« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月31日 / 『ときめきメモリアルの時代』を読む

 岩崎啓眞さんが書いた電子書籍の同人誌、600円です。詳細はこちら

 僕自身は『ときめきメモリアル』に対して、そんな思い入れはないのだけど(それでも今でもPCE版を所有してますが(笑))、前に売っていたイースの本が面白かったというのと時代的背景を振り返るのも楽しいかなと思って購入したのでした。

 内容はというとかなり豪華だと思う。当時の時代背景、『ときめも』1~4+オンラインの感想、2012年版のレビューなどなど、盛り込めるだけ盛り込んでます。単なる趣味の同人誌の枠を超えた「資料」になっており、あの時代を知っている人なら誰しもが楽しめるんじゃないでしょうか。

 特に当時のレビューをやり直して100点をつけている下りはホロリと来ました。『イース』時に「失敗したら辞めるつもりだった」というエピソードでもホロリと来ましたが、この方は感情を揺さぶる文章を書かれるのでそれがとても心地よい。

 冬には『天外2』の本も出されるようなので、それもとても楽しみ。


2012年05月30日 / お金持ち

 ソンミさんというお金持ちグラドル? が出てきて、「そういえば、ちょっと前にも大金持ちってことで売り出していたモデルさんがいたなあ…名前何だっけ?」ということで歯がゆい気持ちになりました。で、検索したら出てきました。そうだ、マリエさんだ!

 当時は結構テレビに出ていたのに…簡単に失念してしまうものだなぁ…。


2012年05月29日 / むーちゃん成長日記12

 部屋のドアを開けたまま出掛けていたのですよ。

 そうしたらですね。出掛けている間に風が吹いてドアが閉まったらしいんです。

 こんな感じですね。で、帰ってきてドアが閉まっているなあと思って開けたんですね。そうしたら…。

 にゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃー。

 …むーちゃんが閉じ込められていたのでした。ごめんよ…。勝手に入って勝手に閉じ込められるとは思わなかったのさ。

 ドアを開けた時の反応が尋常じゃなかったので、(私の足にしがみついて、にゃーにゃー連発)かなり恐ろしかったのだと思われます。本当にごめん猫。

 そんなこんなでいじけてしまったのでした。


2012年05月28日 / 『HUNTER×HUNTER』第33話の感想

 今週は誓いの糸がほどけてから、キルアの「約束だぜ?」まででした。

 概ね良かったと思います。ズシが「練」とか「凝」!!とか叫ぶのは凄い違和感ありましたが(原作のは心の声だと思うんだ)、好きなセリフがカットされていたりしましたが(俺の誕生日、自転車の乗り方を覚えたら忘れない、など)、ここのスタッフが精一杯やったというのは感じとれました。毎週、これくらいの出来であれば全体的に安定する、そんな回だったかなーと。

 一番懸念したサダソ関連「あの野郎」「約束だぜ?」も、思っていたよりも大分良い出来でした。これまでの冨樫の決めコマの中ではもっともよい作画になっていたかと思います。や、それでもキルアの演技は難しいところがあったわけですが、今のところはあれでいっぱいいっぱいですかね(伊瀬さんの経験値的に)。う~~~~~ん、でもまあ~~、こんなものかー、とそんな感想でした(笑)

 そんなこんなで、また来週。


2012年05月27日 / 24年5月4週目の結果

 今週は+7075円でした(含み損592512円)。

 今週の豪ドル円は先週末と変わらずの77円70銭でクローズとなりました。

 ギリシャ、スペインと悪材料が次々に噴出し、ユーロの下落が止まらない週となりました。ユーロドルが1.25割れ、ユーロ円が100円割れと、リスク回避が止まらない状況になってます。豪ドルに関してもIMMのポジションが売り越しに転じました。これはリーマンショック以来の出来事のようで、投資家の疑心暗鬼はまだまだ続くというのが市場のコンセンサスのようです。

 が、ユーロ売りのポジションも過去最大となっておりますので、いつ反発があってもおかしくはない状況です。市場の雰囲気が一変するような材料が出る状況ではありませんが、ショートカバーによる吹き上げが怖く、安心して売り込んでいける状況でもないというキツイ状態ですね。それでも売るしかありませんから、上昇したら丁寧に売っていくしかないのですけども。

