« 記憶喪失 | メイン | 『HUNTER×HUNTER』第4話の感想 »

2011年10月24日 / 亡き王女に捧ぐパヴァーヌ

 アップルのCEO、スティーブジョブズが病の為に退任を発表したそうです。これによりアッポーの株価は一時7%ほど下落。今後、アッポーはどうなってしまうのでしょうか?

 …このニュース。僕には結構衝撃的だったのですが、一般の人の中には結構「スティーブジョブズ? 誰それ?」ってな人も多いみたいです。このサイトを見ている方々は「そんな馬鹿な」って思うかも知れませんが、いやいや結構知らない人もいるンすよ。いや、マジで。

 そこで、スティーブジョブズ引退は例えるならどういうことなのか? ということを考えてみました。

 例えるなら、宮本茂が辞めた任天堂であり、坂口博信が辞めたスクウェアであり、福留功男が辞めたウルトラクイズであり、ネギのない納豆であり、紅ショウガのない牛丼であり、剣乃ゆきひろが辞めたシーズウェアであり、蛭田昌人が退いたエルフであり、TADAが辞めたアリスソフトであり、ドラゴンボールが終わったジャンプであり、薔薇のない花屋であり、ビルゲイツが辞めたマイクロソフトであり、桃鉄をやめたハドソンであり、宮崎駿がいなくなったジブリであり、天使のいない12月であり、サクラのいない出会い系サイトであり、インターネットの繋がらないパソコンみたいなものなんだよ!

 みたいなことを力説してたら、「最後の例えだけで良くね?」と言われました。おだまらっしゃい。


 …という記事を数ヶ月前に書いたままで放っておいたのですが、そうしたらジョブズ逝ってしまいました…。没るのもアレなのでとりあえず上げておきます。

 にしても、この数ヶ月でジョブズの知名度めっちゃ上がりましたね。ipodnanoの時のジーパンプレゼンがすげーよ、と言ってたのが懐かしいです。

コメントする