« 『HUNTER×HUNTER』第333話の感想 | メイン | むーちゃん成長日記2 »

2012年01月31日 / 『HUNTER×HUNTER』第17話の感想

 今週も普通に面白かったと思います。

 特に“ハンゾーが間違えたプレートをキャッチしたのはキルアがすり替えたから”という改変は良かったと思います。今まで様々なオリジナル要素が入ってきましたが、はじめて「おおっ!?」って思いましたもの。ハンゾーの間抜け要素、キルアの狡猾要素をうまく利用した改変だったなと思います。

 ただ、原作に比べるとレオリオのウザさがキツいのが問題ですね。“ウザ要素はあるものの、それを気にさせない憎めなさ、いいおっちゃん(19歳だけど)”っていうのがレオリオだと思うのですが、このアニメでは憎めてしまいそうです(笑)。

 あと非常にどうでも良いのですが、『偽物語』が始まってからはクラピカの声が神原駿河にしか聞こえなくなりました。

 そういうわけで、また来週。

コメント

最近は割と原作通りに作ってるなぁと思いますけど、ゲレタの時といい物陰から様子を窺う演出はちょっと冷めるのでやめてほしいです。

ゲレタのあれは萎えましたね…。
この後のゴンvsハンゾーでのレオリオの反応とか
とても嫌な予感がします(笑)。

>非情にどうでも良いのですが
誤字ですよー

 修正しました…これは多分何回見ても気付かなかったです。

コメントする