« 24年6月4週目の結果 | メイン | ちゃんむー成長日記17 »

2012年07月02日 / 『HUNTER×HUNTER』第37話の感想

 今週は帰郷してから、ジンの「オレに会いたいか?」まででした。

 まあ繋ぎ回ということで、退屈感ありましたね。そこを飽きさせないように見させるのが手腕だと思うのですが、飽きちゃいました(笑)。

 1話が大幅カットだった為にコンとのイベントは当然カット。カイト関連もカット。ここでカイトを出しておかないと、もう出す機会ないような気がするのですが…どうなんでしょう? 当初はここで出す予定だった筈が打ち切り決定したのでカット…とは思いたくないですねー。ただまあ、後で出すにせよ、ここまで存在を抹消されてしまうのはちょっと切ないと思いました。関連イベント根こそぎカットというのは、タイムマシンで存在を消されたみたいな気持ち悪さがあります。

 あ、バスケットを持っているのがミトさんだとわかりやすくなっていたのは良かったです。原作を読んだ時は「誰?」と思ってしまいましたから。

 あとはあれだ。ジンの声が小川力也さんでしたね。どのタイミングでキャスティングが決まったのかはわかりませんが、ここで小川さん出てくるとどうしても『Fate/Zero』を思い出してしまいます。恐らく、ウヴォーギンが出てきたときもそう思うんでしょうねえ…。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

タイムマシンで・・・?
たとえがよく分かりませんw
ドラえもんでたとえてみてくださいww

 ドラえもんはパラレルワールドという概念が
あるので難しいですw なんて言えばいいんだー。

 あれですよ! 『バックトゥーザフューチャー』で
たとえるなら、マーティーのお兄さんが消えちゃった
みたいな感じですよ!!

コメントする