« 2010年07月 | メイン | 2010年09月 »

2010年08月31日 / トロイカ体制ですね

 鳩山さんが自らトロイカ体制と言ってたのが面白かったです。…はは。はははーっ!!


2010年08月30日 / さくまあきらアワー ~帰って​きたジャンプ放送局~

 めさ面白かったっす。いや~、懐かしかった。次回もありそうなので期待ですね。


2010年08月30日 / 彼らはある人物をリスペクトしているに違いあるまい

 菅が、野田が、白川が、「注視する」「注視する」と言う度に株価が、先物が、為替が、もの凄い勢いでスコーンと墜ちてゆきます。もはやギャグでやっているとしか思わなかったのですが、ここに至るまでその動きを続けているということは…もしかすると彼らは山崎邦正をリスペクトしているということなのでしょうか。


2010年08月29日 / 最近

 またニコニコ動画とか観ていたります。いろいろ面白動画あったのですが、衝撃だったのがコレ。

 今思うと『メタルマックス』ってセンスの固まりのような作品っすね。ブーメランスパナ、涙の7ミリ機関砲、マンモスタンク、バイオニックポチ、ほぼ全てのセンスが良いという…。


2010年08月28日 / 徳さんの長い一日、いや二日

 24時間テレビの司会をしておりますが、始まる6時間ほど前までに約7時間のラジオ生放送をやってたりします。69歳に無茶させすぎです…。


2010年08月27日 / やばいっ

 気づいたら東京マラソンの申し込みが始まってました。あわてて申し込みました。でも多分落選確実っ・・・!


2010年08月26日 / 献血しました

 前から興味があったので献血に行ってきました。場所は高崎熱血倶楽部というところです。駐車場はありませんが、契約駐車場があるのでタダで駐車できます。

 400mlの全血で受付開始から終了までで約1時間、サービスドリンクあり、サービスお菓子あり、血液検査あり、スタッフのサービス良し、施設のシステム良しと、なかなか面白い時間を過ごせたと思います。

 1、受付

 生年月日とか血液型とか住所とかその他もろもろを書かされます。身分証明賞を見せてチェックをします。

 2、チェックシート書き

 チェックシートみたいなものを書きます。海外に住んでいたとか、外科手術経験あるとか、HIVの検査目的ではないか? とか不特定多数の異性と性交したかとか、そんな感じのものです。

 3、血液検査

 血液の検査をします。粘度とか計るみたいですが、詳しいことはよくわからず。それによっては200mlになったり採血中止になったりするみたいです。その際に氏名と血液型を聞かれます。あと血圧を測ったりします。

 4、採血

 血を抜かれます。その前に暖かいドリンクを飲んで血行をよくします。じゃないとスピードがあまり出ないそうです。その際にまた氏名と血液型を聞かれます。針を刺してから抜くまで20分くらいだったかと思います。

 採血はなんとなくくすぐったい感じで笑いそうになりましたが、なんとか堪えていました。目の前のテレビでますだおかだの岡田さんがギャグを言っていたので、それを見て笑ったと勘違いされないようにするのが大変でした。

 あと看護士の方に「初めて献血されるそうですが、ふとしてみようと思ったのですか?」的なことを聞かれたので「日頃悪いことばかりしているので罪滅ぼしの為に」といったらかなり受けていました。大真面目で言ったつもりなのに…人間の笑いのツボってよくわかりません。

 初めて血を抜かれた感想としましては「何の変化もない」ってことでしょうか。や、もうちょい身体に変化とかあるかと思っていたのですが、思った以上になにもなし。酔いが早くなるとのことで、酒とか飲んでみましたが変化なし。ただし血圧の数値が上下共に20くらい下がっていたので、感覚的なこと以外での変化はあったっぽいですね。

