« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月31日 / 逆効果

 体力の衰えを感じたので、今月は200キロ以上ジョギングをしたのですが、そうしたら身体のあちこちが痛くなりました。だので、動く度に「よいしょ」とか「あたたた」とか言っていたら、「身体が老化してるよ?」と言われました。どうしたらいいんだ。


2009年01月30日 / いただきます

 ちょっと前に『ごきげんよう』に中山秀征さんが出ていて、今のタレントグレードで出る番組ではないよなぁと違和感を覚えたのですが(さんまさん除く)、良く考えてみたら『おもいッきりDON!』が始まったら出たくても出られなくなるわけで、世の中うまいことできているなぁと思いました。『どっちの料理ショー』が終わった後、すぐに『おかげでした』に草薙剛さんが出演した、みたいな。


2009年01月29日 / 黄金伝説

 なんだかんだでこの番組は好きなのですが、食べる時に「バク」とか「チュポン」とかSEを入れる演出が嫌いです。なんか卑猥で。

 あと、島田紳助がWクリームエクレアを紹介したことによって品切れになったのと同様に、あまり節約生活やっていると物がまったく売れなくなるような気はします。


2009年01月28日 / カンブリア宮殿

 王将の回の時に、餃子を食べた小池栄子が0.1秒で「うまい!」と言ったのに対し、ドラゴンは「ビールが欲しい」と言いました。

 なるへそ。この二人は想像以上にバランスが取れているな、と思いました。


2009年01月27日 / リーダー’s ハウトゥ Book

 ぶっちゃけ、今一番面白い番組だと思う。


2009年01月26日 / 布団を変えました

 柔らかい布団で寝たら筋肉痛になりました。


2009年01月25日 / サザエさん

 カツオの声優が富永みーなさんになって以降、ウキエさんを見ていない気がします。ぶりぶりざえもん的なものを感じます。


2009年01月24日 / 我満できないこと

 テレビの右上に出ている「アナログ」の文字が想像以上にウザすぎます。『ザ・ガマン』で使える程ですよ、これは! これに我満できず、地デジに移行する人は多そう。正に思う壺ですね。腹立つ。


2009年01月23日 / 10周年記念に

 サイトのトップページを1999年の1月22日のものにしようとしたのですが、あまりにも恥ずかしくてできませんでした。多分、全裸写真をアップするよりも恥ずかしい。


2009年01月22日 / 10周年

 1999年1月22日にスタートした当サイトは、本日10周年を迎え11年目に突入致しました。才能のない人でも同じことをやり続ければ身になる、と誰かが言ってましたが、僕は身に付かなかったような気がします。テキストサイト人としての才能が。


2009年01月21日 / バラク・フセイン・オバマ・ジュニア

 就任式を同時通訳で生中継していたのを見て、日本てアメリカの植民地なんだなぁと思ひました。


2009年01月20日 / 山本モナ

 山本モナさんの復帰を夕方のニュースで普通に報道する辺り、まだまだこの国のマスコミも捨てたもんだと思いました。


2009年01月19日 / 『中学の時イケてない芸人』

 僕の中学時代のあだ名は「能書き垂れ男」でした。


2009年01月18日 / 『L change the world』の感想

 この映画の仕掛け人には金儲けの才能がたんまりあるなぁと思いました。


2009年01月17日 / 『SaGa2 秘宝伝説』DSリメイク

 ◎『SaGa2 秘宝伝説』がDSでリメイク

 あの良い意味で狂ったゲームバランスを再現さえしてくれたら……無理だろうな。しっかし、3Dの戦闘画面でレオパルド2はどう表現するのだろう? メタルマックスみたくなったら笑える。

 ↓この辺りは実装して欲しい。

 ○せんせいに回復方法
 ○弱いNPCキャラを強くする(ここはバランス良くてよい)
 ○キャラ成長方法の見直し(すばやさ)
 ○肉を食べた時に格好良く変化
 ○レースの街の演出強化
 ○いじわるなダンジョンをさらにいじわるに

 などなど。


2009年01月16日 / 今年の『鳥人間コンテスト』は休止となりました

 ◎今年の「鳥人間コンテスト」休止

 五味Pに任せてみれば良かったのに。


2009年01月15日 / !

