« 河口湖に行きました | メイン | 『HUNTER×HUNTER』第325話の感想 »

2011年11月20日 / 11月14日~19日の結果

 4144円のプラスでした。が、含み損は95250円なので順調に資産は減っていってます(笑)。

 今週の出来事と致しましては、イタリア国債の利回りが再び7%台に突入、フランスの国債も格下げされるのではないかということで売られ、オーストリアなど健全と言われているユーロ圏の国債も連れて売られてしまいました。それでもユーロがさほど下がらないのは、ECBが買い支えているのとユーロ圏のレパトリの動きがある為のようです。
 豪ドルはユーロ下落による連安&ファンド勢の決算による利益確定の売りが相次いだようで先週末よりも2円ちょいの円高でした。

 来週の展望ですが、チャート的には下げ止まり感が出てきていますが、ファンダ的には重いのでまだ下がりそう…というのがコンセンサスのようです。ポイントとなるのはやはり欧州問題のようで、株価など堅調に推移すれば円安方向へ。悪材料が出ればユーロ圏のレパトリにより対ユーロでも売られる展開になりそう(=一番影響を受けそう)。

 ただ個人的には今年の安値は10月4日でそれは割らないと考えてます。それは私が豪ドルのロングを持っているからです(笑)。…というのは半分冗談で、時間切れ感が強いからですね。11月24日のThanksgiving Dayまであと4日ですし、ちょろちょろっと下がったあとは意味不明の動きとなって今年の相場は終わってゆくのではないでしょうか。

 来年は…わかりません(笑)。ただみんな下がる下がると言ってるので一筋縄ではいかないでしょうね。去年の1月もみんな下がる下がると言っていてあの様でしたし。

コメントする