 というわけで、75~79円という展開を予想。

 そんなこんなで、来週も頑張りましょう。


2012年05月26日 / カツカレーと蕎麦のセット(600円)を食べました

 子供の頃に夕飯として出てきたらテンションの上がるメニューでした。や、夕飯として出てきたことなんて一回くらいしかなかったんですけども(カツを用意するのが面倒だったと思われる)。

 なんていうか、「カツカレー=ご馳走」的な思想が日本人にはあると思うんですよねー。


2012年05月25日 / ふと

 いつからここは猫サイトになったのだ? と問われて思ったこと。だったら、ここは元々は何サイトだったのだろうか? ゲーム制作サイトであり、ゲーム感想サイトであり、バーチャルネットアイドルサイトであり、デスノートの感想サイトであり、ハンターコラサイトであり、まあ何でもやってきたわけだ。だからまあその中に猫サイトという概念が加わったとしても特に不思議に思うことはない筈なんだな。

 要するに簡単にネタに出来て楽だという話。


2012年05月24日 / むーちゃん成長日記11(ご冗談をのポーズ)

 肉球を触ろうとすると嫌がります。○○を見られるのは全然平気な癖に…。


2012年05月23日 / むーちゃん成長日記10

 むーちゃんというのはHNです。本名は権三(ごんぞう)と言います。嘘です。


2012年05月22日 / 後で気付いたのですが、滝なのだから動画に収めれば良かった

 パワースポットらしい滝を見に行きました。綺麗でした。せっかくだからと山道を歩いたのですが、思ったよりも険しくて疲れてしまいました。パワースポットに来たのにパワーを吸い取られてしまったぜ。


2012年05月21日 / 金環日食ですね

 http://episode4.net/archives/2012/01/19/200612.html

 忘れそうだったので、1月に記事を書いてました。こんなに報道されるとは思わなかったぜ!


2012年05月21日 / 『HUNTER×HUNTER』第32話の感想

 今週はカストロ戦からヒソカの「自分が最強だと理解しているからだ」まででした。

 Aパートは主にカストロ戦。血飛沫がないこと以外はほぼ原作通りのバトルだったと思います。作画が頻繁に乱れていたのが気になりましたが、結構頑張って再現したなあと思いました。というか、前回も書きましたが、これテレビでやって大丈夫だったんですかね? 両腕が切断された後にロケットパンチで相手を攻撃するとか、腕の切断部からグリグリとトランプを出すとか、アニメにすると結構キモかったと言いますか、苦情とか普通に来るレベルだったのではないでしょうか。ここまで散々、規制規制でソフトな感じだったので結構違和感覚えます。まあ、19年前に同じ枠で放送されていた『キン肉マン』では両腕をアシュラマンに奪われたテリーマンとか平気で描写していましたので、ある意味原点に戻っただけとも言えますが。

 で、頭が痛くなったのがBパート。マチの念糸縫合からカストロ戦を解説するシーン。原作では『ジョジョの奇妙な冒険』みたいなナレーションでカストロバトルの真相をばらしていましたが、今回のアニメではマチが解説。原作のナレーション部分をマチが喋っていました。お前達は一体誰に対して解説しているんだ…!

 てゆーか、今回のアニメってナレーションあるじゃないですか。『HUNTER×HUNTER』でナレーションと言えば、真っ先にこのシーンを思い浮かべましたので、ここを読ませる為にナレーションシステムを導入したのだとばかり思ってました。それをマチにやらせてしまうとはこれいかに。ただ、考えてみるとナレーションの二又一成が「ヒソカは確信する!」とか言ってもそれはそれで違和感覚えたと思いますので、どの道詰んでましたね。旧作ではナレーション部分はカットしていましたが、その理由が今になってわかりました。あの説明部分をアニメでうまく処理するのは難しかったんですね。