 5、記念品もらって終わり

 絆創膏と(なぜか)(食器とか洗う為の)スポンジをもらって終わり。この他に献血カードというのがあって、これで個人情報を管理するみたいです。次回献血可能日が書いてあって、これ以降の日じゃないとコンピュータが弾いて献血できないというシステム。あとポイントカードがあって、貯まると記念品がもらえるみたいです。なんというポイントブーム!
 あ、血液検査の方は3週間後くらいに送られてくるそうです。

 ☆総評

 興味のある方はやっておいて損はなし! といったところでしょうか。ぶっちゃけ、自分の血液がどの程度ヒトサマの約に立つのかまったくわからないわけですが、気分はなかなか良い感じです。


2010年08月25日 / 頭文字D

 『電車でD』のゲームが配布されたときいてなんだか懐かしい気持ちになりました。なにせ群馬が全面に押し出された唯一のアニメといっても過言ではないですし。


2010年08月24日 / ガリガリ君

 ソーダ味が消えたのでグレープフルーツ、南国パイン味などで凌いでいたのですが、それすらも売り切れてしまいました。


2010年08月23日 / 『うみねこのなく頃に』(EP7)の感想

◎はじめに

パッケージ画像 有名同人ゲームの第7話(EP7)です。作品背景など、詳しいことはEP2の時に書いたのでこちらをご覧ください。ちなみにEP3の感想がここで、EP4の感想がここです。

 EP5と6の時は感想書いてません。今回は書きます。5と6の時に書かなかったのは…まあヱリカのキャラとゲロカスって言葉しか印象に残っていない…からではないです。ウサンノカオリも印象に残ってます…じゃなかった。エネルギーが沸かなかった…ぶっちゃけ面倒だったということです。すいません。真実ってのは得てしてそんなものなのです。てーか、ゲロカスって凄い印象に残る言葉ですよね。このセンスこそが竜氏の真骨頂ですよねー。

 なお、例によってネタバレ気味の感想となっていますのでご注意ください。

続きを読む "『うみねこのなく頃に』(EP7)の感想"


2010年08月22日 / ビッグマック200円

 2個食べようと思ったのですが、お腹パンパンになって気持ち悪くなってしまいました。でも、妹は二個食べれてました…切ない。憂い。


2010年08月21日 / もしも俺が父親テキストサイターだったら

 学校から帰ってきた息子の一言。

 「今日の放課後、学校で大をしてから帰ってきたよ。水道代の節約になったね」

 …教育方針間違えた。


2010年08月20日 / まっちゃん復帰

 車椅子で登場したとのことですが、それだったら三宅雪子議員のコスプレをやって欲しかったと思ったのは私だけでしょうか。


2010年08月19日 / 最近気づいたこと

 二宮君と有吉のしゃべり方は似ている。


2010年08月18日 / 池上彰さん

 右翼左翼から、経済情報、歴史、スパイ、天気に至るまで。

 元々あった知識なのか、番組の為に勉強したのか、前者だとしたら結構恐ろしい。


2010年08月17日 / わらった

 『めざにゅ~』見てたら気温が28.9度になってて笑いました。それで涼しいと感じる自分にも笑える。


2010年08月16日 / ヨーカドー前橋店閉店

 会社に一枚のFAXが届きました。それはイトーヨーカドーの前橋店より「長い間ありがとうございました」とのメッセージでした。

 というわけで、本日8月16日をもってイトーヨーカドーの前橋店が閉店となりました。ヨーカドーというと、今の若い人たちはどんなイメージを持たれるでしょうか? ちょっと高いスーパー? イマイチぱっとしないという位置づけ? ほとんど行ったことがない? そんな感じかも知れません。

 しかしながら、私たちの世代にとってみればイトーヨーカドーは生活に密着した…ライフラインの象徴ともいえるべき存在だったのです。デパートとスーパーの中間のような位置づけ、豊富な品揃え、色とりどりのお総菜、今ではどこのスーパーでもやっていることですが、当時はヨーカドーに行くしかありませんでした。

