« カフェ・オ・レ メロンパン(125円) | メイン | ガスト 日替わりハンバーグランチ(523円) »

2010年05月19日 / クリームパン(98円)


 クリームパン。パンの中にカスタードクリームが詰め込まれているアレである。グーパンチをつぶしたような形をしているアレである。不変であり、不滅であり、普通であり、基本である。我々の世代にとってみれば、あんパンよりもスタンダードであり、それは恐らくは食パンすら凌駕する。要するに食って食って喰いまくっているのである!

 それ故に感動は少ない。旨さの多寡の差が少ない。旨かろうが、不味かろうが、クリームパンはクリームパンである。旨いことには違いないが、そんな凄いものでもない。それがクリームパンの認識だったのだ。

 しかしながら、これだけは違っていた。僕はカルチャーショックを受けた。セブンがこのタイプのクリームパンを出したのは、恐らく10年以上前だったと思うが、初めて食べた時にかなりの衝撃を受けたのだった。「こ、これは凄い」と。なんというか、とにかく旨い。カスタードクリームが濃厚でバニラが薫り高く、卵の旨味も強い。パンもなんか甘みがあって、柔らかくて美味しい。でもって、生地の厚みが絶妙に丁度良く、それがカスタードと見事にマッチする。実に計算されたカスタードの量とパンの厚さに仕上がっていたのである。

 それ以来、僕は虜になりセブンのクリームパンを買いまくるようになった。全盛期には毎日一個は食べていたように思う。その間に「おいしくなりました」と何回リニューアルしたかはわからない。多分、10回以上は「さらに美味しくなりました」とリニューアルされたと思う。値段もいろいろで100円になったり、105円になったり、110円になったりした気がした。が、そんなに美味しくなったと思えなかった。

 まあ、それは兎も角として現在の値段は98円。当時の旨さに比べると味は落ちてはいますが、それでもこれは良い出来だと思えるパンです。

コメント

わたくしあまり甘党で無いので、メロンパンは食べないのですが、昨日の、ガメラみたいなメロンパンは食べてみたいですね。

昔、セブンのエッグタルトにはまったこがあり、卵っぽい味が好きなので、本日のクリームパンの”卵の旨味が強い”というのはかなり惹かれます。

 まあ昔の方が旨かったことは残念なのですけどね。

 タルト系はポロポロこぼれるのでそれだけで敬遠してしまいがち…(笑)。

コメントする