« 24年4月1週目の結果 | メイン | 閉店セール »

2012年04月30日 / 『HUNTER×HUNTER』第29話の感想

 今週はウイングにオーラ注入してもらってから、ギド戦の途中まででした。

 トンパのジュースであるとか、洗礼を受けた者のキャラデザとかは「旧作では変更していたけど、本作では原作通りやりました!(キリッ)」という感じなのでしょうか。本来であるなら「良く頑張った」と思うところなのかも知れませんが、何の感情も揺さぶられないのはなぜなのでしょうか。

 そんなこんなで、今週の感想ですが、概ね原作準拠なので特に何も感じず。「おっ」と思ったのは、ギドのコマの動きが面白かったところですね。

 ………………。

 …や、うんわかります。例の『イナズマイレブン』演出の件ですよね?

 旧作の『ハンター×ハンター』で最も特徴的だったのが「技名を叫ばない」でした。「エンペラータイム!」であるとか「ダブルマシンガン!」とか、漫画的な表現としては栄えるのですが、アニメで同じことをやっても格好良くはならない…という判断だったのかは知りませんが、もの凄い拘りを感じたところでした。バシっと技名を言って相手を倒す、なんて王道中の王道なわけですから、その演出をカットするというのはかなりの決断だったと思います。…が!

 …うん、今作は普通に技名叫んでいたね。字幕出ていたね。『イナズマイレブン』だったね。もうね。技名は言うのだろうなあと思っていましたが、あの演出は笑ってしまいました。ここも「旧作では変更していたけど、本作では原作通りやりました!」という感じなのでしょうか。

 これが技演出のフォーマットっぽい感じもしますので、これからも「チェーンジェイル!」とか「ファンファンクロス!」とか叫んでくれるのだと思います。あのヨークシンの雰囲気で、それがどうマッチするのか。今から頭が痛い…じゃなかった、楽しみです。

 このアニメが終わったら『キン肉マン』の新しいヤツを放送してくれませんかね?w この枠でやってくれたら嬉しいなあ…。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

なんか結構ひねくれた見方してるんですね。
私は最近普通に原作通りにやってくれてるので割と楽しんでますよ。
カストロも出てくるみたいですし。

二度もアニメ化するなんてすごいことなので、せっかく見てるなら楽しみましょう!

 まったくその通りですね。カストロ戦が
どうなるのか興味津々です。やはり
バトルそのものがカットになるのか…はてさて。

コメントする