« むーちゃん成長日記24 | メイン | 『HUNTER×HUNTER』第42話の感想 »

2012年08月05日 / 24年8月1週目の結果

 今週は-61650円でした(現在、建玉はありません)。

 今週の豪ドル円は先週末より80銭円安の83円00銭でクローズとなりました。

 全体的な動意は少ないものの、イベントはもの凄く動くという私にとってはやりづらい相場でした。円高のアノマリーと思ってましたが、米雇用統計が良かったことから、しばらくはリスクオンな相場になるのかも知れません。ここまではユーロ売りで稼いで来ましたが、またチャンスが来るまでは封印ですね。ユーロ円100円、ユーロドル1.26辺りは目指しそうな気はするのですが…どうでしょう。取りあえず、ユーロの買いで入ることはないと思います。上がったら、それなりに売り手のいる通貨なので難しいんですよね。買うとするなら、豪ドルかドル円かな。

 豪ドルはなんだかんだで崩れないですね。2010年の展開に似ている気がします。上下に移動しながら、少しずつ上昇しているというスワップ派にとっては安心できる展開。大統領選前のダウが強いことから、秋までは大丈夫そうです。目先は84円、超頑張れば86円くらいまではあるのかも知れません。

 というわけで、来週は

 1、窓が下だったら豪ドル買い、上だったらユーロ円売り
 2、RBAキャッシュターゲットで豪ドル高牽制発言が出て下がったら買い
 3、日銀会合で失望売りになったらついてゆく、万一緩和になった場合は見送り
 4、その他、押し目があったら豪ドル円を少ない枚数買い下がってゆく

 の作戦で行きたいと思います。基本的にはボラが少ないと思いますので、我慢の週になりそうです。

 それでは来週も頑張りましょう。

コメントする