 そんなこんなで、また来週。


2012年05月20日 / 24年5月3週目の結果

 今週は+2555円でした(含み損657199円)。

 今週の豪ドル円は先週末よりも2.4円円高の77円70銭でクローズとなりました。

 先週に「ここから先は一旦は戻しそうな気もしています。ユーロドルの1.29、ユーロ円の103円辺りはかなり固いですし、一旦3~5円くらい戻してから下落というパターンも考えていた方がよい感じですね。特にユーロドルは窓を埋めていませんので、それを埋めにいくのではないかと思ってます」と書きましたが、見事に超絶に外してしまいました(笑)。ユーロドルは今週も窓を埋めずに落下していきましたね。ユーロ円も100円20銭まで行きましたし、100割れは必至なところ。今年の高値が111円だとすると、年末には90円を割ってしまう計算になるわけですが…はてさてどうなるのでしょうか。

 豪ドルに関しては金曜日に下髭陽線になりそうな感じはあったのですが、例によってギリシャ関連の報道で下落。安値引けということで、もうちょい下に行きそうです。取りあえずは76円の前半くらいがターゲットでしょうか? ただし、下落に加速感がありますのでいつ下髭陽線になっても不思議ではないです。

 というわけで、75~79円という展開を予想。

 そんなこんなで、来週も頑張りましょう。


2012年05月19日 / 最近気付いたこと

 ツイッターのアカウントが「hoimin_nyao」。最初からむーちゃんを想定していたかのような名前になっている!


2012年05月19日 / 最近は

 朝の4時に猫に起こされることが多い気がします。よく鳴くんだ、猫。むーちゃん。


2012年05月18日 / あついですね

 ここ3年間で7台のテレビを買いました。…もうしばらくは平気な筈。


2012年05月17日 / Oh no!

 http://episode4.net/archives/2012/05/01/000000.html

 まだ潰れてません。きっといつまでも潰れないのだと思ひます。


2012年05月16日 / 哀愁のヒマラヤナキウサギ

 高崎駅というのは不思議な場所で、行く度にその姿が変わっているという特殊な所だ。ビルが建ち、道が開け、人々が闊歩する。タクシーが並び、それを利用する。特に顕著なのが東口で、ここ数年の開発で西口の活気を上回ってしまった。ヤマダ電機の本社が建ったと思えば、イーサイト高崎なんて集合型店舗までオープンしてしまった。昔は東口なんてビッグカメラと吉野家しかなかったのに、見違えるほど綺麗になってしまったのだ。この逆転現象はね。いろいろと感慨深いものがありますよ。うん。

 そうそう。画像では見えませんが、駅前ロリータの下で三宅雪子氏が街頭演説をしてました。足を止めている人は一人もいませんでした。終わり。


2012年05月15日 / むーちゃん成長日記9

 これが本性です。


2012年05月14日 / 『HUNTER×HUNTER』第31話の感想

 今週はカストロ戦の途中まででした。

 旧ではほぼカットだったカストロ戦を実現! ヒソカのカニバリズム? はカットでしたが、概ね原作通りのバトルが繰り広げられていました。

 今まで、色々な規制により描写がソフトになっているシーンが多かった新ハンターですが、腕切断はOKだったんですね! 血飛沫の変わりに腕の周りをキラキラさせていましたが、なんか素敵なファンタジー! これだったらグロ感も薄れており、日曜の午前中でもOKですね!

 …なんていうか、うん。やろうと思えば色々できるんだな、ということを認識させられた回でした。規制、子供向け、言いつつも、出来ることは結構あると。結局は監督の匙加減一つなんだなーと。「トンパジュースは旧ではやってなかったからやろう」「カストロ戦は旧ではやってなかったからやろう」、そういう対抗心? みたいなものでカットするか否かを決めているような感じはしました。

 うまく言うのが難しいのですが、「ここはカット」と決めたらとことんカット。逆に「ここはカットでもやむなし」と思うシーンであっても、うまく調節さえしたら大抵のことは実現可能なのではないだろうか? と思いました。

 蟻編までの映像化を期待できるという意味で、大変意義のある回だったと思います。打ち切りさえなければ、やってくれるのではないでしょうか?

