« 『バクマン』が完結した | メイン | 『HUNTER×HUNTER』第38話の感想 »

2012年07月08日 / 24年7月1週の結果

 今週は+25456円でした(含み益3022円)。

 今週の豪ドル円は先週末より40銭円高の81円40銭でクローズとなりました。

 週初は反転ムードで上昇開始かと思いましたが、ユーロに至っては月曜日のオープン値が最高値という体たらくで下落オンリーの一週間でした。先週の陽線分を全て潰し込んでの陰線。週末の雇用統計は悪かったけど、QE3レベルには悪くなかったことから売りに売られて、ユーロドルが今年の安値を更新。さらに下落余地ありという展開になりました。

 ただユーロに比べて豪ドルは底固く、ユーロ豪ドルが市場最安値を更新となってます。言葉にするのが難しいのですが、ユーロ売られてもそんな株価下げず、へんてこな感じになってます。いわゆるユーロキャリーというヤツでしょうか。

 そういうわけで、来週はユーロドルの戻り売りで良さそうです。ここまで下がっていると売り込みづらい感じもありますが、『みんなのFX』を見ると8割の注文が「買い」に偏ってます。こういう時は下落するのがいつものパターン。去年の10月辺りにユーロ円が101円を割った時は「売り」に偏っており、その後10円ほど急騰したということがありましたが、今回はそんなこともなさそうです。年末にはユーロ円90円、ユーロドル1.1なんて予想もありましたが、そういう可能性も考慮しておいた方がよい感じですね。取りあえずは2010年の安値である1.18を目指すと思われます。

 そういうわけで、来週も頑張りましょう。約定履歴アップはいろいろ酷すぎて無理です(笑)。

コメントする