« 『マックフルーリー ミルクティー&オレオRクッキー』の感想 | メイン | 鼻歌 »

2008年06月25日 / 人志松本のすべらない話

 この番組の一番の笑いどころは各芸人につけられたキャッチフレーズだと思う。

 松本人志…すべらない話の真髄を極めた男、キング・オブ・すべらない
 千原ジュニア…話芸のスペシャリスト
 宮川大輔…擬音マジシャン
 ほっしゃん…お笑いファンタジスタ
 ケンドーコバヤシ…お笑いテロリスト、バリトンヴォイスの異端児
 小籔千豊…吉本新喜劇最年少座長
 兵動大樹…浪速のエビス顔芸人
 河本準一…家族話の達人
 有田哲平…永遠の邪悪なお兄さん
 オリラジ中田…お笑い武勇伝
 世界のナベアツ…オモローヒゲ芸人
 秋山竜次…キャラクター博物館
 矢作兼…お笑い界のクールマン
 近藤春菜…若手女芸人界のつっこみ隊長
 おにぎり…リアルジャイアント芸人
 ゴリ…天性のラテン系芸人
 濱口優…ちびっ子のお笑いカリスマ

 …無理矢理考える必要あるのか? 意味不明なのが多すぎる…。

コメント

フジテレビの性癖なんでしょうね。
F1ドライバーも珍妙なキャッチフレーズを付けられてますから。

 永遠の邪悪なお兄さんとか元ネタわかっていない人はさっぱりですからねえ。コピーライターに金払って考えさせていたとしたら笑える。

コメントする