« 『HUNTER×HUNTER』第336話の感想 | メイン | チルドレンという言葉を広めたのは杉村太蔵さん »

2012年02月21日 / 『HUNTER×HUNTER』第20話の感想

 今週はゴンが目覚めてから、イルミと対峙するまででした。

 冒頭、夢の中でゴンがジンを追いかけるシーンがあり「おっ、またオリジナルか」と思っていたのですが、よく見たら原作の扉絵を膨らませたものでした。

 こういう演出は良いですね。でも、ルルカ遺跡の部分はカット。カイトとの出会いがカットされていた影響でしょう。この後にダブルハンターの認定証を見せるシーンとかどうするのか。うまいこと処理しないと破綻してしまいますが…。

 で、本編はというとBGMの使い方が抜群すぎて笑いました(ゴンと友達になりたいのところとか特に)。BGM芸とでも言いましょうか、これは多分わざとやっているとしか思えないという。アニメでBGMに注目することなんて、殆どありませんでしたが、ここまでくると逆に面白い。いや本当に。

 というわけで、また来週。

 おまけ ポドロVSヒソカ戦の旧作との比較(転載)

 ありがとうございました。

コメント

次回は3/4という画像を載せながら来週一体何をする気なんだ・・・

こうご期待! け、けっして間違えたわけじゃないんだからねっ!!

コメントする