 一つ解せなかったのは、「これ1枚でチョコロボ君が1000コ買えるんだぞ」の下りをカットしたところでしょうか。ゾル編ではオリジナルシーンを使ってまでチョコロボ君出していたのに、原作にあるシーンをカットするとはこれいかに。

 そんなこんなで、また来週。


2012年05月13日 / 24年5月2週目の結果

 今週は+4713円でした(含み損558365円)。

 今週の豪ドル円は先週末よりも1.1円円高の80円10銭でクローズとなりました。

 ネガティブなニュースがネガティブなニュースを呼ぶという感じで、今週も続落となりました。豪ドルの70円台はもうちょっと先かな~と思っていたのですが、今週あっさり実現。こうなってくると、3月の88円60銭が年初来高値になる可能性も考慮しておいた方がいい感じですね。ここから下はかなり固くなってくると思いますが、何かしらのネガティブニュースが出ての72円台は十分にあり得ると思われます(年内の話)。

 そういうわけで、下方向へのリスクが高まっているわけですが、ここから先は一旦は戻しそうな気もしています。ユーロドルの1.29、ユーロ円の103円辺りはかなり固いですし、一旦3~5円くらい戻してから下落というパターンも考えていた方がよい感じですね。特にユーロドルは窓を埋めていませんので、それを埋めにいくのではないかと思ってます。

 そんなこんなで、来週も頑張りましょう。


2012年05月12日 / クレープリターンズ

 最近、どうも調子がでないので元気づける為にクレープを食べました。乙女か。


2012年05月11日 / 『HUNTER×HUNTER』第30話の感想

 今週はギド戦から、クラピカと師匠との出会い?????まででした。

 Aパートは主にギド戦。なぜギドの色が赤なのか理解に苦しみますが、ヒソカにせよ、マジタニにせよ、ビーンズにせよ、メンチにせよ、奇をてらった配色にしているのは間違いありませんのでその一環なのでしょう。ビスケとかどんなことになるのか楽しみですねー。

 バトルの作画は結構良かったと思いますが、ゴンがコマを避けるシーンで静止画多めなのは残念でした。ここがバリバリ動いていれば「おおっ」と思ったのですが…。Bパートではいい感じで動いていましたので、あともうちょっとでしたね。

 まあ、基本的には原作準拠です(ジンのことを回想するシーン【6巻133ページ】はカットでしたが)。ただアニメと原作では雰囲気が全く違いますね。BGMと作画でこうも変わるというのが面白いです。

 で、問題はBパートの後半。クラピカが千耳会の斡旋所を訪ねるシーンからだーーーーーーーー!

 まずビックリしたのがクラピカ師匠の名前が「ミズケン」。スタッフが勝手に決めたのか、冨樫に設定してもらったのかはわかりませんが、ここまで明かされていなかったのだから「クラピカの師匠」でいいじゃないですか。なんでもかんでも設定してしまうのはどうかと思うんだ…!

 で、肝心なのは千耳会を追い出された後。なぜか現れた師匠にハンターライセンスを盗まれクラピカ激昂。

 クラピカ「貴様、私のハンターライセンスを返せ!」
 師匠「念も知らない見習いに俺が倒せるかな」
 クラピカ「念んんんー?」
 師匠「試してみるかい?」

 クラピカが師匠にたどり着いたのではなく、師匠の方から接触してきたのでした。ちゃんちゃん。

 …いろいろ頭痛い。ひどい。

 あ、来週はカストロ戦ですね。新ハンターでは旧ではやらなかったことをやってくれているので、その辺りは期待しても良いのでしょうか?

 そんなこんなで、また来週。


2012年05月10日 / 『火事場の仕事力』を読みました

 キン肉マンの38巻が面白かったので、その勢いで購入しました。働いていない方のゆで(嶋田隆司氏)の著書です。氏の仕事に対する取り組み方、アイデアの出し方、デビューから現在に至るまでの経緯など、盛りだくさんのボリュームで大変読み応えのある一冊でした。

 ただ、大前提として嶋田氏の人となりは知っておいた方がいいと思います。まあ人となりとは言っても、ネットでの人格なので実際のところはわからないわけですが、トリビア事件の吉野家に対するツイートであったりとか、プレイボーイから追い出されることになった際の反応などですね。知らない方の為に簡単に書いておきますと、「やんちゃ」だということです(笑)。