 豪快に外しました。当たるつもりギンギンでしたのにん!


2009年01月14日 / 実写映画版『ヤッターマン』

 新アニメ版のOPを『ヤッターマンの歌』したのは良かったけれど、実写版(劇中歌 CM曲)までそれにするのは違うと思った。子供向けにも、大人向けにもなれず。ここでこそ、『嵐』の新曲をプッシュでしょうに。あと、ドロンジョ一味の衣装はゴイスですが、顔隠れすぎて誰が誰だかわかりづらいですね……゚:・( つдT)・:゚


2009年01月13日 / 少々深い話

 『検索ちゃん』メンバーが小池栄子のことを「えいちゃん」と呼ぶのはそれなりに深いと思う。


2009年01月12日 / 謎

 北朝鮮の『美女軍団』のことを、昔は『喜び組』と言っていた気がするのですが、なぜ表現が変わったのでしょうか。


2009年01月11日 / 放送室

 昨年一番面白かったテレビ番組は『ひょうきん夢列島』だったと思うのですが、今年は早くも『ドリームマッチ』に決まったような気がします。

 それを破るとしたら、『Perfumeの気になる子ちゃん』でしょうか。


2009年01月10日 / スピード離婚

 3年4ヶ月なんて、別にスピード離婚でもなんでもないじゃん……と思ってました。色々恥ずかしいです。


2009年01月09日 / 嗤ったこと

 「『チャゲアス』解散」という誤報。

 てーか、各マスコミの報道ソースってほぼ一緒なんでしょうかね? 独自のソースを持っていればこういうことにはならなかったのだと思いますが……。大手個人ニュースサイトが誤報を流して、子サイト、孫サイトも誤報を流してしまう……みたいな感じで。なんだかなあ。


2009年01月08日 / なるほどザ宝くじ

 5等が当たりました。

>第427回
>抽せん日 2009年1月8日
>本数字 05 12 13 33 39 42
>ボーナス数字 20

 ふと思ったのですが、宝くじは当選金の使い道を考えるのが楽しいということに気付きました。もし1等が当たったら、今まで俺を見下してきた奴を札束で殴ってやるんだ。


2009年01月07日 / 今日驚いたこと

  『アメトーーク!』のゴールデン進出要請が一度もなかったこと。ということはアレだ。要請があったら、どうするんでしょうかねえ。


2009年01月06日 / ビッグ3(クライスラー、GM、フォード)

 どうも各マスコミはビッグ3をズッコケ3人組扱いしているような気がするのですが、それは気のせいでしょうか。


2009年01月05日 / 目標

 今年の目標はロト6で1等を当てることです。


2009年01月04日 / テスト

 サイト内にて新年の挨拶がなかった件について。

 1、喪に服したのだな、と思った方は初心者
 2、新年に定型な挨拶をするのを嫌う人だからな、と思った方は中級者

 では上級者はというと……。
 


2009年01月03日 / 個人的感想

 年末年始、テレビで一番良く観たのが優木まおみで、逆に観なくなったのがタカアンドトシのような気がしました。


2009年01月02日 / 『うみねこのなく頃に』(EP4)の感想

◎はじめに

パッケージ画像 有名同人ゲームの第4話(EP4)です。作品背景など、詳しいことはEP2の時に書いたのでこちらをご覧ください。
 なお、ややネタバレ気味の感想となっていますのでご注意ください。(←ここまでEP3感想の使い廻し(笑))

◎キャラクター

 今回も新キャラが多く出てきたので吃驚しました。なんというか、密室物で限られたキャラクターの中で活劇が起こる……という先入観を見事に利用している感じですね。予想の斜め上のさらに斜め上を行ってます。まぁ、キャラが出てくる出てくる。そのお陰で空気になっている者も大分いましたが、これは仕方のないところなのかも知れません。ってゆーか、これだけキャラ出して収集できるのでしょうか、と疑問に思うくらいに。

