« 『HUNTER×HUNTER』第332話の感想 | メイン | カルチャーショック »

2012年01月24日 / 『HUNTER×HUNTER』第16話の感想

 今週は今までで一番面白かったですね。会長とのボール遊び回(第7話)を上回っていたと思います。

 やはり総集編で休んだ効果があったのかも知れません。それか“序盤の反響”に対して頑張りを見せてくれたのか。いずれにせよ、このままの調子で行って欲しいですね。

 ただ思ったのは、「全編高クオリティは無理」ということでしょうか。どういう制作体制なのかは知りませんが、パートパートでクオリティにムラがあります。良くも悪くも昔のアニメみたいな感じ。今のブルーレイが売れるような全編高クオリティアニメにするというのは無理そう。

 この辺り、妙にクオリティ高いです。スタッフ気合い入れてるな~というのが凄く伝わってきました。…が。

 ヒソカ「グワァァァァァ」

 ここは爆笑しました。結構真剣に見ていたんですけど、「グワァァァァ」って…。オンエア見ていない方は「こいつ話を盛ってるな」と思うかも知れませんが、マジで「グワァァァ」って言ってましたからね。『バクマン』で言うシリアスな笑いを狙ったのだとしたら良いのですが…どうなんでしょう、これ(笑)。

 左が旧アニメで右が新アニメ。旧版の作画が楳図かずおさんみたいだったので印象に残ってるんですよね。こうやって見るとヒソカの髪の色が違うし、時間帯も夜と朝で違ってます。

 そうそう、ゴンがプレートを奪うシーンで「テーレッテテーレッテテーテテテテー♪」の曲が流れなかったのは本当良かったです。

 というわけで、また来週。

コメントする