« 予想通り過ぎて。泣ける | メイン | 拘りのカルピス職人・カルピス田中 »

2008年08月09日 / 結局のところ思うのは

 ●元々は深夜に放送されていた番組がゴールデンにあがって失敗した時に、なぜゴールデンに上げたのか? という理由で叩かれることが結構あるのだけど、そういう意見ばかりというのもアレなので別の見方で書いてみる。

 少なくともタレント自身はゴールデンで番組を持つということが目標の一つに入っている筈だから、ゴールデン行きは歓迎すべき事柄にならなければおかしい(元々、ゴールデン枠を持っていて、それとは別の深夜枠がゴールデンに上がるというケースは少ない)。深夜枠のままでずっとやりたいというのは、既にゴールデンで枠を持っていて、それとは別のことをやりたい人こそが主張できるのではないだろうか。
 だからこそ、ゴールデン行きが決定したのであれば、その時点でゴールデン向けの企画を考え、それを実行し力のあるところを示すべきなのである。それで成功して初めて物事が主張できるのではないだろうか。
 
 そうではないのにも関わらず、深夜受けの方がいいから(居心地がいいから)、という理由でゴールデン行きを嫌うのはちょっと違うのかなと思った。

 だからこそ、深夜からゴールデンに移らせたことを叩くのではなく、次回作で頑張って欲しいことを願うべきなんじゃないかなーと。

コメントする