« 今の段階で | メイン | 記憶喪失 »

2011年10月22日 / HNに纏わる話

 基本的に後悔とかあまりしないタイプです。「あの時にああしておけば良かった」とか「違う選択肢を選んでたら別の人生があった」とか思わないんですよね。今の人生が順風満帆かと言われるとまあそうでもないような気はするのですが、特に後悔とかはありません。なぜなら、「あの時に違う選択肢を選んでいた自分」ってものが想像できないからです。違う選択肢を選んでいたら、まあ変化あったかも知れないだろうけど、そりゃあ今だからそう思うわけで、あの時の自分がそれに気づけたのか? って思うと無理だっただろうなと。一つひとつの選択肢はその時の自分にとっては最良だったと思ってるんですね。要するに後悔ってのは単なる結果論なのだろうと。もしくはエロゲのやりすぎと。

 ストレスもあまり感じません。以前は日常生活における様々な不安がストレスとなって、常日頃から心のどこかに潜んでいたような気がしたのですが、気のせいだと気づきました。ストレスって、「俺にストレスはない」って認めることでなくなるもののような気がします。頭の中は常に清々しい。「ンッン~~♪ 実に! スガスガしい気分だッ!
歌でもひとつ歌いたいようなイイ気分だ~~フフフフハハハハ 100年前に不老不死を手に入れたが… これほどまでにッ! 絶好調のハレバレとした気分は無かったなァ… フッフッフッフッフッ ジョースターの血のおかげだ 本当によくなじむッ!最 高 に 『ハイ!』 っ て や つ だ ア ア ア ア ア ア ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ハ ー ッ(URL」ってことです(何が?)。

 悩みもありません。将来に纏わるエトセトラ。悩んでおかなければならない事柄は沢山あるような気もするのですが、どれも心を支配するまでには至らず。別にそんな深く考えなくてもいいじゃないか…って思えるようになってきたんですよね。なんとかなるだろうと。まあ、レストランでメニューを決める時は結構悩むんですけどね。

 …………

 そういうわけで、かなりの楽天家といっても良い私ほいみんですが、一つだけ「しくった」ことがあります。それがハンドルネーム。これは最近気づいたのですが、この「ほいみん」って名前を使っている人が結構いるんですよね。この半年で「あのほいみんさん?」って間違えられたこと数回。なんかね。お金持ちのほいみんさんとか、主婦のほいみんちゃんとか、ニコニコ生放送主のほいみんさんとか色々いるらしいんですよ! ツイッターで検索しても結構いますし、これは参った。ぶっちゃけ、13年前の当時はダサイ名前だと思ってつけてたんですよ。こんな名前、誰も名乗らないだろう…と。それが今では結構いるってのだから信じられない。いや、マジで。

 それだけならまだしも、こないだなんか偽物扱いですよ。ほいみんって名乗ってたらさ。なんか話が噛み合わないと思ってたら、もう一人ほいみんがいたわけで、そいつがきたら「本物キター」とか言われて。バカか! てゆーか、偽物と本物の定理ってなんだよ! 本物は堀井雄二が公認でもしてるのか?w まったくもってわけがわからねえ。ぶっちゃけ、こっちは13年も名乗ってるんだ! そいつが14年以上名乗ってるってんだったら、俺も降参するのだけど、これに関しては譲れない。絶対に譲れない闘いがそこにある。

 そんなにかぶりが嫌ならハンドルネーム変えろって言うかも知れない。けどさー、それももう遅いわけですよ。今更、名前を「水牛吉兵衛(すいぎゅうよしべえ)」とかに変えたとしても、きっと皆さんは僕のことをほいみんさんって言うと思うんですね。で、新規の人が水牛さんって言ったとしても、常連の方々にとってみれば僕はほいみんさんなわけで、そう簡単には変わらない。呼び方も変わらない。そこでまた新規さんと常連さんとで、心が乖離して嫌な感じになりますし、どうにもこうにもI can notなわけです。新規の人「なんでみんなは水牛さんのことをほいみんさんって呼んでるの? わけがわからないよ」みたいなことになるわけです。新規の人にそういう茅の外的な雰囲気を味合わせるわけにはいかない。

 だからまあ…これは詰んでいる話なわけで。もうどうにもならない。大抵の場合、あの時は失敗しても今修正すればなんとかなるけどこれは駄目。なんであの時…俺は…もっと…複雑怪奇な名前にしておかなかったのか!

 そんなこんなで、皆さんもハンドルネームは慎重につけることをお勧め致します。

コメントする