 まぁ、キャラに関しては相変わらず竜氏節全開で楽しかったです。特に楼座。ボイスがないのにも関わらず、絶叫が頭の中に木霊するくらい凄かったです。全開バリバリにノリノリに描いたんだろうなぁ、と。エネルギーが凄すぎます。ああ言うテイストというのはどういう境地に至れば描写することが出来るんでしょうかねえ。なんというか、世界観が常人のそれとは全く違う感じがして素晴らしかったです。まるで実体験を元に描いているのではないか? と想像してしまうくらいに。

◎シナリオ

 これまでのエピソードの中で最大のボリューム。結構、複雑な構造を分かりやすく描いており、これは書くのに骨が折れただろうな、と思いました。山場が何シーンかあり、そのどれもが、まるで最終回直前かのように盛り上がります。プレイヤーはまだまだ最終回は先だと知っていながら、そう認識させるのですからその筆力は凄まじいです。実際にはそうでないのにも関わらず、ある程度の伏線が回収され、収束に向かっている……と錯覚させる能力。これが本当に凄い。ただ、プレイ後の印象からすればEP3のが良かったんですけどね。今回のはちょっと人を選ぶ(笑) まぁ、あの爽快感溢れる終わり方に比べたら1枚落ちるのは仕方のないところではありますが。

 ぶっちゃけまあ、この時点で約半分しかストーリーが進んでないってのが信じられないですよ。連載って、大抵は間延びしてしまうものじゃないですか。まだ2人しか四天王倒していないから先は長い、みたいな。この作品にはそれがないから凄い。作中で言ってるのにも関わらず、感想として思ってしまうくらいに。

 しっかし、疑問なのですが、何処まで計算して作ってあるのでしょうかねえ。脳内宇宙の広大さが私とは比べものにならない程広いのでまるで想像が付きません。EP4の新キャラとか、EP1の時点で登場が決まっていたのでしょうか。だとしたら……実に恐ろしいです。伏線を伏線と気付かせない手腕。また、伏線そのものを貼らずとも整合性を付けてしまう能力。まさに魔法ですわ(笑)

◎システム

 EP3の時に同じ。特になし。あ、演出は結構格好良いです。時間ない筈のところに良く詰め込んでいるなぁと思います。

◎絵

 新キャラの立ち絵、既存キャラの差分パターン、別パターンの絵など。今回も仕事量多すぎです。色々と大丈夫なのでしょうか。あと相変わらず、竜氏は良い表情を描きますね。一発で印象に残る表情、とでも言えば良いでしょうか。ああいうセンスの持ち主は滅多にいないですよねえ。

◎音楽

 今回もかなり曲数が増えました。ただ印象に残る曲はあまりない感じです。どれも素晴らしいとは思うのですが、これぞというのはないかも知れません。もう100曲を超えました。EP FINALの頃には200曲を超えているのでしょうか…。

◎総評

 相変わらず、日和ってません。こちらの想像の上を行ってます。下手な想像は見事に打ち砕いてくれます。また、コンシューマや一般流通ではクレーム来まくりであろう内容がてんこ盛り。そんな内容でも同人ならばOKというのですから、便利な世の中になったものです。この内容だからこそ、この規模でも同人に留まっていることが許されるんでしょうねえ。

 戦人がベアトとのゲームにいつか勝つ、というのが『うみねこのなく頃に』のストーリーだと思ってましたが、どうやらそんな少年漫画的な方向にはならなさそうですし、緑寿の活躍も想像していたものとは違ったものになりましたし、アレアレコレコレもゴニョゴニョですし、全く先が読めないですね~。一体全体どうやって収集をつけるのか。興味津々です。

 や、実に爽快でした。半年に1度のペースでこれは凄いですよ。もう並大抵のスケジュール管理、根性、努力、精神力では成せない技だと思います。それくらいのクオリティでした。

 そんなこんなで、次回も期待しております。それでは。


2009年01月01日 / こないだ

 小島よしおが優木まおみのことをちゃん付けしていましたが、彼は彼女の方が年上だと知っていたのでしょうか……。