 だからヨーカドーに行くと聞いただけでワクワクしましたし、店内を歩いているだけで充足感が得られたのです。田舎から都会へとやってきた高揚感。ぶっちゃけ、うちの周りには個人商店しかありませんでしたので、食料品から衣料品、日用雑貨、または屋上の遊園地に至るまで様々が揃っていたヨーカドーは完全なる別世界なのでした。単なる買い物をする場というだけではなく、買い物そのものを楽しませてくれた場、それがイトーヨーカドーでした。

 テナントのファミレスで食べたお子さまランチの味は今でも覚えていますし、迷子になって放送してもらったのも今となっては良い思い出です。

 まあ、そんな思い出があるのはヨーカドーの藤岡店の方なんですけどね(笑)。こちらはこれからも元気に営業されることと思います。

 そんなこんなでちょっと切なさを覚えた夏なのでありました。


2010年08月15日 / おおおお

 また気づいたらSBI債が売り切れていました。誰か億単位で買ってる人とかいるんスかね?


2010年08月14日 / 郵便貯金

 限度額1000万ですが、それに利息がついたら1000万超えた金額を預けていることになってしまうわけで、そういう場合どうなるのだろう? と考えたことがありました。そんな心配する必要ないのに。


2010年08月13日 / どうでもいいですよ

 『GTO』のテーマと『20世紀少年』のテーマがなんとなくたぶって聞こえてしまう。


2010年08月12日 / ここ数ヶ月

 5日連続で働く機会がなかった気がするのでちょっと疲れました。


2010年08月11日 / SP 野望篇

 まさかの二部作ッ・・・!

 期待せずにはいられないが、2年以上経ってそれなりに熱も冷めたわけでありッ・・!


2010年08月10日 / バクマン9巻

 いつのまにまに編集長がウザキャラになってますが、いろいろ大丈夫なのでしょうか。


2010年08月09日 / 流れ星

 富士山では流れ星のバーゲンセールでした。


2010年08月08日 / オマイゴ

 気温50度オーバーを記録したわが群馬でついにガリガリ君売り切れ現象が発生しました。


2010年08月07日 / 俺は気づいた

 ぶっちゃけ、30を超えても20代の頃と比べて劣ったことなど何一つない!

 体力、精神力、集中力、気力、財力、忍耐力、応用力、すべての面において、俺は当時よりも上回っている! それを富士登山で再確認した!

 だから、この三十路の限界のコーナーはこれでお終い!

 


2010年08月06日 / 富士山2010

 2010年バージョンです。2004年がこちら。2009年がこちら

 18時10分ぐらい出発を決めて、5分で準備をし18時20分ぐらいに出発しました。

 何キロ走るのか。

 近所です。意味はありません。

 スーパーでお買い物。

 これと電池を買いました。

 寄居PAで休憩。ここはディズニーランドみたいな外観の建物で構成されてます(1 2 3 4 5 6 7 8)。トイレが超(死語)綺麗。

 嵐山PAでも休憩。夕食です。夏休みの所為で人が多かった。

 現地到着。満車で五合目駐車場よりも1キロくらい下に停めされられました。ひどい。

 トイレ。出発前は必ず立ち寄りましょう。そしてテッペン目指して出発です。

 七合目。山の寒さとかありませんでした。チャイニーズとかガイジンが多かった気がします。これも時代の流れでしょう。

 八合目。ガイジンが多いのは良いのですが、マナー悪い人が目立っていた感じ。半袖ジーパンで登ってる人とか。くりぃむしちゅー上田さん風に言うなら「半袖ジーパンマジカンベン」。

 九合目。この辺から人多すぎで参りました。思うように上れず渋滞。去年も凄かったですが、今年はそれ以上。何十人のツアー客とかシンドイです。あとナントカ大学が270人くらいで訪れていたとか。

