« 『ちはやふる』が面白い | メイン | 『HUNTER×HUNTER』第327話の感想 »

2011年12月04日 / 11月28日~12月3日の結果

 はいどうも、ほいみんです。

 今週はプラス25831円でした(含み損38708円)。

 先週お話した通り、先週お話した通り! 先週お話した通り!(一度言ってみたかった)、市場のコンセンサスは下でしたが、感謝祭を越えての巻き戻しなどでクロス円は大幅上昇。豪ドル円に至っては約4円の円安で終了となりました。

 しかしあれですね。相場が円安に傾くと「一時的な戻りに過ぎない。円高傾向は変わらない」と必ず言われますね。でもって「ユーロ問題の根本的な解決策は出ていない。ユーロは崩壊する」とも言われますね。さらには「長期的にユーロは下だが一時的には上昇もあり得る」とか言われちゃったりもしますね。マジシャンズセレクトかよ!

 それと思ったんですが、アナリストって自分の予想が当たったときは「以前お話した通り!」と満々の笑顔で自慢してくるんですけど、外れた時は完全スルーしますよね(笑)。外してごめんなさい、って言う人もたま~にいることにはいるんですけど、基本的には予想垂れ流しですよね。だからまあ、アナリストなんてスポーツ新聞の競馬予想家と変わらないんだなあとか思ってしまうわけです。

 そもそも相場が読めるのであれば、こそこそと記事書いて小銭なんて稼がず、マーケットで稼げばいいじゃないか、それができないってことは本当は負けてるんじゃないか?とまでは思いませんよ、僕は(笑)
 勝っている人も多くいると思うんです。マーケットで稼いで、他の仕事で小銭を稼いでヘッジをするという方もいると思うんです。ですが、多くの人は「オタクが語り好き」なのと一緒の理由でやってるのかな~って思ってます。要するに彼らは相場オタクなんですよ、きっと。

 さて。
 来週の展望なのですが、こちらをご覧ください。

かき

 これはですね。非常にネガティブな足型ですよ(笑)。下落からの上昇基調の中で、どーんと上髭を作って、その上値を追えない…ってのは戻し終わりのサインそのものなのであります。

 というわけで、週初は下がるでしょう。あとは材料次第ですが、明確な方向感は出づらい気がします。ユーロドルが先週の窓を埋めていないのでそれを埋めるまでは下げそうな感じですね。

コメントする