 さて。
 内容の方はというと、リアル『バクマン』といって良いかも知れません。氏が『バクマン』を意識しているのかはわかりませんが、ライバルと切磋琢磨した話であるとか、アンケート1位とった時の話であるとか、原稿は絶対に落としては駄目と言われた話だとか、リアル『バクマン』な内容になってます。これ読んで気付いたのですが、学生時代からのコンビで原作と作画に分かれているとか、シュージンとサイコーのモデルはゆでたまごだったんですかねえ。

 結構いろんな話が印象に残ったのですが、その中でも「お金の使い道に困っているのだったら、貯金しておけ。いつか役に立つ」と「いくら面白いキャラを作ったとしても、ぱっと見の印象、一言のセリフで魅せないと読者は読んでくれない」の2点でしょうか。ラーメンマンとか正にその通りですものねえ。

 あとは氏の独創的な取り組み方、「ミート君がバラバラになっても死んでない理由を考えていたら駄目」とか「いいアイデアを思いついてもメモは取らない」「原稿は手書き」「ゲンは担ぐ(原稿できるまで風呂に入らない)」なども面白かったですね。

 ただいろいろと美談すぎる気はします(笑)。当時のジャンプはこんなものじゃなかったろうなと。成功している今、辛かった当時を思い出して書いているからこそ美談な描写になっているわけで、その辺は話半分で読んでいた方がいいかと思います。

 まあ『火事場の仕事力』とは言いつつも、実際の仕事で役に立つのかと言われたら難しいところなのですが、漫画家ゆでたまごの歴史が紐解かれているという点では面白い一冊と言えるのではないでしょうか。


2012年05月09日 / むーちゃん成長日記8

 体重を量ったら6.5キロでした。こんなに大きくなりました。ちなみに後ろに映っているのは比較の為の42型の液晶テレビです。

 …体重と言えば、少し前に僕のダイエット企画がありましたが、5キロくらい減って今もそのままです。


2012年05月08日 / むーちゃん成長日記7

 一日のうちの殆どを寝て過ごしているような気がします。がっちゃんみたいに分裂したらどうしょう。


2012年05月07日 / 打ち切りのお知らせ

 『HUNTER×HUNTER』アニメの感想はお休みさせて頂きます…。理由はお察しください。


2012年05月06日 / 24年5月1週目の結果

 今週は+54129円でした(含み損539381円)。

 今週の豪ドル円は先週末よりも2.7円円高の81円20銭でクローズとなりました。

 今週はもう下落しかないと思っていたので、そう構えていたのですが、思ったような差益は取れませんでした。この3倍くらいはプラスでもおかしくなかったのですが…。

 ◎月曜日はじり下げだったのできつかった
 ◎火曜日のRBA(0.5%利下げ)はそれなりに取れた
 ◎水曜日の16時くらいからの下げに乗れなかったのがキツかった
 ◎木曜日は特に何もできず
 ◎金曜日、雇用統計後のショートカバーで高値更新したのがキツかった

 水曜日の下げに乗れなかったのが一番残念でしたね。ここは1年の中でも勝負所と考えていただけに…いろいろ無念です。

 来週は…ちょっとわからないですね。全体的に下方向なのは確かなのですが、ゴールデンウィーク特有の商いが薄い中での下げというのは結構戻すんですよね。昨年がそんな感じでした。まあ、その後はやっぱり下げるんですけど。先月みたいに来週下げて、再来週に戻すという展開もあり得ますし、この辺はちょっと読めないですね。

 豪ドル円は80~83円くらいの展開でしょうか。RBA以降、上値が相当重くなっているので82.8円くらいまで戻すのであれば喜んで売りたいところです。

 そんなこんなで、来週も頑張りましょう。

 あ、先週「リニューアルする」と書きましたがやはり無理でした…。息が詰まってしまうま。


2012年05月05日 / うどんを食べました

 前回、ネギが少なかったことに違和感をもたれたようなので、この画像を取る為だけに丸亀製麺に行きました。どうだっ!


