」くらいのユーモアで一蹴した方が良かったと思う。


2008年06月20日 / あ

 『アメトーーク!』の視聴率が15%オーバーとか。次回の改編でゴールデン降格が決まっちゃいそうですね…。


2008年06月19日 / フィレオフィッシュ100円

332 名前:やめられない名無しさん[] 投稿日:2008/06/17(火) 01:48:15 ID:k/VwhkRp
>>331
今ドライブスルーで100円魚買ってきたよ!
「もう100円フィレオフィッシュやってますか?」と聞いたら
30秒くらいマイクを切って協議した後、「お取り扱いしております」
という流れだった

307 名前:やめられない名無しさん[] 投稿日:2008/06/17(火) 13:15:16 ID:I+yEhhpC
俺だめだ・・・
恥ずかしくてフィレオフィッシュ5個しか注文できなかった・・・
ほんとはもっと食べたいよ・・・おいしい。

308 名前:やめられない名無しさん[] 投稿日:2008/06/17(火) 13:23:46 ID:I+yEhhpC
お金はあるけど根性はない・・・
俺もあと20個くらい家にキープしたいけど、1日3回も行くのはいやらしいよなあ・・・
かと言って、近場には1件しかないし、これ以上行くと「またフィッシュマン来たわよ」って陰口叩かれる・・・
だけどほんとはもっと食べたいよ・・・おいしい。

 フィレオフィッシュはバンズをトーストするのではなく、蒸しているのだと知った今日この頃。だからあんなにふんわりとしているのか! 


2008年06月18日 / イロモネア

 『イロモネア』はなんで『ジ・イロモネア』じゃないんですかね?


2008年06月17日 / 切ない話

 今日は腹減ってるから2つ食えるな、と思ってスーパーの総菜弁当を2つ買った時の話。

 「お箸はお付け致しますか?」

 と聞かれるのは良いのだけど、その後に

 「おいくつにしますか?」

 と聞くのは勘弁して欲しい。


2008年06月16日 / あるあるネタ(ほんとう……だよ?)

 たまにデスクトップがこうなるんだけど、みんなも経験あるよね? ↓


2008年06月15日 / 『ザ・マジックアワー』の感想

 ◎最初に
 いわずもがな、三谷幸喜映画監督作品の4本目です。『みんなの家』で一軒家を作り、『有頂天ホテル』でホテルを作り、今作では街を作ってしまったというデタラメさ。スタジオを3つぶちぬいてそこに3ヶ月かけてセットを作ったというのだから、なんともゴージャスな話。映画で世界征服しそうな勢いがありますなあ。
 監督自らがテレビに出て宣伝しまくりだったので、多くの方がストーリーの断片を知っていることでしょう。1本目の『ラジオの時間』が1997年公開ということで、4年に1本ペースですね。ただ3本目の『ザ・有頂天ホテル』の公開が1996年だったことを考えると本作は有頂天が終わってからすぐにとりかかった計算になります。なんというか、凄まじい仕事量ですよ。『みんなの家』から『有頂天』までは5年かかってるのにね!

 ◎内容
 ヤクザのボスの愛人に手を出してしまった備後(妻夫木聡)がその罪を帳消しにする為に言われたことは伝説の殺し屋「デラ冨樫』を探してくることであった。が、そう簡単に伝説の人物が見つかるわけもなく。備後が考えたのは売れない役者・村田大樹(佐藤浩一)を騙しデラ冨樫殺し屋の代役として連れてくるというものであった。確実にバれるという状況下の中にありながら、村田の役者魂と奇跡の連発で危機一髪の状況を乗り越えてゆく。

