« 『HUNTER×HUNTER』第51話の感想 | メイン | むーちゃん成長日記38 »

2012年10月16日 / 『ジョジョの奇妙な冒険』を観ました 

 人気作がアニメになる度に「凄いクオリティ!」「制作者の愛が感じられるっ!」「毎週楽しみ」なことが多いのですが、本作もその期待通りの内容でディモールト素晴らしかったです。

 何せ第1部からのアニメ化なわけですよ。並大抵の神経では出来ないというか、相当な作品愛がなければ出来ない企画だった筈です。コアファンの多い作品ですから、中途半端な出来では叩かれるのわかっている筈ですし、その癖セールスが期待できるのか? と言われると未知数です(笑)。客観的に見て、リスクとリターンが見合ってないです。それでもこの企画が実現したのは作品愛以外にはないでしょう。

 何が言いたいのかと言うと、『HUNTER×h(以下略)。

コメント

最後の文は最後まで言っちゃいけませんよね;

ジョジョは名前でしか知らない作品だったので、
興味がわきました。
にしても擬音で笑ってしまいますw

 ですね。

 ジョジョは新規の人が見たらどう思うのか、
興味ありますねえ。ただ、人気が爆発したのは
3部以降で、その3部があったからこそ、エピソード0的な感じで
1部、2部が評価されているというのはあるので、
いろいろ不安ではありますw

よく、スタンドって言葉が出てきますが、
ひょっとしてその3部で出てきたんですか?

 ですね。超能力とか特殊能力みたいなものを
像として表現した最初の人だと思われます。
あとは、ぽっと出のキャラに「今度ぼく、
結婚するンですよ」的なことを言わせて
即殺したのもジョジョが最初なんじゃないかなあと。

勇気と誇りを武器に戦う第一部前半のジョナサンのカッコ良さは異常

 ジョナサンも良いキャラですよね~。

コメントする