2012年05月04日 / ゴールデンウィークですね

 いろいろとやろうと思ったのですが、何も出来ずに無為に過ごしました。これが休日の醍醐味っ・・・!


2012年05月03日 / むーちゃん成長日記6

 かゆ、うま…。


2012年05月02日 / 笑い話

 人生とはエロゲである。

 脳死人間の戯言ではない。数ある選択肢の中から適切なものを選び、HAPPY ENDINGまで繋げてゆくその様がエロゲに似ていると思ったのである。ただし、エロゲと大きく違う点はセーブ&ロードが出来ないという点だ。

 そう、我々は常に選択肢を選び続けているのである。単に無自覚なだけであり、フラグが立って分岐してゆく…というのを繰り返して人生を歩んでいるのである。あの時こうしていれば…こうはならなかった、の繰り返しだ。大抵において、エロゲ的な選択肢の存在に気付いていない。後になってから「あの時にあの選択肢があった」に気付く。

 最も、殆どはその時の自分にとってはベターな選択をしているものである。後になって振り返って見て始めて悪手だったことに気付いているに過ぎない。まあ的確な選択肢が選べないからこそ楽しいのであり詰まらなくもあるのである。

 だが、中には「わかっているのに悪手を引いてしまう」こともある。たられば、ではなく、あの時確実に違う選択肢を選ぶこともできた。そういうケースも存在する。

 ………………

 もう10年近く前の話だ。僕は競馬に興じていた。どれくらい興じていたのかと言うと、年間で1000万円くらい使うくらいだ。1000万というと高額だと思われるかも知れないが、開催が大体100日なので、一日10万円くらいである。それでも高額と思われるかも知れないが、競馬には配当があるのでそれを転がしていったので、実際には100万円くらいの消費だったと思う。1日に1万円くらい。それくらいならOKでしょ?

 それが何年か続いた。終末になると予想に興じ、レースに熱狂する。その繰り返し。儲かった年もあったし、駄目だった年もあった。なぜこんなことを続けていたのかと言うと、楽しかったからというのもあったし、もしかしたら競馬で勝てるかも知れない、という自覚もあったからだ。

 だが、実際にはそう甘くはなかった。収支は悪化し、マイナスに突入し、どうにもこうにもI can notになっていた。もう競馬勝てないかも知れない。そんな風に思うようになっていた。だが、馬券の購入は続いていた。何せ命銭が消費されているのである。止まるわけがない。いつか取り戻せる、そう信じて。銭を垂れ流していた。

 そんな負の感情を追った人間に競馬の神が微笑むわけがない。読者の皆様はそう思ったことだろう。しかしだ。俺は天啓を得た。宇宙の始まり、ビッグバン。黒い空間の中に白いつぶつぶが集まって爆発するイメージ。当たるという確信めいた予感。

 2万円の馬券が270万円の払い戻し。そのときは1レースに1万円も使っていなかったが、予感があったので貼った。3連単とか1~2回しか買ったことなかったが、来そうな感じがしたので500円買った。単勝、馬連、3連単すべて的中して270万。俺は叫んだ。雄叫びをあげた。誇張表現ではなく、テレビの前で本当に叫んだ。これまでの最高払い戻しが60万くらいだったが、それを一気に更新した。これまでの負けを一気に取り戻したのだ。

 自慢話じゃないよ。

 ……。賢明な諸君なら既に読めているだろうが、その270万は半年くらいで全て溶かしてしまった。うん、1000万、2000万と積んでいけるのだと思ってしまったのさ。だが、世の中そんなに甘くないというか、カオスの矯正というか、運良く当たった高配当なんて溶けてしまうのである。ね、自慢話じゃないでしょ。笑い話でしょ?

 ………………

 今でも思うんだけど、これは「引くことができた」案件だったと思う。運の容量の把握は出来ていた筈なんだ。あそこがピークと感じることは十分に可能だった筈なんだ。だが…、ああ悔しい。本当。無念。

 皆さんも引き際には気を付けて欲しい。


2012年05月01日 / 閉店セール

 自虐的すぎるのもどうかと思った。