« 実はステンレスの牛刀を持ってます | メイン | 禁断の果実 »

2013年03月29日 / 『カンニング竹山単独ライブDVD放送禁止2012』を観ました

 ちょっと話題になっていたので観ました。驚いたのは竹山さんの話芸の達者さ。テレビでは切れ芸のイメージが強いですが、本作では120分に渡り兎に角喋りまくります。内容は2006年に亡くなった相方カンニング中島さんの話。相方の死で笑える話を作ろう、がコンセプトになってます。中島さんが死ぬまでに起きたあり得ない出来事や、告別式で起きたエピソードなどを次から次に喋りまくります。

 人の死は悲しいことですが、その「悲しい」と「笑い」が実は紙一重であると。その非常に難しい部分に切り込んだ意欲作です。観ると竹山さんのイメージ変わると思う。面白かった。

コメント

ほいみんさん、『竹山のやりたい100のこと』って番組見た事あります?

その番組では、結構、竹山さんのリアクションがキレキャラではなく、いじられキャラなんですよね。

それ見て、「竹山さんって、おもしろいんだ。」と、今までと見方が変わりました。

このDVDも面白そうですね。

中島さんも、芸人として生きたからには、泣かれるよりも、自分の事で笑ってくれる方を望んでいると思います。
竹山さんなりに考えた、いいご供養ですね。 

 まさにそんな感じのことを竹山さんが言ってましたね。
入院エピソードとかも、ちょっとおかしなことが多くて、
この方が今でも生きていたら大活躍していた
のだろうなと。惜しいです。

 番組の方はタイトルしか知らないですねえ。
調べたらCSの番組のようで、地上波verが
放送されたらチェックしてみます。

このむーちゃんの写真、またかわいいですね!
まあ丸見えですが・・・。

『竹山のやりたい100のこと』 これは、おもしろいですよ~^^
竹山さん嫌いな人が、好きになるかも。
オススメです。

☆ななしさん

 虚勢済みで見えるものがないのでOKですw

☆みかさん

 なるへそ。チェックしてみなければ。

コメントする