« 『ガリレオ』見ました | メイン | やよい軒で『さわらの塩焼定食』を食べました »

2013年04月19日 / 『ドラゴンボールZ 神と神』を観ました

 鳥山先生が描くからこそ許される展開、内容、キャラ。良いエンターテイメントだったと思います。

コメント

ひとりで観たんですか。

ところで、つぶやきで黒電話をどうにかするとありますが、
使えるならどうにかしなくてもよいのでは・・・。
レトロですし誰か来たら自慢できますしw

 ジリリリリリリンってめっさうるさいんですよねえ。
まあ壊れるまで使うと思うのですがw

 映画は基本一人ですねえ。前に二人で観たのは
『踊る』の2作品目だった気がします。

今回の映画は、べジータがハジけていると聞きましたが、本当ですか?

アラレちゃん時代を思えば、ハジけて当然と思いますが、ドラゴンボールは鳥山先生の手から離れすぎてしまった作品だと思うので、この映画の世界観が本来の鳥山ワールドなのではないのでしょうか。

私も、機会があったら見たいと思います^^

 2~3年後のお正月とかにテレビ放送するのだと
思われます。

 そうですね、どちらかと言えばアラレちゃん風味が
強かった気がします。ベジータは鳥山先生が
描くからこそ許されるハジけ方でしたw

コメントする