« 嵐の実験スペシャル | メイン | あるある、ならぬ、ないない »

2009年11月03日 / 再会

>721 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 22:50:14 ID:R9KGLr3O
>今回の津川と閣下に出てる津川はまったく別人の役でしょ?
>なんでこんなアホなキャスティングしたんだろう。
>
>梶原善みたいにエキストラっぽい役が別の回の別な役で出るなら分かるが
>仮にも犯人役やった人間が別な役で何食わぬ顔して出てくるのが理解できない。

>>>>721
>>ザックリ説明すると、「再会」は、三谷幸喜のことを
>>可愛がっていた伊丹十三に向けたレクイエムになっている。
>>だから、犯人役に伊丹作品の常連である津川を使っている。
>>古畑と安齋の最後のやり取りは、
>>三谷から自殺した伊丹十三へのメッセージ。
>>一方、「閣下」は、古畑が犯人を自殺に追いやってしまったエピソード。
>>三谷がどうして再び自殺をキーワードに話を書こうと思ったかは忘れたが、
>>「再会」で書ききれなかったメッセージを込めようとしたため、
>>再び津川をキャスティングした。

>>ということで、こういうことを知ってから見ると、
>>とくに「再会」はグッと来る。

 この背景は凄いなー。

コメントする