 ◎感想
 監督自身がテレビに出演しまくり「最高傑作」と連呼した結果、ハードルを上げに上げまくってしまい正当な評価ができない状態になってます(笑) 正しい評価が下されるのは1年後くらいになるのではないでしょうか。…と、なぜこんなことを書くのかというと、現時点での私の評価がそれほど高くはないからです(笑) や、決して詰まらなかったわけではないのですよ。爆笑できるシーンもかなりありましたし、全体的なまとまりもあった。あの設定、あのキャラクター、あのシナリオの作品として考えれば、95点以上の内容にはなっていると思います。中期以降の三谷作品に見られる「設定だけで後は尻窄み」ということもなく、最初から最後までジェットコースターの如く駆け抜けています。これまでの三谷映画の中では最高傑作…というのも間違ってはいないでしょう。作品の完成度は高いです。練って練って、試行錯誤を繰り返して…というのがとてもよく伝わります。
 しかしながら、なぜに奥歯に物が挟まったような物言いをしているのかと言いますと、それでも『王様のレストラン』や『古畑任三郎』のクオリティには達していない悲しさがあるからなわけですよ。千石武や古畑任三郎のようなキャラがいるわけでもなく、「殺しのファックス」のようなシナリオ的な面白さがあるわけでもなく、「ヘルメットの首相(隕石の回)」のようなぶっ飛びがあるわけでもなく。
 それもこれも敷居を上げまくった三谷幸喜が悪いと思うんですけどね(笑) 1年後くらいに見たら、また違った印象になったかも知れません。
 それとあれですよ。「ボスに偽物とバレると殺される」という緊張感が笑いの足枷になっていたように思います。一歩間違えれば殺されてしまうような緊張感が走っていると、観ている側もハラハラドキドキしてしまうというか。笑いよりも安堵の方が先行してしまうわけですね。もうちょっと平和さがあった方が楽しめたかなと。
 そういうわけで、期待して見に行くと「あれ?」と思うかも知れません。古畑とか王レスとか知らなくて、コメディとか殆ど観たことがなければ◎。

 ◎最後に
 しっかし、三谷幸喜さんは相変わらずの売れっ子ぶりですね。やはりコメディ書く人が他にいないってのが強みなのでしょうか。今回、興行収入的には『有頂天』を超えられるか微妙なところですけど、それでも大ヒットには間違いないわけで、これからも東宝は三谷幸喜を伊丹十三の如く使っていくのだろうなぁと思いました。

 ◎どうてもいいこと
 あ、あくまで個人的な話ですが、コメディ映画の最高傑作は洋画では『ホームアローン』、邦画では『ぼくらの七日間戦争』だと思います。


2008年06月14日 / イロモネア

 『イロモネア』の良いところは単なるお笑い番組になっているのではなく、感動できるところにあると思う。


2008年06月13日 / 古畑任三郎 第4シリーズ(妄想)

 第1話 『4度帰ってきた男』 島田紳助(経済評論家)
 第2話 『車輪の上』     堤真一 (競輪選手)
 第3話 『窓際の殺人ちゃん』 黒柳徹子(政治家夫人)
 第4話 『動じない女』    深田恭子(Webデザイナー)
 第5話 『殺人ブック』    片岡鶴太郎(絵本作家)
 第6話 『密室デパート』   広末涼子(美容部員)
 第7話 『お天気殺人』    古舘伊知郎(気象予報士)
 第8話 『踊りすぎた男』   阿部寛(ダンサー)
 第9話 『リアルスタント』  佐藤浩市(スタントマン)
 第10話 『秘密ではない相談』 柴咲コウ(ケースワーカー)
 第11話 『奇跡のホテル』   水谷豊(コンシェルジュ)

