« 『HUNTER×HUNTER』第335話の感想 | メイン | バレンタインデーキッス »

2012年02月14日 / 『HUNTER×HUNTER』第19話の感想

 今週は最終試験の組み合わせ発表からハンゾー戦終了まで。

 殴る蹴るの直接的暴力シーンは効果音のみで他者の顔を映すなどしてカットしてましたね。ゴンが殴られるたびに他メンバーの顔が映るので「ここまで気を使わなくても…」と思いました。今のテレビって大変なんですねえ。それとも気を使いすぎているのか。

 それを除けば概ね良かったと思います。

 そういうわけで、アニメになっていることに関しての感想というのは特になかったりします(笑)。当時、どんな気持ちで原作を読んでいたのか、というのを思い出す方が強いですね。初戦でゴンが合格になるとは思わなかったし、そもそもあんなに合格者が出るとは思わなかった、やられたーというのを思い出しました。あとマスタ(黒服の人)がハンターだとも当時は思わなかったですねー。作者的にはどうだったのだろう? この時点でハンターとして登場させていたのか、それとも後で決めたのか。いろいろ気になります。

 では。

コメントする