« 24年4月2週目の結果 | メイン | 映画の『UDON』は観ていません »

2012年04月16日 / 『HUNTER×HUNTER』第27話の感想

 今週は天空闘技場に入ってからウイングの宿に行くところまででした。

 今回からオープニングが一新。とはいっても曲は同じで2番を流すという演出。EDは変更。旅団の作画が気合い入ってるなーと思いました。が、どうやってもOVA版には適わないのが悲しいところですね。あとはクラピカの表情が爽やかだったのが気になりました。こんな表情をするキャラじゃないだろ…と。

 で、本編。
 基本、アニメのハンターは子供向けではなく子供騙しだと思っているのですが、今週はうまい具合にデフォルメされているかなと思いました。モブ同士のバトルがしょぼすぎるとか、「ズシ!!」の迫力が皆無すぎるとか問題点は多々ありましたが、概ね良かったのではないでしょうか。大分テンポがいいのが良かったですね。というか、前回は『Fate/Zero』を観てから『HUNTER×HUNTER』を観たわけですが、今週は逆パターンでいったんですよ。それが正解でした。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

ズシがかなり小さいなーと思いました・・・
原作と比べてもかなり。

 お子さまに配慮してのことだったのでしょう。
ただそれでももうちょいなんとかして欲しかった
ですね。印象深いシーンですし。

細かい指摘で申し訳ないのですが、シュタゲのダルは関智一 さんなのでは?
関俊彦さんはひぐらしの入江とかSEEDのクルーゼですね。

や、そういう指摘はありがたいです。すっかり勘違いしてました…。
違和感あった筈だ…と。

コメントする