関連サイト

 『古畑中学生』、明日ですよ~。なんだかんだで、楽しみになりました。


2008年06月12日 / 凶悪犯罪者が報道される度に

 容疑者の小中学生の卒業アルバムだの文集だのを放送するのはズルいと思う。


2008年06月11日 / ワシズ

 近代麻雀オリジナルで福本伸行氏の『天』のスピンオフ作品である『アカギ』のスピンオフ作品である『ワシズ』が原恵一郎氏の手により連載開始されました。

 …なるほど。人気連載を延命させる方法も限界にきていますから、スピンオフという形で別作品を立ち上げる…というのはなかなか良いアイデアなのかも知れないと思いました。


2008年06月10日 / お

 今日、これから深夜『ゲームセンターCX』の地上波がありますよ~。6月18日から第9シーズン始まるからその番宣かな。でも、課長は入院している筈。平気なのでしょうかね~。


2008年06月09日 / 古畑中学生

 サイトができていました。

 youtubeにCMが上がっていました。

 CMを観る限り、山田君、結構ダイコンですかね。ただ、あの音楽と演出だけでちゃんと古畑になっていたのはさすがだと思いました。なんだかんだで、期待しながら観てしまうかも。あと原田泰造さんが意外によさそう。

138 名前:名無しさんは見た!@放送中は実況板で[] 投稿日:2008/06/08(日) 09:45:22 ID:cQ14LDeZO
田村正和がそのまま中学生の古畑やったら恐ろしくシュールになるのに。


2008年06月08日 / すっかり忘れていること

 ちょっと前まで携帯の番号が10桁だったこと。


2008年06月07日 / 『アメトーーク!』でキン肉マン芸人をやる

 予想。

 ケンコバが宮迫に向かって「そのハゲもフェイスフラッシュで治りますよ」で、蛍ちゃんが「なんやねん、フェイスフラッシュって」でもって、「ホトハラさん、正気ですか」。

 予想。

 バッファロー吾郎がカナディアンマンかスペシャルマンを弄る。

 予想。

 ゲストが牛丼を持って登場する。

 予想。

 トークテーマを松島みのりさんがナレーションする。

 予想。

 誰かが怒った時に「アシュラマンや!」とツッコミが入る。

 予想。

 ケンコバが「キン肉マンで性に目覚めた」と下ネタに持っていく。

 予想。

 芸人とは成長の遅い植物であるEND。


2008年06月06日 / レーザーレーサー

 「まるで日本新記録のバーゲンセールやー」

 と言うのは彦麿呂なのか、ベジータなのか。

 ――くだらんおべんちゃらは止めよう。


2008年06月05日 / ごめんネコ

 昨日の更新は嘘です。ごめんネコ。この1ヶ月は更新をしないで何をしていたのかというと、何もしていませんでした。素晴らしいよ、何もしないってことは。ビバ! 怠惰!


2008年06月04日 / もうちょっと

 あともうちょっとしたら復帰します。もうちょっと。ちょっとだけ。


2008年06月03日 / 蟹工船

 1929年に発表されたプロレタリア文学の名作『蟹工船』が異例の売れ行きを見せているようです。

 ◎プロレタリア文学:名作『蟹工船』異例の売れ行き

 勿論、小畑健氏が挿絵を描き下ろしたから売れた、というわけではありません。


2008年06月02日 / 金

 どうやったら楽に金を稼げるのだろうか? とか良く考えるのですけど、そういう話をすると確実に「楽に金なんて稼げるわけがない」とか反論されるんですよね。でも、楽に金稼いでいる人って結構いると思うんですよ。これは具体的には言えないんですけど、社会の隙間に生きる人々とでもいいましょうか。結構いると思うんです。だから、決して不可能なことではないと考えるわけです。

 でも、良く考えてみたら、楽に金を稼ぐ方法を編み出すことが凄く難しいんですよね。それに気付いてしまったことで、結局のところは地道に稼いだ方が楽なのだと思いました。


2008年06月01日 / あつい

 ぱじゃまソフトから『ティンクル クルセイダース』の体験版が送られてきた。2年以上も前にハガキ送っただけなのにきめ細かいサービスをする会社だなぁと思う反面、これが時限爆弾になった人も結構いるのではなかろうかと余計な心配をしてしまったのは僕だけではない筈だ。