« 11月7日~12日の結果 | メイン | 今週の『クイズタレント名鑑』が凄かった件について »

2011年11月14日 / 『HUNTER×HUNTER』第7話の感想

 なんでしょうか、このもどかしさ。先週は寿司カットに沸いた衝撃的な回でしたが、今回は「そこカットしないのかよ!」の回でしたね…。

原作

アニメ

 言ってることすげー矛盾しちゃって、自分でも破綻しそうなんですけど、今後の展開を鑑みると↑のシーンはカットしておいた方がいい筈なんですよ…。おまえ、シルバやゼノをとっつかまえるのかよ! みたいな。連載していた時はまだゾルディック家の設定固まってなかったんだろうなあと思える微笑ましいシーンなんですけど、このアニメの場合は先の展開がわかっていてやっているわけですからね…。この辺りの修正が入らないのは非常に疑問。どうして誰も止めなかったのでしょうか。

 というか、前回で原作通りやってたらカットなしでも違和感覚えなかった筈なんですけど、まさかの寿司カットでしたからね…。どういう基準でカットを決めているのか謎すぎます。多分、全体的なストーリー像とかは考慮せずにその場その場の都合でやってるんでしょうけども。

 というか、キルアの殺人シーンもやるとは思いませんでした。規制の問題で『かまいたちの夜』のワカメみたいな出来になってましたけど。

原作

 ↑これが

アニメ

 ↑こんな感じに。

 そういった釈然としない点を除けば、今回の話は良かったと思います。レオリオ回想のマラソン回くらいの出来はあったかと。MVPはネテロの永井一郎さん。今後の展開(=王とのバトル)を考えなければ見事なキャスティングだったと思います。

 というか、概ね原作通りだったので「原作に沿ったアニメになっていて良かった。ボール奪いで30分観させてしまう技術は凄い」としか感想書けないというね。まあ、それはそれで喜ばしいことなのだと思いました。面白かったです。

コメント

こんにちは 
関西ではまだ放送されていないのではっきりしたことはいえないですが

キルアも家族全員捕まえるとは言っていなく
嫌いな母親とミルキのことだと思います。
とすると今後の展開も矛盾がありません  と思いますm(_ _)m

ですよねー(^^

私もそうなんじゃないかな~とは思ってたんです!
今後の展開を注意深く見守りたいですね!

コメントする