« 『太陽と海の教室』 | メイン | リーマンはじょう »

2008年09月16日 / 少し前に

 ちょっと前に、『アメトーーク!』で猿岩石の有吉が「ギャグをやって拍手されるようになったらお終い」とダンディ坂野に言ってたんですね。彼が「ゲッツ!」をやったら、拍手が起こったことに対してのツッコミで。で、その場には小島よしおもいて、彼の場合は「そんなの関係ねぇ!」をやると周囲は爆笑するという状態だったんですよ。

 それで、先日ですね。小島よしおが久し振りに「そんなの関係ねぇ!」をやったら、周りから拍手が沸き起こってたんです。見事なくらいにパチパチと。

 「そんなの関係ねぇ!」が完全に終わった瞬間だったと思います。この判別システムは実に優秀です。

コメント

おぉ!
そんな判別方法が!

ただ、吉本新喜劇などを見ていると、定番ギャグには拍手を送るようなので
懲りずに、続けて、その域に達してもらいたいですね。

 笑いを獲る為のものではなく、恒例のご挨拶的なものに変わってしまっているというか。ただ、最近はギャグの消費がかなり早いですね。飽きられて消えるのではなく、後ろが詰まっているから押し出されてしまうというか。

コメントする