 そして山頂到着。4時間40分くらいで制覇ですかね。去年よりも楽でした。

 去年はなかった自販機が。値段は400円。ペット類は500円。

 昨年お世話になった山小屋。同じようなメンツで営業してました。

 画面ではわかりづらいかも知れませんが、とにかく人が多いです。1000人くらいはいたかも知れません。これはいろんな意味でシンドイ。霊峰の神秘さとか失せまくり。ぶっちゃけ、花火大会みたいでしたよ。ご来光=花火

 人多すぎで山頂にいるのがシンドかったので速攻下山開始&ご来光鑑賞。

 吉田コースの下山道は結構退屈だったりします。基本砂。行きは岩肌よじ登りとかあって面白いんですけども。

 山から見る下界。富士の樹海の広大さがわかりますなあ。あの中にいったいいくつの(略)。

 目が痛くなってきました。

 見上げるとこんな感じ。人が少ないのが良いです。

 下山道の景色は六合目までこんな感じのが延々と続きます。すんごく滑ります。俺のギャグと一緒だ。

 足の下に雲、雲の上に空、空の上に雲。『FF5』のムーアの森みたいですな。

 良くニュースとかで滑落して死亡とか流れますが、その意味がおわかり頂けるかと思います。滑ったら延々と落ちるだけですよ、これは。

 絵変わり。

 下山道の土は砂っぽかったり、砂利っぽかったり、粘土っぽかったりと意外とトリッキーです。私の目の前を子供達がざざーっと下っていったのには参りました。子供のバネ力に乾杯。おじさんは膝が悲鳴を上げて駄目でした。登りよりも下りのがシンドイ。

 砂道が延々とうなってます。40うなりくらいあった気がします。

 トイレ発見。そうそうトイレで思い出したのですが、山頂で100人くらい並んでいてアホかと思いました。ディズニーランドだってそんなに並ばないよ。

 山頂からここまでトイレありませんので「山頂で行っておいた方がいい」的な情報が流れているんだろうなぁと思いました。ちなみに山頂からここまで2時間くらいかな。

 落石対策のシェルターです。微妙。

 見上げるとこんな感じ。登って降りて生産性のないことだ、なんて言っちゃ駄目。

 樹海から河口湖。

 俺は

 帰ってきたぜ!

 帰りはたらたらと休憩しながら到着。というか、ぶっちゃけ意識飛びそうになったので2回ほど仮眠をとった次第でござーい。走行距離392キロ程ですね。車買ってから7年で70000キロ乗っていないという衝撃の事実に気づいて愕然としましたとさ。終わり。

 そして来年に続く(わけない)。


2010年08月05日 / 俺は帰ってきた!

 旅から帰ってきました。人が多すぎたのがいけませんでした…。


2010年08月04日 / 少し

 旅にでます。明日には帰ってきます。


2010年08月03日 / 帰れま10

 初期段階 : 100万円を目指してがんばる
 次段階   : 100万は無理だが、グダグダトークの中で面白要素を見出す
 参段階   : 終了までに何時間かかったか、食べた品数は何品か、サバイバル要素が強くなる
 四段階   : ゴールデン進出で豪華なゲストが呼べるようになる。「あの人物がチャレンジ?」的な面白さになる。有名人はあまり拘束できない為か、収録時間が減り、初期のようなサバイバル要素が少なくなる。 
 伍段階   : 収録時間は減ったが、それによって100万円チャレンジという要素が復活。
 六段階   : 収録がほぼ毎週になり、別の意味でサバイバル要素が強くなる。


2010年08月02日 / 俺達の冒険は始まったばかりだ!

 『イロモネア』とか『ジャンクスポーツ』とか、「レギュラー放送は終わるけど、特番でたまにやるよ」ってスタンスで終わったじゃないですか。最終回としちゃうのは忍びないけども、不定期では続くんだから寂しくないよ、第1部完みたいな。

 そういう意味で色々と心配してしまったわけです、『レッドカーペット』。