« 24年8月3週目の結果 | メイン | あついですね3 »

2012年08月20日 / 『HUNTER×HUNTER』第44話の感想

 今週は陰獣の登場から、クラピカがウヴォーギンを捕らえたところまででした。

 今回もゴン&キルア登場なしのクラピカパートでした。概ね原作通りだったのですが、ウヴォーVS陰獣はなんかテンポ悪く感じました。Aパート全部からBパートの最初まで時間がかかっていたからかも知れません。主役級でもこんな超時間バトルしたことないのに、ウヴォーと陰獣のバトルでこんな時間使っちゃうのかよ、みたいな。

 あとビックリしたのが、シャルナークに慣れたということ(笑)。最初は違和感ありまくりだったのですが、まあ慣れとは怖いですね。日高さんもちょっと修正している感じありますし、これなら大丈夫かな…と思いました。ただ団長はキツイかも知れないです。この先の長セリフをどう演じてくるのか。慣れるのか? う~ん。

 細かい改変も含めて、全体的には満足のゆく回だったのですが、クラピカの扱いだけはどうにもこうにもI can notでした。基本的には漫画と同じことをやっている筈なのに、どうにも頭が悪く見えてしまうという。原作のクラピカは怒り心頭ながらも根底には安心感を持って見ていられたのですが、アニメのクラピカは非常に危なっかしくて見ていられないです(笑)。この違いが本当に不思議。

 あとは旧アニメでは制約と誓約と口で言うだけだったのが、新アニメでは「制約と誓約」とちゃんと文字で書いてましたね。旧見たときに「口で言うだけなのかー」と感心していたのが懐かしいです。

 そんなこんなで、また再来週。

コメント

なんだかんだで1週ないと、寂しいですね。
24時間テレビかぁ・・・。

 そうですねえ。フジの27時間テレビは毎回
断片的には見るのですが、日テレの方は5分も
みないですからねえ…。

24時間TVの面白みってなんでしょうね。

毎回それなりの視聴率を取っているのが
不思議ですw 個人的に面白みはないですね。

コメントする